薬剤師転職エージェント条件別おすすめ5社|転職成功を導く賢い選び方

面談をする薬剤師
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私を担当している転職エージェント、ハズレなのかも…

転職エージェントは、薬剤師の転職に欠かせない存在になりました。その一方で「ハズレの転職エージェントに当たってしまった…」という声があるのも事実です。

そんな事態を回避するためには「エージェントの複数利用」がおすすめです。

この記事では複数利用のメリットについて詳しく説明し、自分にピッタリの転職エージェントを見つけるヒントを紹介します。

★厳選!おすすめ転職サイト★
転職サイト名 高額求人(600万以上) 求人数が多い職場 求人を探す
マイナビ薬剤師 1万件以上 ドラッグストア
企業

無料
登録

薬キャリ 7千件以上 調剤薬局
病院

無料
登録

ファルマスタッフ 7千件以上 調剤薬局
ドラッグストア

無料
登録

1.あの薬剤師転職エージェント、ハズレかも…。当てはまるなら要注意!

怪しむ女性

ここでは、よくあるハズレ転職エージェントの例、そして実際にハズレ転職エージェントと出会った薬剤師の体験談をご紹介します。

エージェントの質によっては、転職に失敗してしまう可能性もありますので、しっかりチェックしておきましょう。

 1-1.ハズレエージェントの具体例|転職失敗の可能性も要チェック

1.熱意がなく、事務的な対応をされる

エージェントの中には、事務的に求人紹介をしてくるタイプもいます。

こういったエージェントは積極的に求人紹介をしてくれないので、理想の求人には出会えなくなってしまいます

特に好条件の求人は早い者勝ちですから、エージェントがどれだけ早く紹介してくれるかがカギになります。熱意がないエージェントと行動が遅く、良い求人は回ってきません。

熱意のあるエージェントなら「この人に合う求人を見つけてあげたい!」と真剣に考えてくれるので、積極的に行動し、希望に近い求人を紹介してくれます。

その理由は2つあります。

1つは積極的な提案や求人紹介をしてもらえないということです。

良い求人は無くなるのが早いため、エージェントからどれだけ早く紹介してもらえるかもカギになります。そういった事情を考慮せず、事務的に求人を紹介されたのではどれが良い求人なのかもわからず、後手後手になってしまいます。

もう1つは、自分に合う求人を見つけられないという点です。

例えば「年収アップ」が希望条件であったとしても、熱意があり、「この人に合う求人を見つけてあげたい!」と考えているエージェントなら、他の条件も深掘りしてヒアリングしてくれますので、希望に近い求人を紹介してもらえます。

しかし、表面しか見ていないエージェントでは、ただ年収が高い求人を事務的に紹介するだけになってしまいますので、いつまで経っても条件に合う求人が見つけられないのです。

2.希望の転職先の内部情報に精通していない

情報量の少ないエージェントも「ハズレ」です。

転職を成功させるためには求人先の情報をどれだけ集められるかがポイントになります。とはいえ個人の情報収集には限界があるので、エージェントの情報能力が重要になるのです

特に重要なのは「職場の人間関係」「社風」など表向きには公開されていない情報です。どれだけ条件が良くても、人間関係の悪い職場では長続きしません。

逆に考えると、職場の雰囲気が悪く薬剤師が集まらないため、待遇を良くしている求人も少なからずあります。

優れたエージェントなら、実際に職場に足を運んで雰囲気や人間関係を肌で感じています。それを怠っているエージェントが情報量に乏しいのは言うまでもありません。

さらにいうと、その職場とのパイプもないため、条件交渉、年収交渉に関しても期待できません。

3.連絡の頻度が極端

転職の緊急度は人によって異なります。それによって連絡回数を調整できないエージェントはハズレといえるでしょう。

たとえば「急ぎの転職ではないけれど、良い求人があれば紹介してほしい」という求職者に毎日連絡をするのは不適切です。

逆に、今すぐ転職したい求職者に対してほとんど連絡しないエージェントも困り者です。

優秀なエージェントは、求職者一人ひとりの状況に合わせ、適度な連絡を心がけてくれます。ハズレのエージェントはその頻度が極端で、仕事中に電話してきたり、急に連絡が途切れることもあります。

4.内定後のフォローが雑

転職は内定をもらったら終わりではありません。内定先企業との契約をはじめ、条件交渉などやることはたくさんあります。

さらに、今働いている会社の退職手続きも手間がかかります。トラブルを回避して円満退職を目指したいところですが、自信がないならエージェントに手伝ってもらえます。

実は、エージェントの能力差はこの内定後の場面でかなり見えてくるものなのです。フォローが雑なエージェントでは、契約や連絡に不備が起こることもあり、入社まで思った以上に時間がかかってしまうこともあります。

そのようなエージェントは、「転職させる」ことが目的となっていて、転職先が決まったらもう自分の評価には関係がないため、仕事が雑になってしまうのです。

 1-2.【体験談】このエージェントは失敗だった…

急に連絡がとれなくなりました…
47歳・女性

職場の機材とか詳細を知りたかったけど、わからないと回答されました。

転職先が決まるまではすごく連絡がまめだったのに、それ以降は連絡がなく、面接の持ち物を質問しても返事が来ませんでした。

とじる
つづきを読む
求人の押し売りにウンザリ…
36歳・男性

ネットで「薬剤師 転職」と検索し、出てきた評判の良いサイトになんとなく登録しました。

こちらとしてはゆっくり転職を検討しようと思っていたのに、次から次に求人を紹介されて押し売りされているような気分になりました。

転職を急いでいるなら、むしろありがたいのだろうけど…。

とじる
つづきを読む
なぜ病院の求人を紹介してくれないの?
29歳・女性

「薬剤師転職サイトランキング第1位!」と紹介されている転職サイトに登録しました。担当者に「病院勤務希望」と伝えたのに、なぜか紹介してくる求人は調剤薬局やドラッグストアばかり。

調べてみたら、その転職サイトは病院転職の求人に弱い転職サイトだったんです…。

そこで、病院転職の求人が強い薬剤師転職サイトに登録。こちらは私の希望条件に合った病院求人を紹介してくれて、自分にピッタリの病院に転職できました。

とじる
つづきを読む

このように、転職の際にエージェントに不満を持つケースは思いのほか多いのです。

次の項目では、自分に合った転職エージェントの出会い方についてまとめています。紹介した体験談のような失敗をしないためにも、しっかり確認しておきましょう!

2.自分に合う薬剤師転職エージェントに出会う方法

先ほどご紹介した体験談のように、「このエージェント、ハズレなんじゃ…」「このままだと転職に失敗するんじゃ…?」という事態はどうしても避けたいですよね。

実は、自分に合った転職エージェントに出会うために、転職活動をするにあたって気をつけるべきポイントが存在するのです。

それは、「自分の希望・条件に合う転職サイトに複数登録すること」です。

ここで注目してほしいポイントは、「複数の転職サイトを利用すること」と「利用する転職サイトが自分の希望や条件に合っているか」の2つです。それでは、それぞれについて見ていきましょう。

-ポイント1 複数の転職サイトに登録すること

なぜ複数の転職サイトに登録することが大切なのでしょうか?

答えはシンプルで、1つしか登録をしていないと、もしその担当エージェントが「ハズレ」だったときに八方塞がりになってしまうからです。

複数の転職サイトに登録をしておけば、それぞれ特性を持ったエージェントと会えるため、自分に合うエージェントを吟味することが出来ます。

つまり、良いエージェントに出会う確率が上がる、ということですね。

またエージェントが所属している転職サイト自体にも求人の質や業界ごとの強みといった違いがあります。複数登録することで紹介してもらえる求人も増え、選択枝の幅が広がります。

実際に、当サイトが薬剤師240人を対象に行ったアンケートでは、転職経験者のうち実に81%の人が複数の転職サイトに登録をしていたと回答しています。

転職サイトはどれも無料で登録ができ、いくつ利用してもお金がかかることはありません。かといってあまりに登録しすぎても対応しきれなくなってしまいますので、自分に合っている2~3社の登録をおすすめします。

複数の転職サイトに登録する前の注意点

複数の転職サイトの利用をより良いものにするために、2つのポイントをお伝えします。

  1. 複数の転職サイトに登録していることをそれぞれのエージェントに伝える
  2. 複数登録について伝えておかないと、エージェント間で紹介案件が重複することもあり得ます。そうなると転職活動が円滑に進みません。他社の進捗状況もしっかり伝えておきましょう。

  3. エージェントの変更が可能か事前に確認する
  4. 今使っている転職サイトの担当エージェントが自分に合わないと感じていたら、別の転職サイトに登録する前に、担当を変更してもらうという方法もあります。「この転職サイトの使い勝手はいいけど、担当が…」という時には、まずは担当変更できないか確認したほうが良いでしょう。

-ポイント2 自分の希望・条件に合った転職サイトに登録すること

転職サイトなんてどれも同じでしょ」と思っていませんか?転職サイトはそれぞれ強みや特徴が異なりますので、それらをしっかり把握して、自分に合ったサイトを選ぶことが大切なんです。

転職サイトは、大きく分けて以下の2つの項目で違いがあります。

1.転職エージェントの能力

転職エージェントには「ハズレ」と「アタリ」がいることは先ほどお伝えしました。エージェントも人間ですので、これはある程度仕方がないのかもしれません。

優秀なエージェントに当たるかどうかで、条件交渉やフォローの充実度は大きく変わってきます。つまり、転職の成功にも大きく影響するのです。

どの転職サイトでもエージェントの当たり外れは少なからずありますので、「この転職サイトに登録すればアタリ、このサイトはハズレ」と確実にいえるわけではありません。

ただ、転職サイトによっては「薬剤師以外の領域でも転職支援をしているため、条件交渉のノウハウがある」といった特徴もありますので、そういったサイトを選ぶことで、ハズレのエージェントに当たる可能性は低くなります。

2.転職サイトの特徴

転職サイトの特徴で最も異なるのは、求人の数、そして質です。

転職サイトはそれぞれに強みとする職場があります。

たとえば調剤薬局に強みを持つ転職サイトでは、調剤薬局の求人数がほかよりも多く、また太いパイプを持っているため好条件の求人も多くなります。

一方で「調剤薬局はそれほどでもないけれど企業の求人に強い」という転職サイトもあり、それぞれ特徴が分かれているのです。

以上の2点から、転職サイトを選ぶ際には、自分がどの職場に転職したいかエージェントにどんなことを求めるかを明確にしておく必要があります。それによって、利用するべき転職サイトは変わるからです。

転職サイト選びを適当にしてしまうと、ミスマッチが起こり転職を失敗してしまう可能性が高くなります。あらかじめ譲れない希望や条件を決めて、利用する転職サイトを見極めましょう。

3.条件別おすすめ薬剤師転職サイト|大手5社を徹底比較

 3-1.【転職エージェントの能力別】おすすめ転職サイト

ここからは、おすすめの転職サイトをエージェントの能力別に紹介していきます。

当サイトでは転職経験のある薬剤師さん240名にアンケート調査を行い、各転職エージェントの満足度について、以下の4項目で調査をしました。

各項目で薬剤師さんから高く評価されている転職サイトをご紹介していくので、ご自身のご希望と合わせてチェックしてみてください。

1.提案求人数の多さ

マイナビ薬剤師
おすすめする理由
  • 転職サイトが保有している求人数は54,448件と業界トップクラス。求人数が多いため、自分の希望条件に合った求人を紹介してもらえる可能性が高まります。
  • 調剤薬局、病院、ドラッグストア、企業で職場別に見ても、保有求人数はどれもトップクラス。希望の職場がある方にもおすすめです。

公式HPはこちら

マイナビ薬剤師の評判は?ひと目でわかる特徴とオススメ薬剤師を解説
マイナビ薬剤師の評判は?ひと目でわかる特徴とオススメ薬剤師を解説
「マイナビ薬剤師って有名だけど、評判はどうなんだろう?」 マイナビ薬剤師は大手の転職サイトですが、その実態はなかなか見えにくいですよね。 ...
 

2.条件交渉力の高さ

ファーマキャリア
おすすめする理由
  • 弊社で薬剤師さん240名に実施したアンケートによると、ファーマキャリアでの年収アップ率は驚きの57.14%!(他社平均:34.33%)
  • 求職者の希望に合わせて条件交渉をしてくれる「オーダーメイド求人」を強みをするファーマキャリアだからこそ、熱意のあるエージェントが多く在籍。

公式HPはこちら

ファーマキャリアの評判!元エージェントが語る特徴とオススメ薬剤師
ファーマキャリアの評判!元エージェントが語る特徴とオススメ薬剤師
「ファーマキャリアって実際どうなのかな?」「オーダーメイド求人って何なの?」 この記事ではそんな疑問を解消すべく、をもとに、ファーマキャリ...
 

3.フォローの充実度

ファルマスタッフ
おすすめする理由
  • ファルマスタッフは、対面面談や面接同行などのサポートが特徴です。じっくり時間をかけて転職をサポートしてくれるため、転職経験が少ない方や「面接は苦手…」という方におすすめです。
  • 職場の内部情報を深く把握していることも強みです。全国に15の事業所を持っているので薬局や病院をしっかり訪問でき、職場の雰囲気や人間関係などをチェックしています。

公式HPはこちら

ファルマスタッフの評判・口コミ!エージェントが最新求人と併せて解説
ファルマスタッフの評判・口コミ!エージェントが最新求人と併せて解説
「ファルマスタッフってよく聞くけど、実際どうなのかな?」 「ネット上での高評価は本当なの?」 この記事ではそんな疑問を解決するため、転職エ...
 

4.レスポンスの速さ

薬キャリ
おすすめする理由
  • 薬キャリは最短即日、最大10件までの求人を紹介してくれます。転職の条件が決まって「すぐにでも転職したい!」という方にはおすすめです!
  • 面談方法も電話・メールに特化。スピーディなコミュニケーションで転職をサポートしてくれます。

公式HPはこちら

薬キャリの評判は?ひと目でわかる特徴とオススメな薬剤師を解説
薬キャリの評判は?ひと目でわかる特徴とオススメな薬剤師を解説
「薬キャリってよく名前聞くけど、実際どうなのかな?」と疑問を持っている薬剤師も多いのではないでしょうか。 ネットで口コミを見ても、人によっ...
 

 3-2.【転職サイトの特徴別】おすすめ転職サイト

ここからは、おすすめの転職サイトを転職したい職場別に紹介していきます。

こちらも弊社でリサーチを実施し、各転職サイトの求人数特徴から、本当におすすめできる転職サイトを調査しました。

1.調剤薬局

ファルマスタッフ
おすすめする理由
  • ファルマスタッフは経営母体が日本調剤なので、調剤薬局に根強いパイプを持っています。そのため好条件な調剤薬局求人を数多く保有しています。
  • 調剤薬局の求人数は45,000件以上(他社平均:約24,500件)。豊富な求人の中から、自分の条件にピッタリ合う求人を探せます。

公式HPはこちら

ファルマスタッフの評判・口コミ!エージェントが最新求人と併せて解説
ファルマスタッフの評判・口コミ!エージェントが最新求人と併せて解説
「ファルマスタッフってよく聞くけど、実際どうなのかな?」 「ネット上での高評価は本当なの?」 この記事ではそんな疑問を解決するため、転職エ...
 

2.ドラッグストア

マイナビ薬剤師
おすすめする理由
  • マイナビ薬剤師は転職だけでなく就職活動の支援も行っているため、新卒採用を実施する大手ドラッグストアとの根強いパイプを持っています。
  • 求人数も15,000件以上と業界トップレベル(他社平均:約6,700件)。その内4,000件以上が年収600万円以上の高年収求人となっています。

公式HPはこちら

マイナビ薬剤師の評判は?ひと目でわかる特徴とオススメ薬剤師を解説
マイナビ薬剤師の評判は?ひと目でわかる特徴とオススメ薬剤師を解説
「マイナビ薬剤師って有名だけど、評判はどうなんだろう?」 マイナビ薬剤師は大手の転職サイトですが、その実態はなかなか見えにくいですよね。 ...
 

3.病院

薬キャリ
おすすめする理由
  • 薬キャリは「m3.com」を運営するエムスリーの子会社、エムスリーキャリアが運営しています。医師や薬剤師から厚い信頼を集めているため、医療機関とも根強いパイプを持っています。
  • 正社員、契約社員、派遣、パートと求人を幅広く保有しているので、「どういう働き方にしよう…」と悩んでいる方も、エージェントに相談しながら決めることができます。

公式HPはこちら

薬キャリの評判は?ひと目でわかる特徴とオススメな薬剤師を解説
薬キャリの評判は?ひと目でわかる特徴とオススメな薬剤師を解説
「薬キャリってよく名前聞くけど、実際どうなのかな?」と疑問を持っている薬剤師も多いのではないでしょうか。 ネットで口コミを見ても、人によっ...
 

4.企業

リクナビ薬剤師
おすすめする理由
  • リクナビ薬剤師は、薬剤師以外の領域でも転職支援・就活支援を行っているため、製薬企業などに独自のパイプを持っています。
  • 企業の求人数は約230件(他社平均:約120件)と多くの企業求人を保有しています。またリクナビ薬剤師は、全求人の75%が非公開求人なので、掘り出し物のレア求人を紹介してもらえる可能性が高いです。

公式HPはこちら

リクナビ薬剤師の評判は?ひと目でわかる特徴とオススメ薬剤師を解説
リクナビ薬剤師の評判は?ひと目でわかる特徴とオススメ薬剤師を解説
「リクナビ薬剤師ってほかの転職サイトと比べて何が違うの?」 「実際に使った人の評判は?」 リクナビ薬剤師は大手の転職サイトですが、実態は...

この記事では、薬剤師の転職エージェントについて詳しく説明してきました。

転職エージェントにはアタリとハズレがあること、それによって転職成功が大きく左右されることがご理解いただけたと思います。

同時に転職サイト選びも大変重要です。この記事でおすすめしている転職サイトはすべて安心して登録できる有名サイトばかりです。自分の希望条件に合った転職サイトに登録し、理想の転職をつかみ取りましょう。

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

1分で無料登録する

薬キャリ

  • 「m3.com」のエムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • 土日休みなど、家庭重視のママ薬剤師向け求人に絞って検索できる

1分で無料登録する

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

1分で無料登録する

ファーマキャリア

  • 薬剤師業界唯一のオーダーメイド求人!
  • 担当する薬剤師さんの数を限定し、1人の薬剤師さんを手厚く対応

1分で無料登録する

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

1分で無料登録する

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

【女性薬剤師向け】産休・育休明けの復帰を見据えて転職を考えるなら

結婚すると、女性は「産休・育休」を取得できるか気になるもの。今回ご紹介する20代女性薬剤師さんは結婚を機に転職を決意します。土日はまともに休めない病院から調剤薬局に転職した彼女がとった戦略とは…

  • 🕒
  • 2019.12.11更新

薬剤師必見!今更聞けない面接のコツを転職エージェントに聞いてみた

「面接で印象が良くなる方法ってどんなテクニックがある?」 「面接で押さえるべきポイントって何だろう?」 自分の希望する職場先を見…

  • 🕒
  • 2019.12.11更新

薬剤師の転職回数は3回まで?採用者の正直な意見と見ているポイント

転職の際、「これまでの転職回数が多いこと」は一般的に不利とされています。 ボク、転職ハジメテなんですけど・・・おどおど・・・みたいなのの方がちょうどいいということです。 これは薬剤師の場合も…

  • 🕒
  • 2019.12.09更新

【要注意】薬剤師の年齢|転職は20代までが有利?真実と成功のコツ

薬剤師がスキルアップや年収アップを目指し転職を考えるならば、やはり20代のうちがよいのでしょうか。年齢が上がれば上がるほど転職は難しくなるのでしょうか。「やりがいが欲しい」「もっと自分に合った職場や…

  • 🕒
  • 2019.12.09更新

薬剤師のブランク復帰方法|経験者に学ぶオススメ勉強法と職場の選び方

「休職して結構時間が経っちゃったけど、復職できるかな?」 「復職したいけど勉強って何をやればいいの?」 子育ても一段落して復職し…

  • 🕒
  • 2019.12.05更新

薬剤師が未経験で転職できる職場は多い?経歴を活かす転職方法とは

「調剤薬局やドラックストア以外への転職は未経験だと厳しいだよね?」   そう考えて未経験職場への転職を諦めている薬剤師さんは多いのではないでしょうか。

  • 🕒
  • 2019.12.04更新

調剤薬局に転職を考えている薬剤師必見!希望別おすすめ転職先まとめ

「調剤薬局とドラッグストア、どちらが自分に合っているか分からない」 「自分の希望が満たせる調剤薬局の探し方が分からない」 自分の…

  • 🕒
  • 2019.12.04更新

地方薬剤師は高給で激務はウソ?必ず好条件求人が見つかる方法とは

「地方の方が高給らしい」 「でも薬剤師が不足しているから激務なんでしょ」   地方は薬剤師が不足しているので高給だが…

  • 🕒
  • 2019.12.04更新

薬剤師200人の転職理由ランキング上位5つを解説!転職成功の方法も…

「こんな理由で転職していいのかな?」」「この転職理由で採用担当者にどう思われるか不安」 転職経験が少ない薬剤師の中にはこのような不安を…

  • 🕒
  • 2019.12.03更新

薬剤師の履歴書作成ガイド|転職エージェント直伝の好印象な書き方

「履歴書の書き方、失敗しないようにしなきゃ…」 「志望動機と自己PRも好印象に仕上げたいし…」 履歴書の作成は薬剤師の転職活動のスタ…

  • 🕒
  • 2019.11.26更新

7~10月は薬剤師転職に最適な時期!自分にあった時期選びの3視点

「転職に有利な時期とか有るのかな?」そんな疑問を持っている薬剤師さんも多いのではないでしょうか? 多くのサイトで「求人数が増える1~3月がおすすめ!」と紹介されてい…

  • 🕒
  • 2019.11.15更新

50代薬剤師の転職は難しい?成功のポイントは求人選びと面接にあり

「50代の転職って他の年代よりも厳しそう」 「50代が転職に成功するためにはどうしたらいいの?」 そう考える50代の薬剤師も多い…

  • 🕒
  • 2019.10.29更新