20代前半・後半の転職事情と、自分の市場価値を客観的に知る方法

20代転職が上手くいくか不安な男性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
社会人として働き、いざ転職活動をするとなると、「どこに転職しよう?」「自分の市場価値って?」などの不安も出てきます。20代で転職を成功させるには何が必要なのか?そもそも本当に転職するべきなのか?など初めての転職で抱えがちな疑問にお答えします。
             
★厳選!20代におすすめの転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
マイナビ
エージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

DODA

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

リクナビNEXT
(リクルート)

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

転職成功者が登録したサイトを年齢別にまとめた表を見る

20代の転職、前半か後半かは関係ない!?20代の転職事情

20代前半、後半で転職しやすさに違いはある?

20代の転職は成功するのか不安な人

20代前半と後半で、転職時に明らかな差があると思っていませんか?20代で転職するなら前半・第二新卒の方が有利で、後半になるにつれて不利になるというイメージがあるようですが、多くの転職者を見てきたエージェントによれば、20代前半、後半で転職のしやすさに違いはないようです

以前は、20代後半になると実績やスキルを重視されていたため、実績やスキルをあまり持っていない人にとっては不利な状況だったかもしれません。しかし現在は売り手市場ということもあり、20代前半はもちろん、後半でもポテンシャル採用が大半になってきています。

求人情報などでよく見る「第二新卒歓迎」というのも、大手企業では採用していることがありますが、ほとんどの中小企業の場合は、経験不問・ポテンシャル重視の募集というだけで、第二新卒以外も20代全般が応募対象になる場合がほとんどです。

つまり、年齢によって有利か不利かが決まるのではなく、転職できるかどうかはその人自身の市場価値に左右されるのです。

20代の「転職市場価値」とは?

転職市場価値が高い男性

では、転職市場において価値が高い人材とはどのような人材でしょうか。いわゆる「市場価値が高い」かどうかは、「企業が欲しがる人材」かどうかによります。

ここで、採用の際に重視されるポイントを年代別にみてみましょう。

年代別、採用の際に重視されるポイント
  • 学歴=出身大学、学部、専攻
  • ポテンシャル=仕事に対する姿勢、意欲、熱意
  • スキル=専門知識(英語、簿記、財務など)やマネジメント力

このように、年代によって企業が求めるものは変わってきます。

新卒での就職活動のときは、企業側が人材を判断する材料が少ないため「学歴」が重視されがちです。「学歴」は、年代が上がるにつれてほとんど関係なくなりますが、年齢とともにスキルや知識,、経験は重視されるようになってきます。

20代後半から30代であまりスキルが身についていないと、企業が望む即戦力になりにくく転職のときに苦労するかもしれません。

ポテンシャルはどの年代でも重視されますが、スキルや実績に自信がない場合は、ポテンシャルが重視される割合が高い20代のうちに転職を考えてみましょう。

20代の転職、年収はどうなる?

20代の転職で年収が気になっている男性

転職して年収が上がるのか下がるのかについては、非常に気になるところですね。

20代は職歴が浅いこともあり、平均年収にバラつきはありませんが、この後どのようなキャリアを歩むかによって大きく変わります。

同業種への転職は、業界知識や同業種ならではのスキルがあるため、収入は上がると考えてよいでしょう。反対に、異業種・未経験の場合は、収入は下がることが多いようです。

20代の転職では、これから収入が上がるかどうかを見きわめられるかがポイントでしょう。

とはいえ、収入が上がるかどうかを自分一人で見きわめるのも難しいですね。そんなときは、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。同業種の業界に転職した場合、自分のスキルがどのくらい通用するのかを、多くの転職に携わってきたエージェントから客観的な意見をもらうことができます。

ここまで、20代の転職についてお伝えしましたが、20代女性の転職に関しては、少し事情が変わってくるので注意が必要です。

20代女性の転職事情とおすすめの職業

近年の転職市場においては、20代前半か後半かによって転職のしやすさに大きな違いはないとお伝えしました。

しかし、女性の転職では少々事情が異なってくるようです。20代女性の転職事情を詳しくみていきましょう。

女性の転職難易度は入社5年目以降に上がる?

転職に悩む20代女性

大学新卒で入社すると、入社5年目は30歳少し手前の頃。そろそろ結婚や出産をしたいなど、ライフプランが固まりつつある頃ですね。

採用をする側にとっては、30歳前後の女性は入社してすぐに産休や育休などで現場を離れてしまうのではないかという懸念があります。実際、面接などの場でそれとなく結婚や出産の予定を聞かれたという声もあります。

そのため、30歳前後の女性の転職は、同年代の男性やほかの年代に比べてやや難しい傾向にあるようです。

正社員を希望しているのであれば、20代女性の転職に強い転職エージェントなどのサポートを受けることをおすすめします。

20代女性におすすめの転職サイトは、マイナビエージェントです。一般職以外にも、営業や経理、エンジニアなど、キャリアアップ&年収アップを目指せる求人が豊富なのが特徴。女性の正社員転職事情に詳しいキャリアアドバイザーが、女性ならではの転職の悩み相談に乗りながら、将来を見据えたサポートをしてくれます。

20代・第二新卒転職の強い味方!マイナビエージェント

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。

マイナビエージェントで求人を探す

女性は意外と大手よりベンチャー・スタートアップのほうが働きやすい?

ベンチャー企業で働く20代女性

大手企業の正社員は、福利厚生が整っていて時短勤務ができ、手当が多いといったように、女性が働きやすいイメージがあります。

しかし実際は、時短勤務になった途端に昇進が見込めなくなったり、制度に不備があってもなかなか意見が通らなかったりと、融通がきかないことが多いようです。

一方、ベンチャー企業やスタートアップ企業は、フレックス勤務やリモート勤務など勤務形態に幅があることが多く、働き方によってキャリアに影響が出るということもほとんどありません。

また、ベビーシッター代の補助が出るなど、ユニークな福利厚生がある企業もあります。

産休・育休などの制度が整っていなかった小規模企業で、当事者となった女性がプロジェクトを立ち上げて制度を整えた例もあります。

家族のことを考えてフレキシブルに働きたい方も、昇進もしてキャリアを築きたいという方も、女性の求めるさまざまな働き方を可能にするには、ベンチャー企業やスタートアップ企業がねらい目かもしれません。

とはいえ、いきなりベンチャー企業への転職というのも現実的ではないかもしれません。

今すぐではなくても、検討してみようかな…と思ったら、相談だけでもしてみることをおすすめします。

仕事もプライベートも大切にしたいキャリア女性はリブズキャリア!

キャリア女性 転職サポート
条件検索 スカウト機能

『リブズキャリア』は、仕事もプライベートも大切にしたいキャリア女性のための会員制転職サービスです。コンサルタントに手軽に相談もでき、求人情報を自分で検索して応募をすることもできます。

リブズキャリアで求人を探す

20代が転職サイト、エージェントで自分の市場価値を知る方法

自分の市場価値を知る方法

ガッツポーズをしている20代男性

転職しようかな…と漠然と思っても、「ほかの会社に行って通用するのだろうか…?」「求められるような人材なのだろうか…?」など、今の自分の立ち位置もわからずにいきなり転職活動を始めるのも不安ですよね。

かといって、自分で自分の市場価値を知るというのもなかなか難しいものです。

自分の市場価値について具体的で客観的なアドバイスが欲しくなったら、転職エージェントに相談してみるのがよいでしょう。

転職エージェントは、企業側が求めるポテンシャル、スキルの基準を把握しています。あなたが転職市場においてどのくらいの市場価値を持っているか、面談を通じて見定めてくれます。面談の中で、あなた自身が気づいていなかった強み、アピールポイント、弱点なども見えてくるでしょう。

20代・第二新卒転職の強い味方!マイナビエージェント

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。

マイナビエージェントで求人を探す

転職エージェントに相談して転職する人は約5割

転職エージェントに登録や相談をしたら、絶対に転職しなければならないと思っていませんか。実は、転職エージェントに登録した人のうち、実際に転職した人は5割ほどなのです。

転職エージェントに登録した人のうちの約5割は、相談していくうちに、現在の職場でもっとスキルを身につけ、能力を発揮し、キャリアを積むという結論に至っています。

つまり、エージェントに相談するのは、必ずしも転職が目的ではなくてもよいのです。

転職エージェントに相談する20代女性

転職エージェントに登録すれば、担当者がついてじっくり話を聞いてくれるはずです。ご自身のキャリアについてじっくり考える機会にしてはいかがでしょうか。

20代・第二新卒転職の強い味方!マイナビエージェント

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。

マイナビエージェントで求人を探す

スカウトメールが届く転職サイトに登録する

スカウトメールを受け取る20代男性

自分の市場価値は知りたいけど、初対面の転職エージェントには相談したくない」という方は、企業からスカウトメールが届く転職サイトに登録してみてはいかがでしょうか?

人材業界最大手のリクルートが運営するリクナビネクストでは、登録時にプロフィールを書いておくと、経歴に魅力を感じた企業からスカウトメールが届きます。

どのような企業からスカウトメールが届くかで、自分が現在「どのような企業に求められているか=市場価値はどのくらいなのか」知ることが可能です。

転職者の8割が利用!転職決定数NO.1!リクナビNEXT

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

転職成功者の8割が登録。求人情報数は日本最大級!転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくべき。登録後「レジュメ登録」をすれば企業からのスカウトを受けとれるのでオススメ。

リクナビNEXTで求人を探す

20代で転職した方がいい?しない方がいい?

20代の転職事情はなんとなくつかめたけれど、結局のところ自分は転職した方がいいのかな…それともやめておいた方がいいのかな…と思っている方に、転職を検討した方がよい人・転職してもうまくいかず失敗してしまう人の特徴をご紹介します。 

転職を検討した方がよい人

配属された部署が、自分の希望する部署と違った

自分の希望する部署に配属されず3年が経過した…。異動希望も出しているが、どうやら希望も通らなそう…。

特に新卒で総合職として採用されている場合は、異動を希望してもなかなか思い通りにいかないことが多いです。そんなあなたは、やりたい仕事ができる職場への転職を検討してもよいでしょう。

やりたいことが決まらないまま会社に入った

新卒の就職活動のとき、自分がどんな仕事をしたいのかもわからず、とりあえず内定をもらった会社に入ってしまった。

そんなあなたには、広く社会を見渡してみることをおすすめします。世の中には、さまざまな企業がさまざまな目標を掲げています。自分の成し遂げたいことは何なのか、どのような目標を持った企業で働きたいのかを客観的に分析してみましょう。

未経験の業種に挑戦したい

未経験職種の転職に成功した20代男性

社会人として働いているうちに、学生のときには知らなかった業種や職種をいろいろ知り、やりたい仕事が見つかった。

そんなあなたには、なるべく早く転職活動を始めることをおすすめします。30代になってからの転職では、現職での実績やスキルが重視されるため、実績やスキルがあまりない場合は異業種へのハードルが高くなります。

挑戦したい業種が決まっているのなら、20代のうちに転職しましょう。

今の会社では成長できないと感じている

バリバリ働いてどんどんキャリアアップしたいのに、今の会社ではできない。

そんなあなたにも、20代での転職をおすすめします。今や転職は「逃げ」ではなく「挑戦」です。転職によってマイナスのイメージがつくことはほぼありません。興味のある業種・職種に飛び込んで、思う存分やりたいだけ仕事をしましょう。

転職でうまくいかず失敗してしまう人の特徴

入社1年未満である

入社して1年もたたないうちに転職を考えているあなたには、なぜ転職したいのかという理由をもう一度考えてみることをおすすめします。

入社1年目の退職は、よほどの理由がない限り、忍耐力がないと思われがちです。

たとえば入社3か月で会社を辞めてしまった人が、採用の面接で「御社では頑張ります!」とアピールしても、採用担当者が納得するのは難しいでしょう。

もちろん、会社が倒産してしまうなどの外的要因があったり、社内でのセクハラ・パワハラの被害にあったりした場合はこの限りではありません。

また入社1年目であっても、自分の目標をかなえるためなどの前向きな転職であり、そのことをきちんと理解してもらえるように伝えることができればよいでしょう。

今の職場で働く意欲がわかない

毎日やる気が出ない。やる気が出るような職場で働きたい。

そんなあなたには、仕事においての目標を見直すことをおすすめします。やる気が出ないのは、職場環境の問題ではなく目標がないからかもしれません。目標がないまま転職をしても、結局また同じことの繰り返しになってしまいます。転職を考える前に、あなたの将来に向き合ってみてはいかがでしょうか。

20代で転職を成功させるために考えておきたいこと

転職は「目的」ではない

内定を手に入れて喜ぶ20代男性

今の会社で働くのがとにかくつらく、今すぐにでも転職をしたい。現状から脱出できればどんな仕事でもいい。

そんなふうに考えている方もいるかもしれません。しかし、転職をしたからといって、人生がガラッと変わってハッピーになるわけではありません。

重要なことは、「自分のなりたい姿」をイメージできているかどうかです。転職は、そのなりたい姿に向かって進むための手段であり、目的ではありません

これからのキャリアをじっくり考えたうえで、転職によって目標に近づけるならば、転職した方がよいでしょう。

しかし、現実から逃げるために転職を選択し、転職ですべて解決すると考えているとすれば、それはかなわないでしょう。

ただし、人間関係など自分でコントロールできないことで悩んでいる方には、転職をおすすめします。

自己分析をしてみる

自己分析をする20代女性

では、自分のなりたい姿をイメージし、転職するべきかどうかを判断するにはどうすればよいのでしょうか。

一つの手段として、現在の自分の思考を分析してみることをおすすめします。

<自己分析①:人生の分岐点を考える>

過去の自分が選択してきたことを思い出してみましょう。

たとえば高校や大学を選んだとき、どのような基準で選びましたか?

家が近かった」「親に薦められた」「やりたい部活があった」など、さまざまな理由がありますが、いずれの理由も、自分が何を優先したかということの結果です。

やりたい部活があった」という理由であれば、何かを選ぶときに自分のやりたいことができるかどうかを判断基準にする傾向があるということです。

過去に自分が選んだことを深く掘り下げてみると、自分が何を大切にしてきたのか、何を優先させてきたのかということが見えてくるはずです。

<自己分析②行動の軸を考える>

仕事をするうえで、あるいは転職を考えたときに、大事だと思うことは次の4つのうちのどれですか?

  1. 理念(企業として目指す姿・目標・社会への貢献度など)
  2. 職場環境(社内の人間関係、雰囲気・上司との相性など)
  3. 仕事内容(企業の事業内容・商品など)
  4. 条件(年収・待遇・福利厚生・通勤時間など)

今すぐ結論を出すのは難しいですし、どれか一つには決められないかもしれません。しかしこれからキャリアを重ねていくうえで、自分にとっての優先順位を常に考えることは重要なことです。

これからの自分は、今のあなたが選ぶことの結果です。大事にしていきたいことや優先したいことを選択するにあたって、過去の自分の選択が必ずヒントになるはずです。

転職エージェントでは、このような自己分析をさらに深めて、あなたの目標や希望に合った転職先を探すサポートをしてくれます。

もし自己分析で、あなたのなりたい姿に近づくためには現職にとどまることが最適だという結果が出れば、無理に転職をすることはありません。

転職をしなくても、あなたの意識が変化するだけで見える景色がガラっと変わる可能性は大いにあります。

エージェントに相談となると敷居が高いと感じるかもしれませんが、カフェや居酒屋で友人に愚痴を聞いてもらう感覚で相談にのってくれるエージェントも多数います。

働き方を考えてみる機会として、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

キャリアアドバイザーからのアドバイス

年代ごとにそれぞれ働き方はありますが、その働き方を選択できるか否かは、20代にどんな経験をするかで大きく左右されます。

何かを始めるのに遅いことはありませんが、始める時のハードルが低いのは、間違いなく20代の間です。 そのため、20代は経験をしっかり積める時期でもありますし、未経験の分野にも挑戦できる希少な『時』なのです。

やりたいこと・気になることがあれば、積極的に手を挙げて挑戦することをおすすめします。 人間の能力に大差はありません。やるかやらないかの違いです。

失敗して間違ったら、またやり直せば良いんです。 20代はやり直しができる時期ですし、社会も企業もあなたの挑戦を応援してくれる環境が整っています。

一度きりの人生、今の環境にモヤモヤするのならば、 自分の人生を心からたのしめるための選択をしていきましょう

所属先 主な仕事内容
2010-2013 化粧品メーカー 企画・営業
2013- 人材会社 キャリアアドバイザー・人事・教育

20代転職で悩むみんなのQ&A

★20代で転職した人ってどのくらいいるの?

厚生労働省が調査した「我が国における職業キャリアの現状」によると、平成27年の転職入職者の割合は、16.3%でした。また、21歳~30歳の3割以上の人が2回以上の離職を経験しています。近年は20代で複数回の転職が当たり前になっているのです。

★20代の転職理由は?

転職理由を考える20代男女
  • 第1位:仕事内容に不満があった(自分がやりたい仕事ではなかった)
  • 第2位:給料が低かった
  • 第3位:会社の将来が見えなかった

このほかには、「残業が多すぎた」「土日に休みたかった」「人間関係に疲れた」という理由もみられました。

現代は仕事とプライベートをうまく両立させる「ワークライフバランス」の時代です。20代の転職理由は、理想の生活への憧れを反映したものともいえるでしょう。

★20代の転職のタイミングと時期って?

一般的には、年度の切り替わる3~4月・9~10月が転職に最適な時期といわれています。この時期は人事異動・新規事業の立ち上げなどで企業が人材を求めているため、条件の良い求人に出会える可能性が高まるからです。

★20代の転職活動の期間の平均はどのくらい?

転職活動の平均は年代で大きな違いはなく、おおよそ2、3カ月です。なかには転職活動を始めて数週間で決まったという人もいます。

これは実際に選考を受けている期間です。選考を受けるための準備期間は含まれていません。志望職種や業種の情報収集、業界研究、応募する企業選び、円満退職などの転職準備で、人によっては1年以上費やす場合もあります。

★20代で転職回数が多いのはやっぱりよくない?

一般的に、20代で3回以上転職していると「転職回数が多い人だな」という印象を持たれることが多いようです。

しかし、転職回数だけで面接の合否が決まることは決してありません。退職に至った理由や、過去の職場でどのような困難を経験し、自分がどう成長できたのかをアピールできれば、転職回数の多さは大きなメリットもなります。

★資格を持っていないと不利って本当?

資格を持っていないからといって転職で不利になるとは限りません

就職活動における資格は、あくまで業務に活かすためのものです。専門職を目指すのであれば、得たスキルを証明するものとして分かりやすいので多少有利になるかもしれません。 

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。


リクナビNEXT

  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら


マイナビエージェント

  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら


リクルートエージェント

  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら


DODA

  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら


JACリクルートメント

  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら


ハタラクティブ

  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら


キュージェント

  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

新卒1年目の転職は失敗する?転職が不利なポイントと成功の秘訣

「1年目だけどやっぱり転職したい」「転職しても次の会社でまた失敗したらどうしよう...」そんな悩みを抱えながら、新卒1年目にして転職を考える毎日。…

転職するなら入社3年目以内!企業が若手に求めるものと成功のコツ

「3年以上働いてからでないと、転職できないの?」 「どうして”最低でも3年は働くべき”って言われるの?」 転職活動の際、よく耳にする「転…

第二新卒におすすめの転職サイト3選!絶対に失敗しない選び方

「第二新卒向けの求人が集まってるサイトはどこ?」 「第二新卒が確実に転職するためにはどうしたらいい?」 この記事では、転職活動に不慣れな第二新卒…

第二新卒から評判の転職エージェントはどこ?効果的に使う3つのコツ

新卒で就職してから3年以内に転職を考えている第二新卒者の中には、「まずは3年仕事経験を積むべきと言われているのに、転職してもいいものか」などと悩んでいる人もいると思います…

第二新卒の大手転職は難しい?失敗しない転職方法と転職のタイミング

「新卒で就職して、まだ社会人経験はあまりないけど、転職がしたい!」とお考えの皆さまへ、第二新卒の転職を考えてみませんか?労働力不足の今、採用側は経験…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事