チーム医療に力を注ぐ田原町薬局が目指す姿とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安心、安全な医療を望む患者さまや家族の声が高まる昨今、近年ではチーム医療という考え方が、人びとの間に広まっています。 東京都台東区にある「田原町薬局」も、介護施設との連携に力を入れている薬局のひとつです。

話を伺った人:小嶋夕希子(こじま・ゆきこ)さん

株式会社FUNmacy代表。在学中に起業し、スポーツビジネスなどさまざまな事業を経験。薬学部を卒業後2年目で開業。「患者さまと薬剤師が出逢うキッカケを創る」というミッションのもと、薬局経営や独立支援、経営コンサルタントとしても活躍している。

薬剤師が服薬指導以外にできること

――「田原町薬局」では、福祉施設との連携や在宅医療にも力を入れていると伺いました。チーム医療に注力するうえで、小嶋さんが一番大切にしていることは何でしょうか?

小嶋さん:患者さまから頼られる存在であることです。自分自身、あるいは家族が体調不良になったとき、ほとんどの方が病院の医師や看護師を頼ると思います。

――そうですね。診察してくれた医師の顔と名前はなんとなく覚えていますが、薬剤師さんはほとんど記憶に残っていないかもしれません。

小嶋さん:でも、診察室で医師に病状を話す際、なかなか心を開けず、自分が希望する治療方法を伝えられない患者さまは非常に多いんです。薬に関する正しい知識を持った薬剤師がそこに加わることで、患者さまと一歩踏み込んだコミュニケーションをとれるようになります。

――食生活や体質などの細かな情報は、治療方法を検討するうえでの判断材料になるということでしょうか?

小嶋さん:もちろんです。患者さまの情報量が多ければ多いほど、提案できる治療方法の幅も広がります。在宅医療をはじめてから、「実は最近なかなか眠れない」「食欲がなくて」など健康状態を自ら話してくださる方が増えました。「小嶋さんには不思議と何でも話せる」と言っていただけたときは、涙が出るほど嬉しかったですね。「『小嶋さん』って呼んでもらえた!」って。

処方箋に頼らなくても生まれる自然なやり取り

――名前で呼んでもらえると、認めてもらえたような気がして嬉しくなりますね。それに頼れる人がいるのは、患者さまにとって心強く安心感があると思います。

小嶋さん:実際に私が21歳のころに、母の介護と看取りを経験し医療従事者の協力をあまり得られず、とても辛い思いをしました。薬剤師になった今だからこそ、ひとりでも多くの方が愛する家族との時間を大切にできるよう、不安や悩みを相談できる存在でありたいと思っています。

――先ほどから気になっていたのですが、店内に猫の雑誌や置物があるのも顔と名前を覚えてもらうための工夫なんですか?

小嶋さん:そうなんです(笑)。私は猫が大好きなので、景観を損ねない程度に猫の雑誌や猫モチーフのお会計皿を置いています。それが、患者さまとの会話のとっかかりになるんです。それまで話をしたことがなくても、共通の趣味を持っていることがわかった途端に、親近感が湧くことってありますよね。だから、服薬指導や処方箋に頼らなくても、患者さまと自然なやり取りが生まれるんです。

「小嶋さんがいるから田原町薬局に行こう」

――話しやすい雰囲気作りも、「小嶋さんがいる田原町薬局に行きたい」と思ってもらうキッカケになりますね。

小嶋さん:これからの薬局や薬剤師には、選んでもらうための付加価値が必要不可欠だと思います。平成26年に厚生労働省がおこなった調査によれば、日本の薬剤師の数は世界的に見ても288,151人とランキング第2位。最近は、人工知能に代替できる医療職として、薬剤師は上位にランクインしています。

――人工知能にとって変わられないよう、「田原町薬局にしかない」勝ち筋が必要だと。

小嶋さん:そうですね。だからこそ、人と人とのつながりを大切にして、「患者さまと薬剤師との出逢いの場」でありたいと思っています。患者さまが必要としている薬剤師と出逢い、薬剤師が救うべき患者さまに出逢う。この関係が自然に成り立つ社会を創りたいんです。

それを実現するために、地域や介護施設との連携はもちろん、SNS発信や講演活動などを通して日本全国に薬剤師との出逢いで人生が変わることを伝えていきたいと思います。

まとめ

小嶋さんは最後「患者さまにとって太陽のような、なくてはならない存在であり続けたい」と今後の薬剤師としてのあり方を語ってくれました。ヒトと正面からまっすぐに向き合う真摯な小嶋さんの姿勢が、患者さまとの信頼関係につながっているのではないでしょうか。

関連記事

未来まで継続・発展する薬局を一緒に作りたい|経営の専門家が語る…

薬局の経営支援を行う石黒さん。「未来まで継続・発展する薬局を一緒に作りたい」という想いの下、さまざまな薬局経営者の伴走者として、薬局を発展させる取り組みを行っています。 石黒さんの薬局経営…

薬剤師に新たな価値を!電子薬歴システム「Musubi」に込められた開…

「服薬指導で話したことを、ひとつひとつ思い出して薬歴に記録するのは非効率」。そう話すのは、株式会社カケハシが開発・提供している電子薬歴システム「Musubi」のプロダクトオーナーを務める永瀬彩夏(ながせ…

患者が抱える問題を薬剤師としてどう解決できるのか?ファミリー薬…

神奈川県横浜市にある「ファミリー薬局横浜神大寺店」は、訪問服薬指導やセルフメディケーションに力を入れています。 「患者さんの生活環境や食生活を把握して、ストレスのない提案をしていきたい」と…

食事や運動の提案も! 総合的な医療に注力する「いろり薬局」の未来

かかりつけの病院は決まっていても、かかりつけの薬局が決まっている人は少ないように思います。 一般の方は「薬局はどこも同じ」といったイメージを持っているはずです。   「薬局がど…

スポーツファーマシストが語る!ドーピングが禁止される2つの理由

この記事の目次ドーピング禁止の理由は『選手の健康』と『スポーツの価値』を守るためドーピングに手を染めてしまう理由は『名誉』と『重圧』『昨日の食事』で陽性に?高い精度のドーピング検査による弊害ドーピング ...