薬剤師の給料勝ち組は年収600万円以上!年齢・職場・都道府県別比較

薬剤師の高収入を目指そう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

他の薬剤師ってどのくらい給料もらっているの?

実際に年収600万以上になれる?

薬剤師の平均年収は590万円です。しかし、『職場』や『地域』などの条件によって給料は大きく変わります

この記事では、『年齢』『職場・職種』『都道府県』別の平均年収と年収600万以上になる方法をお伝えします。

 

★厳選!おすすめ転職サイト★
転職サイト名 高額求人(600万以上) 求人を探す
マイナビ薬剤師 10,000件以上

無料
登録

ファルマスタッフ 8,000件以上

無料
登録

ファーマキャリア 3,000件以上

無料
登録

目次

薬剤師の給料相場を『年齢別』で紹介

薬剤師の給料は年齢や職場、職種によって大きく異なります。また職場によっても異なってくるので、自分の給料はもらえている方なのか否かを見比べてみてください。

【年齢別】薬剤師の年収相場・ボーナス相場推移

まずは年齢別の平均年収の推移を見てみましょう

【男性】年代別の薬剤師平均年収

年齢 年収 月収 ボーナス
20~24歳 2,855,300 236,900 12,500
25~29歳 4,164,600 290,400 679,800
30~34歳 4,861,400 330,600 894,200
35~39歳 6,142,400 448,000 766,400
40~44歳 6,377,900 486,700 537,500
45~49歳 7,930,200 587,300 882,600
50~54歳 6,739,200 454,100 1,290,000
55~59歳 6,919,700 497,800 946,100
60~64歳 5,312,100 380,400 747,300
65~69歳 4,820,800 381,800 239,200
男性全年齢平均 5,549,019 399,426 755,906

【女性】年代別の薬剤師平均年収

年齢 年収 月収 ボーナス
20~24歳 3,175,400 263,900 8,600
25~29歳 3,872,700 267,700 660,300
30~34歳 4,816,100 325,100 914,900
35~39歳 4,998,300 349,500 804,300
40~44歳 5,401,400 383,200 803,000
45~49歳 5,034,000 352,100 808,800
50~54歳 5,514,600 372,500 1,044,600
55~59歳 5,323,200 364,900 944,400
60~64歳 6,380,300 440,800 1,090,700
65~69歳 4,549,700 367,700 137,300
女性全年齢平均 4,689,047 327,427 759,924

※平均のデータは「平成27年賃金構造基本統計調査」より引用しています。
※年収は独自の計算方法によって算出しています。

「平成27年賃金構造基本統計調査」によると、薬剤師全体の平均年収は500.1万円、平均月収は35.4万円です。男性薬剤師の平均年収は554.9万円、平均月収が39.9万円、女性薬剤師の平均年収は468.9万円、平均月収が32.7万円となっています。

この数値と比べてあなたの年収が低いのであれば、まだまだ年収を上げられる余地があります。なぜかというと、薬剤師の給与額に大きく差をつけるのは「職場」と「地域」だからです。

【職場・職種別】薬剤師の平均年収ランキング

★職場・職種別薬剤師年収ランキングTOP3★
職場・職種 平均年収 高収入求人サイト
企業・MR 800~1,200万円

詳細を見てみる

調剤薬局・本社管理職 800~1,000万円

詳細を見てみる

企業/CRO 800万円

詳細を見てみる

薬剤師の職場は大きく4つに分かれ、それぞれに異なる役職があります。役職を加味せずに、職場だけの平均年収を比較すると以下のようになります。

  1. 企業(製薬など):650~1,000万円
  2. ドラッグストア :450~750万円
  3. 調剤薬局    :450~700万円
  4. 病院      :400~650万円

どの職場で、どのような役職に就くかが、薬剤師の年収を決めるポイントになります。

職場・職種別平均年月収

就業先(職場) 職種/役職 年収 月収
就業先(職場) 職種/役職 年収 月収

ドラッグストア

販売員 530万円 33万円
管理者 690万円 43万円
店長 800万円 50万円

企業

MR 800~1,200万円 50~75万円
開発 700万円~ 43万円
研究 700万円~ 43万円
CRO 800万円~ 50万円
CRC 700万円~ 43万円
DI 800万円~ 50万円
700万円~ 43万円

病院

薬剤師主任 400~450万円 25~28万円
調剤部門長 550~600万円 34~37万円
薬剤部長 700~800万円 43~50万円

調剤薬局

主任 300~350万円 18~21万円
課長 380~480万円 23~30万円
部長 550~650万円 34~40万円
局長 650~750万円 40~46万円
本社管理職 800~1,000万円 50~62万円

もっとも高額な収入を狙えるのが企業薬剤師です。中でも医師などに対して医薬品を営業販売するMRは、年収1,000万以上も可能になります。反対に、調剤薬局に勤めると本社の管理職に昇格しなければ650万円程度で頭打ちになってしまいます。

【都道府県別】薬剤師の平均年収ランキング

★都道府県別薬剤師年収ランキングTOP3★
都道府県名 平均年収 高収入求人サイト
福岡 658万円

詳細を見てみる

秋田 651.4万円

詳細を見てみる

群馬 622.7万円

詳細を見てみる

ご存知とは思いますが薬剤師の年収は、地方ほど高くなります。というのも、地方ほど薬剤師は不足しており、都心では供給過多気味になっているからです。1位の福岡県と最下位の県を比べると、年収に240万円もの差があります

しかし、地方ならどこでも年収が良いかと言うとそうでもありません。以下に全都道府県の平均年収とその地方の求人数が多い転職サイトをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

もしお住いの都道府県の平均年収よりも収入が低い人は、勤務先のエリアを変えずとも職場を変えるだけでも年収アップできるかもしれません

【都道府県別 平均年収ランキング】

※(高求人)=都道府県ごとの高収入(年収600万円以上)の求人数が一番多い転職サイト

※(求人)=都道府県ごとの求人数が一番多い転職サイト

順位 都道府県名 平均年収
45 北海道 453万円
12 青森 562.5万円
26 岩手 519.6万円
6 宮城 585.7万円
2 秋田 651.4万円
32 山形 500.8万円
21 福島 529.6万円
20 茨城 530万円
9 栃木 570.1万円
3 群馬 622.7万円
16 埼玉 544.5万円
14 千葉 553.9万円
25 東京 522.2万円
17 神奈川 538.5万円
37 新潟 486.5万円
7 富山 573.5万円
46 石川 450.2万円
24 福井 523.8万円
10 山梨 568.4万円
18 長野 535.2万円
30 岐阜 510.5万円
22 静岡 527.7万円
40 愛知 477.7万円
23 三重 526.6万円
42 滋賀 465.1万円
41 京都 470.7万円
34 大阪 495万円
38 兵庫 482.5万円
36 奈良 486.6万円
44 和歌山 454.9万円
5 鳥取 592万円
4 島根 595.6万円
28 岡山 514.8万円
29 広島 511.2万円
33 山口 496.2万円
39 徳島 479.9万円
15 香川 547.2万円
27 愛媛 519.2万円
8 高知 572万円
1 福岡 658万円
43 佐賀 461.5万円
31 長崎 510.2万円
11 熊本 564.5万円
13 大分 561.5万円
47 宮崎 418.5万円
35 鹿児島 490.8万円
19 沖縄 531.9万円

一般的な職種であれば、東京・大阪の平均年収が全国でもトップになりますが、薬剤師であると全国25位以下になります。

また、薬剤師の年収相場は全国平均533万円ですが、東京の薬剤師の年収相場は522万円大阪の薬剤師の年収相場は495万円と、全国平均と10万~40万円の差があります。最も平均年収が高い福岡県の658万円と比べると、東京の年収相場とは130万円ほどの差が生まれます。

ただ、地方ならどこでも年収が高いというわけではなく、都市部では比較的薬剤師も増えてきているので、地方のなかでも離島や山間部で働く薬剤師が年収が高くなります。

福岡県でも、やはり都市部は薬剤師が増えてきているので年収は全国平均よりも下がりますが、福岡市外などであればまだまだ薬剤師不足のため平均年収を軽く超えてきます。

勤務エリアを別の都道府県にしなくとも、「都市部から離れた職場で薬剤師になる」という選択肢も非常にオススメです。

薬剤師の今後は?年収は将来上がる?下がる?

地方では、薬剤師が非常に不足しており年収相場が高くなりますが、将来的にはどうでしょうか?

「このまま薬剤師の人数が増えてきたら、年収は上がりにくくなってしまうのでは……?」

そう感じる方も多いでしょう。

供給過多な状態と思われていますが、先10年はまだ薬剤師の需要はあると言われています。

薬剤師としての価値を高めれば10年先まで年収は上がる!

実際に薬学部の定員は8,000人から14,000人へと増えていますが、新卒薬剤師の需要は4,000人と1万人が過剰な状態です。それでもまだ地方では薬剤師不足な現状がありますし、これから新しく増えてくる需要もあります。

それは「高齢化による在宅介護・在宅医療」へのニーズです。

しかし、在宅医療で活躍していくには「接客」や「メンタルケア」などのスキルも必要になってきます。

薬剤師は都市部ではどんどん供給過多になっていき、需要は減っていくという見方もありますが、増えていった結果、価値の高い薬剤師だけが生き残るという見方もあります。

薬剤師の年収相場は将来も上がっていく可能性は高いですが、自分の薬剤師としての価値を常に高めていかなければ、将来年収の低い薬剤師となるか、薬剤師としては需要がない人材になってしまうでしょう。

【2018年版】薬剤師に将来性はあるの?今後の需要と薬剤師の未来

薬剤師が年収600、、いや1,000万円を目指すための『4つの方法』

①地方で管理薬剤師などの役職に転職

地方における薬剤師不足は非常に深刻化しています。

特に地方でも働きやすい都市部には薬剤師が集中していますが、過疎地には不足が起きています。

このような過疎地では一般的な役職でも年収600~700万の求人が多いですが、薬局長や管理薬剤師のような役職がついてくると年収1,000万円以上の求人も多く、現実的です。

管理薬剤師になるための条件は、「実務経験が最低3年以上あること」であるため、20代でも年収1,000万円到達が可能です。

②治験や臨床開発の仕事に挑戦する

治験や臨床開発の仕事は、薬剤師求人のなかでも「穴場」の仕事です。

薬剤師の仕事としては調剤がメインであったため、まだあまり薬剤師の中でも認知されていないので、人手不足に悩んでいるという現状です。

治験や臨床開発の仕事をするのは、先ほどオススメした「企業薬剤師」のため、そもそも平均年収は高く、特に大手企業に就職できれば年収1,000万円突破も十分狙えます

薬剤師としてのキャリアを広げていきたいと考える方にオススメの仕事です。

③個人薬局を開業する

経営の腕が良ければ年収1,000万円どころか1,500万円以上も目指せるのが、個人薬局の開業です。

「立地選び」が主に高収入を得るために影響することになりますが、病院のそばに門前薬局を建てることで薬局経営者として年収1,500万円以上になることも少なくありません。

ただしリスクとして「忙し過ぎて休みが取れない」可能性があるので働き方を重視するのであれば、開業を目指すよりも転職をオススメします。

④複数の薬剤師向け転職サイト登録で情報キャッチ

薬剤師は年収1,000万円を目指せる職業とは言っても、年収1,000万円以上の求人だらけというわけではありません

転職サイトによって、取り扱う求人情報の数や内容は大きく異なるため、一つの転職サイトにしか登録していないと得られない求人情報が非常に多くなります。

また、薬剤師の転職サイトは「エージェント制」のため、あなたの担当コンサルタントが紹介してくれた求人情報しか得られない上、担当者のレベルが低いといい条件で採用されることも難しくなります。

複数の転職サイトに登録することにより、年収1,000万円以上の求人に出会うことができるのです。

薬剤師が正社員以外で高年収を目指すなら「派遣」がオススメ

正社員以外の雇用形態は主に4つあります。

  • 1位 派遣社員……年収672万円
  • 2位 アルバイト……年収480万円
  • 3位 パート……年収441.6万円
  • 4位 準社員……年収384万円

では、バイトやパート、派遣社員、準社員だといくらの収入が目指せるのでしょうか?

時給 月給
(8時間20日勤務)
年収
アルバイト 2,500円 400,000円 4,800,000円
パート 2,300円 368,000円 4,416,000円
派遣 3,500円 560,000円 6,720,000円
準社員 2,000円 320,000円 3,840,000円
正社員 460,000円 5,500,000円

派遣社員なら高年収かつ自由に働ける!

一般職と比べれば、アルバイト、パート、派遣、準社員のどの雇用形態でも比較的高年収を望めます。

しかし、自由なワークスタイルを維持しつつもワンランク上の年収を目指したいと思うのであれば派遣社員として働くことがオススメです。

年収600万円以上を稼ぎながら、プライベートな時間も確保でき、さらに派遣元の福利厚生も受けられます。

本当に高年収を目指せるの?実際に働く薬剤師の口コミ

これから薬剤師として高年収を狙っていく人の本音は、

「薬剤師って本当に高い年収を目指せるの?」

ではないでしょうか?

実際に年収800万円~1000万円を超えた薬剤師の方の口コミを聞いてみました。

30歳 薬剤師MR 年収:1000万円

免許を活かせてはいないですが、専門的な知識を持った薬剤師MRなら30歳で年収1000万円も行けますよ。

成績が良ければ、その分給与が上がりますし。

専門用語もわかる、薬剤師MRなら文系のMRに差をつけることもできます。

40歳 製薬会社係長 年収:1500万円

私は30代前半で役職を与えられるポジションに上り詰めたので、30代で年収1,000万円を超えました。

係長ではありますが、大手製薬会社に勤めていますので。

しかしやはり大手企業でここまで上り詰めるのはなかなか大変ですよ……。

35歳 調剤薬局 年収:800万円

地方の商業施設に入っている調剤薬局で働いていますが、諸手当込みで年収800万円突破しました!

地方はやはり都心よりも高待遇の求人が多かったですよ。

やはり、薬剤師でも楽に高年収を得られるわけではないようです。

苦労は必要ですが、職種と働く地域を選べば30歳前後で年収は1,000万円を超えていきます。

薬剤師の魅力は年収だけではない!他業界との違いは?

「薬剤師よりも他の職種のほうが年収を稼げるのでは…?」

そう思っている人も多いはず。

事実、薬剤師の年収は「かなり高い」というよりも「安定している」という表現のほうが正しくなります。

では、薬剤師のやりがいと年収を合わせて考えたとき、他業界と比べてどうでしょうか?

やりがいと年収を求めるなら他業界より薬剤師としてのキャリアチェンジを!

薬剤師として働き、その後に他の業界を経験した方の意見にも「他の業界を経験することは確かに良いこと」とあります。

しかし、同じ薬剤師資格を活用した職種でも、まったく違う働き方かつ年収アップが見込めることもあります。

もし調剤薬局で調剤する単調な作業につまらなさを感じているのであれば、以下のような職種なら年収を上げつつ、やりがいをもって働けるかもしれません。

  • 企業/DI…常に新しい薬の情報を得られ、スキルアップできる。
  • 企業/CRO…「新薬開発」で社会貢献ができる。
  • ドラッグストア/店長…薬だけでなく「経営」についても経験できる。

また、薬剤師の転職活動は楽と言われており、実際に転職した薬剤師の方の中にも「簡単に決まるから面接は1社しか受けない」という方も多くいるくらいです。

一般職となると転職活動もそれなりに大変になってくるので、その点まで踏まえて他業界に行くかを考えてみてください。

マイナビ薬剤師

  • 毎日新聞社が母体だから大手企業とのパイプが太い!大手の求人も多数
  • 全国に拠点を展開!地方在住でもエージェントがサポートしてくれる

マイナビ薬剤師の特徴

企業 ドラッグストア 正社員
電話・メール 面接同行・対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

ファルマスタッフ

  • 厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定。安心して登録できる!
  • 教育体制が充実!eラーニングで研修認定薬剤師の単位が取得可能

ファルマスタッフの特徴

病院 調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談・面接同行 1年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

リクナビ薬剤師

  • 大手人材紹介会社のリクルートが運営しているため、大手企業・調剤薬局に強い
  • リクナビだけの非公開求人が75%
  • 最短3日のスピード転職が可能

リクナビ薬剤師の特徴

調剤薬局 企業 正社員 パート
電話・メール 対面面談 今すぐ
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

クラシスのヤクジョブ

  • 「さくら薬局」と運営元が同じなので調剤薬局への転職サポートに強い
  • 単発スポット派遣専用の検索ページがあり、短期希望の薬剤師におすすめ

クラシスのヤクジョブの特徴

調剤薬局 派遣 パート
電話・メール 対面面談 半年以内
  • ...希望職場
  • ...希望雇用形態
  • ...サポート体制
  • ...転職緊急度

カテゴリー内記事一覧

薬剤師の平均年収・給料ランキング!【えっ、私の年収低いかも!?】

「ちょっと年収が低いんじゃないかな? 」 「同年代の薬剤師はどれくらい稼いでいるんだろう? 」 薬剤師として働いている皆さん、現在…

薬剤師は年収が低い?とんでもない!高収入への最短ルートは?

薬剤師は一般的に高収入の仕事といわれていますが、思った通りの収入が得られず納得できない、と考えている薬剤師も多いようです。特に同年代より収入が低いと判明した時はショックなも…

新卒薬剤師の平均初任給っていくら?気になる手取りの相場とは?

「初任給の平均っていくら?」「実際の手取りはどのくらい?」 新卒の薬剤師の多くが気にするのはやはり「初任給」。これから仕事を始めようという薬学生の皆さんにとって、初任…

薬剤師の収入はいくらだと低い?職場別ランキング&収入アップの方法

薬剤師の収入は病院やドラッグストア、製薬会社、独立などの「職場」で大きく差がうまれます。 病院の収入は安い、ドラッグストアの収入は高い、といった事情はすでにご存知だと思います。 では、薬剤師の収入は「…

薬剤師の平均給料相場と比べてあなたの給料は高いor安い?

薬剤師と一言でいっても、調剤薬局、ドラッグストア、病院、企業…と働く場所は様々です。当然、仕事内容も異なり、給料にも差が出てきます。しかし、薬剤師仲間でもなかなか給料の話はしにくいですし、意外と他の職…

薬剤師の手取り額っていくら?パート・社員で違うの?給与UPの方法

「奨学金を返済するのが大変…」「仕事量と給料が見合わない…」など給与に対して不安を抱える薬剤師は少なくありません。せっかく、6年制の薬学正規課程を修め国家資格を取得して薬剤師…

薬剤師の転職!年収アップを目指す

一生懸命業務に励むことで、仕事が評価され年々収入が上がることは理想的とも言えます。どんなに仕事を頑張っても、年収に頭打ちがあるような職場ではやる気もやりがいも得られません。できれば、若いうちに業績が…

薬剤師が年収600万円を目指すために必要なこととは

薬剤師として年収600万円を超えることは、一つの壁を超えることでもあります。ですが、勤務先によっては限度額があり給与が頭打ちになることも珍しくありません。どのような職種で年収600万円以上を目指せるのか、…

薬剤師で年収稼ぎたい!でもキャリアアップには興味が無い・・近道?

「<薬剤師になれば高収入間違いなしだと思ったのに、そうでもなかった・・・」とがっかりする人も多いかもしれません。薬剤師は資格職ですが、職種によっては給与水準が低い所もあります。キャリアアップするの…

頑張れば薬剤師で年収800万円も夢じゃない?!

頑張れば薬剤師で年収800万円も夢じゃない?! 薬剤師の平均年収は、調剤薬局で約400万円~650万円と言われています。しかし、年収800万円、場合によってはそれ以上の年収を得ている薬剤師もいます。この差は何なの…