自分の中の「理想の薬剤師」を忘れずに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。

薬剤師国家試験も終わり、いよいよ新年度を迎える時期となりました。この春から新人薬剤師として働き始める方は、国家試験の合否結果をやきもきしながら待っているところでしょう。

今回は自分の中にある「理想の薬剤師」の姿を見つめ直すことの大切さについて執筆いたしました。

日本薬剤師会から発表された「薬剤師行動規範」について

薬剤師の勤務先として、調剤薬局やドラッグストアが5割超、病院が約2割、医薬品メーカー等に約2割、その他行政機関等の割合になるようです。

さて、去る1月に日本薬剤師会から「薬剤師行動規範」が発表されました。

この行動規範は、昭和43年に制定された「薬剤師倫理規定」を今回「薬剤師行動規範」に改めたものです。

薬剤師行動規範は 15 項目からなり、今回「患者の自己決定権の尊重」、「学術発展へ の寄与」、「職能の基準の継続的な実践と向上」、「国民の主体的な健康管理への支援」といった新たな項目が盛り込まれました。 この行動規範は非常に簡潔なものではありますが、薬剤師の「あるべき姿」を示したものであり、薬剤師としての職責を担うにあたり、遵守すべき大きな道標になるのではないか、と思います。 シニカルな見方と言えるかもしれませんが、こうした行動規範が明文化されなければならない、というのは、現状の薬剤師の姿が「望ましい姿」から乖離しているのではないか、という懸念が持たれている、ということでもあります。

薬剤師を目指したときのことを忘れずに

今回誕生する新人薬剤師をはじめとする、6年制カリキュラム卒業生は、薬剤師としての倫理教育をしっかりと受けてきているかと思いますが、残念ながら、薬局など現実の職場では、そうした理想から大きく離れた状況下で業務が行われている場合があります。それらの問題が時折発覚し、処分などを受けるケースが報道されることもあります。(もちろん、とてもしっかりとした倫理観を持って業務に取り組まれている薬局さんが圧倒的に多いのですが……)。

ここでもう一度、自分達が薬剤師を目指した時のことを思い出していただきたいのですが、薬剤師を目指した動機は人様々だと思いますが、「薬剤師を目指そう」という決意をした時、それぞれ自身の中には、前述の倫理規定にあるような「理想の薬剤師」像があったのではないか?と思うのです。

それが、「郷に入っては郷に従え」「朱に交われば赤くなる」といったことわざが示すように、1度組織に入ってしまうと、その組織の風土やしきたりに次第に感化され、いつの間にか「理想の薬剤師」から離れた自分になってしまう――そんなことが起きているのが薬剤師業界の現状なのではないでしょうか。

新人薬剤師さんはもちろん、現在薬剤師として活躍している皆さんも、この薬剤師行動規範などをしっかりと見直しながら、自分が薬剤師を目指す決意をした時の「理想の薬剤師」像を、再度しっかりと見つめ直し、「組織人」である前に「薬剤師」、「薬剤師」である前に「人間」として倫理観を持って患者さんやスタッフ、他職種と接し、業務に取り組んでいくことが大切なのではないでしょうか。

関連記事

薬剤師による在宅訪問業務を介護保険の“理念”にかなうものに

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。 先日、日本経済新聞・電子版でとても興味深い記事を目にしました。  

副業してみる?薬剤師兼WEBライターの私の働き方|仕事内容を大公開

『副業に興味はあるけど、実際どんな感じなんだろう?』  『始めたいけど、探し方がわからない』 はじめまして、HOP!薬剤師で記事を執筆してい…

「命の値段」はどう計算するのか?

こんにちは!栃木県宇都宮市の保険薬局で管理薬剤師を務めている船見です。 6月13日、中央社会保険医療協議会(中医協)の部会で、薬の値段が効果に見合っているかどうかの基準づくりのために計画してい…

「医・薬・介」三位一体の重要性と促進

  周知のように、我が国の国民医療費は年間42兆円を超えており、今後も急激な高齢化による増加が予想されています。2025年には54兆円を超えるとの試算もあります。   国民医療費42兆円の…

ポリファーマシーの解消と減薬提案

高齢者の患者さんに接する機会のある薬剤師は肌で感じているかと思いますが、高齢になると服用する薬が増えていく傾向にあります。中には「こんなに飲んでいて大丈夫なの?」と、心配になってしまうほどたくさんの…