薬剤師の収入はいくらだと低い?職場別ランキング&収入アップの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
薬剤師の収入は病院やドラッグストア、製薬会社、独立などの「職場」で大きく差がうまれます。 病院の収入は安い、ドラッグストアの収入は高い、といった事情はすでにご存知だと思います。 では、薬剤師の収入は「いくらだと低いか」は知っていますか? そこで今回は、「職場」とパート・派遣などの「働き方」、都道府県などの「地域」での平均収入と収入アップの方法を紹介します。
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 高収入 求人を探す
薬キャリ 時給3,000円~、年収800万円~

詳細を見る

マイナビ薬剤師 時給2,500円~、年収780万円~

詳細を見る

ファルマスタッフ 時給2,000円~、年収730万円~

詳細を見る

1.薬剤師の収入の平均は「500万」!男女、年齢別の平均は?

まずは、自分自身の収入が適正なのか―。その疑問と向き合ってみましょう。そのためには薬剤師の平均年収を知る必要があります。

薬剤師全体の平均年収は、500万円~650万円、中央値は400~500万円でとなります。これを安いととらえるか、高いととらえるかは人によって違うでしょう。もちろん、年齢や役職、職場によって年収にはバラつきがあります。

男女・年齢別 薬剤師の平均収入

男性女性でも薬剤師の収入は異なってきます。

男性薬剤師の平均収入は555万円、女性薬剤師の平均収入は469万円となっています。

また、年齢別では、男性薬剤師は45歳~49歳が最も高く、平均793万円、女性薬剤師は60歳~64歳が最も高く、平均638万円となっています。

※平均のデータは「平成27年賃金構造基本統計調査」より引用しています。

※年収は独自の計算方法によって算出しています。

2.パートや派遣で働く薬剤師の収入は?

薬剤師は、パートや派遣で働く方も多い職種です。これらの雇用形態での収入も見ていきましょう。

パートとして勤務している薬剤師の平均年収は、80万円~150万円、中央値が60万円~100万円です。育児や介護といった家庭の事情によって選択する働き方ですから、数値にばらつきがあります。

一方、派遣として勤務している薬剤師の平均年収は、400万円~500万円、中央値が350万円~400万円です。1日8時間、週5で勤務したのなら、手取りで30万円を手にできるケースもあります。正社員を超える収入です。

パートも派遣も働く時間を調整しやすいというメリットはありますが、仕事がなくなればそこで終わり、というデメリットがあります。

3.開業も視野に!職場別収入ランキング

薬剤師の収入は、ご存知の方も多いと思いますが職場によっても大きく異なります。

病院の収入は低い、企業・製薬会社の収入は高い、ということまでは知っているかと思います。

では、実際にどのくらい収入に差があるのでしょうか?

  • 1位 企業(製薬など):650~1,000万円
  • 2位 ドラッグストア :450~750万円
  • 3位 調剤薬局    :450~700万円
  • 4位 病院      :400~650万円

それぞれの収入を比較してみると、企業(製薬会社)と病院を比較すると350万円もの収入差があります。

また、職場のなかでも役職や職種によっても大きく収入は異なります。

トップ 職場・職種/役職名 平均年収
1 企業/MR 800~1,200万円
2 調剤薬局/本社管理職 800~1,000万円
3 企業/CRO 800万円
4 企業/DI 800万円
5 ドラッグストア/店長 800万円

また、独立し個人薬局を開業するという選択肢もありますが、一概にどれよりもいいとは言えません。

病院の近くなどのいい立地に開業できれば1000万円~1500万円の収入も夢ではありません。

しかし、「忙しすぎる」というデメリットもあり得ますので、家族や自分の時間を大切にした働き方を考えるのであれば、独立・開業はオススメできません。

【病院薬剤師の収入】

病院薬剤師の年収は、20代で300万円、30代・40代で450万円と、年代が上がっても薬剤師全体の平均年収の中央値を示す結果となりました。

病院勤務で昇進し、年収を上げる一例を挙げると、

  • 薬剤師主任……400万円~450万円
  • 調剤部門長……550万円~600万円
  • 薬剤部長……700万円~800万円

と収入アップしていきます。

【調剤薬局で働く薬剤師の収入】

勤務先によって役職名は異なりますが、

  • 主任……300万円~350万円
  • 課長……380万円~420万円
  • 部長……450万円~500万円
  • 局長……550万円~650万円
  • 本社管理職……700万円~1000万円

となるケースが多いです。

4.薬剤師が収入アップする3つの方法

薬剤師の平均年収を紹介しましたが、ご自分の年収と比べていかがでしたか。自分の年収が明らかに低い、と感じた方もいるでしょう。では、薬剤師が今より高収入を得るにはどうすればいいのでしょう。その答えはとてもシンプルです。「昇進」「転職」「資格取得」の3つです。

1.昇進して収入をアップする

「昇進」に関して大事なことは、現在の職場で欠かせない人材となることです。企業は、必要と判断した人材にはそれなりの対価を支払うものです。

2.別の職場に転職して収入をアップする

「転職」は、現在の勤務先での昇進が難しそう、また、勤務先の人的ストレス・待遇に耐えられないのであれば、真剣に考えるべきです。一気に年収がアップすることもありますし、もっとも現実的な方法といえるでしょう。

3.認定薬剤師などの資格を取得して収入をアップする

「資格取得」はスキルの証明になりますから当然昇進にも影響します。

また、認定薬剤師や専門薬剤師の資格を取得していると転職のときに有利になります。

5.都道府県別 薬剤師の平均収入リスト

ひとくちに薬剤師といっても、勤務先や働き方によって収入の差が出ることを説明しました。では、働く地域ではどのように差が生まれるのでしょう。

エリア別 薬剤師平均年収TOP3

既にご存知の方も多いかもしれませんが、薬剤師の世界では都市部よりも地方の方が高収入の傾向があります。理由は、薬剤師が不足していること、薬剤師を雇う企業の売上が好調であることが挙げられます。

実際に平均収入のTOP3は以下のようになっています。

  • 1位 福岡県……658万円
  • 2位 秋田県……651.4万円
  • 3位 群馬県……622万円

ちなみに、薬剤師収入の全国平均は533万円、東京の薬剤師の平均収入は522万なので、1位の福岡とは130万円以上、全国平均とは10万円もの収入差があります。

もし将来的に地元か、その近隣に戻る予定があるのならば、転職のハードルが上がらない若いうちに職場探しをするのも一考の価値あり、といえます。

47都道府県の薬剤師平均収入額一覧

では、あなたの住む(働く)都道府県の平均収入はいくらでしょうか?

平均収入に満たない場合は、より収入が高くなる「職場」へ転職を、平均収入を超えている場合は、より収入が高くなる「地方」への転職をオススメします。

順位 都道府県名 平均年収 平均月収 ボーナス
45 北海道 453万円 32.6万円 61.7万円
12 青森 562.5万円 40.1万円 80.8万円
26 岩手 519.6万円 37.3万円 72.1万円
6 宮城 585.7万円 40万円 106万円
2 秋田 651.4万円 46.4万円 94.4万円
32 山形 500.8万円 35.8万円 71.2万円
21 福島 529.6万円 37.5万円 80.1万円
20 茨城 530万円 38.1万円 73.3万円
9 栃木 570.1万円 41.3万円 74万円
3 群馬 622.7万円 41.4万円 125.4万円
16 埼玉 544.5万円 39.8万円 66.9万円
14 千葉 553.9万円 38.8万円 88.7万円
25 東京 522.2万円 36万円 90.7万円
17 神奈川 538.5万円 37.1万円 93.9万円
37 新潟 486.5万円 33.6万円 83.4万円
7 富山 573.5万円 35.1万円 152.1万円
46 石川 450.2万円 31.3万円 74.7万円
24 福井 523.8万円 36.2万円 89.6万円
10 山梨 568.4万円 40万円 88.5万円
18 長野 535.2万円 36.3万円 99.7万円
30 岐阜 510.5万円 36.4万円 73.3万円
22 静岡 527.7万円 37.4万円 78.6万円
40 愛知 477.7万円 32.7万円 85.7万円
23 三重 526.6万円 36.9万円 83.7万円
42 滋賀 465.1万円 32.4万円 75.8万円
41 京都 470.7万円 34.3万円 58.8万円
34 大阪 495万円 35.3万円 71.9万円
38 兵庫 482.5万円 33.9万円 76万円
36 奈良 486.6万円 35.4万円 62.2万円
44 和歌山 454.9万円 32.5万円 65万円
5 鳥取 592万円 38.8万円 126.3万円
4 島根 595.6万円 42.8万円 81.7万円
28 岡山 514.8万円 32.8万円 120.8万円
29 広島 511.2万円 34.9万円 92.5万円
33 山口 496.2万円 34.2万円 85.4万円
39 徳島 479.9万円 33.1万円 82.3万円
15 香川 547.2万円 41.2万円 52.4万円
27 愛媛 519.2万円 37.1万円 74.3万円
8 高知 572万円 41.1万円 79.1万円
1 福岡 658万円 51.3万円 42.8万円
43 佐賀 461.5万円 34.7万円 45.2万円
31 長崎 510.2万円 37.4万円 61.3万円
11 熊本 564.5万円 40万円 85.1万円
13 大分 561.5万円 40万円 81.1万円
47 宮崎 418.5万円 28.9万円 71.9万円
35 鹿児島 490.8万円 37.6万円 39.1万円
19 沖縄 531.9万円 39.6万円 56.8万円
全国平均 533.5万円 38.2万円 75.6万円

6.転職により薬剤師が収入アップした実例!

転職は、薬剤師が収入をアップさせるための近道であることがわかりました。では、実際に転職した薬剤師がどれだけ年収を上げることができたのでしょうか。

  • 調剤薬局勤務(30代男性)年収380万円→420万円へ
  • 病院勤務(40代女性)年収420万円→500万円へ
  • 病院勤務(50代女性)年収500万円→600万円へ

いかがでしょうか。かなりの“上げ幅”で転職する人もいます。転職は、収入アップへの「最短ルート」であるといえるでしょう。

7.薬剤師の収入アップには転職がベスト!

年収アップの方法には色々ありますが、結局「転職」がベストな方法だと言えそうです。

しかし、転職は人生の分岐点といえるものですから、慎重に職場を見極める必要があるのです。

そのためには「薬剤師専門の転職サイト」を利用すべきです。専任のエージェントがあなたの相談に乗ってくれますし、収入アップ重視の転職を全力でバックアップしてくれるでしょう。求人情報からは知ることのできない人間関係なども教えてくれます。

薬剤師登録数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が5年連続No.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

【2017年版】薬剤師の平均年収・給料ランキング!今後の年収推移

薬剤師として働いている皆さん、現在の年収に満足していますか?「ちょっと年収が低いんじゃないかな?」「同僚はどれくらいもらっているんだろう?」「同年代の薬剤師はどれくらい稼いでいるんだろう?」という…

新卒薬剤師の平均初任給っていくら?気になる手取りの相場とは?

「初任給の平均っていくら?」「実際の手取りはどのくらい?」 新卒の薬剤師の多くが気にするのはやはり「初任給」。これから仕事を始めようという薬学生の皆さんにとって、初任…

「薬剤師で高収入得たい!」年収が高い職場2つと転職成功の方法

薬剤師として働いている方の中には、「せっかく薬剤師として働いているんだから、もっと高収入目指したい・・」と思う方もいらっしゃるでしょう。実は、高収…

薬剤師が年収1000万稼ぐのは現実的に可能!?発見した3つの方法

「年収1000万って言いたい…!」 「でも薬剤師で年収1000万って厳しいのかな…。」 結論から言えば、薬剤師が年収1000万稼ぐのは可能です…

薬剤師の手取り額っていくら?パート・社員で違うの?給与UPの方法

「奨学金を返済するのが大変…」「仕事量と給料が見合わない…」など給与に対して不安を抱える薬剤師は少なくありません。せっかく、6年制の薬学正規課程を修め国家資格を取得して薬剤師…