事務職は倍率が高い?!利用するべきおすすめ転職サイトと成功のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やっぱり事務職の方が良い」「事務職の転職に強い転職サイトはどこ?

実際事務職に転職したい人はとても多く人気が高いので、条件の良い事務職に転職するのは難しいと言われています。

一般事務と専門事務それぞれの職種に転職するための対策と事務職の転職に強いサイトをご紹介します。

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

一般事務職に転職したい人に向いている転職サイト・転職エージェントとは?

一般事務職に転職したい人に特におすすめの転職サイトと転職エージェントをご紹介します。自分に合ったサービスはどれなのか、比較してみてください。

圧倒的な求人数を求めるなら「リクナビNEXT」

条件の良い一般事務職の求人を見つけようと思ったら、圧倒的な求人数を誇る転職サイト「リクナビNEXT」がおすすめです。

運営会社のリクルートは業界最大手で知名度も高く、求人の掲載企業も最大級です。

そのリクルートが運営する国内最大級の転職サイトであるリクナビNEXTなら、一般事務の求人も豊富なのです。転職時期にもよりますが、一般事務で検索すると1,000件以上の求人がヒットします。転職が成功のためは、求人が増える時期かどうかもチェックする必要があります。

また、リクナビNEXTに登録すればスカウトサービスという便利なサービスを利用することができます。これは、履歴書情報を登録しておくとその登録情報を見た企業からスカウトメールが届くというサービスです。

転職希望者の方から求人情報を探すだけではなく企業の方からも転職希望者にアプローチできるという点が、今までの求人検索システムとは大きく異なります。

スカウトサービスを利用すれば、転職希望者側の求人検索の労力が省けるというメリット以外にも、今まで知らなかった企業のことを知るチャンスが生まれるというメリットもあります。

また、リクナビNEXTを利用してキャリアコンサルタントのサポートを受けたいと思ったら、同じリクルートグループの転職エージェントであるリクルートエージェントにスムーズに登録することもできます。

求人数とコンサルタントのサポートの両方が欲しいなら「マイナビエージェント」

リクルートと並び国内最大級の人材紹介会社であるマイナビの「マイナビエージェント」もおすすめの転職エージェントです。

求人数はリクナビNEXTやリクルートエージェントと並び最大規模ですから、希望の一般事務職の求人も探しやすくなっています。

さらに、マイナビエージェントのキャリアコンサルタントの質は高く、親身にサポートしてくれると評判です。

実際、「しっかりと話を聞いてくれた」「提案してくる求人数が多かった」「転職活動に関するアドバイスが適切だった」などという口コミも数多く見つかりました。

また、キャリアコンサルタントを利用すると、良い条件の求人を取り逃しにくくなるというメリットもあります。

一般事務職の良い求人が掲載されてもすぐに募集が殺到して他の人に取られてしまうことがよくあるのですが、そんな時には転職エージェントに登録すれば、キャリアコンサルタントが非公開求人を紹介してくれます。

ですから、キャリアコンサルタントにしっかりと条件を伝えておけば、条件の良い一般事務の求人を逃す心配もありません。

他にもマイナビエージェントの特徴として、中小企業の求人が多いという点があります。中小企業の中には成長中のベンチャー企業や優良企業が数多くありますから、知名度は低くても給与水準が高い、やりがいのある仕事ができる企業に転職できる可能性もあります。

キャリアコンサルタントのサポートを受けつつ数多くの求人の中から一般事務職の求人を探したいなら、マイナビエージェントがおすすめです。

コンサルタントの丁寧なサポートが欲しいなら「DODA」

DODAもリクルートやマイナビと並び求人数が多い転職エージェントですから、競争率が高い一般事務職への転職でも数多くの求人を確保できます。

DODAの求人内容は幅広く案件数も多いため、数多くの選択肢の中からそれぞれの転職希望者に合った一般事務職の求人を探し出すことができるでしょう。

特に女性で一般事務職への転職を希望している人は多いのですが、子育て中の女性などは育児・家事と仕事を両立させるために勤務地や勤務時間が限られたり、マイカー通勤可、残業無しなどのこだわり条件が多くなったりします。

そんなこだわり条件が多い女性でも、DODAを利用すれば求人件数が多いため希望の求人が見つかる確率が高くなりますし、キャリアコンサルタントが条件に合った求人を探し出してくれます。

そして、DODAがおすすめできる点としては、キャリアコンサルタントの質の良さがあります。親身なサポートを期待でき、特に応募書類の添削や面接対策などの実践的なサポートが良いと評判が高くなっています。

特に、初めて転職する人や誰かに相談しながら転職活動を進めたいという人にはぴったりの転職エージェントと言えそうです。

専門的な事務職に転職したい人におすすめなのは「JACリクルートメント」

専門的な事務職に転職を考えている人におすすめしたい転職エージェントが「JACリクルートメント」です。JACリクルートメントは人材紹介会社の中でも老舗の一つで、転職実績が豊富です。

JACリクルートメントが専門的な事務職への転職におすすめである理由について、お話ししましょう。

キャリアアップできる求人が多数

転職サービスを選ぶ際に大事なのは求人数ももちろんですが、求人の内容も重要です。

特に、専門的な事務職の求人を求める場合は、専門分野に関する求人が多くなければ選択肢が狭まってしまいます。

それに、各業界の知識を吸収してキャリアアップしたい人なら、キャリアアップできる転職先に転職したいと考える人も多いはずです。

JACリクルートメントは未経験からの転職よりは、専門的な知識を持ち業務知識が豊富なハイキャリアの転職者向けの求人に強い転職エージェントです。

ですから、専門的な分野の事務職に転職したい人にぴったりなのです。

キャリアコンサルタントのスキルが高く対応がきめ細かい

JACリクルートメントがおすすめである理由には、キャリアコンサルタントの質の高さもあります。

JACリクルートメントのキャリアコンサルタントは各業界に関する知識が豊富です。そのため、専門的な事務職の求人を選ぶ際に、的確なアドバイスを受けることができます。

また、JACリクルートメントでは様々な転職者のキャリア相談を受けてきた実績から、今後どのようなキャリアを築いていきたいのかという転職希望者一人一人の状況を踏まえ、客観的なアドバイスをしてくれます。

また、紹介企業に関する詳細な情報を提供してくれますから、転職後にステップアップできる環境なのか、研修制度はあるのかなどという細かい情報も得ることができます。

このようにスキルが高く対応がきめ細かいJACリクルートメントのキャリアコンサルタントに転職サポートを任せれば、それぞれの転職希望者に合った今後のキャリアも見据えた転職先を見つけることができるでしょう。

一般事務職に転職するのは実は難しい!それはなぜ?

一般事務職は人気が高く良い条件で転職するとなると実は難しいと言われています。それはなぜなのでしょうか?その理由について、詳しくご説明します。

事務職は圧倒的に人気がある

一般事務職は他の職種よりも圧倒的に人気が高いため、転職が難しくなっています。

でも、なぜ一般事務職はそんなに人気があるでしょうか?

その理由の一つとして、体力的にも精神的にも一般事務職は他の職種よりも楽だと思われているということがあります。

販売職や営業職などは接客業なので顧客からのクレーム対応や忙しく接客をしなければならない場合があります。また、売り上げを上げる努力も必要ですから、精神的にストレスが溜まりやすい職種です。また、動き回ることが多く体力も使います。

その点、一般事務は接客対応がある場合もありますが、オフィスワークなので精神的にも体力的にもゆとりがありそうと考える人が多いのです。

また、一般事務職は特に女性に人気が高くなっています。外回りの仕事もほとんどないため車の運転が苦手な女性や、体力に自信がない女性は事務職の仕事を希望する人が多いのです。

書類作成時に細かいミスや誤字脱字をチェックするなど、きめ細かいところに目が行く女性向けの仕事でもあります。しかも、土日祝休みのところがほとんどなので、子育て中の女性に特に人気が高くなっています。

このように、事務職はその人気の高さのため、条件の良い求人の募集が出されるとすぐに応募者が殺到してしまうのです。

経験者が優遇される

一般事務職の求人情報には「過去に同様の事務仕事の経験歓迎」という条件が書いてあることがほとんどです。一般事務職は人気が高いため、福利厚生制度が整っている、大手企業の事務職、正社員求人などの場合は、ほぼ経験者が優遇されるのです。

事務職の仕事内容は書類作成や書類整理、その合間に電話対応や顧客対応などで、仕事を効率よくこなすことを求められます。

そのため、事務職の仕事実績があるほうが仕事を教える手間が省けるため、一から仕事を教えるよりは経験者を入れた方が良いと企業は考えます。

そのため、事務職未経験の人は書類選考にすら通らない場合もあるのです。

事務作業はIT化されておりパソコンスキルが必須

一般事務の仕事をする上で必ず必要とされるスキルが、パソコンスキルです。

どんな企業でも事務作業はほとんどIT化されているため、仕事は基本的にはパソコンで行います。

パソコンの基本操作やエクセルやワード、パワーポイントなどのツールが使いこなせなければ、仕事にならない場合がほとんどです。

そのため、パソコンが全く使えない、という人は一般事務職に転職するのはかなり難しいでしょう。

一般事務職に有利に転職するための対策とは?

では、一般事務職に有利に転職するためにはどうすれば良いのかをご説明しましょう。

求人数が多い転職サイトを利用する

一般事務職は人気が高く狭き門を通り抜けなければなりません。ということは、できるだけたくさんの求人数が集まる転職サービスを使う方が良いということになります。

中でもおすすめなのが、転職サイトです。事務系の職種に強い転職サイトを選んで求人検索をしてみてください。

また、女性なら「女性活躍中」「子育て中のママ歓迎」などというこだわり条件で検索できる転職サイトがおすすめです。インターネットの口コミや評判も参考にしてみてください。

その中から事務職の案件数ができるだけ多い転職サイトを選ぶことで、選べる転職先が増えて少しでも転職が有利になるはずです。

非公開求人を狙う

一般事務職の求人は人気が高いため、誰もが閲覧できる公開求人が公開されたとたんに応募が殺到します。そのため、公開求人の中から条件の良い一般事務職の求人を探し出すのは困難です。

そんな時は、非公開求人を狙いましょう。複数の転職サイトやエージェントに登録することで、非公開求人に応募することができます。

非公開求人には条件の良い案件が多く、応募できる人も限られていますから、条件の良い一般事務職を探し出すことができる可能性が高まります。

そのため、条件の良い事務職に転職したいなら、非公開求人数が多い転職サービスを選ぶのがおすすめなのです。

転職エージェントの転職サポートを利用する

より良い事務職の求人を見つけ出して採用率をアップするために、転職エージェントの転職サポートを利用するという方法もおすすめです。

転職エージェントに登録すると、キャリアコンサルタントまたはキャリアアドバイザーと呼ばれる専任スタッフのサポートを受けることができます。

そのサポート内容は、履歴書や職務経歴書など応募書類の添削サービスや面接対策、転職希望者一人一人の条件に合った案件紹介、キャリア相談などがあり、場合によっては面接の同行や年収交渉までしてくれます

良い事務職の求人の情報が公開されたらいち早く連絡してくれますし、様々な企業情報を提供してくれますから、自分で求人検索するよりも効率よく情報収集ができます。

サポート内容や求人内容など特徴はエージェントによって様々ですから、転職エージェントランキングや口コミ情報などのネット上の情報も参考にしてみてください。

まずは経験を積んで転職するのも一つの方法

一般事務職に転職する場合は事務職として働いた経歴が重視されるため、未経験の場合は良い条件で転職できる可能性は低くなります

そのため、正社員として事務職に転職したい場合でも、まずは契約社員や派遣社員として転職して経験を積んでから正社員として転職しなおすという手もあります。

そうすることで、事務職の経験をしっかりと身につけることができ、二度目の転職でより良い条件の職場に転職しやすくなるためです。

急がば回れで、まずは経験を積んでみるという方法で年収を大幅にアップできる可能性もあるのです。

専門的な事務職に有利に転職するための対策とは?

事務職の中には専門的な知識を必要とする専門職の事務職というカテゴリがあります。

専門知識が必要である分収入は高く、業務知識と実績があればそれだけ収入は上がっていきます。高いスキルを持つ人材を必要とする企業は多いので、ある程度の実績とスキルを獲得すれば転職して収入アップを狙うことができます

その反面、それぞれの業務で必要な知識やスキルを獲得しなければなりません。

専門的な事務職に有利に転職するための対策について、お話しします。

専門的な事務職とは?

専門的な事務職の種類や必要なスキルについてご説明します。

経理・人事などどんな企業でも必要とされる事務職

どんな企業でも経理や人事なおの仕事をする人が必要です。

大手企業になれば社員数も増えますから、給与の支給や会社の収支の管理、人事管理に関する仕事も増えます。経理や人事のスペシャリストになれば、大手企業に転職して収入アップを狙うこともできるでしょう。

経理の仕事をする上で必要になってくるのが、「簿記」の資格です。

人事の仕事なら、「衛生管理者」「社会保険労務士」「メンタルヘルス・マネジメント検定試験」などの資格試験を必要に応じて取得するのがおすすめです。

企業の経理や人事の事務職は転職先が多いため、専門的な事務職の中では転職しやすい職業です。

ただし、未経験者は採用される確率は低いですし最初は給料も高いとは言えません。そのため、未経験の場合は資格を取得したり業務経験を積んだりしてスキルを身につける必要があるでしょう。

金融業界・不動産業界・医療業界など業界特有の知識が求められる事務職

様々な業界で専門的な知識を持って働く事務職についてご紹介します。

【金融業界】

保険業界で働くためには保険に関する知識が必要です。保険に加入するためには複雑な保険契約の内容を知っておかなければなりませんし、次々と発売される新しい保険商品についても覚えなければなりません。

「FP(ファイナンシャルプランナー)」「FP技能検定」などの資格があります。

また、保険に加入する顧客を獲得するために営業経験も必要です。

銀行などの金融業界で入出金や融資などの手続きを行う事務職になるためには、金融に関する専門知識が必要です。

銀行業の知識を得るためには、「FP(ファイナンシャルプランナー)」「銀行業務検定試験」などの資格試験を受けることが有効です。

ただし、銀行では新卒社員が優遇される傾向があり過去に銀行で働いた経験が求められることが多く、事務員であってもコネも重要な要素になります。

同じ金融業界でも証券会社で働くなら「証券アナリスト」の資格がおすすめです。

このように、金融業界で働くためには専門的な知識も必要ですが、顧客を相手にする職業なので高い営業力も必要です。接客業や販売業の経験がある人は、知識を身につけることで金融業界の専門的な事務職に転職することも可能です。

【不動産業界】

アパートやマンションなどの賃貸住宅の仲介や住宅の販売などを行う不動産業の事務職に就きたい場合は、不動産業界の知識を身につけると有利です。

そのためには「宅地建物取引士」「管理業務主任者」「マンション管理士」などの資格の取得がおすすめです。

ただし、これらの資格がなければ不動産業界の事務の仕事ができないというわけではありません。採用されれば、仕事しながら知識を身につけることもできます。

不動産業界で働く場合、部屋を借りる人や家を買いたい人に対し接客を行うため、営業力やコミュニケーション能力が必要です。

金融業界に比べて不動産業界は敷居が低く、やる気さえあれば入りやすい業界です。

【医療業界】

医療事務として病院やクリニックで働きたい場合特に資格は必要ありませんが、民間の医療事務の資格を取得しておけば基本的な知識を身につけることができます。

医療事務は特に女性に人気が高い職業です。その理由として、病院が土曜の午後と日曜、祝日が休みであるということがあります。

その反面、専門的な事務職の中では給与水準が低めです。

とはいえ、無理なく長く働ける医療事務は女性に人気の職業です。

英文事務、翻訳・通訳など語学力が求められる事務職

外資系企業や海外企業で働く場合や、翻訳や通訳などの高い語学力が求められる事務職で働きたい場合に必要なのはもちろん、高い語学力です。

「TOEIC」や「TOEFL」で高得点を取るだけではなく、業務経験もある程度求められます。

資格も重要だがやはり業務経験が第一

これらの専門的な事務職で働くためには、すでにご紹介した通り資格を取得しておくことも大事ですが、何より重要なのは職場に配属されて実務経験を積むことです。

そのため、未経験の状態から資格を取得したり勉強したりして転職する際には、最初はあまり条件の良い転職先を見つけることはできないかもしれません。

しかし、最初は給料が低くても、そこで実務経験を積むことで知識やスキルを得てキャリアアップすることができます。

そうすることで、その職場で年収アップを狙うこともできますし、他に移ることで条件や待遇の良い企業で働くこともできるでしょう。

専門的な事務職の強みは、何と言っても「どこに行っても通用するスキルが得られる」ということです。「手に職」を得ることができれば、どんどんキャリアアップしていくことができるでしょう。

まとめ

事務職への転職について、一般事務と専門的な事務の二つに分けてご説明してきました。

どちらの場合も、その転職スタイルに合った転職サイトや転職エージェントを利用することによって、転職活動がスムーズに運ぶということがわかっていただけたと思います。

いろいろな転職サイトや転職エージェントの求人内容やサービス内容を比較して、自分に合った転職サービスを探すことが転職活動の第一段階です。

そして、その転職サービスが提供するサポートをフルに活用して、自分にぴったりの転職先を探し出すようにしてください。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。


リクナビNEXT

  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら


マイナビエージェント

  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら


リクルートエージェント

  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら


DODA

  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら


JACリクルートメント

  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら


ハタラクティブ

  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

30代男女別おすすめ転職サイト!どこが良い?特徴とサービス内容

この記事の目次30代の男性におすすめの転職サービスとは?転職は20代よりも30代が有利30代の男性が転職で気を付けるべきポイントとは?30代の転職のキャリアプランの立て方30代は即戦力が求められる30 ...

IT業界におすすめの転職サイトは?好条件の転職が絶対成功する方法

IT業界は転職者が特に多い業界です。 「もっと、好条件で転職したい」を実現するためには、どうすべきなのでしょうか? ここでは、IT業…

50代におすすめの転職サイト|やはり厳しい?求人の探し方と注意点

この記事の目次50代の男性におすすめなのが「JACリクルートメント」50代の女性におすすめなのが「リクナビNEXT」50代は転職で何に気を付けるべきなのか?50代後半で転職を余儀なくされたらどうすれば ...

40代は経歴重視?おすすめ転職サイトと転職を成功させるポイント

この記事の目次キャリアアップのために40代で転職するときの注意点40代の転職を成功させるためには?管理職ならハイクラス向けの転職エージェントがオススメリストラなどによる再就職で気を付けるべきこと40代 ...

第二新卒におすすめの転職サイト3選!絶対に失敗しない選び方

「第二新卒向けの求人が集まってるサイトはどこ?」 「第二新卒が確実に転職するためにはどうしたらいい?」 この記事では、転職活動に不慣れな第二新卒…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事