転職の面接で絶対失敗しない!よくある質問からマナーまで徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書類選考はパスしたけれど、面接って何から準備したらいいの..?」と悩んでいらっしゃる方に、転職面接で成功するための秘訣を大公開。

面接に向けた事前準備から、面接当日の立居振る舞いなど、印象アップに繋がること間違いなしです。

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

転職の面接でアピールする対策は完璧!面接で必ず聞かれる4つの質問

転職の面接でどのようなことを質問されるか気になりませんか?

面接で何を聞かれるか分からない」「採用者はどこをみて採用、不採用を決めているの?」など、不安に思うことがたくさんあると思います。

転職活動では、面接はとても大切な部分になります。自分の強み弱みや、転職理由などを確認して、面接の準備は万全で望みたいもの。

ここでは、転職の面接で面接官によく聞かれる質問に対して、面接官は何を目的として聞いているのかをお伝えします。

また、質問に回答するポイントや回答例もご紹介しています。面接対策をしっかりして、本番に臨めるようにしましょう!

「これまでの過去の経験に基づいて、あなたが弊社でしたいことを教えてください」

この質問は、採用側は、あなたの今までの職務経験において、培ってきたキャリアやスキル、問題解決力を見極め、それが即戦力として活躍できるかどうか判断することを目的としています。

理由は、応募企業側も自分の会社に合っている人材なのかを知り、色々な業務を行ってきた中で、応募者のこだわりや価値観が会社と会う人が欲しいからです。

転職では、採用者側は社会経験を持った即戦力となる人材を求めています。あなたがどのような経験を積んできたのかは極めて重要なポイントです。

解答ポイントとして、自分の強みになるような経験や業務内容を伝える際、具体的な数字を使うと良いでしょう。こうすることで説得力が増します。成功体験があるなら、その話を交えて話すのもよいでしょう。

回答例

私は○○社で○年、営業やサービス企画に携わった後、▲▲社では▲年、営業戦略を担当して参りました。

営業をしておりました時は、様々なお客様と接する機会があり、臨機応変にコミュニケーションをする能力が身につき、相手のニーズに応じた提案をして参りました。

営業戦略を担っていた時には、売り上げ目標の120%を達成し、成果を上げることもできました。

「退職理由を教えてください」

この質問の採用担当者の意図は、他責性が強い人ではないかどうかを把握することです。

なぜなら、転職理由が自社でも同じことが起こり得る場合、辞めてしまう可能性が高いからです。採用者側も転職すること自体は良いが、仕事内容等の相性や、会社の価値観が転職希望者と合わない人を取ろうとは思いません。

解答ポイントとして、不平不満を並べることは避けましょう。現状に不満がある場合でも、ネガティブな「〜が嫌だから」ではなく、「〜を実現したいから」という前向きな言い方をしましょう。

回答例

営業では、お客様のサポートをしながら問題解決をしていくことにやり甲斐と自信を得ることができました。課題の抽出、調整点をまとめ、次の営業に活かせるように努力しました。

しかし、お客様1対1で接することにより問題を解決していくことには限界があるため、より多くのお客様の問題解決が出来るように営業全体の企画や戦略を立てていきたいと思うようになり、転職を考え始めました。

「これまでで人間関係に困ったことはありますか」

この質問の目的はあなたの人間関係の構築力を知ろうということです。会社を辞める多くの人は、人間関係で辞めてしまっているのが事実です。そのため、採用側もそのことを理解しています。

しかし、あえて聞く理由は、あなたの職場での人間関係でどのように向き合ったきたかを知りたいということです。苦手な人であってもきちんと向き合って、良好な関係を気づこうと努力したことを聞かせてもらいたいと思っているからです。

解答ポイントとして、貴方が苦手な人とどのように向き合って、改善のために何をしたのかを織り交ぜ、積極的にかかわる努力をしたことを伝えましょう。

回答例

私は前職の上司の一人が苦手でした。理由は感情的で、一方的な話し方をする人だったからです。しかし、自分が相手を避けていると、相手からも避けられたり、当たりが強くなることに気がつきました。

そのため、勇気はいりましたが、こまめに相談したり、指示を仰いだりすることを意識して行動しました。どれも当たり前のことですが、それまでの私にはできていないところもあったと、反省しました。

このように、上司の方と誠実に向き合うことで、徐々に上司からおも信頼されるようになっていきました。こういった経験から、努力で良好な人間関係は作れるということを学びました。

「同業他社や、似たような会社がある中でなぜ弊社なのですか」

この質問の目的は自社への志望動機と、企業に対する理解度、そしてあなたのキャリアプランや志望度をチェックしているということです。

理由として、応募者と会社の温度間を確認することで、応募者が自社に対して理解があるのかどうかを知り、企業側も納得のいく採用理由が欲しいからです。

解答ポイントは、応募企業の特徴を把握したうえで、志望理由を考えるということです。応募企業の事業内容や、企業理念等と交えながら考えると良いでしょう。

また、前職の経験を活かして、「私の前職における○○という経験をもとに、△△である御社で、□□ということに貢献していきたいと思い、志望しました」といった回答を心がけてください。

どのように転職先で貢献できるのか明確に伝えるには、十分な情報収集が必須です。

回答例

これまでの営業経験を活かして、これから新しい事業展開を考えていらっしゃる御社の〇〇をより多くのお客様にお届けできるよう営業企画に貢献したいと思い応募させていただきました。

おすすめの転職エージェントを見てみる

転職の面接で印象をよくしたい!!人事にウケのいい逆質問とは?

面接の終盤に必ずと言っていいほど聞かれる「何か質問はありますか?」という一言。

これは自分のことを人事に自己PRするチャンスでもあります。

事前準備をきちんとして、印象アップを目指しましょう!

気を付けるべきポイント

1)調べてわかることは聞かない

応募要項やHPで調べればわかる内容や、面接中に説明があった内容についての質問は、印象を悪くしてしまうのでやめましょう。

企業研究を何もしていないのだなと、相手に思わせてしまいます。また、面接官が既に説明した内容を再度聞くことで、人の話が聞けない人だと判断されてしまいます。

2)待遇に関してはあまり聞かない

待遇についての質問ばかりしていると、マイナス印象になりかねません。労働条件や福利厚生に関して確認する質問は、決して悪くはありません。

しかし、一次面接の時点でそればかりを聞いてしまったり、聞き方によっては、権利主張が強すぎるや仕事に対してやる気がないと悪印象になってしまいます。タイミングや聞き方など細心の注意が必要です。

3)2択の質問はあまりしない

話が膨らまず、盛り上がることがないため、極力イエス・ノーで答えられる逆質問も避ける方が良いでしょう。

例文

「私のこれまでの経験で足りないものがあれば教えてください。また、入社までに勉強しておくべきことがあれば教えていただけますか。」

という質問は入社後をイメージし、スキルアップに必要なことを聞くことで、働く意欲をアピールすることができます。

少し注意する点としては、相手によっては挑戦的な態度と取られることもあり得るため、それまでの面接の流れを考えて質問するのが良いでしょう。

「これまでの経験から、人間関係構築に関して、特に問題はないと思いますが、配属先の雰囲気を教えていただけますか。」

といった質問は、謙虚な態度で自分の長所をアピールすることが可能です。

「御社のこれまでのビジネスモデルの特徴は、代表者様の〇〇という理念から培われてきていると理解しておりますが、この新しいモデルの▲▲はどういった経緯で作られたのでしょうか。」

という質問は、情報収集をしっかりしたからこそ出来る「つっこんだ質問」で、面接官に良く研究してきたと評価してもらえる可能性が高いはずです。

サポートがしっかりした転職エージェントとは?

失敗したくない!転職の面接で最低限おさえておきたいマナーとは?

転職活動での面接はスーツじゃないとダメなのでしょうか?

面接の服装やスーツの着こなし方について解説していきます。

また、メールのやり取りや、面接時のマナーにも抑えて、万全な体制で臨みましょう!

人事にウケのいいスーツや服装とは?

  • 業界によって合わせる
  • ぴったり合うものを選ぶ
  • リクルートスーツはNG

の3つになります。

業界や職種によって選ぶ色は変わってきます。外資系企業や、金融、メーカーなどの業種であれば、黒や紺のダークスーツを、

逆にアパレルや航空業界であれば、さりげなくセンスの良さをアピールするのがよいでしょう。

髪型のポイント

  • 相手に不快感を与えないことが大切
  • 落ち着きがある髪の色
  • 清楚感のある髪型

の3つです。

前髪が長すぎていたり、髪を立てすぎている髪型はNGです。

髪色も、明るすぎる色は好印象を持たれません。

黒色が一般的ですが、落ち着いたたダークブラウンまでは許容範囲です。

また、女性の髪型で、お辞儀をした時に髪の毛が顔に掛かかる場合、またはスーツの前襟が隠れるくらい長い場合は、

ポニーテールのような高い位置で結ぶのではなく、後ろ低めの位置で結ぶ方が良いでしょう。

入室から退室までのポイントとは

  • 遅刻は厳禁!面接10分前には到着
  • 受付は5分前にし、早すぎないようにする
  • 携帯電話はOFFかサイレントマナーモードに設定
  • コートは入室前に脱ぐのが一般常識!
  • 入室する際のノックは3回し、返事を待ってから「失礼します」と声をかける
  • ドアを閉めるときは、面接官にお尻をむけないようにしながら、両手で閉める
  • 自己紹介や挨拶ははっきりと!挨拶が終わったら一礼すること
  • 促されてから椅子に座り、荷物は足元へ、コート類は足元か椅子の背もたれに置くこと

の8つあります。

転職活動での面接マナーができていないということは、社会人としてのビジネスマナーが身についていないということになります。

履歴書だけでは分からない、その人の内面も見られます。また、転職活動での面接マナーは、自分自身のビジネスマナーがそのまま表れます。

新卒の採用とは違って、転職は社会人が応募者のため、面接官は「社会人としてのビジネスマナーは身についていて当たり前」と考えています。

面接は自分自身をアピールするチャンスの場です。第一印象で損しないためにも、しっかりとポイントを押さえて、面接に臨みましょう。

面接のサポートをしてくれる転職エージェントはここ!

転職の面接でのメールの返信内容は大丈夫?注意すべきポイント

気を付けるべきポイント

効果的に日程調整メールを作成するポイントは

1)伝えたいことは簡潔に結論から

社会人としてどんなメールを送る場合でも、基本的なマナーとして、メール内容の順番は、下記のようになります。

  • 宛先
  • 挨拶(簡単なお礼など)
  • 本文(候補日を送る場合は3つ以上)
  • 締め
  • 署名(名前、住所、電話番号、メールアドレス)

2)24時間以内に返信

面接日程調整メールを企業から頂いたら、遅くても24時間以内に返信することが鉄則です。また、時間帯は午前9時から午後10までにメールすることが理想的です。

3)「Re:」を使用

企業から届いたメールへの返信は、基本的に件名は変えず「Re:」で返信しましょう。返信ではなく、自分からメールを送る場合は、メールを開かなくてもある程度の用件が伝わるように分かりやすく書くことが大切です。

4)本文は消去しない

企業からのメールへ返信する場合、本文は消さずに残したまま送信しましょう。

辞退するときの注意点は

転職面接を辞退する際に気をつけておくべきポイントは以下の3つになります。

  • 無断で辞退(ドタキャン)は絶対にダメ!
  • できる限り早く連絡
  • 電話連絡をする場合は、時間帯や場所に注意

この3つのポイントを押さえましょう。

面接辞退を決意したら、直ぐに連絡を取るようにしましょう。面接まで3日営業以上である場合は、メール連絡でかまいません。

面接前日や当日の場合は、確実に辞退する旨が先方に伝わるように、電話でのフォローも行いましょう。

また、電話で面接辞退を伝える際は、先方の営業時間以内で連絡をしましょう。その際、可能な限り忙しい時間帯は避けるほうが良いでしょう。

例1:面接辞退をメールする場合

株式会社●●●

人事部 ○○様

お世話になっております。

×月×日×時から面接のお時間を頂いている▲▲と申します。

この度、一身上の都合により面接を辞退させて頂きたく、ご連絡を差し上げました。

例2:面接辞退を電話で連絡する場合

「×月×日×時から面接のお時間を頂戴しております、▲▲と申します。

大変申し訳ございませんが、面接を辞退させて頂きたく、ご連絡を差し上げました。

誠に申し訳ございません。」

文章の添削をしてくれる転職エージェントとは?

自己分析はできている?早期に内定を獲得する秘訣とは

やはり「出来るだけ早く内定をもらいたい!」と思うのは当然です。では一体どうすれば比較的早く転職先から内定をいただけるのでしょうか。

内定の獲得率を上げる上で大切なことは?

重要なのは、審査に落ちるたびに凹んでしまうのではなく、その経験からダメだったところを学び、次に活かしていくことです。

頭の中では分かってはいても、いざ本番となると誰だって不安になるもの。

面接で最大限の力を発揮するためにも、日ごろから練習をしておくことをお勧めします。

信頼できる会社の同僚や上司、親などと面接へ向けての練習をする事で、慣れることができます。

また、自己分析をすることで、頭の中や、紙に書いているだけでは、本番で臨機応変に返答することができません。転職は能力勝負ではなく、努力勝負です。

面接対策、練習を怠らないことが早期内定に繋がり、今よりもキャリアアップにもつながります。

もし、同僚や上司、両親などに相談しづらい場合は、リクルートエージェントやマイナビエージェントなど、転職エージェントの利用がオススメです。

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーがつき、模擬面接や面談を行ってくれ、良い練習の場となります

信頼できる人からFBをもらう

自分自身で客観的に自己分析をして、面接を準備するのはなかなか難しいのではないでしょうか。

特に、転職活動中に何度か面接に落ちている状況で冷静になれる人は少ないでしょう。

だからこそ、第三者に客観的に自分の面接の悪い点やフィードバックをもらうことが大切になります。

身近な家族や知人、同僚に面接練習の相手になってもらうことも、もちろん良いのですが、できれば転職・面接のプロに見てもらうことが一番効果的でしょう。

転職エージェントは豊富な転職実績があり、面接のノウハウを持っており、的確なアドバイスをしてもらえます。模擬面接を行って、有益なフィードバックをもらうことも可能です。

そして何より、企業の人事担当者とも繋がっているため、本番の面接後にフィードバックをもらうことも可能です。

転職エージェントへの登録は、基本的に無料ででき、面接対策の他にも、転職シートの書き方や退職のサポート等、様々な転職サポートを行ってくれるので、転職成功には欠かせないパートナーとなるでしょう。

おすすめの転職エージェントを見てみる

転職サポートをして欲しいエージェントを逆指名!キュージェント

自分のことを理解してくれ、真摯になってくれる人に相談したい...」そう思っている方は少なくないと思います。キュージェントはエージェント会社ではなく、エージェント個人を指名することができる無料のマッチングサービスです。まずは自分が今後どのように人生を歩んでいきたいのか、色んな転職希望者をサポートしてきたプロから情報収集して、考えてみてはいかがでしょうか。

まずはエージェントを見てみる

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。


リクナビNEXT

  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら


マイナビエージェント

  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら


リクルートエージェント

  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら


DODA

  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら


JACリクルートメント

  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら


ハタラクティブ

  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら


キュージェント

  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

転職は面接の服装も大切?男女別!内定獲得率を上げる3つのポイント

転職活動も最終段階の「採用面接」までようやくこぎつけたものの、当日着用する服装は新卒採用者と同じリクルートスーツでいいの?私服以外で自分らしさをアピールでき、良いイメージを与え…

面接は受付から始まる?絶対に失敗しない転職のためのマナー講座

転職活動を始めるにあたって面接マナーに不安を覚える人は多いと思います。「面接のマナー、大丈夫かな?」「面接なんて、就職活動の時以来だ。マナーなんて覚…

転職の面接で質問に上手く回答したい!必ず聞かれる質問20選!

転職活動で書類選考を通過するといよいよ面接です。「面接で何を聞かれるのだろう」「どう応えたら良い印象をアピールできるのか」と不安に思う人は少な…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事