オーナー社長の暴力息子にひれ伏すしかなかったブラック企業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉県にあるその会社は今で言えば十分に「ブラック企業」に該当すると思います。その会社に正社員として就職した大きな理由は、給与が良かったからですね。何らかの怪しさは感じたのですが、面接でもそのブラックさを感じさせるようなことはありませんでしたし、見学させていただいた社内の雰囲気もいたって普通の会社でした。

月額で手取り30万ちょっともらえるのはやっぱり魅力だったんですよね。仕事の内容に比較してちょっと高いかなとは思ったんですが、手取りの魅力にはかないませんでした。結局、1年も勤めることになってしまったその会社なのですが、どのあたりがブラックなのかを書いてみたいと思います。

「そのうち」会社やめたい人が「今すぐ」無料登録すべき2つのサイト

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT(リクルート)

【全年代】
ホワイトな優良求人が多数!

詳細

DODA

【20代】
親身なキャリア相談に定評!

詳細

マイナビエージェント

【20代】
高い交渉力で条件交渉を代行!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

日常的な暴力

先ず、普通はあり得ないのですが、日常的に「暴力」が繰り返されていました。言葉の暴力ももちろんそうですが、現実の身体に対しての暴力行為が頻繁になされていたのです。体育会の部活じゃあるまいし、まさか事業会社でそんなことがあるとは想像を超えていました。

なぜ、それが日常的になされていたのかというと、止める人がいないからです。なぜ、止められないか。その部門の一番の上席が暴力行為を主に実行していたからです。その上席は、オーナー社長の息子です。こうして書いてみると、すでに組織として何かをなし得るという「会社」としての形態はなかったんだなと改めて思います。

暴力がなされるのは、何か作業上のミスをしたとかの理由で蹴りが飛んでくるわけではなく、その人の気分しだいなんですね。職場の雰囲気は、かなりの緊張感に包まれていました。仕事のミスをしないように、ではありません。カレの気分を損ねるような言動や態度はなるべくしないようにしていましたからね。当時の従業員たちは、作業の内容よりも、そのほうに気を遣っていました。その上席の同僚も部下もすべて。

鎮痛剤を毎食後飲まないとやっていけなかった

言葉の暴力もすごかったですね。ちょっとの作業ミスを捉えて、「そんなのオマエじゃなくたって出来るんだ、明日からオマエの息子連れて来い、三歳でもできるんだ、そんな仕事!」とか、「そんなあり得ないミスするなんて知ってたら採用しなかったぞ、面接のときにオレは出来ないオトコです、ダメなオトコですって言えよ(笑)」とか言われたことがあります。しかも、大勢の社員の前で。

そのときのストレスのかかり具合は自分にはかなり応えました。胃の痛みのため病院にもかかり、鎮痛薬を毎食後飲んでいたのを覚えています。それでも、給与が良かったから、なかなかその職場を離れるキッカケがつかめなかった原因です。

日常的に、蹴りとか罵詈雑言を浴びせられていると、それ自体が当たり前のことになってしまっていました。たまに、暴力がない日などがあるんですが、無事に済んだという安堵とともに、なんだかちょっと足りないような不思議な感覚でした。人間に本来備わった柔軟性ということなのでしょうか、慣れというのは怖いものですね。通常の感覚を麻痺させてしまう。

おすすめの転職サイトを見てみる

入院したらあっさり解雇

胃の痛みに耐え切れなくなり入院したことで、やっとその職場と縁を切ることができました。自分から辞めると言ったわけじゃなくて、その機会をいいことに解雇されました。この期に及んでもこのブラック感はすごいですよね。

なんというか、やり放題なんです。一時入院しただけで別の理由をつけて解雇、これ労働基準監督署にかけこんだら問題に出来ますよね。身体的な問題がすでに限界だったので、いくばくかの「見舞金」をもらって退職となりました。

現在の仕事はまったく暴力もなく、当然ですよね、いたって普通の社員さんたちと楽しく作業をしています。思えば、工場のライン作業というのは閉鎖的な職場なので、人間も閉鎖的というか、心が狭くなってしまいがちですよね。外部との交流の機会がほとんどありませんから。そんな中でも、ちゃんと自分をしっかり持って、作業に誇りをもつとか、他に趣味を持つとかしないといけないですね。

本来的に閉鎖的な仕事に精力をつぎ込みすぎると、究極的には暴力にいくような状態にもなってしまうのかもしれません。

ブラック企業に入ってしまったのは「運」なのか

今の職場の同僚とは、草野球でつながっています。毎週末には練習や試合でも会うほどに仲がいいです。前職とは大違いですね。人間関係がうまくいっていると、メンタルの疲れがほとんど感じません。つらい仕事でも、その辛さを緩和してくれるのが良好な人間関係ということなんでしょう。

それが、面接のときに分かる方法があればいいのでしょうけど、こればっかりはある種、「運」ですよね。入った会社自体は良くても、教えてくれる直属の上司がいやな人だったりする場合もありますし。

いずれにしろ、前職のブラック会社のブラックぶりは、現職でも「話のネタ」として使わせてもらっているので、今となってはいい経験です。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人や特徴が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • ホワイトな優良求人が多数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

転職成功者の8割が使う王道サイト。ホワイトな優良求人を探すならこのサイト。
公式サイトはこちら

マイナビエージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 企業との条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも安心。勤務時間・残業代など企業との好条件の条件交渉を任せるならこのエージェント。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 親身な職場の悩み相談からキャリア相談
  • 企業の人事担当と強いつながり

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。親身な職場の悩み相談からキャリア相談ならこのエージェント。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

  • 30代
  • 東京都
  • 小売業
  • 勤続年数2年
  • 中途入社

私の所属していたのはマーケティング部ですが、全員女性で、部長職は不在で次長、課長代理、主任、正社員…

15分の休憩時間も監視され、朝7時~20時までの13時間拘束を義務付け…

私が、そのブラック企業に入社したきっかけは、海外への赴任者が多くいるという情報があったからでした。 もともと、海外で働いてみたいと思っていたので、この会社に入社すれば、いずれは海外に挑戦で…

  • 🕒
  • 2017.11.28更新

年収420万で3人分の仕事を担当。パワハラ社長が君臨するブラック企業

リーマンショック後、それまで勤めていた会社を整理解雇されてしまったので、雇用保険の失業給付を貰いながら、正社員としての就職先を探していました。このとき整理解雇されてしまった会社は、元大手企業に勤め…

  • 🕒
  • 2017.11.28更新

年収250万で退職金なし。パワハラ上司の罵声を浴び続けたブラッ…

私は26才で転職活動をして4社ほど同時に面接等をうけていたのですが、そのときに真っ先に内定をくれたのがA社(仮)でした。A社は今考えても相当なブラック企業だったと思います。あの時の自分にもし何か言える…

  • 🕒
  • 2017.11.28更新

就業規則は嘘ばかり。暴力暴言を吐くパワハラ上司に逆らえないブラ…

就職したきっかけは、条件がかなり良かったからです。土日祝休みで残業なしに交通費も全額支給、そして何よりお給料が高い。それなりに名前の知れた企業だったので大丈夫そうかなと思いあまり不安に思うことなく…

  • 🕒
  • 2017.11.28更新

業務内容を指摘すると逆ギレ、パワハラ発言を繰り返すブラックリー…

このブラック会社に就職したきっかけは面接でいい感じな雰囲気だったからだ。また部長も親切そうで第一印象はかなりよかったと感じている。事実、部長も社長もいい人で辞めた今でも感謝している部分も多い。じゃ…

  • 🕒
  • 2017.11.28更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト