転職の進め方|好条件求人の探し方3選とメリット・デメリット比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めての転職で、何から手をつけたらいいのかわからない…」「正しい転職の進め方ってあるの?

新卒時と異なり、中途の転職活動にはちょっとしたコツが必要です。一般的な転職活動の流れや転職先の探し方とは? この記事では、初めての転職に戸惑う方に向けて、転職活動の進め方をわかりやすく解説していきます。

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

転職活動の一般的な流れ

まずは一般的な転職の流れを説明していきます。年代や業種を問わず、中途採用の場合は次のようなステップで進めていくことがほとんどです。

それぞれのステップを詳しく見ていきましょう。

事前準備

転職は人生の一大イベントです。やみくもに求人情報を探すのではなく、焦らず計画的に進めることが大切です

最初のステップでは、転職活動における自分自信の「軸」を決めましょう。次のポイントを考えておくと、職場を選ぶ際の目安となりますよ。

転職活動を始める前に考えよう!5つのポイント

  1. 何のために転職したいのか?転職の目的は?
  2. どのような業種・職種に就きたいのか?
  3. 勤務地の希望は?
  4. 年収はいくらが理想か?
  5. 絶対に譲れない条件はあるか?

まずはこれらについて、自分の意見を紙に書き出してみましょう。文章化することで、自分の考えがクリアになりますよ。

転職活動を進めるなかで悩んだり迷ったときにも、ここで考えた軸に立ち返ると、方向性を見失わずに済みます。

情報収集

自分自身の「軸」が見えたら、興味のある業界の企業情報や、求人情報を集めるステップへ進みます。入社後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないよう、転職前に業界の将来性や社風、見込み年収、業務内容などをしっかり調べておきましょう。

※具体的な求人情報の探し方は、次のパート「転職の進め方は、大きく分けて3つある」で解説します。

情報の集め方には、次のような方法があります。

情報収集の4つの方法

  1. 企業の採用情報や、IR情報を見る
  2. 「企業名+口コミ」「企業名+評判」などで検索し、従業員目線の口コミを読む
  3. 親戚や知人に、企業の内情を聞いてみる
  4. 転職エージェントのコンサルタントに、業界事情や会社の内情を聞いてみる

このように情報収集の方法はいくつかあります。できればいくつかの方法で得た情報を、総合的に判断しましょう。

とくに、口コミサイトの情報だけをうのみにするのは危険です。最新の生の情報を得るためにも、求職者支援サービスを提供する転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーから第三者目線の情報を得るのもオススメですよ。

年代別!おすすめの転職サイト・エージェントはこちら

書類作成・応募

情報収集を終えたら、応募に必要な履歴書や職務経歴書などを準備しましょう。

書類のフォーマットは企業によってさまざま。最近はWEBエントリーを受け付けている企業も増えていますが、紙のエントリーシートと同様、気を抜かずに入力しましょう。

面接

書類選考に通過したら、企業側より面接の連絡が入ります。面接担当者と電話やメールで日程を調整し、指定された場所で面接に臨みましょう。

平日は仕事があるので面接に行けない」という方は、一度担当者に相談してみるのがおすすめです。企業によっては、平日の夜や土日に面接をしてくれることがあります。

中途採用の面接では、新卒時と異なり、退職理由や前職での経験を中心に聞かれます。提出した履歴書などを見直し、話す内容と矛盾がないよう気をつけましょう。

内定・退社・引継ぎ

無事内定が出たら、働きながら就職活動をしていた方は現職の上司に退職の意向を伝えます。会社や業務内容にもよりますが、退職日の2ヶ月~1ヶ月半前までには辞意を伝えるのがよいでしょう。

上司との話し合いを経て、会社に「退職届」を提出します。業務の引継ぎや取引先への挨拶がある場合は、退職日までの期間に済ませます。

※詳しい退職手続きの進め方については、「会社を辞めるにはどうすればいいの?よくある理由7選と退職する手順」をご覧ください。

転職の進め方は、大きく分けて3つある

転職の流れはわかったけれど、どうやって仕事を探せばいいの?

転職活動を進めるにあたって、もっとも不安なのは職場探しですよね。どうやったら、満足いく職場を見つけられるのでしょうか?求人の探し方は、大きく分けて次の3つがあります。

求人の探し方

  1. ハローワークで探す
  2. 求人情報誌で探す
  3. 転職エージェントで探す

それぞれメリット・デメリットがありますが、地域を問わずオススメしたいのは転職に関するあらゆる相談にのってくれる転職エージェントです。あなたの経験や特性を見きわめたうえで、求人を紹介してくれたり、入社に至るまでのサポートをしてくれます。

Uターン・Iターン希望の方は、地域密着型の求人が見つかりやすいハローワークと転職エージェントを併用するのもよいでしょう。

探し方 地方の求人 都市部の求人 求職者サポート
ハローワーク
求人情報誌 ×
転職エージェント

ここからは、それぞれの探し方における転職活動の進め方や、メリット・デメリットを紹介していきます。あなたに合う方法はどれでしょうか?

転職の進め方その1~ハローワークで仕事を探す~

ハローワーク(公共職業安定所、職安)とは、職業を紹介する国の機関です。全国540ヶ所以上に設置されており、あらゆる人の就職実現のための支援をおこなっています。

ハローワークを利用した転職活動の進め方

  1. ハローワークの窓口や専用端末で求人を探す
  2. 書類作成・応募
  3. 面接
  4. 内定・採用

ハローワークを利用する場合は、ハローワーク設置の専用端末を使って求人を探します。自宅のPCやスマホからでも検索できますが、一部の求人はハローワーク内の端末でのみ表示されるため、まずは実際に足を運んでみるのがよいでしょう。

ハローワークを利用した転職のメリット・デメリット

ハローワークを利用するメリット

  • 求人数が多い
  • 無料で気軽に利用できる

ハローワークの魅力は、とにかく求人数が多いこと。企業側が無料で求人情報を掲載できるため、求人情報サイトよりも求人数が豊富なのです。

窓口では職業相談や、応募書類や面接に対するアドバイスなどもおこなっていますが、民間の転職エージェントのような、きめ細やかなサポートはあまり期待できないでしょう。

ハローワークを利用するデメリット

  • 求人が多すぎて、絞り込むのが大変
  • 職員が業種や職種、業界の採用動向について把握していないことがある
  • 大手、中堅以上の企業の求人が少ない
  • 年収が低い求人が多い
  • いわゆる「ブラック企業」の求人が含まれていることもある

ハローワークには膨大な数の求人情報が登録されていますが、なかには、すぐに人が辞めるような「ブラック企業」の求人が含まれていることも。ハローワークには民間の転職エージェントのような積極的なサポートは期待できないため、自分で求人を見きわめる必要があります。

また、求人が出ている企業や業界について、担当者が必ずしも詳しいとは限りません。

この企業の評判ってどうですか?」 「この企業に似た職場はありますか?」 といった質問に対しても、的確な回答が得られるとは限りません。

転職の進め方その2~求人情報誌・折込チラシで仕事を探す~

駅やコンビニなどに設置されている求人情報誌や、新聞に折り込まれている求人チラシも転職先を探す方法の一つです。

ただし近年は、インターネットで求人を検索する人がほとんど。紙媒体に求人情報を出す企業も多くないため、よい求人が見つからないこともあります。

求人情報誌やチラシで探す場合は、必ずインターネットの転職サイトと併用することをオススメします。

求人情報誌・折込チラシで利用した場合の転職活動の進め方

  1. 求人誌、折込チラシで求人を探す
  2. 電話で問い合わせor応募
  3. 面接
  4. 内定・採用

求人情報誌について、よくあるメリットとデメリットを見ていきましょう。

求人情報誌を利用した転職のメリット・デメリット

求人情報誌を利用するメリット

  • 手軽に求人を探せる
  • 特定のエリアに特化しているため、地域密着型の求人を見つけやすい

求人情報誌を利用するデメリット

  • 掲載企業が少なく、かたよりがある
  • 正社員採用でない広告も多い
  • 地域性に左右されやすい(例:飲食店の募集がほとんど、クリエイター系の求人が皆無など)
  • 同じ会社が常時掲載されていることも

求人情報誌は掲載されている企業数が少ないうえ、地域によっては業種や職種にかたよりがあることも。

より理想に近い求人を探すためには、求人情報誌や折込チラシは、転職サイトやハローワークと合わせて活用したほうがよいでしょう。

転職の進め方その3~転職エージェントで仕事を探す~

転職したいけど、何から始めればいいのやら…」「転職活動の進め方ってコレで合ってるのかな?

転職に不安を抱くすべての人にオススメしたいのは、人材紹介会社いわゆる「転職エージェント」です。求人の紹介はもちろん、転職活動の進め方をあなたの現状に合わせてイチから教えてくれます。

年代によっておすすめの転職エージェント・サイトも変わるので一度確認してみてはいかがでしょうか?

転職エージェントの利用は一切無料です。安心して利用してくださいね。

年代別!おすすめの転職エージェント・サイト一覧

転職エージェントを利用した転職の進め方

  1. 転職エージェントに登録する
  2. 転職のプロであるキャリアアドバイザーと面談を行なう
  3. 求人を紹介してもらう
  4. 履歴書・職務経歴書を仕上げ、アドバイスをもらう
  5. 応募・面接
  6. 内定

転職エージェントを利用するメリット・デメリット

多くの求職者が転職エージェントを利用するのはなぜでしょうか?ここでは、転職エージェントを利用するメリットとデメリットを紹介します。

転職エージェントを利用する6つのメリット

  • 初めての転職でも、キャリアアドバイザーがサポートしてくれる
  • 気になる職場の人間関係・仕事内容を教えてもらえる
  • 応募企業に合わせ、履歴書や面接、志望動機のアドバイスをもらえる
  • 給与面などの条件交渉をしてくれる
  • 円満退職の方法についてアドバイスをもらえる
  • 一般には公開されていない、非公開求人も紹介してもらえる

転職エージェントは、地方・都市部など居住地に関わらず利用できます。

すでに仕事を辞めた方はもちろん、在職中に転職活動をしたい方にもオススメ。基本的にはキャリアアドバイザーが率先して仕事を探してくれたり、次のステップに関するアドバイスをくれるため、一人で悩むことなく転職活動を進められるのです

転職エージェントを利用するデメリット

転職エージェントを利用するデメリットをしいてあげるとしたら、エージェント選びに失敗すると、転職がスムーズに進まなかったり、納得がいかない職場に転職するハメになるということです。

だからこそ、転職エージェント選びは慎重におこないましょう。

転職エージェントによって、得意とする求職者の年代、得意とする業界は異なります。次のパートでは、年代別にオススメの転職エージェントを紹介していきますよ。

まずはエージェントに登録してみることで、あなたの状況に合う転職の進め方が自然と見えてくるでしょう。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。


リクナビNEXT

  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら


マイナビエージェント

  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら


リクルートエージェント

  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら


DODA

  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら


JACリクルートメント

  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら


ハタラクティブ

  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

転職は志望動機で決まる?例文を紹介!絶対失敗しない書き方のコツ

履歴書や職務経歴書を書く際に、「志望動機に何を書いたらいいかわからない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか? 志望動機は企業の採用担当者が特に重視する欄です…

転職サイトに登録したら会社にばれる?使うメリットと転職成功のコツ

「転職サイトって本当に有効なのかな?」「登録したら、どう転職に有利なんだろう?」 自分だけの知識で転職を成功させる自信はないし、自力で…

転職しやすい時期は決まってる!絶対に失敗しないタイミングを紹介

転職をしたいと思っても、職場の状況や転職活動のことを考えると”今すぐ”に退職して転職をすることはなかなか難しいものです。 「転職しやすい時期は何月なの?」「

転職の退職理由で失敗したくない!例文で学ぶ好印象を与えるコツ

退職理由の伝え方は退職交渉や中途採用の選考でもよく難関となります。「退職理由でマイナス印象になりたくない」「退職理由の伝え方で失敗したくない」…

退職のタイミングはいつがいい?転職までの流れと退職の伝え方のコツ

転職活動が無事終わり希望の転職先から内定をもらうことができたとしても、最後に円満退職するという仕事が残っています。 「転職は決まったけど職場への話の切り出し方がわからな…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事