転職の進め方を解説!『事前準備~入社』の年代で変わる重要ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めての転職で、何から手をつけたらいいのかわからない…」「正しい転職の進め方ってあるの?」新卒時と異なり、中途の転職活動にはちょっとしたコツが必要です。一般的な転職活動の流れや転職先の探し方とは?

この記事では、初めての転職に戸惑う方に向けて、転職活動の進め方をわかりやすく解説していきます。

             
★厳選!おすすめ転職サイト・転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

転職の進め方!入社までの6ステップを紹介

まずは、一般的な転職の流れをご紹介しましょう。

年代や業種を問わず、中途採用の場合は次のようなステップで進めていくことがほとんどです。

転職の進め方の6step(スマホ表示)
転職の進め方の6step

転職活動を開始して実際に入社するまでは"およそ3か月"かかると言われています。

ただし、「思うような求人が見つからない…」「内定がもらえない…」場合は、半年以上かかってしまうことを注意しておきましょう。

step1:事前準備

転職は人生の一大イベントです。

やみくもに求人情報を探すのではなく、あらかじめ転職で何を改善したいのか?など、事前に転職の目的をしっかりと決めておく必要があります。

【転職の目的を決めるのに考えるべき3つのこと】

  1. どのような業種・職種に就きたいのか?
  2. 勤務地の希望は?
  3. 年収はいくらが理想か?

そして、一番大切なのが、これらの条件の中で『絶対に譲れない条件は何か?』を決めておくことです。

忙しい転職活動の中で、本来の目的を見失い、「内定がもらえたから」という理由で、転職を決めた結果、入社後に失敗に気づくこともあるのです。

だからこそ、転職活動を進めるなかで悩んだり迷ったときにも、立ち返ることができるようにしておくことで、方向性を見失わずに済みます。

step2:情報収集・求人探し

転職先に求める希望条件が決まったら、次は転職先候補を見つけましょう。

求人探しは、主にハローワークや求人誌、転職エージェント、転職サイトなどを行います。

そして、その求人情報から、応募すべき転職先かを決めていきます。

その際に必要なのが、業界の将来性や社風、見込み年収、業務内容などの企業情報です。

転職は、情報収集で成功を左右するといっても過言ではありません。

入社後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないよう、転職前にしっかりと調べておきましょう。

【情報収集の4つの方法】

  1. 企業の採用情報や、IR情報を見る
  2. 「企業名+口コミ」「企業名+評判」などで検索し、従業員目線の口コミを読む
  3. 実際に企業に勤めている人に、内情を聞く
  4. 転職エージェントのコンサルタントに、業界事情や会社の内情を聞いてみる

このように情報収集の方法はいくつかあります。

企業の評判や口コミは、一人の意見だけを鵜呑みにして決めつけるのではなく、複数の意見を総合的に判断すべきです。さまざまな評判や口コミ情報を調べましょう。

しかし、自分自身で調べられる情報には限界があります。

そんな時は、転職エージェントに相談すると、企業の採用担当者とつながりから、残業や詳しい業務内容についても聞くことができるので、活用するといいかもしれません。

良い求人の探し方がわからない!絶対に失敗しない転職先探しの方法
良い求人の探し方がわからない!絶対に失敗しない転職先探しの方法
「転職するんだけど、良い求人ってどうすれば探せるの?」と悩む転職希望者はとても多いと思います。特に、初めて転職する場合、転職サイトや転職エー...

step3:書類作成・応募

興味がある転職先が見つかったら、応募書類を送ります。

中途採用の際に必要な主な書類は、履歴書や職務経歴書の2つです。

それぞれ、役割が異なるのでここで確認しておきましょう。

- 違い 企業が見るポイント
履歴書 基本的なプロフィール まず、人材として適正があるのか
職務経歴書 詳しい職歴や実績 入社後に活躍できる経験があるか

そして、それぞれに記載する内容は以下の通りです。

- 記載内容
履歴書 住所、氏名、連絡先、学歴、職例、資格、志望動機、趣味/特技
職務経歴書 配属先、業務内容/プロジェクト、実績、昇進/昇格、自己PR、志望動機

履歴書と職務経歴書に、決まったフォーマットはありませんが、履歴書は手書き、職務経歴書はPCで作成がおすすめです。

また、自己PRや志望動機は、入社への熱意や意欲を伝える場所なので、応募する企業に合わせて書き換えることで、印象も良くなります。

step4:面接

書類選考に通過したら、次は面接です。

面接担当者と電話やメールで日程調整し、指定された場所で面接に臨みます。

平日は仕事があるので面接に行けない」という方は、面接日を平日の夜や土日に設定してもらうように申し出ましょう。

中途採用の面接では、新卒時と異なり、退職理由や前職での経験を中心に聞かれます。

そして、面接で大切なのが、事前に提出した書類と話す内容に矛盾がないかどうかです。

面接官は、履歴書や職務経歴書をもとに質問してくるので、あらかじめ書いた内容を確認しておきましょう。

そのためにも、送付する書類は事前にコピーを取っておくなどしておくといいかもしれません。

step5:内定

内定獲得かどうかは、最終面接の1~2週間以内で通知が来ます。

しかし、内定をもらうことができたからといって終わりではありません。

内定が決まった後は、入社日や雇用形態、手当などに関する条件を再確認しましょう。

初年度の賞与の有無や残業代についてなど、改めて確認することで、入社後に「面接で聞いてたことと違う…」というような事態にならないで済みます。

転職活動が思うように進まず内定が出たというだけで、転職先を決めるのではなく、最初に決めた転職の目的に立つかえって判断するべきです。

ただし、内定からの回答期限は3日~1週間程度なので、複数の企業の選考を受けて「第二希望の内定はもらえたけど、第一希望はまだ…」と回答に悩まないように、選考スケジュールはしっかりと立てておきましょう。

step6:退職~入社

在職中に転職活動をしていた方は、内定が出た後に、現職の上司に退職の意向を伝え、退職手続きを進めます。

会社や業務内容にもよりますが、退職日の1~2ヶ月前までには辞意を伝えるのがよいでしょう。

また、円満退職をするためには、会社や上司への非難はせず、「ずっと、挑戦してみたかった」など、前向きな退職理由を伝えるべきです。

そして、上司との話し合いを経て、退職月が決まったら会社に退職届を提出します。

業務の引き継ぎや取引先への挨拶がある場合は、退職日までにしっかりと済ませておきましょう。

【年代別】転職の進め方で重要なポイント

熱意やポテンシャルが求められる若手人材と、即戦力であることが求められる年代では、転職の進め方において、力を入れるべきポイントが異なります。

ここでは、第二新卒~20代、30代、40~50代に分けてご紹介しましょう。

第二新卒~20代は徹底的な事前準備が大切!

第二新卒から20代後半までは、初めて転職する方が多いことでしょう。

現在は、若手人材の確保に難航する企業も多く、転職者に対する企業側のハードルも下がっているので、入社1年目での転職も問題なくできます。

しかし、経験や実績が求められず、転職がしやすいからといって、安易に転職先を決めてしまうと、同じ失敗を繰り返しかねません

そのためにも、将来的なキャリアプランを考えて、転職先へ求める希望条件を洗い出します。

そうすることで、あなたにマッチするような、長く働ける企業が見つかりやすくなるのです。

さらに、自己分析を行い、自分自身の強みや弱みを把握しておくことで、志望動機や自己PRの作成や面接でも、企業へ自信をもってアピールできます。

20代|転職の進め方が分からない!準備~面接までの失敗しない6ステップ
20代|転職の進め方が分からない!準備~面接までの失敗しない6ステップ
20代で転職することを決めはしたものの「転職活動の進め方がわからない」「転職を成功させるためにしっかり準備して臨みたい」と転職活動の進め方に...

30代は求人を吟味して転職先を決める!

30代ともなると、社会人として働き続ける中で、自分自身のキャリアアップに対する考えが固まり、自分の「できること」や「やりたいこと」も明確になってきているはずです。

そのため、転職先の希望条件などの洗い出しは簡単に行えるでしょう。

だからこそ、30代は希望に合った求人を探すことのほうが重要になります。

さらに、30代での転職は、20代よりも後がないので「希望条件に対して、それが叶う企業なのか?」をしっかり吟味して、転職先候補を決めましょう。

また、30代は経験や実績をもとにした、即戦力であることが求められます。自分自身が活躍できるような企業を選ぶことで、よりキャリアアップにつながるはずです。

40代~50代は面接対策に力を入れるべき!

40代~50代で転職を決意される方にはさまざまな理由があるでしょう。

40~50代のマネジメント経験があるようなエグゼクティブ層であれば、需要も多く転職先も見つかりやすいかもしれません。

しかし、基本的に年齢が上がれば上がるほど、求人は減っていくので、40~50代の転職は厳しくなることがほどんどです。

とはいえ、企業側としては、40~50代の転職者にそれまでの経験や実績をもとに、自社の若手人材を育成してほしいと考えているので、転職は可能です。

しかし、そこで重要となるのが協調性です。

40~50代になると、それまでの会社のルールや社風のまま、転職先でもなじめずにいることを企業は懸念します。

そのため、面接では謙虚な姿勢で、新しい環境になじむ意欲があることをアピールすることを心がけましょう。

転職の進め方のQ&A|気になる疑問をここで解消!

ここでは、転職を進めていく中で気になるさまざまな疑問について、お答えしていきましょう。

働きながら転職活動をするべきですか?それとも、退職してからですか?

在職したまま行うのがおすすめです。

転職活動が長引くと、生活費もなくなり、焦って転職先を決めてしまうことがあります。それでは、失敗のもと。

ただし、失業保険制度もあるので、どうしても「今すぐ辞めたい!」という場合は、退職してからでも可能です。

転職活動を始める時期は、いつ頃が良いですか?

おすすめは、1月~2月・7月~8月です。

この時期は、夏と冬のボーナスをもらってから退職する人が多いため、求人が増え、企業の採用活動も活発です。

また、この期間に転職活動をすると、新年度や下半期での入社のタイミングになることが多いので、新しいスタートを切るためにはおすすめと言えます。

転職しやすい時期は決まってる!絶対に失敗しないタイミングを紹介
転職しやすい時期は決まってる!絶対に失敗しないタイミングを紹介
「転職したい」と思っていても、職場の状況や転職活動のことを考えると、なかなかすぐに行動するのは難しいですよね。 この記事では"求人が増える時...

面接官には、本当の転職理由を言わなくてはいけませんか?

詳しく伝える必要はありませんが、ウソをついてはいけません。

人間関係のトラブルなど、ネガティブな理由の転職理由であっても、すべてを正直にさらけ出す必要はありません。

「コミュニケーションが少ない職場だったので、もっとチームワークを活かせる働きをしたいと思いました。」など、ポジティブな言い方に変えましょう。

退職を伝える際には、転職先も言ったほうが良いですか?

なるべく、言わないほうが良いです。

職場の関係性にもよりますが、現職の競合他社へ転職をするとなると、情報漏洩などについて指摘される可能性もあります。

よくない噂をされかねないので、なるべく明かさないことをおすすめします。

円満退職の方法が知りたいです。

厳しい意見にも傾聴の姿勢を保つと良いかもしれません。

中には、退職に対して、厳しい意見を言う上司や同僚がいるかもしれません。

しかし、そこで反論するのではなく、意見を受け入れたうえで「退職する意思は変わらない」ということを、伝えるのが大切です。

会社を辞める方法を知りたい!退職理由の上手な伝え方とタイミング
会社を辞める方法を知りたい!退職理由の上手な伝え方とタイミング
「会社を辞めたいけど、辞める勇気がない…」「会社に伝えるタイミングや言い方、手続きってどうすればいいの?」 会社を退職するためには、勇気と...

未経験で転職する場合、何か資格を取ったほうが良いですか?

無理に取得する必要はありません。

仕事に資格が必要な職種でない限り、資格がなくても転職はできます。

パソコンスキルなどの資格は、『20代の事務職志望』などでない限り、資格があることが有利に働くことはあまりないでしょう。

職種や業界が同じ転職先を選んだほうが良いですか?

そのほうが、転職は有利になります。

その分野の経験者は知識がある分、即戦力とみなされるので、採用されやすいでしょう。

もし、未経験分野へ挑戦したいと考えている場合は、30代前半までの転職がおすすめです。

残業が少ない職種や業界はありますか?

事務系職種や医療業界は、残業が少ない傾向にあります。

残業が少ないとはいえ、正社員の場合は、ある程度の残業は覚悟したほうが良いでしょう。

「絶対に残業をしたくない!」という場合は、派遣社員や契約社員など雇用形態を変えたほうが良いかもしれません。

転職が成功しやすい職種や業界は何ですか?

人材不足の介護職や運送業です。

『転職がしやすい=人が足りない』職種や業界です。

ただし、そのような職場は体力的にきつい職種ということもあるので、「転職しやすいから」という理由だけで、転職先を決めないようにしましょう。

良い求人を探すにはどうすればいいですか?

非公開求人を見てみると良いかもしれません。

人によって、『良い求人』は異なりますが、非公開求人は、限られた人しか閲覧できない求人なので、企業側が好条件で出していることが多いです。

非公開求人は怪しい?企業が非公開にする理由と見つけ方…大手3社比較
非公開求人は怪しい?企業が非公開にする理由と見つけ方…大手3社比較
求人を探していると目にする"非公開求人"の文字。非公開求人は、その名のとおり一般には公開されていない特別な求人を指します。 この記事では、...

フリーターからでも正社員になれますか?

なれます。

フリーターから、未経験で正社員を目指すことは可能です。

ただし、「なぜ、そのような働きをしていたのか?」「今回、なぜ正社員を目指すことにしたのか?」などは、面接の際にしっかりと答えられるようにしておきましょう。

フリーター向け就職サイトおすすめ7選!未経験から正社員になるコツ
フリーター向け就職サイトおすすめ7選!未経験から正社員になるコツ
「そろそろ就職しなければ!でも、どこで就職先を見つければいいの?」「確実に正社員になるにはどうすればいいの?」など、就職情報を集めるための就...

転職をうまく進められる強い味方を紹介!

ここまで、ご紹介したように転職活動を進めていくのには、さまざまな工程があります。

しかも、初めての転職ではノウハウが分からず、上手くいかないかもしれません。

そんな時に頼りになるのが、転職エージェントや転職サイトの利用です。

転職エージェントと転職サイトはそれぞれサービス内容が異なるので、それぞれご紹介しましょう。

- 料金 サービス内容
転職サイト 無料 求人探し、書類添削、面接対策のサポート
転職エージェント 無料 求人検索、スカウトサービス、書類の書き方の紹介

転職エージェントは、キャリアアドバイザーやコンサルタントと呼ばれる担当者がついて、転職活動を求人紹介から入社までサポートしてもらえます。

転職の進め方がわからず、助けてほしい!」という方は、転職エージェントの利用が良いでしょう。

一方で、転職サイト自分自身で求人を検索して企業へ応募するタイプのもので、サイト内には転職に必要なノウハウが紹介されています。

転職サイトは、転職エージェントとは異なり、担当者が付くわけではないので、徹底的なサポートを受けられませんが、わずらわしさはなく、自由に転職活動を進められます。

おすすめ転職エージェント

実績が高く、人気の転職エージェントは、担当者とのキャリア面談を通して、転職活動を最初から最後まで、しっかりサポートしてくれるので、転職初心者でも安心して登録可能です。

リクルートエージェント:業界最大手の求人数!全年代の転職者におすすめ

リクルートエージェント

リクルートエージェントに簡単登録

リクルートエージェントは業界最大手の求人数を誇り、大手企業から中小企業までさまざまな求人を扱う大手エージェントです。

長い間行ってきた転職者のサポートノウハウをもとに、キャリアカウンセリングをすることで、あなたの市場価値を正しく判断してくれます。

効果的な職務経歴書の書き方がわからない」という場合でも、丁寧にサポートしてもらえますよ。

【公式サイト】https://www.r-agent.com/

マイナビエージェント:第二新卒や20代の転職サポートが得意!

マイナビエージェント

マイナビエージェントに簡単登録

マイナビエージェントは、若手人材の転職実績が高い転職エージェントです。

社会人経験が浅く、職種や業界の知識もあまりない場合、企業選びもままならないでしょう。

しかし、マイナビエージェントなら転職初心者の求職者のサポート実績があるので、面接の服装やマナーなど、細かな注意点までしっかりとアドバイスをしてもらえます

【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/

おすすめ転職サイト

転職サイトは求人検索が主な機能なので、求人掲載件数が多いことが重要なポイントです。

リクナビネクスト:毎週1,000件以上の求人を更新!サイトも充実

リクナビネクスト

リクナビネクストに簡単登録

リクナビネクストは、特に求人数が多い業界最大級の転職サイトです。

サイト内では、職種や勤務地、年収などさまざまなこだわり条件で求人検索することが可能なので、希望の求人を見つけやすいでしょう。

また、リクナビネクストでは、経歴などのレジュメを登録しておくと企業側からスカウトメールが来る機能を使うことができるので、あなたを必要としている企業に出会いやすいのも特徴です。

【公式サイト】https://next.rikunabi.com/

女の転職type:プライベート大切にできる求人多数!女性向け転職サイト

女の転職type

女の転職typeに簡単登録

女の転職typeは、女性向けの転職サイトです。

サイト内では、「残業少ない」「育児と両立」「女性管理職有」などの女性ならではの検索条件で求人検索ができます。

また、掲載されている求人は、すでに女性が活躍しているような企業も多く、安心して働ける職場選びができるので、働く女性は登録して損はないでしょう。

【公式サイト】https://woman-type.jp/

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのかわからない」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時1万件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1,000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職が初めての人でも、ていねいに業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約650名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウをもっています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験など、キャリアに自信がもてないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で担当の転職エージェントを選べる新サービス
  • 各エージェントの実績・経歴等を公開しているため安心
  • 20代~40代まで対応可能な豊富なラインナップ
  • 既卒・離職中の方もOK

運営者が独自の基準でエージェントを厳選。「強引に転職を促す」「実績がほぼない」などのエージェントとは契約していないため、安心です。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

転職しやすい時期は決まってる!絶対に失敗しないタイミングを紹介

「転職したい」と思っていても、職場の状況や転職活動のことを考えると、なかなかすぐに行動するのは難しいですよね。 この記事では"求人が増える時期"…

  • 🕒
  • 2019.04.04更新

転職サイトに登録したら会社にばれる?使うメリットと転職成功のコツ

「転職サイトって本当に有効なのかな?」「登録したら、どう転職に有利なんだろう?」 自分だけの知識で転職を成功させる自信はないし、自力で…

  • 🕒
  • 2019.03.15更新

履歴書の書き方が分からない!転職で差がつく完璧な履歴書作成のコツ

転職を成功させるにはまずは「履歴書」でいかに自分を印象付けるかが大事!とは言われますが非常に難しく感じるものです。 そこで志望動機を含めたアピールポイントのコツなど自信…

  • 🕒
  • 2018.09.11更新

転職の退職理由で失敗したくない!例文で学ぶ好印象を与えるコツ

退職理由の伝え方は退職交渉や中途採用の選考でもよく難関となります。「退職理由でマイナス印象になりたくない」「退職理由の伝え方で失敗したくない」…

  • 🕒
  • 2018.04.28更新

退職のタイミングはいつがいい?転職までの流れと退職の伝え方のコツ

転職活動が無事終わり希望の転職先から内定をもらうことができたとしても、最後に円満退職するという仕事が残っています。 「転職は決まったけど職場への話の切り出し方がわからな…

  • 🕒
  • 2018.04.28更新

転職は志望動機で決まる?例文を紹介!絶対失敗しない書き方のコツ

履歴書や職務経歴書を書く際に、「志望動機に何を書いたらいいかわからない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか? 志望動機は企業の採用担当者が特に重視する欄です…

  • 🕒
  • 2018.04.28更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト