会社を辞める方法を知りたい!退職理由の上手な伝え方とタイミング

会社を辞めたいと悩んでいる女性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社を辞めたいけど、辞める勇気がない…」「会社に伝えるタイミングや言い方、手続きってどうすればいいの?

会社を退職するためには、勇気とちょっとしたコツが必要です。

この記事では退職を検討している方に向けて、辞める場合のタイミングや辞める手続きのスケジュール、退職理由の伝え方などをお伝えします。

             
★厳選!おすすめ転職サイト・転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

いつ辞める?すぐ辞められる?会社を辞めるべき時期

会社を辞めると決めたはいいけれど、「いつ辞めるのがいいのか?」というのは、誰もが悩む最初の問題です。

また、可能な限り早く辞めたいという場合もあります。

辞めるのに最適な時期はあるのでしょうか?

辞めるのに最適な時期を知っておこう

「会社を辞めよう」と思っても、すぐに辞められるわけではありません

焦って辞めるのは上司や同僚にも迷惑がかかりますし、もらえるお金がもらえなくなるなど、結果的に損をしてしまうことが多いです。

辞める時期・タイミングとしては以下を頭に入れておくと良いでしょう。

  • 会社の繁忙期は避ける
  • ボーナスをもらった後に辞める
  • 仕事に区切りがついたところで辞める

どの時期が繁忙期に当たるかは企業によりますが、一般的に年末年始や年度末の3月から4月にかけては忙しい企業が多いです。

さらに、経理関係の仕事なら決算発表の時期、小売業ならセールの時期というように、業界や職種によっても繁忙期は変わってきます。

繁忙期に辞める意向を伝えても、忙しさのあまり忘れられてしまうということもあり得ますし、上司や同僚にかかる負担を考えると避けたほうが無難です。

もう一つ、考慮すべきはボーナスの時期です。

ボーナス時期の前に辞めてしまうとボーナスがもらえなくなってしまうため、可能であれば辞めるのはボーナス後にするとよいでしょう。

加えて、あなたのなかで区切りがよいタイミングかどうか、という点も大切です。

「今担当しているプロジェクトが終わってから」「貯金が貯まる半年後に」など、自分にとって区切りとなりそうな観点で辞める時期を考えてみましょう。

転職に成功しやすい時期は?

転職しやすい時期は決まってる!絶対に失敗しないタイミングを紹介
転職しやすい時期は決まってる!絶対に失敗しないタイミングを紹介
「転職したい」と思っていても、職場の状況や転職活動のことを考えると、なかなかすぐに行動するのは難しいですよね。 この記事では"求人が増える時...

今すぐ辞めたい!最短で辞めるならいつ?

中には、「今すぐにでも会社を辞めたい」と考えている方もいるでしょう。

辞めると決めてすぐに退職することは可能なのでしょうか?

法律的には、辞めると伝えてから2週間経過すれば雇用終了するとされており、最短で2週間後に辞めることができるということになります。

 

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。

(民法(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)627条1)

ただし、雇用主と当事者の間で同意があれば即日退職も可能です。

とはいえ、2週間では引継ぎも十分にできませんし、周りに迷惑がかかることも多く、円満退職とはいかないことは覚悟したほうが良いでしょう。

できることなら辞めるまでに1ヶ月以上の余裕をもっておくことをおすすめします。

どうやって辞める?会社を辞める手順と方法

退職の手順の退職届を書いている様子

いざ「会社辞めたいな」と思っても、何から退職の準備を始めれば良いのでしょうか?

退職までの一般的な流れを見ていきましょう。

会社を辞める手順・方法
会社を辞める手順・方法

1.まずは直属の上司に伝える

まず、上司に退職意思を伝えることが最初のステップです。

直属の上司を飛ばして、その上の部長や社長または人事などに直接伝えるのはマナー違反です。

退職日の何日前、何ヶ月前に伝えるべきかというのは、各企業の就業規則によるので、まずはそちらを確認しましょう。

業務内容によっては引継ぎに時間がかかったり、上司に退職を認めてもらうまでに時間がかかることもあります。

遅くとも退職日の2ヶ月~1ヶ月半前までには退職したいと申し出るのがベストと言われています。

2.正式に退職を認めてもらう

退職の相談を受けた上司は、部長や社長に相談します。

その後、場合によっては何回かの面談を経て正式に退職が決まる、というケースが一般的です。

3.退職願の後に退職届を提出する

上司と相談し、退職することが決定したら、まず「退職願」を提出します。(場合によっては退職願は口頭のみでOKということもあります。)

注意したいポイントは、「退職願」が受理されてから「退職届」を提出するという順番です。

「退職願」を出すということは会社に退職を願い出るということであり、この段階ではまだ退職が認められたわけではありません。

そのため、「退職願」は撤回することができます。

退職届は「退職します」という明確な意思表示であり、本人の意思による退職である(解雇ではない)という公式書類となるため、「退職届」を出した後の撤回はできません

会社側は「退職届」の提出を受けて退職の手続きに入ります。

4.引継ぎや取引先への挨拶はしっかりと

退職届が正式に受理されたら、速やかに担当業務の引継ぎを行いましょう。

「もう辞めちゃうから関係ない」と適当に済ませてしまっては、辞めた後に同僚や上司に迷惑がかかってしまいます。

ここでしっかりと引継ぎを行っておくことで、あなたに対する評価が高まりますし、元の職場の同僚との良好な人間関係を持ち続けることができます

立つ鳥跡を濁さずという気持ちで、引継ぎや挨拶は最後まで手を抜かずに進めましょう。

有給休暇が残っている場合は、有休消化してから辞めるのがベストですが、辞める負い目から有休消化しないまま退職する人もいます。

5.退職当日

退職に必要な書類等を受け取り退職手続きを済ませたら、あとはお世話になった同僚や上司に挨拶をして回ります。

感謝の一言を添えてちょっとしたお菓子などを渡すと話も弾みやすいですし、最後まで良い印象を残すことができるでしょう。

転職業界最大手!約90%が非公開求人のリクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

  • 非公開求人数100,000件以上
  • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
  • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
  • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

会社を辞める時の上司への伝え方:3つのポイント

上司に退職理由を話している男性

仕事を辞めたいけど、上司に言えない

会社を辞めることで、これまでお世話になった同僚や上司に迷惑をかけたくないという思いを持つのは当然のことです。

そのため、辞めると決めたものの、なかなか言いにくいということもあるでしょう。

しかし、言うタイミングを図りすぎてギリギリになってしまっては、相手にとっても迷惑です。

早めに伝えておけば、会社側も退職準備や引継ぎを前倒しで進めることができるのです。

この章では、会社を辞めるということを上手に伝えて円満退職するために、押さえておくべき3つのコツを紹介します。

1.上司にアポイントを取る

基本的に、退職したいということは直属の上司に直接伝えるのがマナーです。

くれぐれも、メールや電話、チャットやLINEなどのメッセージで伝えるということは良い印象を与えないので避けてください。

直接伝えるといっても、仕事の合間に「ちょっとお話が…」と切り出すのではなく、まずはその上司に伝えるためのアポイントを取りましょう

1対1のミーティングを設定して、その時に退職の意向を伝えるのです。

あらかじめこのような時間を設定しておくことで、余計な邪魔が入ることもなく、上司もあなたの話をしっかりと聞いてくれるでしょう。

ミーティングを設定する際には、忙しい時期は避け、少し仕事の落ち着いている日や時間帯を選ぶといった配慮も大切です。

2.前向きな理由を伝える

会社を辞めることを伝えたら、必ず転職理由を聞かれます。

退職願や退職届には「一身上の都合により」と書きますが、直属の上司には、どんな都合かと突っ込んで聞かれる事もあると思います。

会社や上司に対して言いたいことはいろいろあるかもしれませんが、ここで本音を言う必要はありません。

会社への批判は避け、角が立たないように伝えることが一番のポイントです。

「他に挑戦したい事ができた」「もっと自分を試してみたい」など、なるべく前向きな口実を用意しておきましょう。

前向きな退職理由の例

  • 他に挑戦したいことができた
  • 新しい環境で、自分を試してみたい
  • 現職で身に着けたスキルをさらに伸ばしたい
  • 違う環境に身を置いて、広く経験を積みたい

3.引き止めにあった時の答えも考えておく

退職の意図を伝える際、「待遇をよくするから残ってくれ」「希望の部署に異動させよう」「せめてあと半年待ってくれないか」と引き止められることもあります。

それでも退職の意思が揺るがないのであれば、現在の職場では叶えられない事を退職の理由にすることによって、会社側も諦めてくれるでしょう。

トラブルを避けるためにも、感情的な表現は避け、冷静に自分の気持ちを伝えることが大切です。

やりたいことを見つけて転職(30代前半・入社10年以上で退職)

働きながらビジネススクールに通っている中で、自分の本当にやりたい事を見つけることができ、上司に熱意を伝えました。

辞める理由として、別の道で具体的にこういうキャリアを積んでいきたいというはっきりとした思いがあるのであれば、一歩踏み出すことが大事だと思います。

会社を辞めるのはどうして?主な退職理由7選

労働時間が長すぎて会社を辞めるか悩んでいる女性

多くの退職経験者の退職理由を知ることは、あなたが勇気をもって決断していくためのヒントになるかもしれません。

退職理由の中でもよくある7つを紹介します。

1.仕事内容に不満がある

配属されたのは希望とは違う部署」「思っていた仕事内容と違った」というのは、よくある話。

働くなかでやりたい仕事が見つかり、新しいフィールドに飛び込みたくなる方もいるでしょう。

将来的に希望部署に異動できる可能性があれば、やる気も出るものですが、本来やりたかった仕事と程遠い部署に回されると、モチベーションを維持するのも大変です。

会社に異動希望を伝えても相手にされず、「それなら転職してしまおう」と退職を決意する人もいます。

2.職場のパワハラやセクハラがひどい

上司から罵声を浴びせられたり、異性の上司から付きまとわれたりするなど、パワハラ・セクハラの手法はさまざまです。

大企業になれば相談窓口が設けられていることもありますが、小さな会社だと誰にも相談できず、我慢をしいられることも。

会社によってはパワハラがまん延しており、周囲が「それが異常なことだ」と認識していないこともあります。

そのような状況が続くと精神的な負荷も大きくなります。心が壊れないうちに、退職を検討しましょう。

3.労働時間が長すぎる

あまりに労働時間が長いと、気付かぬうちに身体を壊してしまうこともあります。

休日も返上で働かされる、タイムカードを切った後にサービス残業をさせられるなど、いわゆる「ブラック企業」と称されるような企業の働き方です。

疲れて何もする気が起きない」「食欲がなく、眠れない」「集中できずミスが増えた」といった異変が現れたら要注意です。

心身ともに異変が生じるような働き方は、絶対に避けましょう。

辞めたくても辞めさせてもらえないという場合は、退職代行サービスを使うというのも一つの方法です。

退職するのは逃げているのではないか…」などと考える必要はありません。とにかく逃げるのが正解です。

4.給与が低い

なかなか昇給しなかったり、ボーナスカットが何年も続いていると、働くモチベーションが下がるばかりか生活にも影響が出てきます。

ひさびさ会った友人の暮らしぶりを見て、自分の給与の低さを痛感することもあるでしょう。

次こそ絶対年収が高い会社に行ってやる

そんな悔しい思いを抱え、転職を決意する人もいます。

5.社風が合わない

若手でも遠慮なく意見を言える会社、上層部の意向が絶対である会社、体育会系の会社など、会社によって社風はさまざまです。

一概にどれが「よい社風」とは言えませんが、あなたに合う社風のなかで働いたほうが、あなた本来の能力を発揮できるというもの。

自分の価値観と合わない社風の会社であった場合、どこか違和感を抱きながら働くことになります。

仕事と割り切って順応できればよいですが、人によっては息苦しさや違和感が拭えず、退職という選択肢を選ぶこともあります。

6.人間関係に問題がある

上司や部下、同僚、取引先など、仕事を進めるなかでは周囲の人々とのコミュニケーションが欠かせません。

毎日顔を合わせる会社のメンバーだからこそ、一度関係がこじれると修復が難しく、やっかいなものです。

人間関係の問題が多い環境では、スムーズにいくはずの仕事が進まなかったり、職場の人と接していても嫌な気持ちになったりと、何かと気苦労が絶えません。

そういった仕事以外の余計な心労から退職を考える人も多いです。

7.会社に将来性がない

会社や業界によっては、業績不振で厳しい戦いを強いられていることもあります。

外からは順風満帆に見えても、いざ入社してみると経営に大きな課題を抱えていた、という場合もあるでしょう。

「業績回復に向けて、皆でがんばろう!」といった前向きな雰囲気があるならまだしも、「どうせ売上は伸びないだろう」といった言葉が社員から出るようであれば、働くモチベーションも上がりません。

せっかく働くのであれば、希望ある未来を描ける会社が一番よいですよね。

会社を辞める理由は人それぞれ。

まずは自分の気持ちを見つめ直し、「本当に退職することでしか、自分の悩みは解決できないのか」「辞める前に、今の職場でできることはないか」という点を考えることが大切です。

とはいえ無理は禁物です。「自分が辞めたら迷惑がかかる」といった責任感は、自分を苦しめることにつながります。

無理せず自分の心と体の健康を一番に考えましょう

そもそも会社辞める?辞めない?よくある迷いと決断するためのヒント

会社を辞めようか悩んでいる男性

会社を辞めるかどうしようか、今まさに迷っているという方もいるでしょう。

会社を辞めることは人生の転機となり得る大きな決断であり、迷わないという方はほとんどいません。

HOP!に寄せられた体験談を元に、よくある迷いと、その迷いを断ち切る勇気を持つにはどうしたらいいか?という点について解説していきます。

1.「次の転職先が見つからないかもしれない」

内定をもらってから退職を決めるのなら良いのですが、そうではない場合、無収入の期間が発生する可能性があります。また、その期間がどれくらいになるかもわかりません。

辞めても次の職場が見つからないかもしれない」という不安を持つのは当然のことです。

しかし、最近は人手不足の企業や業界が多く、売り手市場が続くと言われており、転職しやすい状況にあります。

自分ではあまり意識してないかもしれませんが、これまで仕事をしてきた中で、スキルや経験はしっかりと身についているはずです。

大切なのは、その経験やスキルを評価してくれる会社と出会うかどうかということ。

転職エージェントを利用すれば、あなた自身のスキルと企業側の採用ニーズを把握した上で、マッチング度の高い求人を紹介してくれるので、内定獲得率があがるはずです。

決断するためのヒント1

あなたのスキルや希望に合わせて最適な求人を紹介してくれる転職エージェントを利用すれば、相性の良い企業に出会える確率が高まります。

2.「上司や同僚、親に申し訳ない」

自分が抜けると職場に迷惑をかけてしまうのでは?」「親に心配をかけてしまうかも…」という罪悪感から、退職に踏み出せない方は多いです。

しかし、自分の夢や目標があるならそれを優先させていいのです。

あなたが抜けると一時的には大きなダメージになるかもしれませんが、会社は次の適任者を雇うでしょう。

また、親も本当にあなたがやりたいことなら応援してくれるでしょうし、反対されたとしてもしっかりと伝える努力をしていきましょう。

会社への忠誠心や周りへの遠慮を優先させて退職を思いとどまったとしても、その後あなたの思い描くキャリアが描けなかった場合に責任を取ってくれる人はいないのです。

ただし、辞め方はとても大切です。引き継ぎをしっかりする、日頃の感謝の気持ちを伝えるといった心配りを忘れないようにしましょう。

決断するためのヒント2

自分の夢や目標に責任を持つのはあなた自身なのですから、誰にも遠慮する必要はありません。ただし、辞め方は配慮が必要。

3.「辞めるのは早すぎる?」

いま辞めるのは早すぎるのではないだろうか」という迷いは、特に入社3年以内の方に多いです。

入社3年以内は第二新卒とも言われ、社会人経験が十分とは言えないかもしれません。

ただ、合わない会社や将来の展望が見えない会社に見切りをつけるなら早い方がいいですし、経験は次の会社でじっくり積んでいくというつもりで挑めば良いことです。

また、いまの自分のスキルで良い転職先が見つからないかもしれないというのであれば、数年経験を積んでから改めて転職を考えるという選択肢もあります。

こうしたキャリアの悩みについては一人で悩んでいてもなかなか答えが出ません。転職エージェントに相談してみると、客観的な意見がもらえるでしょう。

決断するためのヒント3

転職に関しては、早すぎるということはありません。客観的な意見を聞きたいなら、転職エージェントなどに相談すると良いでしょう。

4.「辞めたら後悔するかもしれない」

辞めたら給料が下がるかもしれない」「転職先でもひどい状況は変わらないかもしれない

今の会社を辞めてしまったらどうなるか…ということは、誰にもわかりません。

わからないということに対して不安に思う気持ちは、多かれ少なかれ誰もが持っているものです。

ですが、こうした「わからないこと」を一つ一つクリアにしていくことで、会社を辞めることに対する不安は少なくなっていくかもしれません。

例えば、転職先での給料や職場の雰囲気、人間関係、将来性などについては、転職エージェントのコンサルタントに聞いてみることで、具体的なイメージを持つことができるでしょう。

また、身近に転職経験者がいれば、話を聞いてみることで、退職後に後悔しないようにするためのアドバイスがもらえるのではないでしょうか。

決断するためのヒント4

「わからない」という状況は不安を招くもの。わからないことや疑問をそのままにせず、一つ一つクリアにしていきましょう。

なんとかなるさ精神で辞めました(20代前半・入社3年目で退職)

パワハラがひどい職場でした。たくさん悩みましたが、こうしている時間が無駄ではないかと思い、「なんとかなるさ」精神で、思い切ってやめることにしました。人生は一回きりだし、やり直すなら早ければ早いほどいいと思います。

悩みながらも退職を決意(30代後半・入社10年目で退職)

会社を辞めるかどうか迷っている、という方にひとつアドバイスできることは、「辞めたあとのことについては、辞めてからしか分からない」ということです。

まさに私がそうでした。頭の中で「辞めたらどうなるか」ということを何日も何週間も考えて不安になったりしましたが、辞めてみてからは「辞めたから、次はどうしよう」、と次を考えることしかできませんでした。辞めなければよかった、という後悔についても、辞めてしまってるのだから、もう後悔しても仕方がない、とあきらめがつきました。

辞めないことには何も変わらないのであれば、すっきり辞めて、それからのことを考えていく、というふうに前に進んでいくことをおすすめします。

転職業界最大手!約90%が非公開求人のリクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

  • 非公開求人数100,000件以上
  • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
  • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
  • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

会社を辞める時の転職活動スケジュール:3つのパターン

会社を辞める場合、転職活動のスケジュールはどのように考えたらいいのでしょうか?

転職活動のタイミングとしては、次の3つのパターンがあります

前向きな退職理由の例

  1. 転職先を決めてから会社を辞める
  2. 会社を辞めてから転職活動をする
  3. 転職活動と並行して会社を辞める手続きをする

各タイミングについて、特徴やリスクを詳しく見ていきましょう。

1.転職先を決めてから辞める

退職と転職活動のスケジュール1
退職と転職活動のスケジュール1

転職先を決めてから今の会社を辞める場合は、内定をもらうと同時に今勤めている会社に退職報告をしましょう。

退職の報告から退職までは約2ヶ月間ほどあれば余裕をもって退職準備を進めることができます。

このパターンは退職後に無職になってしまうリスクがなく、自分の理想の職場が見つかるまで探すことができるというのがメリットです。

反対に、期限がないので転職活動が長引く可能性もあることや、次の職場が見つかるまでは今の会社を辞めることができない点はデメリットです。

なるべく早く次の職場を見つけて今の会社を退職したい場合は、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントは、在職中に転職活動を始める方にぴったりです。

なぜなら、担当のキャリアアドバイザーが希望条件に合う求人を紹介してくれるので自分で求人を探す手間が省けますし、面接日程の調整など手間のかかる部分も全てお任せできるからです。

また、面接を受ける企業に対してあなた自身の推薦状を書いてくれるため、内定獲得率がぐっと上がり、早期の転職が可能になります。

メリット ・退職後に無収入になるリスクがない
デメリット ・転職先が決まらないと会社を辞められない
・転職活動が長引く可能性がある
準備すべきこと ・転職エージェントに登録し、転職先を探す


2.会社を辞めてから転職活動をする

退職と転職活動のスケジュール2
退職と転職活動のスケジュール2

会社を辞めてから転職活動をするパターンの場合、退職と同時または退職後に転職活動が始まります。

例えば、「体調を崩してしまい、医師に休養を勧められた」「ブラックな職場を今すぐにでも辞めたい」というようなケースが考えられます。

「会社を辞めたい」と思ったら最短の期間で辞められる点がメリットです。

しかし、収入源が一定期間なくなるため、収入がゼロになるリスクがあります。

そのため、「今すぐ辞めたい!」と思っている方は、十分な貯金があるか、自分の市場価値はどのくらいかなどを一度考えてみると良いでしょう。

数ヶ月間は無収入でも生活できるだけの貯金がある方や、自分のスキルに自信があり、次の就職先がすぐ決まる見込みがある方はこの方法でも問題ないでしょう。

メリット ・辞めたい時に会社を辞められる
デメリット ・無収入の期間が発生する
準備すべきこと ・数ヶ月分生活できるだけの貯金をしておく
・自分の市場価値を高めておく


3.転職活動と並行して会社を辞める手続きをする

退職と転職活動のスケジュール3
退職と転職活動のスケジュール3

思うような転職先が見つかっていないが、会社を辞めざるを得ない

転職活動が最終まで進みそうなので、見切り発車で会社を辞める手続きを始めたい

このような場合には、転職活動をしながら退職の手続きを進めるパターンになります。

パターン2と同様に、次の就職先が決まっていないため、一定期間収入が無くなるリスクがあります。

そのため、「退職までになんとか次の職場を決めなくては…」というプレッシャーから、自分の理想とは違う会社に無理やり決めてしまう場合もありえます。

「確実に早く転職先を見つけたい」という方は、やはり転職のプロである転職エージェントの力を借りて、効率よく転職活動していくことをおすすめします。

メリット ・内定が決まればすぐに入社できる
デメリット ・無収入の期間が発生するリスクがある
・いつ転職先が決まるかわからない
準備すべきこと ・数ヶ月分生活できるだけの貯金をしておく
・転職エージェントに登録する


★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのか分からない。」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

エージェント
年齢
公開求人数
サポート
リクナビNEXT
全年代
9,000件

公式サイトはこちら

マイナビエージェント
20代

10,000件

公式サイトはこちら

リクルートエージェント
全年代

40,000件

公式サイトはこちら

doda
20代

60,000件

公式サイトはこちら

BIZREACH
全年代

47,000件

公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

転職の相談は誰にするべき?相談前の3つの準備とおすすめの相談先

「職場の悩みを誰に相談していいかわからない...」 「転職したいけど職場の人には相談しにくい」 転職を検…

  • 🕒
  • 2019.04.20更新

転職先の探し方ってどうするの?自分に合う仕事や会社に出会う方法

とりあえず今の職場に入社したけど本当にやりたいことが自分でもまだ良く分からない。「どんな職種が自分にあっているのかはどうやって探せばいい?」「もし転…

  • 🕒
  • 2019.03.15更新

初めて転職する女性が知っておきたい企業選びのノウハウ

20代の女性が、初めて就職した職場を辞めてまで転職をするのは、とても勇気がいることです。 転職活動で一番大事なこと、それは企業選びです。ここでは、どのような企業を選べばよ…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

女性が転職で有利な資格は何?年代別でおすすめの役立つ資格ベスト3

現在の一般事務の仕事にはもう飽きてきた、「自分の能力を正当に評価してくれる条件のいい企業で勤めたい」「給与面を含めた待遇の良い勤務先に転職したい

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

女性の平均年収は300万円以下?!転職で年収アップさせる方法

「私の年収って低すぎない?」「もっと高収入の仕事に転職したい」「転職で年収ってアップするの?」と思うことはないでし…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

【初めての転職】面接や職務経歴書の書き方のすべてを解決する方法

「何から始めればいいのか」「就活と違うのか」等初めての転職は戸惑いと不安で一杯です。現職の場合、転職成功するまで周囲にも相談しづらく職場との調…

  • 🕒
  • 2018.04.28更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト