「派遣薬剤師は高時給で怪しい」8割が誤解したデメリットを検証してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

派遣薬剤師って高時給だけど何か裏があるんじゃないの?

福利厚生がなくて損するかも・・・

高時給で自由な働き方ができる派遣薬剤師ですが、その一方で『福利厚生が受けられない』『派遣もどうせ残業させられそう』といったデメリットが多いというイメージを持ってる人も多いようです。しかし、実際のところはどうなのでしょうか?

この記事では、派遣として働く上でのメリット・デメリットを整理し、「本当に損をしないのか」を検証していきます。

★厳選!おすすめ派遣会社ランキング★
派遣会社名 扶養 求人を探す
薬キャリ 扶養外

無料
登録

ファルマスタッフ 扶養内

無料
登録

ファル・メイト 扶養内

無料
登録

目次

1.派遣薬剤師は損?派遣に関する3つの誤解

HOP!薬剤師では、現役の薬剤師さんにアンケート調査を行い、「派遣薬剤師のイメージ」を調査してみました。

その結果、派遣として働くことのデメリットに対して、大きな3つの誤解がありました。

派遣薬剤師のデメリットに関する3つの誤解

  1. 派遣薬剤師の場合、福利厚生が受けられないのがネックである
  2. 派遣薬剤師は、高いスキルを求められる
  3. 派遣薬剤師でも、残業を押し付けられることがある

アンケートに答えてくださった薬剤師さんのほとんどが、派遣薬剤師に対して『高いお給料』『自由な働き方』というイメージを持っている反面、『福利厚生が受けられない』『高いスキルを求められる』『残業を押し付けられる』というネガティブなイメージを持ってしまっています。

ここからは、アンケートで得られた回答を一つずつ検証していきます。

【デメリット検証その1】派遣薬剤師は福利厚生を受けられないんでしょ?

Q1

派遣の場合、福利厚生が受けられないのが
ネックだと思う?

YES

11人

3人

NO

薬剤師さんの多くが、『派遣』という働き方のデメリットであると感じていることは『福利厚生を受けられない』ということです。

今回のアンケートでは、14人中11人が「派遣のネックは福利厚生がうけられないこと」と回答しました。

実は、このイメージは誤解なのです。

『福利厚生』は大きく分けて、以下の2つに分類できます。

  1. 各種保険休暇制度など、最低限法律で守られるべきもの
  2. 宿泊施設の割引Benefit stationの加入など、派遣会社ごとの差別化に繋がるもの
  3. →Benefit stationについてはコチラ

この2つについて、順番に見ていきましょう。

各種保険・休暇制度の比較

はじめに、派遣会社大手3社の『各種保険』と『育休・産休制度』を比較してみましょう。

  • 派遣会社
  • 各種保険
  • 育休・産休
派遣会社 各種保険 育休・産休
無料登録はこちら
薬剤師賠償責任保険
健康保険
社会保険
取得可能
雇用先に相談可
無料登録はこちら
薬剤師賠償責任保険
健康保険
社会保険
取得可能
雇用先に相談可
無料登録はこちら
薬剤師賠償責任保険
健康保険
社会保険
取得可能
雇用先に相談可

実際に調査してみると、各種保険や育休・産休制度はどの派遣会社もしっかりと整備されていました。

薬キャリの育休・産休制度は派遣先の状況に左右されてしまうようでしたが、転職コンサルタントが取得の可否を調査してくれますので、求人情報を探す段階で育休・産休制度の有無を知ることができます。

各種施設の割引やBenefit stationの加入

それぞれの派遣会社を大きく特徴づけるのは、宿泊施設やスポーツ施設の割引制度です。

せっかく派遣薬剤師として働くのであれば、割引制度などが充実していたほうが嬉しいですよね。

それでは、割引される宿泊施設・スポーツ施設の数と、Benefit stationに加入しているかどうかを比較してみましょう。

  • 派遣会社
  • 施設割引
  • Benefit Station
派遣会社 施設割引 Benefit station
無料登録はこちら
200件~
100件~200件
50件~100件

×
無料登録はこちら
200件~
100件~200件
50件~100件

×
無料登録はこちら
200件~
100件~200件
50件~100件

×

派遣薬剤師の福利厚生について詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてみてください。

⇒薬剤師は派遣でも福利厚生を受けられる?重要なのは派遣会社選び

【デメリット検証その2】派遣薬剤師は高いスキルがなきゃ雇ってもらえないんでしょ?

Q2

薬剤師の派遣は、
高いスキルが求められると思う?

YES

8人

6人

NO

派遣のデメリットに関する2つ目の大きな誤解は、14人中8人が回答した『薬剤師の派遣は高いスキルを求められると思う』という内容です。

確かに、『派遣=即戦力』というイメージが強いため、調剤などの専門的なスキルを高いレベルまで求められてしまいそうですよね。

しかし、派遣薬剤師に求められる本当のスキルは 『基本的な事務作業を処理する力』と『新しい環境に適応する力』です。

特に「新しい環境に適応する力」は、薬局によって調剤方法や薬歴管理に違いがあるため、すぐに適応できる薬剤師さんは重宝されます。

実際に派遣先で困ってしまうポイントとしては、

  • 「軟膏の調剤が製剤機か、手動か」
  • 「薬品棚が薬効順なのか、あいうえお順なのか」
  • 「門前の病院が総合なのか、専門なのか」
  • 「薬歴の打ち方がSOAP式なのか、そうではないのか」

これらのポイントは、勤務先によって異なる場合が多く、混乱してしまう可能性が高いです。

このような職場の内部情報も、事前に派遣会社のコンサルタントから教えてもらうことができますので、コンサルタントの力を借りることによって、「実際に仕事を始めたら混乱してしまった・・・」ということは少なくなります。

【デメリット検証その3】派遣薬剤師も残業させられるんでしょ?

Q3

派遣でもアルバイトや正社員同様に
残業を押し付けられることがあると思う?

YES

8人

6人

NO

3つ目は、『派遣も残業させられる』というイメージです。

こちらのデメリットも、実は大きな誤解なんです。

実際に正社員から派遣へと働き方を変えた薬剤師さんからも、こんな声があがっています。

[40歳・女性]

評価:

4.0

希望条件としては、土日休みで平日も残業なしであること。コンサルタントの方と話し合った結果、労働条件を決めて働ける派遣社員への転職を勧められました。

年収の交渉や働き方の条件などもコンサルタントの方が会社と交渉をしてくださり、希望した通り土日休み、平日も残業なしで派遣社員として転職することができました。

労働条件がずいぶんと楽になったにも関わらず、年収が以前と変わっていないのは嬉しい誤算でした。

派遣薬剤師は時給が高いため、その分支払われる残業代も高くなります。

派遣先の薬局やドラッグストアにとっては、この高い残業代は支払うということは痛手ですので、なるべく避けたいはずです。

お給料を支払う側の立場に立つと、派遣薬剤師が残業させられない理由がわかりますね。

「派遣は残業させられる」というイメージは全くの誤解で、子どもがいる薬剤師さんや、家庭を重視したい薬剤師さんでも、無理なく働くことができるのです。

HOP!薬剤師おススメ!大手派遣会社3選

薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • エムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • ママ薬剤師向けの求人を検索できる唯一の転職サイト

薬キャリの特徴

調剤薬局 電話・メール 今すぐ
各種保険 育休・産休
  • 凡例
  • ...希望職場
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度
  • ...福利厚生

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省認定の「職業紹介優良事業者」認定企業
  • 「JPラーニング」の受講など、調剤について学べる教育サービス充実

ファルマスタッフの特徴

調剤薬局 電話・メール 対面面談 半年以内 1年以内
各種保険 育休・産休 Benefit Station
  • 凡例
  • ...希望職場
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度
  • ...福利厚生

ファル・メイト

  • 関東・関西エリアは時給2,800円の最低保証!交通費も全額保証で高待遇をお約束
  • スキルのある薬剤師さんをエキスパート薬剤師として認定!管理薬剤師並みの高待遇を実現

ファル・メイトの特徴

ドラッグストア 調剤薬局 派遣 正社員
電話・メール 対面面談・面接同行 ゆっくり
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

2.派遣薬剤師のメリット・デメリット|正社員・パートと比較してみた

『福利厚生』『残業』を正社員・パート・派遣で比較

派遣という働き方に関して、3つの誤解は解消できたでしょうか。

しかし「結局、派遣を選んで損はしないの?」という観点で疑問が残っているかもしれません。

重視するポイントによっては、他の働き方を選んだほうが働きやすいかもしれませんよね。

そこで、『働き方』に大きく関わる『福利厚生』と『残業』の有無について、正社員・パート・派遣の3つの働き方で比較してみました。

雇用形態 福利厚生 残業の有無
正社員 勤務先の福利厚生あり 残業あり
パート 勤務先の福利厚生あり 残業あり
派遣 派遣会社の福利厚生あり 残業なし


派遣は正社員やパートと比較しても、残業せずに、しっかりと福利厚生を受けられる働き方ですので、家庭と仕事を両立したいママ薬剤師さんや、保険や休暇の面で安心感を重視したい薬剤師さんには、おすすめの働き方です。

派遣薬剤師のメリット・デメリット

派遣として働きたいと考えている方は、以下のメリット・デメリットや体験談も参考にしてみてください。

派遣薬剤師のメリット

  • 自由にシフトを組めるため、プライベートと両立しやすい
  • 様々な職場を経験できる
  • 時給が高い

派遣薬剤師のデメリット

20代後半・女性
ドラッグストア(正社員)→派遣

もともとドラッグストアで正社員として働いていました。結婚後は休みを旦那に合わせたり、子育てを大切にしたい気持ちもありましたが、シフト制の職場だったため休みは毎週固定ではありませんでした。 派遣薬剤師として働いてみた感想は、時給が高くてシフトも自由に組めて、固定曜日が休みで責任もなくて気楽。ドラッグストアの正社員時代より休めています。ボーナスはないけれど、ボーナスがあった正社員時代の年収と同じぐらい稼げています。 また、今の職場では髪や爪の色もある程度黙認してもらっています。こういった部分の融通が利くのも、意外とうれしいポイントです。

30代後半・女性・子ども2人
派遣薬剤師歴4年

3ヶ月~半年単位で職場が変わるので、ある程度は「仕事」と割り切って働いています。患者さんと仲良くしたり、スムーズに仕事が進むよう雑務も手伝いますが、時間になれば帰ります。 職場の人々からは「派遣会社からきている人」と認識され、周囲と適度な距離感があるからこそどんな仕事でも集中できますし、仕事とプライベートを切り替えることができます。 2人の子どもを育てながらの共働きなので、子どもに手がかからなくなれば正社員になることも考えていますが、時間を区切って働けるのは派遣の良いところだと思います。

⇒薬剤師が派遣で働くメリットは?高時給の裏話と意外なデメリット2つ

派遣特有の働き方『単発派遣』

派遣という働き方のもう一つのメリットとして、『単発派遣』という働き方も選べることがあげられます。

単発派遣とは、最短1日から働くことができる短期間での雇用形態です。

勤務できる薬剤師さんの条件は定められていますが、通常の派遣よりも短い期間で働く事ができるのです。

働きたいけど、家事や育児で時間がない・・・」「今だけ短期間で働きたい!」という薬剤師さんには、単発派遣の働き方がおすすめです。

⇒【2018年版】薬剤師派遣サイトの単発求人比較|法律違反に要注意

『病院・クリニック』『企業』の求人数が少ない理由

病院・クリニックについて

病院への派遣は『紹介予定派遣』と『産休代替派遣』の2つの場合のみ認められており、その他は労働者派遣法により禁止されています。

そのため、調剤薬局やドラッグストアの求人数に比べると、病院やクリニックの求人数は圧倒的に少なくなってしまいます。

病院かクリニックで働きたい!」と考えている方は、病院の求人数が充実している派遣会社をチェックしてみましょう。

→病院への派遣に強い派遣会社をチェックしてみる

企業について

企業への派遣は、とても珍しい求人です。

派遣薬剤師が企業に勤める場合は、CRC(治験コーディネーター)がほとんどです。

しかし、派遣会社3社をチェックしてみても、求人数は片手で数えられる程度しかありませんでした。

企業で働きたい!」と考えている方は複数の派遣会社に登録し、新しい企業の求人が出た際にコンサルタントから連絡してもらうことがおすすめです。

→大手派遣会社の詳しい解説はコチラ

3.自分に合った派遣会社の選び方!抑えるべき2つの軸

『派遣』と一口に言っても、『どこの派遣会社も同じか』というとそうではありません。

派遣会社はそれぞれ強みとする部分が違うため、『自分にあった派遣会社』を選ぶことができなければ、失敗してしまう可能性が高いのです。

派遣会社を選ぶ際にチェックするポイントは以下の2つです。

1.強みとする職場の種類

派遣薬剤師さんが働く職場は、主に『調剤薬局』『ドラッグストア』『病院』の3つです。

自分が希望する職場』と、『派遣会社が紹介できる職場』が一致していなければ、理想通りの職場を見つけられませんよね。

どの職場で働きたいかによって、選ぶべき派遣会社は大きく異なります。

今回は、保有している求人数の多さで比較しました。

2.サポート体制

派遣会社に登録すると、様々なサポートを受けることができます。

電話やメールで相談に乗ってくれる派遣会社』『実際に会って話をしてくれる派遣会社』といったように、サポートの方法が派遣会社によって大きく異なるのです。

どこまでのサポートを希望するかによっても、派遣会社の選び方が変わります。

以上の2つをおさえることが、派遣会社選びに失敗しないポイントです。

  • 派遣会社
  • 職場
  • サポート体制
派遣会社 職場 サポート体制
無料登録はこちら
調剤薬局
ドラッグストア
病院
電話・メール
対面面談
無料登録はこちら
調剤薬局
ドラッグストア
病院
電話・メール
対面面談
無料登録はこちら
調剤薬局
ドラッグストア
病院
電話・メール
対面面談

4.派遣会社3社を詳しく紹介!独自調査でわかった秘密

次に、HOP!薬剤師が独自に訪問取材をしてわかった大手派遣会社3社の強みと福利厚生を紹介していきます。

自分に合いそう!」と感じた派遣会社をチェックしてみてください。

調剤薬局の派遣求人を徹底網羅!薬キャリ

薬キャリ派遣

薬キャリの3つの強み

1.東証一部上場のエムスリーグループが運営

薬キャリの運営元であるエムスリーキャリアは、医療従事者の派遣に特化した企業です。

各医療機関から厚い信頼を獲得している派遣会社ということもあり、薬剤師登録者数、業界No.1を誇っています。

2.調剤薬局の求人数が豊富

薬キャリを運営しているエムスリーグループは、医療従事者におなじみの「m3.com」を運営しています。

その登録者数は、医師20万人、薬剤師10万人を突破し、医療従事者から絶大な知名度と支持を獲得しています。

医療機関の経営者や薬局の人事担当者からも厚い信頼を得ているので、「m3.com」系列の薬キャリに、調剤薬局の派遣求人が多く集まってくるのです。

3.「ママ薬剤師向け」という条件検索できる唯一のサイト

ママ薬剤師は、仕事と子育ての両立に悩み、職場環境が難しいものです。

薬キャリでは「ママ薬剤師におすすめ」の他、「未経験・ブランク明け」「土日休み」などの条件で検索をすることができます。

また、『本当にママ薬剤師が働きやすい職場なのかどうか』を専任のコンサルタントが代わりに調べてくれます。

[39歳・女性]

評価:

4.0

子育てが落ち着いてきたので、薬剤師として復職することに決め、登録しました。4年も職場を離れていたので不安はあったのですが、女性のコンサルタントさんがブランクのあるママ薬剤師ならではの働き方を提案してくださり、安心して復職できました。

⇒薬キャリの派遣|週3勤務で年収400万を可能にする2つのポイント

薬キャリに向いている人はこんな人!

  • 今すぐ派遣を始めてみたい薬剤師さん
  • 仕事と家庭を両立したいママ薬剤師さん
  • 調剤薬局で経験を積みたい薬剤師さん

薬キャリの詳細はコチラ

高年収派遣求人の宝庫!ファルマスタッフ

ファルマスタッフ派遣

ファルマスタッフの3つの強み

1.相談満足度94.9%で安心感抜群

ファルマスタッフの相談満足度は、驚きの94.9%です。

実際に提供しているエリア情報に対する満足度も、85.3%となっており、利用者の満足度の高さがうかがえます。

また、求人先の採用担当者に向けたアンケートでも、ファルマスタッフのサービスに対する満足度は83.0%となっており、ミスマッチの少ない派遣会社といえます。

[33歳・女性]

評価:

4.0

就業先の情報や定期的な連絡があり、こちらの相談も聞いてくれて、とても気持ち良く働けました。

面接でも話がスムーズにいくように取り持っていただき、緊張せずに薬局の方に色々聞くことができました。とても心強かったです。また薬剤師として働く際は、ぜひまたお世話になりたいと思ってます。

2.厚生労働省認定の「職業紹介優良事業者認定企業」

日本調剤グループが運営しているファルマスタッフは、厚生労働省から「職業紹介優良事業者認定企業」に指定されています。

だからこそ、募集が終わった求人を掲載する「釣り求人」などは行っておらず、信頼できる派遣会社です。

企業からの信頼も厚く、高年収・高時給の求人が豊富です。また、ファルマスタッフでしか紹介してもらえない限定求人も充実しています。

3.日本調剤のノウハウを活かした充実の教育サポート

ファルマスタッフは、業界最大規模の日本調剤株式会社のグループ会社です。

教育制度に関しては、日本調剤の実績やノウハウをもとにした教育方法をとっており、「JP Learning」という、研修認定薬剤師の単位申請が可能なeラーニング教材の提供が魅力です。

医薬品・疾患をベースにした実務知識から、保険や薬剤師に必要な法律と保険制度まで、薬剤師に必要な知識をカバーするテーマ・講座で構成されており、「JP Learning」の学習だけで新規の研修認定薬剤師の申請に必要な単位(40単位)を取得できます。

また、「派遣JOBガイド」というテキストが配布され、就業開始の前に安全衛生や接遇に関して学習することができます。

⇒ファルマスタッフ派遣|年収860万薬剤師が語る口コミと特徴2つ

ファルマスタッフに向いている人はこんな人!

  • 研修やサポートをしっかり受けたい薬剤師さん
  • 施設割引などの福利厚生を重視したい薬剤師さん

ファルマスタッフの詳細はコチラ

パート以上の高時給をお約束!ファル・メイト

ファル・メイトの3つの強み

1.時給2,800円最低保証の高待遇

ファル・メイトでは関東エリア・関西エリアの派遣求人の時給が、「最低2,800円」と保証されています。

また、関東・関西以外も人手不足の傾向が強いため、高時給の求人が用意されており、東海エリアでも4,000円の求人が用意されていたりします。

ひとつひとつの求人の時給が高いので、短い時間で賢く稼ぐことができますね。

2.「エキスパート薬剤師」としてキャリア構築が可能

ファル・メイト特有の取り組みとして、「エキスパート薬剤師」という制度があります。

エキスパート薬剤師は、「スキルの高い薬剤師さんを、ファル・メイトの正社員または契約社員として採用する」という取り組みです。

このエキスパート薬剤師には、圧倒的な高待遇が約束されており、大手薬局チェーンの管理薬剤師並みの待遇を実現しているそうです。

また、常に即戦力を求められている職場で働くことができるので、スキルの向上や充実感を求めている方にもおすすめです。

3.幅広い年齢層のユーザーが支持

ファル・メイトに登録しているユーザーは、新卒で働いている薬剤師さんから、既に定年を迎えたベテランの薬剤師さんまで様々です。

そのため、幅広いニーズに対応した2,000件以上の求人が用意されており、 希望の働き方を実現することができます。

今すぐではないけど、いい条件の求人があれば…」「まずは情報収集したい!」という方にもおすすめできる派遣会社です。

ファル・メイトに向いている人はこんな人!

  • とにかく高時給を目指したい薬剤師さん
  • 派遣でもキャリアを構築したい薬剤師さん
  • 派遣をするかどうかゆっくり考えたい薬剤師さん

ファル・メイトの詳細はコチラ

【コラム】派遣薬剤師の時給相場って?地域別に調査してみた

派遣として働く際に気になることとして、『働きたい地域の時給相場がどのくらいなのか』ということがあると思います。

薬剤師は時給が高いイメージが大きいですが、せっかく派遣として働くのであれば、「地域の相場よりも時給が高い職場で働きたい!」と感じますよね。

そこで、各都道府県や主要都市の時給相場・おすすめの派遣会社を調査しましたので、是非ご希望の地域の情報をチェックしてみてください。

⇒発見!時給4,500円の薬剤師求人は1分で見つかりました。

薬キャリ(エムスリーキャリア)

  • エムスリーグループ運営だから、病院・薬局に強い
  • ママ薬剤師向けの求人を検索できる唯一の転職サイト

薬キャリの特徴

調剤薬局 電話・メール 今すぐ
各種保険 育休・産休
  • 凡例
  • ...希望職場
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度
  • ...福利厚生

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省認定の「職業紹介優良事業者」認定企業
  • 「JPラーニング」の受講など、調剤について学べる教育サービス充実

ファルマスタッフの特徴

調剤薬局 電話・メール 対面面談 半年以内 1年以内
各種保険 育休・産休 Benefit Station
  • 凡例
  • ...希望職場
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度
  • ...福利厚生

ファル・メイト

  • 関東・関西エリアは時給2,800円の最低保証!交通費も全額保証で高待遇をお約束
  • スキルのある薬剤師さんをエキスパート薬剤師として認定!管理薬剤師並みの高待遇を実現

ファル・メイトの特徴

ドラッグストア 調剤薬局 派遣 正社員
電話・メール 対面面談・面接同行 ゆっくり
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

カテゴリー内記事一覧

宮城県のオススメ薬剤師派遣会社2選!時給と地域ごとの違いとは

1.派遣会社を正しく見極めよう!宮城県のオススメ薬剤師派遣会社2選! 宮城県で派遣薬剤師の仕事を探している方は、自分の求める転職スタイルに合った転職サイト選ぶことも大切なポイントの一つです。ここでは、 ...

和歌山県のオススメ薬剤師派遣会社2選!時給と地域ごとの違いとは

1.派遣会社を正しく見極めよう!和歌山県のオススメ薬剤師派遣会社2選! 和歌山県で派遣薬剤師として働きたいと考えている方は、薬剤師派遣会社を活用すると良いでしょう。現在は多くの派遣エージェントがあるた ...

山梨県のオススメ薬剤師派遣会社2選!時給と地域ごとの違いとは

1.派遣会社を正しく見極めよう!山梨県のオススメ薬剤師派遣会社2選! 山梨県で派遣薬剤師の仕事を探している方は、薬剤師派遣会社への登録から始めてみてはいかがでしょうか?派遣会社にはそれぞれ得意とする求 ...

世田谷区のオススメ薬剤師派遣会社2選!時給と地域ごとの違いとは

1.派遣会社を正しく見極めよう!世田谷区のオススメ薬剤師派遣会社2選! 世田谷区で派遣薬剤師として働きたい方へ、オススメの薬剤師派遣会社2社をご紹介させて頂きます。 まず最初に、エムスリーグループが運 ...

静岡県のオススメ薬剤師派遣会社2選!時給と地域ごとの違いとは

1.派遣会社を正しく見極めよう!静岡県のオススメ薬剤師派遣会社2選! 静岡県で派遣薬剤師として働こうと思っている方へ、おすすめの薬剤師派遣会社をご紹介します。 一つ目は、エムスリーグループが運営する「 ...

佐賀県のオススメ薬剤師派遣会社2選!時給と地域ごとの違いとは

1.派遣会社を正しく見極めよう!佐賀県のオススメ薬剤師派遣会社2選! 佐賀県で派遣薬剤師として働くか迷っている方に、おすすめの薬剤師派遣会社それぞれの特徴をご紹介します。 エムスリーグループが運営する ...

広島市のオススメ薬剤師派遣会社2選!時給と地域ごとの違いとは

1.派遣会社を正しく見極めよう!広島市のオススメ薬剤師派遣会社2選! 広島市で派遣薬剤師として転職先を探している方へ、オススメの薬剤師派遣会社のご紹介です。 まず1つ目は、薬剤師からの口コミで高い評価 ...

千葉県のオススメ薬剤師派遣会社2選!時給と地域ごと違いとは

1.派遣会社を正しく見極めよう!千葉県のオススメ薬剤師派遣会社2選! 派遣薬剤師として千葉県で転職先を探している方にオススメの薬剤師派遣会社を2社ご紹介します。 1つ目は、薬剤師の登録数が国内トップク ...

群馬県のオススメ薬剤師派遣会社2選!時給と地域ごとの違いとは

1.派遣会社を正しく見極めよう!群馬県のオススメ薬剤師派遣会社2選! 群馬県で派遣薬剤師として働きたいと考えている方は、まずは薬剤師派遣会社に登録するところから始めてみましょう。ここでは、派遣薬剤師の ...

札幌のオススメ薬剤師派遣会社2選!時給と地域ごとの違いとは

1.札幌の派遣薬剤師の時給はどのくらいなの? 各派遣会社がサイトで公開している札幌市の派遣薬剤師求人を確認し、算出した時給の相場は約2500円になります。札幌市の求人ひとつ一つ見てみると、時給2000 ...