アパレルへ転職したい!知らないと損する人気業界の年収と仕事内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アパレルはもう嫌だ!」という一方で、「この業界でもっとキャリアアップしたい!」などファッション業界への人気は根強く、憧れを持っている人も少なくありません。気になるアパレル業界はどのような仕事があるのか、働きやすいか、転職方法などをご説明します。

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

アパレル業界の主要職種紹介

  • ショップ販売員
  • バイヤー
  • マーチャンダイザー
  • 服飾デザイナー
  • パタンナー
  • 生産管理
  • 営業
  • プレス
  • ECサイト運営
  • その他総合職

ショップ販売員

仕事内容

店舗やデパートのテナントでの接客(着こなし提案、サイズチェック)、商品配置、レジ販売を主に対応します。ただ接客するだけではなく、売上目標のために店舗のエリアや利用客に合わせた商品の配置や見せ方が必要となるため、顧客リサーチ力も必要となります。

販売員の中にもメンバー、チーフ、店長等ポジションがあり、店長から昇格するとエリアマネージャーへのキャリアも拓けます。また、特殊なスキルがなくとも働き始められるため、学生のアルバイトや派遣、契約社員が多く在籍しています。

ただし、対象のブランドのテイストへの理解や興味は必須となるため、日ごろ自分が好きなスタイルの洋服を販売している企業に応募をするとスムーズでしょう。

年収

280~400万円程

バイヤー

仕事内容

売れる商品を見極め買い付け、店に並べる仕事。商品のコンセプトやレイアウトまで考え、商品の魅力を最大限引き出すことも求められます。

また、買い付けの際の価格交渉や購入個数の決定等もするため、経営や数値感覚も養われます。海外商品を買い付けることもあるため、語学力があるとより活躍の場を広げられます。

アパレル初心者は事務処理のサポートをするバイヤーアシスタントから始め、スキルアップをしていく道がおすすめです。

年収

360~580万円程

マーチャンダイザー

商品開発、販売計画、予算管理、価格設定等トータル的なマネジメントを担います。市場調査や売上動向の分析をし新商品の開発計画を立てるといったマーケティング要素や経営色が強い責任がある仕事といえます。時にはバイヤーや広告制作まで行います。

年収

370~520万円程

服飾デザイナー

仕事内容

洋服を0からデザインをする仕事であるため、クリエイティブさやデザインと生地との相性を考える想像力も要されます。

ターゲッティングをし、コンセプトを決めデザイン画作成。使用素材の選択やコスト交渉、パタンナーへの指示出しまで行います。

サンプル作成指示や、工場へ生産指示をするための縫製仕様書作成、納期管理といった各所との調整も発生します。

専門知識やスキルが必要となるため、服飾専門学校出身者に限定し、採用は募集をかけることが大半です。また、新卒採用ではなく中途採用で補充するケースも多くあります。

年収

300~500万円程

パタンナー

仕事内容

平面のデザインを立体にするため仕上がりのシルエットや着心地をイメージしながら型紙制作をする仕事です。微妙なズレが仕上がりに大きな影響をもたらすため、高度な技術が要されます。

最近ではCADでパターンを作ることもあります。他にも工場への仕様書作成、サンプル依頼&チェック、コスト交渉、納期管理等も行います。服飾デザイナーを目指す人は服の構成を知っていた方が後々仕事に活かせるためパタンナーからキャリアを積むこともあります。

年収

300~500万円程

生産管理

仕事内容

販売計画に基づき、人員配置や納期管理等生産するまでの一連の流れを管理する仕事です。具体的には、工場に品質や原価、納期目標を伝え、スムーズに製造工程が進むよう指示出しやチェックをします。

売れ筋商品の増産指示やコストダウンのための動き等もするため、予算やコストへのコミットも求められます。海外に工場がある場合もあるため、英語力を持ち合わせていると世界を舞台に活躍できます。

年収

320~450万円

営業

仕事内容

自社製品を顧客にカタログリストを送り、まとめて受注を獲得するホールセール営業。直営店での販売に関わる様々な折衝をするリテール営業。

自社の工場と商材を使い取引先の希望の商品を商談を経て企画営業。このように、営業と一言でいっても対象顧客によって仕事内容はガラリと変わってきます。

年収

360~500万円程

プレス

商品の販売促進のため雑誌への掲載やSNSやWEBへのアップをするための調整をする仕事です。

プロデューサー的存在であり、商品記事作成、撮影時の貸し出し品のリスト作成や撮影指示まで担当します。華やかなイメージの職種のため人気も高い仕事です。

年収

360~550円程

ECサイト運営

仕事内容

オンラインショッピングのためのWEBサイトの運営全般を担当します。サイトのページデザイン、画像加工やバナー作成といった制作の仕事にプラスし、商品の受注から発送対応等企業によっては幅広く担当します。

サイトの見やすさや注文フォームの使いやすさも購入を促す鍵となるため、常にトレンドの勉強やサイトの改善をしていく必要があります

年収

300~500万円程

その他総合職

仕事内容

経営企画、人事、総務、経理、事務職等があります。主に本社勤務となり、洋服の企画販売ではなく、社員が働くにあたり必要な庶務雑務、社内のサービス部門的な仕事が多くなります。また、経営戦略の策定や人員計画をしたりと企業運営周りの職種も存在します。

年収

300~670万円程

※記載された年収額は賞与支給を含みます。

※賞与支給の場合、アパレル業界の平均は約2ヶ月分(50万円台)

アパレルの求人を探してみる

国内大手アパレル企業の人事兼任者に相談!キュージェント

自分のことを理解してくれ、真摯になってくれる人に相談したい...」そう思っている方は少なくないと思います。キュージェントはエージェント会社ではなく、エージェント個人を指名することができる無料のマッチングサービスです。まずは自分が今後どのように人生を歩んでいきたいのか、色んな転職希望者をサポートしてきたプロから情報収集して、考えてみてはいかがでしょうか。

まずはエージェントを見てみる

アパレル業界の仕事の悩み

  • シフトが土日や大型連休にもあるので、土日休みの友達予定が合わない
  • 店舗の人数が少なく閉鎖的なので人間関係が悩みになり精神状態が良くない
  • 離職率が高く、店舗異動も多いのでベテランさんが少ない
  • 店舗スタッフが少なく、残業が多くなりがちなのが不満
  • 立ち仕事なので足がむくみやすく腰痛持ちになることも
  • 店舗によって売上ノルマが厳しいところもある
  • 販売員の年収はあまり高くないよう感じる
  • 妊娠中は疲労感を感じやすく立ち仕事は辛い
  • 復帰後は育休前の職場と変わったり、家から遠い店舗になる可能性もある
  • 会社によってボーナス無し

アパレル業界の魅力

  • 直接お客様から感謝を伝えられるので嬉しい
  • 自分の興味がある好きなブランドに囲まれて夢を叶えられる
  • 最先端のお洒落やトレンドに触れられる環境は魅力
  • 自社割引が嬉しい
  • 自分自身が良いと思うデザインや流行を世に送り出せるやりがいがある
  • 平日休みのため土日混雑する施設へも遊びに行きやすい
  • バイヤーやマーチャンダイザーの年収は高め
  • 女性が多いため、産休育休も取得しやすい
  • アパレル業界の出産後の復帰率は90%

アパレル業界のパターン別転職ノウハウ

  • 業界内での転職
  • アパレル業界から他業種への転職
  • 異業種からアパレル業界への転職

一言でアパレル業界の転職といってもこのようにいくつかパターンがあります。異業種からの転職ともなれば、アパレル業界の中でも転職しやすい職種は変わってきます。それぞれ転職成功のポイントがあるためご説明していきます。

アパレル系職種からアパレル職種への転職

待遇アップなら大手アパレルメーカー

仕事自体は好きでももう少し条件を良くしたいという人も少なくありません。同じ仕事をしていても、大手有名企業であれば+100万円の年収アップや手厚い福利厚生も夢ではありません。しっかりと経験とスキルを積んでいるようならば、是非トライしてみましょう。

上位職へキャリアアップ

販売員であれば、チーフ。店長はエリアマネージャー。バイヤーアシスタントはバイヤーといったように上位者の仕事へグレードアップをすることで自ずと条件も向上させることができます。

アパレルから他業種への転職

アパレルからの転職は人柄重視の求人が◎

アパレル出身者は目標意識やコミュニケーション能力が高く、チームワークを取りやすい人が多いため、未経験からチャレンジできる求人との相性は良いでしょう。特にサービス、事務、営業職といった人間力を活かしやすいポジションがお勧めです。

やはり親和性ある業界への転職が効果的

未経験職種への転職であっても先述のように親和性ある業界や特徴ある企業への転職は有利に働きます。

※<異業界転職例>参照。反対の例を参考にしてください。

アパレルから他業種への転職のコツ

時期は4月か10月入社を狙う

一般的な案件数が増える時期はこの2パターンです。選択肢も多くなるため、この時期を見越して準備をしましょう。

退職理由と志望動機に一貫性を

職種転換の場合は、採用担当者はなぜキャリアチェンジをし、自社に応募をするに至ったかの経緯が気になります。ですから、退職理由が志望動機に繋がったエピソードであれば採用担当者の納得感も得られ、書類選考を通過しやすくなります。

アパレルから他業種への転職の退職理由と志望動機の書き方

退職理由→志望動機例

・OAスキルを身に付け事務職としてキャリアチェンジをしたく退職→社風や企業理念の〇〇に惹かれました。また、人との調整も多く、フットワークが活かせると考えています。

・接客の仕事よりもより深く人に提案できる仕事をしたく営業へ転職したく退職→アパレル系人材会社の御社であればアパレル業界にいた私の経験を活かせると思いエントリーをしました。

・プレスの仕事で雑誌関係の人とやり取りをするうちに興味が出たため退職→プレスの仕事でファッション誌の〇〇編集部とやり取りが多かったため、就業イメージも付きやすく、経験を活かせると思いエントリーしました。

・自己PRは応募先企業に活かせるスキルを

アパレル業界では接客や調整等多くコミュニケーション能力が必要となる場面が多くなります。この点を自己PRでも活かさない手はありません。実際の体験を交え、応募ポジションでも活かせるスキルをアピールしましょう。

未経験からアパレル業界の仕事への転職

アパレルビギナーが入りやすい職種は販売職

販売の仕事は資格や特殊スキルがいらないため、最も就職しやすいポジションとなります。専業主婦て長年就業ブランクがあったとしても、洋服を買い服を着こなすことは続けていたはずです。

そういった日ごろの着こなしやお洒落を活かすことができるため、久しぶりに働く仕事としてもお勧めです。

給料は恐らく200万円後半からと低めとなりますが、店長やエリアマネージャーを目指していけば昇給も叶いやすくなります。

接客のコツ

  • 明るい笑顔とハキハキとした挨拶を
  • 何か1つの商品を提案するのではなく、トータルコーディネートで提案
  • なぜその商品を提案したか理由も伝える

明るい笑顔とハキハキとした挨拶を

→人の印象は10秒で決まります。感じの良い人から商品を買いたいと思う人が大半であるため、接しやすいよう心がけましょう。接客に苦手意識がある性格の人はロールプレイングや自分の接客をビデオ等客観的に見て、改善に取り組みましょう。

何か1つの商品を提案するのではなく、トータルコーディネートで提案

→複数の着こなしの提案をすることで、「買うか買わないか」という心理から「どれを買おうか」という思考になりやすくなりますし、洋服を着こなすことが苦手なお客様はどの組み合わせが合うかやトレンドを教えてもらえるととても助かります。

なぜその商品を提案したか理由も伝える

→「お客様が好きそうなデザイン」や「サイズ感が合いそう」「色味がぴったり」等何かしらその商品とお客様に似合うと思った理由を伝え、相手が納得してくださればお買い上げいただける可能性も高まり、信頼を勝ち得られやすくなります。

親和性ある業界や企業からの転職は有利!

事務職経験者はアパレル業界未経験であっても同じ職種同士であるため、転職のしやすさはあります。応募先企業に何かしら親和性ある業界にいたようならより選考通過率も上がります。

異業界転職例

親和性ある業界(コスメ、雑貨、ファッション誌等)事務職→アパレル企業事務職

女性向け商品の販売職→アパレル企業販売職

DTP、広告デザイナー、Webデザイナー→某大手ファストファッション企業のTシャツデザイナー

フランス外資企業→フランス外資アパレル企業

サービス経験者(美容師、保育士等)→アパレルショップ販売員

専門学校や大学で職業訓練をしパタンナーやデザイナーも

通常クリエイティブ職種は未経験OKとなっていても、基礎知識や経験が求められるため、デザインスキルのない人は応募ができません。

ですが、社会人も入学できるコースがある服飾系専門学校もあるため、修了することで未経験から応募できる求人であればエントリーができるようになります。

他職種の経験があったとしてもクリエイティブ職種の経験はないため、年収も新卒程からスタートとなります。ですから、キャリアチェンジをするならば20代のうちがベストな時期です。

未経験からアパレルへの転職のコツと転職時期

アパレルへの転職のコツ

採用担当者はなぜ、キャリアチェンジをしようとしているかや、イメージ先行で応募をしてきていないか等心配します。

業界自体は華やかなイメージがあってもノルマや人間関係もうまくやっていかなければいけない大変な部分や地道な作業も発生します。そのため、どのような理由で志望しているか、地に足を付いた上での考えかなのか等を面接では伝えましょう。

アパレル業界への就職活動時期は6月と冬

アパレル業界の求人が増えるタイミングは6月頃、11月〜12月、年明けの1月頃が多いようです。アパレル業界への転職はこの時期に開始できるよう転職エージェントへの登録や職務経歴書や履歴書の作成は終わらせておきましょう。

志望動機や自己PRの書き方

志望動機や自己PR例

私は貴社の洗練されたデザイン性や理念の〇〇に以前から共感を得ていました。

当初家族の稼業の関係もあり、他業界へ就職をしましたが、働いているうちにやはりアパレル業界で、御社で洋服を通じてよりよい生活や人生を提案していく仕事をしたいと強く思うようになる応募をしました。

私は、前職の営業職で話しやすい雰囲気作りが得意となりました。販売職の仕事にも活かし、現場でブランドの魅力を発信していきたいと考えています。

少しでもアパレル経験があれば職務経歴書に盛り込む!

例えば、前職が公務員や銀行員という真面目少しカッチリしたイメージの業界からアパレル業界へ転職をしようとすると業界イメージのギャップによって書類選考を見送られてしまうこともあります。

ですから、少しでもアパレル業界の経験がある場合には学生時代の経験であっても自己PRか志望動機等に盛り込むようにしましょう。

もしくは、そういったカッチリした服装の業界であったからこそ、洋服で着飾ることで気持ちを高揚させることができ、人生を彩れるため~等真面目な業界にいたからこそ、ファッションが与える影響の大きさを知っているのであえてアパレル業界へ志望すると、志望動機を書くのも手段です。

応募先は自分に関係あるブランドが吉

40代の人が20代のブランドへ応募をしてもあまり活躍できるイメージは湧きません。自分の年齢層に適したブランドへ応募をすることで選考通過率は上がります。

また、日ごろ愛用していたり、購入経験がある好きなブランドへ応募をすることで、志望動機も自ずとしやすくなります。好きを仕事にできるのみアパレルの仕事の醍醐味です。

転職は転職サイトの活用も要検討!

求人数も多いため、自分にぴったりな仕事を探すためには転職サイトを上手に使うことをお勧めします。

転職者の8割が利用!転職決定数NO.1リクナビNEXT

リクナビNEXTの特徴

  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
  • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
  • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

リクナビNEXTの登録・詳細はこちら

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

DODA
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

高卒フリーターから正社員になれる?就活のプロが語る就職の実情

転職に学歴は関係ない!元人事責任者のホンネと学歴フィルターの真実

【広報職編】未経験転職をする前に知っておきたい仕事内容、実態、…

広報は、その企業の顔ともいうべき華やかな仕事を担当します。しかし広報職に転職したい場合どのように仕事を探し、どのように内定を勝ち取ればいいのでしょう?このページでは広報職の仕事…

ベンチャー企業とは...?転職のメリットと不向きな人の特徴を徹底解説

「自分の能力をもっと試したい!」「今より活躍できる場があるかもしれない…」と思ったら、ベンチャー企業やスタートアップ企業への転職を考える…

良い求人の探し方がわからない!絶対に失敗しない転職先探しの方法

「転職するんだけど、良い求人ってどうすれば探せるの?」と悩む転職希望者はとても多いと思います。特に、初めて転職する場合、転職サイトや転職エージェント、ハローワークなど数…

転職で安定し続ける業界・職種の企業へ就職する方法

「どうせ転職するのなら、安定業界の企業や、安定職種がいい」不安定な世の中だからこそ、そのように考える人が多いようです。とはいえ、どうやって安定した企業を探せばよいかわか…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクルートエージェント

    求人数が転職業界でナンバーワン!

    • 非公開求人数100,000件以上
    • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
    • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
    • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

最新記事