薬剤師の手取り額っていくら?パート・社員で違うの?給与UPの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「奨学金を返済するのが大変…」「仕事量と給料が見合わない…」など給与に対して不安を抱える薬剤師は少なくありません。せっかく、6年制の薬学正規課程を修め国家資格を取得して薬剤師になったからには、よりよい条件で働き、それまでに要した努力・費用に見合った収入を得たいと思うのは当然のことです。 この記事では、薬剤師の平均的な手取り額と給与UPを図る方法をご紹介いたします。

~薬剤師専門の転職サイトを有効活用するための注意点~

  • 1.登録後にかかって来る電話にでないとイタズラ登録と思われます。
  • 2.転職希望日が半年以内の方が優遇されます。
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職希望時期:年収 求人を探す
薬キャリ 半年以内:年収800万以上~

詳細を見る

マイナビ薬剤師 1年以内:年収780万以上~

詳細を見る

ファルマスタッフ 半年以内:年収730万以上~

詳細を見る

1.そもそも手取り額とは何か?

「手取り額」とは一体何でしょうか。ご存知の通り、お給料から色々なものが引かれて手元に残る金額のことを指します。具体的に引かれるものは以下の通りです。

  • 所得税
  • 健康保険料
  • 年金保険料
  • 雇用保険料
  • 住民税

これらを引かれることによって「総支給額-約2~3割」が手取り額となります。

職場によっては団体生命保険や財形貯蓄制度があり、さらに“引かれもの”があることも。これは一般企業の会社員と何ら変わりはありません。

2.新卒薬剤師の手取り平均額はどのくらい?

薬学教育が6年制になってから、国家公務員薬剤師の初任給は20万800円となったと公表されています。これをベースに、国立病院に勤める薬剤師の初任給も決まります。

それに対し、一般の薬剤師の初任給は市場にも左右されます。今現在、職場別の初任給ランキングは以下の通りです。

  • 1位:ドラッグストア
  • 2位:製薬企業
  • 3位:調剤薬局

例えばドラッグストアの場合、初任給の手取り額は、25万円~35万円(年収にすると400万円程度)が一般的です。病院薬剤師では、初任給手取り額は20万円~25万円(年収にすると300万円~350万円程度)です。

地方では人手不足の影響もあり、さらに手取り額が高くなります。

3.薬剤師の月収は、キャリア(年数)によって大きく開く

どのような職種にも言えることですが、キャリアを重ねれば重ねるほど月収(=年収)は上がります。これは薬剤師でも同じこと。20代の平均年収は400万円~499万円、30代では500万円~599万円が多いとされています。このことから考えると、給料をアップさせるためには、社員・パートを問わずキャリアを積み重ねるべきといえるでしょう。

日進月歩の薬剤の知識を絶え間なく取り入れ、医療全般に対する知識を深める努力を続けることが給料アップを目指す上で重要なのです。

30代の薬剤師の年収で、一番多い割合は500万円~599万円です。ここから所得税や住民税、各種保険料を引き、月の手取りに換算すると30万円台です。

40代ともなれば、年収が600~699万円になる方も少なくありません。これを月の手取り換算すると、40万円前後となります。

4.薬剤師パートの手取り平均額はどのくらい?

薬剤師は、パートでも働きやすく、高給を得やすい職種として知られています。専門的な知識を身につけ、国家試験をパスしている強みです。

薬剤師としてパート勤めをしている場合の手取り額はどのくらいでしょうか。これは勤務先や、どのくらいの時間を仕事に費やせるのかで変わりますからすぐに答えを導き出せるものではありません。そのため、モデルケースを立ててみます。

【時給2,500円で1日4時間、月に20日間時間働いた場合】

月に20万円の収入を得ることになります。地域により異なりますが、所得税や住民税を引くと、手取り額は18万円強となる計算です(※社会保険に加入しない場合)。1日4時間の短時間労働でこれだけの収入を得られるのは薬剤師パートの強みですね。家庭との両立もできますし、収入に納得できれば理想的な働き方といえるかもしれません。

5.薬剤師専門の転職エージェントへの相談が手取り額UPの鍵

少子高齢化や、セルフメディケーションへの意識の高まりから、医療の現場やドラッグストアなどで薬剤師が不足しています。それに伴い、薬剤師は引く手あまたとなり給与も上昇しています。

つまり、今は薬剤師が収入アップを目指すうえで大きなチャンスの時期なのです。収入アップ、そしてキャリアアップを本気で目指すなら転職がおすすめです。そのためには「薬剤師専門の転職サイト」に登録し、エージェントの力を借りましょう。あなたの目指す方向へと適切なアドバイスをしてくれますし、忙しいあなたに代わってぴったりの職場を探してくれるでしょう。エージェントの力を借りれば、あなたの行く手を大きく左右する、よい転職先を見つけることができるはずです。

薬剤師登録数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続No.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

新卒薬剤師の平均初任給っていくら?気になる手取りの相場とは?

「初任給の平均っていくら?」「実際の手取りはどのくらい?」 新卒の薬剤師の多くが気にするのはやはり「初任給」。これから仕事を始めようという薬学生の皆さんにとって、初任…

「薬剤師で高収入得たい!」年収が高い職場2つと転職成功の方法

薬剤師として働いている方の中には、「せっかく薬剤師として働いているんだから、もっと高収入目指したい・・」と思う方もいらっしゃるでしょう。実は、高収…

薬剤師が年収1000万稼ぐのは現実的に可能!?発見した3つの方法

「年収1000万って言いたい…!」 「でも薬剤師で年収1000万って厳しいのかな…。」 結論から言えば、薬剤師が年収1000万稼ぐのは可能です…

【2017年版】薬剤師の平均年収・給料ランキング!今後の年収推移

薬剤師として働いている皆さん、現在の年収に満足していますか?「ちょっと年収が低いんじゃないかな?」「同僚はどれくらいもらっているんだろう?」「同年代の薬剤師はどれくらい稼いでいるんだろう?」という…

薬剤師の収入はいくらだと低い?職場別ランキング&収入アップの方法

薬剤師の収入は病院やドラッグストア、製薬会社、独立などの「職場」で大きく差がうまれます。 病院の収入は安い、ドラッグストアの収入は高い、といった事情はすでにご存知だと思います。 では、薬剤師の収入は「…