残業100時間は過労死するよ…違法なのにブラック企業では当たり前

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は何時に帰れるんだ。」そう思いつつ業務に追われ残業する毎日。気づいたら月100時間を超えてたなんて話も・・・。残業が多い日々が続くと一体どうなってしまうのでしょうか?体験談とともにご紹介いたします。

 

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT(リクルート)

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

DODA

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

転職サイト比較表を見てみる

残業100時間は普通なの?違法になる残業の法的基準

法律内の残業時間は何時間まで?

厚生労働省が定める「時間外労働の限度に関する基準」では一般の労働者の場合1カ月の時間外労働の時間を45時間を上限としています。残業月45時間以上は違法なのです。

しかし実際の現場では、残業をしないと業務がまわらないことも考えられるため、対策が取られています。

企業が労働基準法第36条のいわゆる36協定(サブロク協定)を締結すれば45時間以上の残業は認められてしまうのです。

労働基準法での法廷労働時間は1日8時間、1週間40時間と決められており、越える場合は、企業は労働者に残業代を支払わなければなりません。

残業100時間で本当ならもらえる残業代

こんなに少ない・・・残業100時間超え企業

では、実際に残業100時間を超えている企業は、どのくらいの割合であるのでしょうか?以下のグラフをご覧ください。

目安として残業時間が60時間以下の企業の割合が約3割、60~80時間以下の割合が約4割、80~100時間以下の割合が約1.5割、100時間を超える割合が約1割になります。このことから、残業100時間は普通ではないことがわかります。

月の残業時間が100時間となると、1日平均4.5時間以上残業をしていることになります。

(例)100時間÷月の労働日数21日=約4.7時間

例えば、実働時間8時間とすると9時~18時(うち休憩1時間)となりますが残業をしたとなると退社時間は23時となってしまいます。これが毎日となるとかなりの負担ですよね。

このような負担が毎日続くと、身体にも影響が出て来てしまうのです。

過労死するかも・・・残業100時間越えで起こる体調の変化

残業を100時間もすると、長時間労働による過労により、脳や心臓に重い負担がかかって、くも膜下出血や心筋梗塞などを発症し突然死してしまう事もあります。その突然死は一般的に「過労死」と言われています。

残業100時間は「過労死ライン」とも言われており、日々残業を頑張っているあなたの身体に、悪影響を与えています。

あなたも過労死寸前?当てはまる方は「要注意」

  • 疲労感が抜けない
  • 集中力が欠如する
  • 疲れているのに眠れない
  • 高等部や耳の後ろに慢性的な痛みが生じる
  • 手足がしびれる
  • 心臓がどきどきする(動機)
  • めまいがする
  • 精神的に不安定になる

当てはまる項目はありましたでしょうか?当てはまる項目が多い方は、要注意です。

リラックスして休める時間を無理にでも作りましょう。体調が一番大切です。絶対に今以上無理しないでくださいね。

可能であれば転職もおすすめします。無理して、身体もぼろぼろになってまで、今の仕事を続ける必要はありますか?転職エージェントなら、無料でそのような相談にも乗ってくれるので、一度相談してみても良いかもしれません。

どんな転職エージェントがあるのか見てみる

【体験談】もう無理だよ…ついに身体が悲鳴を上げはじめた

女性:さきさん(20代)

事務職の残業を100時間していた際の体験談です。

定時は18時30分でしたが、20時が定時の様な空気で、20時までは絶対に帰ることが出来ませんでした。20時になったら全員分のタイムカードを切り、そこからまた残業が当たり前です。

忙しくなると、朝5時まで仕事をして一時帰宅で着替えて、7時にまた出社をしていました。

そんな生活を続けていたストレスからか、突然血尿が出るようになり、さらには肺に穴が空きました。もちろん上司に報告しても、無反応。残業が改善されることは無く、対応策すらしてくれませんでした。

残業100時間で本当ならもらえる残業代

「36協定」はあくまで労働時間を延長してもいいというものであり、法定労働時間外に働いた場合、残業代はしっかりと支払われなくてはなりません。

※法定労働時間:1日8時間、1週40時間

法廷時間外の労働に対する残業代の計算方法は下記のとおりです。

  • ①1か月の時間外労働が60Hまで:残業時間×時給×1.25
  • ②1か月の時間外労働が60H以上:残業時間×時給×1.35

残業時間が100時間を超えている方は、②に当てはまる方がほとんどでしょう。

実際にさきさんの様な20代女性(営業事務職)の場合を計算してみましょう。

  • 営業事務 平均月収 20万
  • 月労働日数 21日
  • 時給 約1,200円

*20万円÷21日÷8時間(法定労働時間)

残業時間は100時間とし、計算すると

100時間 × 1,200円 × 1.35 = 162,000円

200,000円の基本給+162,000円=362,000円を企業は支払わなければなりません。

しかし、一点注意が必要です。

残業代の未払いに関しては、法的に請求することが可能とお伝えしましたが、企業によっては給料に見込み残業代として既に含まれている場合もあります。一度、雇用契約書を確認しましょう。

辞めた方が良い?退職するべき企業の3つの特徴

1つでも当てはまっていたら、あなたの職場は危険です。

上司に相談しても相手にしてくれない
体験談のさきさんのように、上司に相談しても何も対応してくれないという事は、いつまでたってもその辛い現状は改善されないという事です。また、その上司も残業100時間を経験していたら、そもそも残業をしているという認識がありません。
残業や休日出勤が常態化している
残業や休日出勤が当たり前になりすぎていて、体調の変化にも気付きづらくなります。そして気付いた時にはストレスのせいで深刻な病気になっているかもしれません。
退職者が増加している
退職者が増えてきたら、危険信号赤レベルです。退職者が増加することで、人手不足になりさらに激務になり、辞めにくい状況になってしまいます。

つらい残業をしていても、「なかなか辞めさせてもらえない」「どうせ他の職場にいっても残業することはあるでしょ」など、心身ともにつらい状況にいてもなかなか転職までに踏み切れない方もいるかもしれません。

しかし、いくら「残業しないと業務が進まないから」「みんなも同じように働いているから」と言って残業を強制させる企業は間違っています。

社員のことを思っていない企業で働き続けることは自分のためになりません。あなたの人生ですからぜひ自分自身のためにも行動を起こしてみてはいかがでしょうか?

満足度NO.1の転職エージェントに相談してみる

どうやって辞めればいいの?転職・退職の手順と心構え

転職をする際のポイントとして以下の3つがあげられます。

準備は念入りに

まず会社を辞めるためには、断固とした決意が必要です。きっぱりと辞めましょう。転職先が決まっていてもそうでなくても、退職する旨はしっかりと伝えるべきです。

企業によって、退職する何ヵ月前に申し出る必要があるのかは異なります。円満退職をするためにも、しっかりと就業規則を確認しておく必要があります。

退職のタイミングが繁忙期と重なってしまうと引き止めに合ってしまうこともあるので、退職する時期は見極める必要があります。

次の職場に何を求めるか

残業100時間で激務を強いられてきて転職を決意する方の多くが、今の会社に対して不満を抱えています

転職を成功させ、次の職場で気持ちよく仕事をするためにも、自分が企業や職場に対して「何を求めるのか」をはっきりさせておく必要があります。例えば、給料・勤務時間・職場の立地など一番優先したいことは何でしょうか?

今までの職場で思うように働くことができなかった方も、転職を失敗させないためにしっかりと自分の希望を決めておきましょう。

転職先の探し方

現在の職場で働きながら転職先を探すのは一苦労です。ただでさえ、残業時間が長く自分の時間が持てないのですからなおさらです。

求人を探すのにハローワークなどの公的機関を使用することも一つの手ですが、転職サイトや転職エージェントなら時間がない利用者に変わって求人探しをおこなってくれます

また、転職サイトや転職エージェントによっては得意な業界や業種に違いがあります。転職先だけではなく転職サイトや転職エージェントも自身に合ったものを使用しましょう。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。


リクナビNEXT

  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら


マイナビエージェント

  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら


DODA

  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら


JACリクルートメント

  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら


ハタラクティブ

  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

激務で超つらい..!転職しよう..!とする前に考えたい3つのこと

「毎日残業2時間で月休みなし...」「平日は14、15時間労働が当たり前...」このような労働条件で働かれている方も少なくないでしょう。そこでこの記事では激務と言われる基準とはどの…

人員不足による激務で辛い!その原因と働きやすい職場を見分けるコツ

人員不足によって自分にふりかかる仕事の負担。「仕事多すぎて終わらないし、もう疲れた」「人手も足りてないから辞めづらいし」と考えている方も多いと…

深夜配送の仕事を0時までしても残業代0円…給料低いブラック配送業

全国的に有名な大手の配送業者です。就職したきっかけは、勤めていた会社がなくなってしまい、求人広告から応募しました。本来違う職種での転職を希望していたのですが、3ヶ月間雇用先が決まらず、雇用保険の受…

年収270万円で月400時間の激務を強要するソフトウェア開発会社

大学の就職活動で決めた会社は、ソフトウェア開発会社でした。社員30名ほどの小さな会社でしたが技術力には定評があり、いわゆるベンチャー企業でした。私は小さいながらも技術力のあるところに惹かれ、就職を決…

会社泊まりで仕事しても残業代なし?デザイン事務ブラック体験談

小さなデザイン事務所で働いていた時の事です。今思い返せばよくあの状況で仕事ができたなぁと我ながら感心します。

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事