30代におすすめ転職サイト!前後半で全く違う市場価値と賢い選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30代におすすめ!年収が上がる転職サイト

30代は今、即戦力ニーズの高まりに応じて転職市場で必要とされています。そんな今だからこそ、30代転職者は年収アップを狙って最高の転職をするために、転職サイトを使い分けることが重要です。

年収アップ率が高いおすすめ転職サイトを見てみる

なぜ30代は年収アップが狙えるのか?

30代は社会人として、豊富な経験を持っており、また将来への期待も大きくなるターニングポイントです。そのため企業からは即戦力として期待が高い売り手市場になっています。

即戦力として需要が高い30代の転職者は、かなりの確率で自分の希望を通しやすいタイミングです。今後のライフイベントなども見据えて、年収アップを狙ってみるのもいいでしょう。

30代のおすすめ転職サイトを決め手で探せる

30代の転職サイトおすすめは転職条件で選べる

転職市場における30代の価値は前半と後半で大きく変わってきます。

共通して重視しなければいけないポイントとして、自分が何を優先したいかという点があります。即戦力として市場価値が高い30代前半と若手のマネジメント層として市場ニーズが高まりつつある30代後半は、転職において最も自分の転職条件が通しやすい年代だと言えます。

しかし同時に転職者も多くなるタイミングなので、複数の希望条件を叶えての転職は決して簡単ではありません。そのため自分が転職先に希望する転職条件を一つ決めて、転職活動を行うことでよりスムーズに進むでしょう。

30代は男女で選ぶべきおすすめ転職サイトが違う

30代の男性におすすめの転職サイトは?

30代の男性におすすめの転職サイトについての解説

転職市場の中でも価値が最も高いと言われている30代の男性におすすめしたい転職サイトについて以下の2つをご紹介します。

ビズリーチ

Bizreachは30代の即戦力向け人材の転職のサービスです。

ビズリーチが30代の男性におすすめである理由は次の通りです。

「非公開求人が多く、求人検索も可能」

「ハイクラス向けの求人が多く、キャリアアップを目指す30代男性に向いている」

「ヘッドハンターによるスカウトサービスにより、より良い条件の求人を紹介してもらえる」

ビズリーチには非公開求人の求人数が多く、他の転職サイトでは見ることができない求人がたくさんあります。非公開求人には質が良い求人や優良企業の求人が多く、高いレベルの転職活動を展開できるでしょう。

また、ビズリーチには年収が高い管理職などのハイクラス・ハイキャリア人材向けの求人が数多く登録されています。ハイクラスと言えば40代50代というイメージがありますが、技術職や専門職なら30代前半の中堅層向けの求人も豊富です。

さらに、ビズリーチには厳正な審査基準をクリアしたヘッドハンターによるスカウトサービスもあります。特に、IT業界やエンジニアなど技術職や専門職向けのヘッドハンティングが頻繁に行われています。実力次第で、狙った企業からのオファーを受ける可能性もあるでしょう。

このように、ビズリーチはキャリアアップを目指す30代の男性に特におすすめのサービスです。

さらにビズリーチの特徴を見る

JACリクルートメント

JACリクルートメントは人材サービス業界の中でリクルートやマイナビに次いで、3位の転職実績を持つ転職エージェントです。

その特徴には、

「大手企業の求人が豊富」

「グローバル化を早くから進めており外資系企業や海外企業に強い」

というものがあります。

JACリクルートメントは大手企業とのパイプを数多く持っているため、大手企業の求人件数がかなり多くなっています。

大手企業の平均年収は中小企業よりも高いですから、年収アップや安定した収入を求めるなら、JACリクルートメントはおすすめできます。

また、JACリクルートメントは海外に事業拠点を持っており、外資系企業や海外の企業への転職に強いという特徴も持っています。キャリアアドバイザーは海外企業の転職実績が豊富です。

海外企業向けの応募書類の書き方や面接対策などのサポートを受けたり、企業情報を収集したりすることもできます。海外の会社へ転職を考えているなら、JACリクルートメントはとてもおすすめです。

もちろん、国内企業の質の良い求人も多く、利用者の評価が高い転職エージェントです。

さらにJACリクルートメントの特徴を見る

30代の男性が転職で気を付けるべきポイントとは?

30代の男性が転職サイトで気をつけるべきポイントとは

仕事経験も豊富でこれからの活躍が期待できる30代の男性は、転職活動でどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか?

30代の男性と言えば、年収アップやキャリアアップを目的として転職することが多い世代です。では、30代の男性が転職する際に気を付けておきたいこと、とはいったい何なのでしょうか?

マネジメント能力はとても重要

30代になるとプレイヤーとしての仕事のスキルや仕事経験とは別に、マネジメント能力が求められます。

20代のうちはプレイヤーとして仕事を覚え、スキルを磨くことに専念していればよかったかもしれません。しかし、30代を超えると管理職になることが求められるのです。

企業側としては、30代の中堅世代に若い世代を育てるリーダーになってほしいと考えています。中途採用者にもリーダーになることを求めていることが多く、面接ではマネジメント経験についてアピールする必要があります。

リーダー経験や新人を育成した経験、管理職になるための資格などがあれば、しっかり面接アピールしましょう。

未経験の分野へ転職する場合でも過去の経験を生かそう

即戦力が求められ、さらに、マネジメント能力も求められる30代男性の転職活動ですが、未経験の分野に転職を考えている場合はどうすれば良いのでしょうか?

未経験の業種や職種の転職先に転職するということは、キャリアを一からやり直すということです。ですから、当然給料は下がりますし、仕事を最初から覚えなおさなければなりません。

それでも、未経験の分野に転職したいという思いがあるのであれば、それだけ覚悟を決めなければならないでしょう。

しかし、未経験と言っても、新卒で就職する人の未経験と、30代転職者の未経験では大きな違いがあります。

何の職業訓練も受けていない新卒者とは違い、30代になるまでの仕事経験や人生経験などのキャリアパスがあります。その中で、次の職場で生かせるスキルが必ずあるのです。

次の職場で生かせるスキルとは?

一番わかりやすいのが、コミュニケーション能力や社会人としての常識です。これらの能力は、仕事をしていく上でかなり重要なスキルです。

他にも、パソコンスキルやマネジメント能力、何か問題が起きた時のトラブル対処の能力など、他の分野でも汎用性がある能力はたくさんあります。

過去の経験の中で、新しい職場で生かせる能力や経験は必ずあります。それを面接の場でしっかりアピールできれば、未経験でも有利になる場合があるのです。

キャリアプランをじっくり考えてから転職活動を始める

30代を超えると今後のキャリアプランを考えずに勢いで転職することなど、できないはずです。20代ならもう一度くらいは転職するチャンスがあるかもしれませんが、30代以降になってから転職を繰り返すと条件が悪くなることがほとんどです。

ですから、今後のキャリアプランをしっかりと考えて、長く働ける転職先を選ばなければなりません。

30代の女性におすすめの転職サイトは「リクナビNEXT」

リクナビNEXTは業界最大手のリクルートキャリアが運営している転職サイトです。

30代の女性におすすめである理由は次の2つが挙げられます。

求人数がとにかく豊富で女性向け求人が多い

リクナビNEXTがおすすめなのは、その求人数の多さです。もともと求人数が多い上に女性向けの求人も豊富なのです。

女性向けの求人は男性向けの求人よりも少ない傾向がある上に、子育てしながらも仕事を続けられるなど女性ならではの条件の多さによって、選べる求人が少なくなります。

ですから、登録されている求人数が多い方が女性としては求人を選ぶ幅が広がるのです。

スカウト機能が便利

リクナビNEXTにはスカウト機能という便利な機能があります。経歴や希望条件を登録しておけば、企業がそれを見てスカウトメールを送ってくるという機能です。

今まで知らなかった企業からメールが来ることで、転職活動の手間が省けるだけでなく自分に合った求人に巡り合うチャンスを得ることができます。

特に、子育て中の女性など条件が厳しく転職活動を行う時間があまりない人に、スカウト機能はとてもおすすめです。

30代の女性が転職で気を付けるべきポイントとは?

30代の女性が転職サイトで転職する時に気をつけるべきポイント

30代の女性の転職活動で気を付けるべきことは、男性とは大きく異なります

女性ならではの転職活動のポイントについて、お話ししましょう。

結婚・出産についてのビジョンをしっかり持つこと

30代の女性には結婚し出産を終えている人もいれば、まだこれからという人もいます。

女性が仕事をしながら出産し子育てをする場合、仕事に大きな影響があります。転職先を決める際には、結婚・出産時のビジョンをしっかりと持たなければなりません。

よく、

「子供ができても、何とか頑張っていくつもりです!」

という意気込みだけで具体的なことは何も考えずに転職する人がいます。若さで何とか乗り切ってしまうという人もいるかもしれませんが、やはり、子育てと仕事を両立するための具体的な方策を考えておく必要があります。

保育所に空きはあるのか、時間短縮勤務ができるのか、いざという時に子供を預かってもらえるのか、などという具体的なことをしっかりと決めておきましょう。

まだ子供はいないけれどいずれは欲しい、と考えている女性はこのようなことは想像しにくいかもしれません。しかし、行き当たりばったりで転職し子供を産んだとしても、結局また退職するという羽目になる可能性が高いのです。

年齢が若ければ勢いで乗り切ってしまうかもしれませんが、30代になると20代の時よりも間違いなく体力は衰えています。

女性が働きやすい企業についてしっかりと情報収集をしておくことも、重要です。

結婚・復職を経験している女性エージェントに相談!キュージェント

自分の考えに理解を示してくれる人に相談したい....」そのようなお思いを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。キュージェントはエージェント会社ではなく、エージェント個人を指名することができるマッチングサービスです。結婚・専業主婦・転職・復職を経験している女性転職エージェントも在籍しているので、無料で女性のキャリアプランに関する情報をもらってみてはいかがでしょうか。

まずはエージェントを見てみる

バリバリ働くなら30代の男性と気を付けるべきことは同じ

30代の女性が転職でキャリアアップしバリバリ働きたいと思っているなら、基本的には30代の男性と同じことに気を付けて転職活動を進めるべきです。

30代ということで即戦力として働くことが求められますし、管理職になれる資質も求められます。特に、結婚、出産について、男性以上にキャリアプランを具体的に考えておく必要があるでしょう。

女性向けの転職サイトを利用する

もし、転職活動中に気に入った求人が見つからない、転職サポートに納得がいかないというのであれば、女性向けの転職サイトを利用することをおすすめします。

女性と男性では転職事情に差があります。特に、30代の女性は結婚や出産、子育てという人生のイベントが起こりやすい時期でもあります。

そんな時には、女性向け求人の情報量が豊富で、女性向けのキャリア相談に定評がある転職サイトを利用してみましょう。

子育てをしながらキャリアを維持していくためにはどうすれば良いか、結婚出産によるブランクがあるが希望の条件で転職したいなどという女性ならではの悩みに答えてくれますし、そんな女性にぴったりの求人紹介をしてくれます。

特に、キャリアコンサルタントが女性の方が、女性の悩みを理解してもらいやすく転職活動を効率的に進めることができるでしょう。

30代がおすすめ転職サイトを選ぶ時に知っておきたい転職知識

転職サイトでの転職は20代よりも30代が有利

20代より30代の方が有望で転職サイトでの転職に成功する確率が高い

1番の理由は、30代になると仕事経験も豊富で即戦力になれるという強みがあることです。

男性は働き盛りで仕事経験も豊富ですし、女性の場合は結婚、出産、意気地という障害個ありますが、男性と同様に働き盛りの時期です。何といっても、30代になると仕事経験も豊富で即戦力になれるという強みがあります。

20代の転職者と比べると、即戦力という点で有利な30代。そんな転職市場で市場価値の高い30代の転職者たちが転職活動で気を付けるべきこととはどのようなことなのでしょうか?

30代「前半」と「後半」で転職しやすいのはどっち?

30代が転職サイトを利用するのに、前半と後半で違いはあるのか

30代の男性と女性、さらに、未経験から転職する人が転職時に気を付けるポイントについて、すでにお話ししました。

それでは、30代の「前半」と「後半」では、転職事情に違いはあるのでしょうか?

転職サイトで30代前半は特に有利?

一般的には、30代の前半の方が転職しやすいと言われています。30代前半での転職のポイントについてお話ししましょう。

即戦力だけでは成長できない

30代の転職で求められるのは「即戦力」ということは、ここで何度もお話ししました。

しかし、即戦力になれるだけでは転職がうまくいかないということもあるのです。即戦力になれるのは当たり前、さらにプラスアルファが必要ということです。

即戦力になれるということは、前職と同じ仕事を転職先でもするということです。しかし、それでは自分自身の成長は見込めません。

企業側としては、中途採用で即戦力を採ることで会社としての戦力を維持したいと考えています。そこから中途採用者を育てようという気が企業にあれば良いのですが、そうではない場合もあります。

企業が即戦力としての中途採用者を採用して、一時的に忙しいプロジェクトを何とかしようとしているだけで、あとは使い捨てようと思っている可能性もあります。

即戦力になれるということは一見良さそうですが、単なる「傭兵」としての使い捨てされてしまうということもあるのです。

即戦力プラスアルファで今後キャリアアップしていきたいことを明確にし、キャリアプランをしっかりと持っておく必要があるでしょう。

30代前半で必要なのは正しい自己分析と10年後のビジョン

キャリアプランをしっかりさせるためには、正しい自己分析と10年後の具体的なビジョンが必要です。今の仕事に満足しているのか、スキルは足りているのかなどという自己分析は、10年後の自分を考える際に必ず必要な情報です。

そして、10年後の自分の年収額や仕事内容、企業での地位などを具体的に思い浮かべることをしなければ、自分を成長させることができる転職先がどこなのかがわかりません。

自己分析と未来のビジョンを考えずに転職先を決めてしまうと、転職後に後悔する結果になってしまうでしょう。

30代後半の転職は上手く行かない?

「35歳転職限界説」などと言われることもあります。これは、35歳を過ぎたころに、求人が一気に減ってしまうということや中高年向け求人の条件が細かいことも関係しています。

企業としてみれば、自社の社風に染まりやすい若い人たちの方が使いやすいという思いがあります。そのため、ある程度年齢を重ねると求人は減ってしまうのです。

では、30代後半で転職する場合は、どうすれば良いのでしょうか?

マネジメント能力は必ず必要になってくる

30代前半でもそうですが、後半になると必ずマネジメント能力が必要になってきます。

30代後半になってからもプレイヤーとして現場の仕事をする人はぐっと少なくなります。若い人が増えてくると、30代後半の中堅社員は若い人を束ね、育てていく立場になる必要があるのです。

技術職や専門職など、30代や40代でもプレイヤーとして長く働く職種は別ですが、そのような特殊な職業でなければほとんどの場合、マネジメント能力が求められます。

面接ではリーダー経験や育成経験などをしっかりアピールしましょう。

問題解決能力や危機管理能力、クレーム対応能力も重要

30代後半になって求められるのは、若い人にはない能力です。

即戦力として新しい職場でもすぐに活躍できるという能力だけではなく、問題解決能力や危機管理能力、クレーム対応能力などがかなり重要です。

これらの能力は、若く経験が浅い20代や30代前半の人たちにはまだ備わっていません。ですから、若い人にはない能力をアピールするのです。そうすれば、20代や30代前半の若い世代に転職活動で勝てる可能性は高まります。

どの企業でも、仕事を改善したり仕事の問題を解決したりできる人材や、トラブルを未然に防ぐ対応やトラブルが起こった際の対応ができる人材、顧客からのクレームに対応できる人材を求めています。しかし、これらの対応ができる人材はなかなか育たないのです。

特に、若い社員が多い企業では、このような柔軟な対応ができる人材を求めています。

そこを狙って、これらの30代後半の人材が持つ能力をアピールすれば、良い条件で転職できる可能性がかなり高まるのです。

最後の転職のチャンスを必ず生かす覚悟を持つ

30代後半の転職で重要なのは、この転職が最後のチャンスであるとしっかり覚悟するということです。

40代になるとさらに求人は減り、転職活動は困難になります。ここで安易に転職して失敗してしまうと、もう後戻りはできません。

今の職場を本当に転職しても良いのか?ということを、まずはしっかりと考えなければならないのです。

給料はもう上がる見込みはないのか…?」「スキルや資格を取得して、状況を良くしていくことはできないの?」「部署異動を願い出ることで、転職の必要がなくなるということはない?」など、今の職場を失わずに済む方法は無いかとことん考えてみてください。

それでも転職が必要と判断したのであれば、少しでも良い条件で転職できるように企業情報をしっかり集めましょう。求人情報をうのみにせず、転職エージェントなどを利用して正しい情報を集めるべきです。

30代後半の転職に強い転職サイトや転職エージェントを利用すれば、良い条件の非公開求人を得ることができます。

特に、求人が少なくなり始める30代後半の転職では、転職サイトや転職エージェントを有効に活用することをおすすめします。

生かせるスキルを持っていれば転職は失敗しない

専門的な分野のスキルを異業界や異職種で生かすことができる場合は、むしろ好条件で転職できる可能性もあります。

例えば、メーカーで商品を開発した経験を生かして、その商品を販売する企業に営業職として転職する場合などです。深い商品知識を持っていれば、その商品に関連する企業で生かすことができます。

他にも、ITエンジニアとして経験が豊富なら、IT関連の知識を生かしてコンサルタント会社でITコンサルタントに転職できるなどというケースもあります。

このように、全くの未経験の分野というわけではなく業種別や職種別にみて共通している分野ならば、年齢は関係なく蓄積してきた豊富な経験職種のスキルが、別の分野で高く評価される可能性もあるのです。

30代の転職のキャリアプランの立て方

まずは、自分のライフプランを考えてみましょう。

未婚の場合と既婚の場合で、ライフプランは大きく変わってきます。

既婚者なら、一戸建てを買いたい、子供は何人欲しい、または、子供はすでに生まれていて何年後に学費がどれくらいかかるかなどということは、ある程度予想ができるでしょう。

一方、未婚の場合は、具体的なライフプランを考えることは難しいかもしれません。

しかし、もし今後結婚する気があるのなら、結婚したらどれくらいの資金が必要なのか、子供が生まれたらどれくらいのお金がかかるのかということを、転職を機に調べておくのも良いでしょう。

このライフプランをもとに、10年後、20年後の自分がどうなっていたいのか、どのような仕事をしてどれくらいの年収になりたいのか、などという具体的なキャリアプランを考えます。

10年後には出世してある程度の地位についていたい、資格を取得したい、年収を700万円台に乗せたいなどという目標を決めたら、そのために今何をすべきか、どのような転職先を選ぶべきかが明確になります。

10年後、20年後の自分を、漠然とではなく具体的に想像することで転職活動の方針が明確になってくるのです。転職活動の方針をしっかり決めるかそうでないかということは、転職の成否を大きく変えます。

いきなり転職先を探し始めるのではなく、転職活動を始める前にキャリアプランをしっかり練っておくことが、重要なのです。

30代は即戦力が求められる

30代で正社員の転職するならば、ほぼ間違いなく即戦力になることを求められると思った方が良いでしょう。

ただ、即戦力と言っても、業界や職種によってその内容は大きく異なります。即戦力=同業界経験、同職種経験がありスキルを備えている。ということではありません。

それぞれの転職先で求められる「即戦力」の意味合いを正しく理解しておく必要があるのです。

ここでは、即戦力とは実際にどういうことかについて、二つのパターンで考えてみましょう。

1.実務経験がなければ即戦力にならないパターン

まずは、同業界同職種での実務経験がなければ即戦力にはなりえないパターンです。

IT業界やエンジニア職のような技術職、専門職の場合は、実務経験やスキル、資格の有無がダイレクトに関係してきます。そのため、ほとんどが同じ種類の仕事をしていないと即戦力とはみなされません。

技術職や専門職の場合は同じ業界や職種での経験がないと即戦力とはみなされないことがほとんどですが、そうではない場合もあります。

営業職の場合は営業実績がものを言いますが、必ずしも同じ業界での営業経験がなくても営業手腕があれば別業界で即戦力になることができるでしょう。

専門職以外の一般職でも、事務処理能力やパソコンスキル、マネジメント能力が高ければ同じ業界でなくても即戦力として活躍できます。

2.実務経験がなくても即戦力になるパターン

一方で、必ずしもスキルや経験年数がなくても採用されやすいケースもあります

それは、学歴が高く大手企業に勤めていた経歴がある場合です。新卒の就職活動時に学歴が高ければ有利になるのと同じように、転職活動時にも学歴や社歴が有利に働く場合があります。

大手企業で実績を残した人が、その実力を買われて中小企業に転職するというパターンもあります。

企業によって即戦力と呼ばれるのはどのような能力を持っている人材なのかは異なります。その企業が求める即戦力がどんなものなのかをしっかり把握しておくことが重要です。

30代で未経験の分野に転職するには

未経験の分野に転職する場合は即戦力になるとは難しくなります。しかし、30代の人たちは仕事経験や社会経験が豊富です。その経験の中に、未経験の分野でも生かせるスキルが必ずあるはずです。

例えば、コミュニケーション能力や一般的な事務能力やパソコンスキル、接客能力など、どの職業にも共通して必要なスキルです。

そのような、スキルを積極的にアピールすることが未経験の分野への転職を成功させるカギです。

未経験の転職で転職エージェントがおすすめ

未経験の分野で生かせる分野があったとしても、アピールするのは、やや難易度が高いことです。

転職エージェントのキャリアコンサルタントたちは、過去に様々な転職案件を手掛け、何人ものキャリア相談に乗っています。未経験者の転職ももちろん何度も扱っていますから、どうしたらより有利に転職できるのかということを知っているのです。

また、未経験OKの求人の中には、条件が悪い求人や、実際に転職してみたら全く未経験者に向かない仕事内容だったなどということもあります。未経験OKの求人を正しく見極める必要もあります。

未経験からの転職という不安材料があるならば、アドバイスを受けながら転職活動を行うことで打ち消すことができるでしょう。

転職サイトなら未経験OKの求人が豊富なサイトを選ぶ

転職エージェントではなく転職サイトを使って転職したいというのであれば、未経験OKの求人が豊富な転職サイトを選びましょう。

一般的には、経験歓迎の求人を出している企業が多いです。そのため、未経験OKということは給料が低い、仕事内容が単純で給料が上がる見込みがない、など、リスクが伴います。

そんな玉石混合の求人情報の中からより条件の良い求人を選ぶためには、しっかりと求人情報を見極める必要があるでしょう。

30代は転職サイトとエージェントどっちを使うべき?

求職者が利用できる求人媒体の人材紹介会社は、主に転職サイトと転職エージェントの二つがあります。ここではその違いについて簡単に説明します。

より詳しい違いについては転職サイトとエージェントの違いをご確認ください。

まず転職サイトの特徴は求人情報量が多いことです。求人掲載数が非常に多く、上場企業や求人企業などを検索して求人を探すことが可能です。とても気軽に探すことが可能なので、登録数が多く利用経験者の口コミが豊富なことも特徴として挙げられます。また人材派遣や就職支援なども同時に行っているところもあります。

次に転職エージェントの特徴についてです。転職エージェントでは、各個人に担当エージェントがついて、履歴書や職務経歴書の添削、キャリア面談の実施まで転職サポートをしてくれます。また転職サイトにはない非公開求人数の多さや事業拠点数が多いことも大手エージェントの特徴です。保有している求人案件数が多く多彩な提案により、エージェント経由での転職は満足度も高くなるでしょう。人材サービス大手は、サービス評価が高く、個人情報保護などもしっかりと行っているため、信頼して相談することが可能です。また応募企業の管理人や他の候補者と比較して見通しを教えてくれることもあるでしょう。キャリアセンターなどより、プロのエージェントに相談する方がいいでしょう。

まとめ

30代の転職活動で気を付けるべきことを、30代の男性、女性、未経験からの転職、そして、30代前半と後半に分けて詳しくお話してきました。

30代は転職市場では価値が高い年代と言われていますが、一方で、今後のキャリアをしっかり考えて転職しなければ失敗すると後がない世代でもあります。

30代の転職に合った転職サービスを選ぶことで、転職のリスクは確実に減ります。しっかりと情報収集をして、 自分に合った求人を見つけるようにしてください。

  

30代の転職サイトランキングを見てみる

紹介している30代向けおすすめ転職サイト一覧

転職者の8割が利用!転職決定数NO.1!リクナビNEXT

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

転職成功者の8割が登録。求人情報数は日本最大級!転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくべき。登録後「レジュメ登録」をすれば企業からのスカウトを受けとれるのでオススメ。

リクナビNEXTで求人を探す

転職活動の成功を全力サポート!パソナキャリア

 
取引先数 転職サポート
年収アップ 女性

求人数40,000件以上を誇る業界トップクラスの転職エージェント。年収アップなどの条件交渉も親身にサポートしてもらえます。各専門分野に精通したキャリアアドバイザーと一緒に転職を成功させましょう。

パソナキャリアで求人を探す

転職業界最大手!約90%が非公開求人のリクルートエージェント

全年代 実績
求人エリア 求人件数

全年代対応の人材業界最大の求人数を誇る、大手人材紹介会社です。リクルートエージェントでは、定期的にキャリアアドバイザーに対して研修や勉強会を実施していて、エージェントの質も高いのが特徴です。

リクルートエージェントで求人を探す

管理的職業・国際人材求人数No.1!JACリクルートメント

30~50代 履歴書対策
求人数 高収入求人

30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。

JACリクルートメントで求人を探す

年収600万以上の支持率No.1 BIZREACH

 
エグゼクティブ 転職サポート
年収アップ スカウト

国内最大級のエグゼクティブやハイクラス求人に特化した転職サイト。管理職やグローバル求人も多く、スカウトやヘッドハンティング転職が可能!

ビズリーチで求人を探す

関連記事

30代女性の転職サイトはどこがいい?転職先選びと転職成功のコツ

「仕事も続けたいけど、家庭も大事にしたい」「子育てしながら無理なく働きたい」など、結婚や出産を機に転職を考える…

年代別!女性におすすめの転職サイト5社比較|使うメリットは何?

「もっと活躍できる会社で働きたい」「プライベートも大切にしたい」「仕事と家庭の両立が出来る会社はどこ?」など、女性…

第二新卒向けの転職サイト!失敗しない選び方と転職理由別のおすすめ

「第二新卒で転職出来るの?」「転職するなら新卒3年目までにしたい」 転職経験のない第二新卒が、

20代女性におすすめの転職サイトは?絶対に失敗しない選び方

女性は男性よりも働き方や業務内容を外部環境に左右されやすくなりがちです。そんな女性の仕事人生を支えてくれるサービスがあります。プライベートとキャリアの両立を叶える方法をお教えし…

40代におすすめの転職サイト!前後半の特徴と決定率を上げる選び方

この記事の目次40代にとって転職決定率が転職サイト選びに重要男女で大きく異なる40代のおすすめ転職サイト40代前半と後半で転職事情は大きく異なる40代におすすめの転職サイトまとめ紹介している40代向け ...

IT業界におすすめの転職サイトは?好条件の転職が絶対成功する方法

IT業界は転職者が特に多い業界です。 「もっと、好条件で転職したい」を実現するためには、どうすべきなのでしょうか? ここでは、IT業…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクルートエージェント

    求人数が転職業界でナンバーワン!

    • 非公開求人数100,000件以上
    • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
    • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
    • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

最新記事