【体験談】働いていた調剤薬局が突然閉店、就職先は超ブラックだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もし突然勤め先が「閉店」「閉鎖」になったらどうしますか? 今回、勤め先だった調剤薬局が突然閉店、転職したらブラック企業だった…という女性薬剤師の方にお話を伺いました。 突然の閉店は必ずしも人ごとではありません。 あなたの勤め先がそうなった場合どうすればいいのか?そのヒントをつかんでください。
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職希望時期:働き方 求人を探す
薬キャリ 半年以内:派遣

詳細を見る

マイナビ薬剤師 1年以内:正社員

詳細を見る

ファルマスタッフ 半年以内:パート

詳細を見る

1.努めていた調剤薬局が突然の閉店。あの時取ってしまった行動とは?

Q.そもそも調剤薬局が閉店することはご存知でしたか?

―はい、閉店の1か月前ですが一応知っていました。

二年ほど勤めていましたが、業績不振で店舗閉鎖するから全員解雇になる、と通達を受けました。

閉鎖することを聞いてすぐにハローワークに向かいましたね。

Q.ハローワークですぐに求人は見つかりましたか?

―それが、そう簡単にはいきませんでした。

現職同様調剤薬局で仕事を探したのですが、2か月間仕事が見つからず…。

店舗閉鎖の1か月前ですから、無職期間が1か月できてしまいました。

当時はまだ26歳で若かったし、薬剤師ならすぐに仕事が見つかると思っていたのに、希望勤務地が家の近所だったせいか、募集自体が少なかったのです。

Q.そして、ようやく見つけた求人というのが?

―希望の勤務地付近の、調剤薬局でした。

勤務先だった店舗が閉鎖し、無職になり焦っていた頃に見付けたので引き込まれるように応募しました。

ほぼ全国に店舗を持つ大型の薬局で、自宅からそれほど遠くもないし営業時間も長くないしで至れり尽くせりのように感じたのです。

面接は、複数の店舗を束ねる薬局長と、店舗の管理薬剤師の二名で行われました。

求人先は、以前勤めていた薬局と業務内容がよく似ていたため、仕事に慣れるのも早いだろうと見込まれたのか、すぐに採用が決まりとても安心したのを覚えています。

しかし今振り返れば、ボーナスが無いことに違和感を感じるべきだったとも思います。

ちゃんと情報サイトなどで調べておけば…と今では思います。

転職のプロのサポートのもと安心な求人を探せるサイト

2.転職先は【給料安い】【ボーナス無い】【休み無い】の3拍子が揃ったブラック薬局だった…

Q.やっとたどり着いた新しい職場はどうだったんですか?

―正直言いますと、ブラックでした。

そもそも給料が少ない。

面接で聞いていた金額よりも少ない額が支払われることもありましたし、ボーナスも無いですから収入が激減しました。

加えて勤務時間外の仕事が大変多かったのです。

店舗の飾りつけから備品の買い出し、月に一度の大掃除などは勤務時間外で行われ、強制的に参加させられました。

さらに、本来なら半日勤務のはずの土曜日も、お弁当持参で夜まで働かされることもしばしば。

元々休日の少ない職場だったので、午後からお休みになる土曜日は私にとって貴重な休日なのですが、土曜日はほとんど毎週、通常の勤務と変わらない時間まで働いていました。

つまり、ほぼ無休でしたね。月・火・水・木・金と働き、土日のうち土曜日も仕事。祝定休もありません。

Q.人間関係はどうだったんですか?

―良くなかったです。

管理薬剤師も言い負かしてしまう一人のベテラン薬剤師が威張っていて、みんなその人にびくびくしていました。

土曜日のサービス残業だって、彼女が言い出したことなので、みんな逆らえないような状況でした。

週末をエンジョイしている学生時代の友人や、いきいきと働いている友人を見て、自分だけが損をしているような気持ちになりましたが辞めるに辞められず…ストレスがただただ溜まる日々でした。

Q.今もそこで勤務を?

―いえ、当然退職しています。

2年ほどそこで働いて、ちょうど結婚することになり退職の意を伝えたらすんなり受理されました。

退職理由が結婚だけあって、色々質問はされましたがみんな温かく見送ってくれたのが幸いでした。

何より私はその職場を退職できたことが嬉しくてたまらなかったことは言うまでもありません。

3.焦った時こそ冷静に。薬剤師がブラックな職場に転職しない秘訣

いかがでしたでしょうか?

誰だって勤務先が閉店・閉鎖となれば気が気ではなくなります。

しかし、そういう時ほど冷静に新しい職場を選ぶ必要があると言えます。

会社が倒産し就職活動をせざるを得なくなったなどの場合は、失業保険をもらうこともできますのでとにかく落ち着くことが必要です。

転職先が調剤薬局であろうと、総合病院であろうと職場環境などの情報は事前に調査しておくに越したことはありません。

また、希望条件もしっかり用意しておきましょう。

何も決めずにとりあえず転職だ!となると、方向性が定まらず、結果的にブラック企業へ転職することになりかねません。

調剤がやりたいのに、転職してみたら受付業務だったというようなケースを避けるためにも希望条件はハッキリさせておきましょう。

希望通りの求人を紹介してもらうには?

希望通りの求人を一人で探すのは、とても骨が折れます。仕事をしながらであればなおさらです。

そこで、転職サイトを活用しましょう。

転職サイトなら、「無料で」「どこでも」求人を検索でき、紹介してもらうこともできます。

また、転職コンサルタントから実際の職場環境を教えてもらうこともできます。

採用されたものの、働き出してみたらとんでもないブラックだった!ということは避けるためにも、あせらずに、転職サイトを活用してじっくり求人を探すことをオススメします。

「今働いている職場、もしくは応募している職場はもしかしてブラック?」と思ったら一度相談してみましょう。

薬剤師登録数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が5年連続No.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度5年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

関連記事

薬剤師の疑義照会ガイド/医師・患者とどう接する?4大悩みと対処法

「疑義照会をしたら医師から怒られた」 「医師と話すのが苦手で内容を上手く伝えられない」 疑義照会は薬剤師としての知識を活用して「…

薬剤師が気になる服薬指導のコツ

薬剤師は患者さんが安心して薬を飲めるように服薬指導を行いますが、豊富な知識やコミュニケーションスキルが求められるハイレベルな業務です。病棟では糖尿病患者さんなど、患者さん一人ひ…

イオンリテールの薬剤師について詳しく解説

大手スーパーマーケット、ショッピングモールとして全国に展開するイオン。 イオンリテール株式会社は全国のイオンショッピングセンターに展開する、約230店舗のイオン薬局を運営しています(2017年12月…

調剤未経験だけど働きたい!薬剤師向けはじめての薬局ガイド

「未経験だけど調剤薬局で働けるかな」 「職場のみんなに迷惑かけたくない・・・」 調剤業務の経験がない方にとって、薬局勤務はハード…

調剤ミスの原因と予防策

メディアの報道でもたびたび取り上げられる薬剤師の調剤ミス問題。調剤ミスを防ぐための対策が取られているにも関わらず、なぜ調剤ミスはなくならないのでしょうか。 この記事では、薬剤師の調剤ミスが起こる原…