【30代男性薬剤師】年収キープで残業を20時間以内に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

調剤併設のドラッグストアで薬剤師として働いていたが、30歳前半にMRに転職。きっかけは友人に声をかけられたことだが、当時ちょうど結婚を意識し始め、年収をあげたいと考えていた。実際、当初勤めていたドラッグストアではキャリアパスが不明確で評価内容にも不満があった。何より、あまり大きい会社ではなかったのでポストも頭打ちという印象があった。友人の紹介ということもあってかそのタイミングでの転職は面接1回だけでうまくいった。転職してすぐ結婚。その後も真剣に働き、もともと人付き合いが得意だったこともあり、順調にキャリアを積んで年収は600万を超えていた。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 高収入 求人を探す
薬キャリ 時給3,000円~、年収800万円~

詳細を見る

マイナビ薬剤師 時給2,500円~、年収780万円~

詳細を見る

ファルマスタッフ 時給2,000円~、年収730万円~

詳細を見る

1.年収は上がったが、MRは残業や休日出勤も多く、再度転職を検討

ただ、年収は上がったものの、残業が多く土日も仕事が入ることがしばしば。子供も2人授かり、そろそろ家族との時間も大切にしたいと思い始め再度転職を意識。

転職を意識し始めた時、たまたま大学薬学部時代の友人と飲む機会があった。話を聞くと、彼も最近転職したという。しかも年収が50万上がったのに、通勤時間が短く残業が減っていると。どんな方法を使ったのか、と問いただすと『m3(エムスリー)の薬剤師転職サイトを利用した』と言っている。友人が大真面目で説明してくれたが、その時は「そんなの紹介料商売なんだから、ロクな求人なんてないだろ」と、疑っていた。

ほどなくして、MR仲間の情報や友人のツテで求人情報を集めたものの、ただでさえ忙しい仕事の合間を縫っての転職活動は思うように進まず、焦りばかりが募ってきた。

2.結局、m3(エムスリー)の薬剤師転職サイトに登録してみることに

そんな時にふっと友人の言葉を思い出して、なにげなくインターネットで調べてみると、どうやら評判のいい転職サイトらしい。軽い気持ちで登録してみると、すぐにコンサルタントから電話があり、やりたい事や条件、希望など細かく聞いてくれた。

無理を承知で、“最低でも今の年収”と“残業を月20時間に抑えたい”と、条件を提示してみた。

そんな無理な要望にも関わらず、真剣に自分の強みやキャリアを分析してくれ、希望に合う求人情報を数社紹介。前職の評価システムやキャリアパスへの不満も伝えてあったからか、このあたりが明確なものについては特に強調して紹介してくれた。

それだけでなく、履歴書の添削や面接対策までトータルサポートしてもらった。面接の練習を1回と、履歴書の添削。履歴書に至っては添削というよりほとんど原形をとどめないぐらい書いてもらってしまった。薬剤師の転職に特化しているのでこの辺りの書き方についてもノウハウがあるらしい。

おかげで忙しい時仕事の中でも希望通りの転職を実現することができた。いまでは家族との時間もとれ、趣味のゴルフも楽しむ余裕が増えて、とても満足している。エムスリーには本当に感謝している。

薬剤師登録数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が5年連続No.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度5年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

関連記事

日本の資格で働けるの?オーストラリアで薬剤師として働く方法と求人

豊かな自然と温暖な気候が人気のオーストラリア。メルボルンは「住みやすい都市ランキング」に何度も1位に輝いています。その為、永住を希望する人や語学留学で訪れる人など、日本人…

薬剤師転職サイトには複数登録しないと危険!最低でも3社以上の理由

転職活動をする際には、薬剤師の転職サイトには3社以上登録しないと非常に危険だということをご存知ですか? その理由は薬剤師転職サイトに複数登録しないと、「希望とは全く異なる職場…

薬剤師の転職回数は3回まで?採用者の正直な意見と見ているポイント

転職の際、「これまでの転職回数が多いこと」は一般的に不利とされています。ボク、転職ハジメテなんですけど・・・おどおど・・・みたいなのの方がちょうどいいということです。 これは薬剤師の場合も同様。ひとり…

薬剤師が転職する際の注意点とは?転職経験者に聞いてみた

「初めての転職で不安…どの情報を信じればいいの?」 「絶対転職に失敗したくない!注意すべきことはある?」 売り手市場と言われる薬…

【2018年版】薬剤師に将来性はあるの?今後の需要と薬剤師の未来

薬剤師という仕事は、今後どうなっていくのでしょうか?何年も「薬剤師不足」の時代と言われてきましたが、人手不足は本当に今も続いているのでしょうか?また、薬剤師としての自分の将…