現状に満足しない薬剤師に送る、超効率の良いスキルアップ方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬剤師、特に調剤薬局で働いている方は現状に悩んでいる方が多いようです。「今の職場、ラクだけれどこのままでいいのかな…」「ほかの薬剤師に負けている気がする…」「薬剤師として、このままでいいのかな」など、今後のスキルアップの考え方についての悩みが特に多いと言われています。

しかし、スキルアップといってもどこから手をつけていいのか、何を始めればいいのか悩むところではないでしょうか。

そこで今回は、薬剤師のスキルアップの方法についていくつか紹介します。自分にぴったりの方法をぜひ見つけてみてください。

★厳選!病院薬剤師におすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職希望時期:働き方 病院の求人を探す
薬キャリ 半年以内:正社員

詳細を見る

マイナビ薬剤師 1年以内:正社員

詳細を見る

ファルマスタッフ 半年以内:派遣・パート

詳細を見る

1.資格を取得する

例えば調剤の腕を磨く、患者とのコミュニケーション力をアップさせるといったこともスキルアップです。しかし、周囲から認められやすいものといえば「資格の取得」ですよね。目に見えるものですし、説得力が違います。特におすすめの資格を紹介します。

認定薬剤師、専門薬剤師

認定薬剤師や専門薬剤師とは、ある専門分野について知識と技術を持ち、一定の試験に合格したり研修を受けることで得られる資格です。資格そのものだけでなく、その過程で専門性を高められる点でも注目を集めています。がん薬物療法認定薬剤師、がん専門薬剤師や精神科薬物療法認定薬剤師、精神科専門薬剤師などが代表的です。

その他の資格

チームワークが必要とされる病院では、「栄養情報担当者(NR)」や「栄養サポート(NST)専門薬剤師」の資格が役立つでしょう。またドラッグストアや調剤薬局では、「サプリメントアドバイザー」や「漢方薬・生薬認定薬剤師」などの資格を持ち、総合的な服薬指導ができることがスキルとして認められる傾向にあります。

2.資格以外でスキルアップを目指す

目に見える資格だけでなく、研修会に参加したり本を読んだりすることも立派なスキルアップにつながります。ここでは資格以外のスキルアップ方法を紹介します。

コミュニケーションスキルを身につける

近年注目されているのが、薬剤師のコミュニケーションスキルです。電話応対や受付応対といった基本的なマナーから、医療面接技法やコーチングといった薬剤師ならではのコミュニケーションまで幅広く学ぶことが理想的です。最近では薬剤師のコミュニケーションに関するさまざまな書籍が出版されているほか、後述するスキルアップ研究会でもコミュニケーションについて学べるようになっています。

スキルアップ研究会に参加する

スキルアップ研究会とは、一般社団法人ソーシャルユニバーシティが開催する薬剤師向けの座学講座です。毎月第1日曜日の10時~13時に開催されており、薬剤師研修センターの認定を受けて2単位を取得できます。抗がん薬服薬指導、糖尿病など症例ごとの研究会のほか、コミュニケーションスキルに関する研究会も開かれています。

病院の勉強会など、身近な研修に参加する

病院に勤務している場合は、病院の開催する勉強会や、製薬会社による新薬についての説明会などに積極的に参加してみましょう。各種学会や系列病院の研修会に参加できる場合もあります。アンテナを張って情報を収集してみることが大切です。

3.スキルアップのために転職する

今の職場に魅力がない、希望するキャリアの道筋を描けない、と言う場合は、思い切って転職するのがもっとも効率的な方法です。

やはり、人間にとって環境はとても大事な要素です。専門性を高めたり新しい分野を切り開いて仕事の幅を広げたりしたいと思ったとき、限界を感じてしまうような職場では、あなた自身の未来が閉ざされてしまう可能性もあるのです。

また、スキルアップと同時に、ワークライフバランスを重視して転職を選ぶ人も増えてきています。現実的にも、現職でスキルアップを目指すより、自分に合った職場を見つけ、新天地でスキルアップを図るのがベストな方法といえます。

以下はスキルアップを求めて転職し、結果的に理想の環境で仕事ができている薬剤師の転職成功談です。

③スキルアップ目的の転職成功事例

幅広い診療科の処方を経験したい!

「長年にわたって、小さな個人病院の門前薬局で働いていました。個人経営というだけあって異動などもなく、落ち着いて働ける環境だったのですが、問題は処方せんの内容です。

ほぼワンパターンの処方で、それを黙々と機械のようにこなす日々。「自分はこのままでいいのだろうか?」という悩みが膨らんでいきました。同時に「いろいろな診療科の、色々な先生の処方を経験したい!」と考えるようにもなりました。

ついに転職を決意し転職活動をしたところ、大病院前の薬局から内定をいただくことができました。

病院の規模が大きいので患者の症状も様々、医師によって処方も様々で、新鮮な気持ちで仕事ができています。自分自身のスキルアップも実感しながら、充実した毎日を送れています。

成長機会のない職場が嫌になり転職

薬剤師がたった2人の調剤薬局で長年勤めていました。仕事内容にはほぼ変化がなく、もっと薬剤師として成長できる職場に転職したいと考えるようになりました。薬局の経営者にも人間的な魅力がなかったのも一因でした。

転職活動の末、有名な薬局チェーンに転職することができました。今は、同僚の薬剤師とともに意欲的に仕事に取り組んでいます。以前の職場とは違い、バリエーション豊かな診療科の処方を経験できるので充実しています。

自分自身の性格も明るくなったのか、患者さんと話をする機会も増えて、楽しく仕事ができています。転職して本当に良かったと思っています。

4.薬剤師専門の転職サイトを活用しよう

今回は、薬剤師のスキルアップ方法についてまとめて紹介しました。いかがでしたか?もしこれを機にスキルアップのために転職したいと思ったら、薬剤師専門の転職サイトを活用してみてはいかがでしょうか。

薬剤師専門の転職サイトであれば、専門のエージェントが伸ばしたいスキルに合わせた求人の紹介をしてくれます。

自分自身が薬剤師として伸ばしたいスキルをしっかり見極め、そのことをエージェントに相談すれば、ぴったりの職場を見つけてくれるでしょう。まずは気軽に登録してみてください。

薬剤師登録数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続No.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

【30代男性薬剤師】年収キープで残業を20時間以内に

調剤併設のドラッグストアで薬剤師として働いていたが、30歳前半にMRに転職。きっかけは友人に声をかけられたことだが、当時ちょうど結婚を意識し始め、年収をあげたいと考えていた。実際、当初勤めていたドラッ…

薬剤師の免許申請には代理申請可能なの?

薬剤師は薬剤師国家試験に合格しただけでは薬剤師の業務は行えません。試験に合格したら薬剤師名簿登録のための申請手付きを行いましょう。申請には薬剤師免許申請書、医師の診断書や戸籍抄(…

薬剤師が転職する際の注意点とは?転職経験者に聞いてみた

「初めての転職で不安…どの情報を信じればいいの?」 「絶対転職に失敗したくない!注意すべきことはある?」 売り手市場と言われる薬…

第二新卒向け薬剤師求人の探し方。失敗しない転職・就職方法とは

「残業が多い…」 「希望していた企業を諦めきれない…」 「とにかく今の職場、辞めたい」 など、現…

薬剤師が転職に失敗するワケとは?失敗談と成功のための4つのコツ

人生において一大イベントとも言える「転職」当然、失敗したくはないですよね。このページでは薬剤師が転職を成功させるためのポイントを、「先輩たちのリアルな失敗事例」をもとに…