転職しやすい時期は決まってる!絶対に失敗しないタイミングを紹介

転職しやすい時期がいつか知りたい男女
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職をしたいと思っても、職場の状況や転職活動のことを考えると”今すぐ”に退職して転職をすることはなかなか難しいものです。

転職しやすい時期は何月なの?」「求人が沢山あるのはいつ?」など、転職が成功しやすい時期について月別、年代、性別などさまざまな角度から検証していきます。

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

転職のタイミングはどうやって決めるの?

現在の職場や仕事の不満が溜まりストレスを感じているからと、むやみに退職し転職に踏み切る事は、リスクも伴います。転職時期の決め方は大きく分けて2つあります。

  • ライフイベントをもとに決める
  • 採用ニーズに合わせて決める

ライフイベントをもとに決める

ライフイベントをもとに転職の時期を決める方法

今後控えている結婚や出産、家の購入や子供の進学などのライフイベントをもとに「転職時期」を考えるパターンです。

1〜3年といった、長期にわたる見通しが必要になってきます。たとえば、3年後に家を建てる資金をためるために、今年中にもっと年収の高い企業に転職しよう。

といった「未来の予定からさかのぼって」転職時期を割り出し、活動に移すパターンです。

このように、「今はとにかく稼ぎたい!」・「仕事ばっかりじゃなくて、程よく遊びたい」など転職の際に求めるものは、人それぞれ違うものです。

自身の将来設計をもとに考えることで、「いつ転職すべきか」がきっと見えてくるはずです。

採用ニーズに合わせて決める

4月入社や9月入社を目指して活動する「1年のうちでいつ転職するのが最適か」を考えるパターンです。

市場的に転職しやすいといわれる時期や、対象職種の求人が増えるなど、その時期特有の転職事情により活動に適した時期を指します。この考え方はとても大切です。

希望の仕事の募集がほぼ終了した時期と知らず、転職活動をしたとします。そこで不採用が続くと「自分の能力が足りないからだ」と勘違いをしてしまうかもしれません。

せっかく転職に踏み切り、頑張っていこうとした矢先にそんな事態に至ってはもったないです。

旬の魚は旬にしか獲れないように、希望の仕事もその仕事特性上求人の発生時期はだいたい固まっています。時期を踏まえて活動することで、はじめて自分の能力で勝負できる土俵に上がれます。

このように、自身の希望と採用ニーズにあった時期を見極めることが、転職を成功させる第一歩と言えます。

転職の相談はエージェントが徹底サポート

月ごとに転職事情はどう違う?

月ごとに異なる転職事情を説明

4月~5月の転職事情

4月

新入社員の受け入れや、研修のスケジュールなどにより企業側も忙しい時期なので、中途採用は行っていない可能性もあります。

しかし、あえて教育期間を新卒も中途も同じ時期にしている企業もあるので、4月入社を目途に転職活動を行うことは可能です。

5月

月初はGWがあります。企業側の採用担当者が休暇を取ると、スムーズな転職活動が行えない場合があります。

しかし、新人研修が終わった段階で中途採用に力を入れるという企業に対しては、採用のチャンスとなりえます。

6月~7月の転職事情

6月

一般的には夏のボーナスが支払われる時期です。「ボーナスを貰ってから辞める!」という方も多く、9月の秋入社のための求人が増え始めます。

7月

企業によっては夏季休暇の取得が可能になる時期です。働きながらの転職活動の際は、面接のスケジュールなどが組みやすくなります

8月~9月の転職事情

8月

お盆休みや暑い時期ということもあり、転職活動を積極的に行わない傾向にあります。そのため、求人数が特に増える時期というわけではありませんが、求人倍率が下がる傾向にあり、転職しやすい時期といえます。

9月

年末の退社に向けて、転職について考える人が増えてくる時期です。優良求人に対する競争が激化しやすくなる可能性があります。

10月~11月の転職事情

10月

企業側では、人事異動が行われる時期。人事部門が繁忙期であるため転職活動には不向きです。

しかし、人事異動によって企業内でも初めて顔を合わせる人が多く、入職者にとっては関係値を築きやすくなる可能性もあります

11月

年末が近くなり「冬のボーナスを貰ったらやめる!」「年が明けてから転職活動をはじめる」という方が増えるため、この時期は転職希望者の数も落ち着く時期です。

1月~12月の転職事情

12月

年末に向けて、人事だけではなくいろいろな分野で忙しくなっていく時期です。そのため、企業側も採用面であまり時間もさけず、仕事をしながらの転職活動も難しくなってきます

1月

年末同様に年始では、新たな求人が増える時期ではありません。しかし、4月の入職を目指すなら、この時期から動き出す必要があります

2月~3月の転職事情

2月

年末年始の繁忙期が過ぎて、企業側も落ち着いてきている時期。ただし、風邪やインフルエンザなどが流行りだしてくるので、体調管理が重要になってきます。

予定していた面接を風邪のためキャンセルとなると良い印象は与えないので気を付けなければいけません。

3月

新卒や中途など4月入社が控えている時期であるため、転職活動を始める時期としては遅いといえます。また、企業側も新しく採用する人材を探すタイミングではないため転職活動にはおすすめできない時期です。

転職の相談はエージェントが徹底サポート

男性が転職で成功する時期は?

男性が転職で成功する時期はいつ?

転職するタイミングが私生活のライフイベントや採用ニーズによることは前述したとおりです。しかし、「キャリアアップして、活躍したい!」といった、自身の社会的価値を上げたいという思いも、男性が転職を考える際にはあります。

ここでは、キャリアアップをしたい方の未経験分野への転職の時期について解説していきます。

未経験の分野へ転職

未経験の分野へ転職する際は社会人3~4年目の間に行うのがいいでしょう。

社会人として数年働いた後に、異なる業界や職種への転職を考える際に不安な点として、

  • 自分より年下の方が経験値が高い
  • その分野が本当に自分に合っているのか不安

などがあげられます。

しかし、数年の差であれば、すでにその業界で働いている人を追い抜ける可能性もあります。また、仮に転職した先の分野が自身に合っていないと気づいても、20代であれば、また転職することもリスクが少なくて済みます。

また、社会人を数年間経験しているため、最低限のビジネスマナーだけではなく、分野が違っていても発揮できるスキルをすでに取得している可能性もあります

ですから面接などの際は、自身の今までの経験と、それを新しい分野でどう生かせるのかをアピールすることが大切です。

このように未経験の分野へ挑戦することは、精神力や体力、何よりその分野で活躍したいなど意欲的でなければなりません。

女性が転職で成功する時期は?

女性が転職で成功する時期はいつ?

男性と同じく20代前半が成功しやすい時期と言えます。

厚生労働省の調査によると女性の場合20歳~24歳以降の入職率が急激な下降傾向にあるため、競い合う相手も少ないからです。

20代後半では、転職はできないの?

20代後半であっても転職ができないということはありません。しかし、男性の転職とは違う点が女性にはあります。それは、結婚や出産が控えているということです。

近年では女性の初婚の年齢が25~29歳が最も多くなっています。産休育休に入ると長期的な休暇が必要となり、復帰後も子育てのために時短勤務や急な休みが必要となるケースも増えてきます。

厚生労働省の調査によると、25~29歳で結婚や出産を機に退職した割合が女性は男性の約11倍という結果でした。

そのため、企業側は即戦力ではない限り入職後すぐに結婚や出産を控えている女性の採用に難色を示すことがあります。

このように女性が転職を考える際には、キャリアアップだけではなく結婚や出産、子育てなどプライベートと仕事の両立を考慮に入れる必要があります。また、プライベートを重視して安易に退職をしてしまうと、再就職の際に上手くいかない場合もあります。

しかし、男性でも育休を取得でき、社会で活躍する女性も増えてきているので、しっかり企業を選ぶことで女性の転職も成功しやすくなるでしょう。

年齢・年代で転職の成功率は変わる?

年齢・年代で転職の成功率は変わるのか比較している

男性や女性の転職の時期についてご紹介しましたがここでは”年代”に絞ってご紹介します。

【20代】第二新卒の転職が活発化

入社したら3年以内に会社を辞めてはいけないという傾向もありました。しかし近年は、教育しやすい第二新卒の採用市場も活発で、社会人1年目の転職希望者の採用も多いようです。

20代は、他の年代に比べて、若く将来性がある年代ですから知識を吸収し、様々な経験を身に付けるべきです。転職によってよりスキルを磨けるのであれば転職をすべき時期といえます。

実際に経験をしてみないと自分のしたいことや適したことをみつけにくい年代でもあります。しかし、キャリアの幅や方向性を探す意味でも、転職活動をすることは様々な会社や仕事を知る機会にもなります。

20代の転職に強い転職エージェントはこちら

【30代】キャリアの方向性が決まる時期

キャリアアップのための転職をする時期です。30代は役職に就く年代で、重要な仕事も任され、20代で積んだ経験を活かす機会が増えてきます。

自身のこれまでの経験をもとに今後にどう生かしていくのかなどを基に転職を考えることが大切です。そうすれば給料だけではなく、自分の市場価値を高めていくことができます。

30代の転職に強い転職エージェントはこちら

【40代】転職事情は厳しい傾向にある

40代ともなると転職は厳しくなってきます。

社会人経験が20年近くになるということはそれだけの経験値を採用側は求めてきます。「新しい職場で発揮できるものはなにか?」ということを基に、慎重に転職時期や転職したい理由等を見定めた上で活動を始めることをおすすめします。

40代の転職に強い転職サイトはこちら

いつ転職すればいいか分からない!転職サイトに相談すべき3つの理由

転職サイトは様々な相談に乗ってくれる

転職の手順や優先順位を決めてくれる

転職に不慣れだと、そもそも何から始めていいのか、わからないものです。そんな時、転職サイトに登録をしていれば、転職のプロであるエージェントが、手順はもちろん転職活動の優先順位を決めるポイントなども指導してくれます。

転職支援サイトよっては転職ガイドの資料を配布したり、セミナーも開催しています。何よりキャリアアドバイザーが転職のナビゲーター役として求職者を全面的にバックアップしてくれます。

その都度相談にのってくれる「心強い味方」であり、初めての転職であったとしても安心です。

親身になって相談に乗ってくれる転職サイト一覧はこちら

最適な転職時期を提案

自分で適した転職の時期を決めることは難しい判断です

なぜなら、希望の職種の求人が多いか少ないかの判断もつきづらく、キャリアプランを持っていたしても転職市場や業界動向について知らない人がほとんどだからです。

転職エージェントには、業界ごとのビジネスの流れや知識が豊富に蓄積されています。

それをもとに、求職者の会社の業界や仕事内容、状況によって転職しやすい時期を割り出してくれるのです。

さらに、多くの求職者のキャリア設計やライフイベントについてカウンセリングをしてきたため、将来の選択肢も提示してくれるでしょう。

親身になって相談に乗ってくれる転職サイト一覧はこちら

企業の採用から入社まで徹底サポート

転職活動では、選考や内定、入社日といった時期の調整も悩みどころです。

今の仕事を続けながらスケジュールをたてることは、難しいですがそのような煩わしい部分も転職エージェントが代わりに手配してくれます。

また、面接などで現職を休む時の調整の仕方、上司へ退職の意思を報告するタイミング、退職願の書き方や円満退職の仕方までサポート内容は充実しています。

このように、選考から内定までの流れを熟知しているので、求職者を徹底フォローしてくれます。

転職エージェントが不安や悩みを情報提供して解決!キュージェント

自分のことを理解してくれ、真摯になってくれる人に相談したい...」そう思っている方は少なくないと思います。キュージェントはエージェント会社ではなく、エージェント個人を指名することができる無料のマッチングサービスです。まずは自分が今後どのように人生を歩んでいきたいのか、色んな転職希望者をサポートしてきたプロから情報収集して、考えてみてはいかがでしょうか。

まずはエージェントを見てみる

どのサイトを選べばいいの?転職サイトの選び方

転職サイトの選び方を知りたい

転職サイトを選ぶポイントは3つあります。

  • 大手
  • 実績
  • 求人数

大手かどうか

大手の転職エージェントであるという事は歴史がある転職エージェントである可能性が高いです。つまり歴史があるという事は、今まで多くの転職希望者を成功に導いてきた転職ノウハウが数多く存在するという事です。

実績があるか

転職実績の良い悪いは、キャリアコンサルタントの質の高さで決まります。

質の高いコンサルタントほど、転職希望者の要望と企業の求める人物像を引き合わせ、交渉力で転職希望者を転職成功へと導きます。

したがって実績があるという事は質の高いキャリアコンサルタントがいる証でもあるのです。

求人数

求人数が多いという事は、全ての業界の求人をまんべんなく取り揃えているという事です。求人が薬剤師、外資系、公務員など多種多様にあると、自分に合った好条件の求人を数多くの求人情報から選べます。

気になる求人が多い場合は、コンサルタントと相談する事で最適な求人情報を紹介してくれます。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。


リクナビNEXT

  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら


マイナビエージェント

  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら


リクルートエージェント

  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら


DODA

  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら


JACリクルートメント

  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら


ハタラクティブ

  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら


キュージェント

  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

転職の進め方|好条件求人の探し方3選とメリット・デメリット比較

「初めての転職で、何から手をつけたらいいのかわからない…」「正しい転職の進め方ってあるの?」 新卒時と異なり、中途の転職活動には…

退職のタイミングはいつがいい?転職までの流れと退職の伝え方のコツ

転職活動が無事終わり希望の転職先から内定をもらうことができたとしても、最後に円満退職するという仕事が残っています。 「転職は決まったけど職場への話の切り出し方がわからな…

転職の退職理由で失敗したくない!例文で学ぶ好印象を与えるコツ

退職理由の伝え方は退職交渉や中途採用の選考でもよく難関となります。「退職理由でマイナス印象になりたくない」「退職理由の伝え方で失敗したくない」…

履歴書の書き方が分からない!転職で差がつく完璧な履歴書作成のコツ

転職を成功させるにはまずは「履歴書」でいかに自分を印象付けるかが大事!とは言われますが非常に難しく感じるものです。 そこで志望動機を含めたアピールポイントのコツなど自信…

転職は志望動機で決まる?例文を紹介!絶対失敗しない書き方のコツ

履歴書や職務経歴書を書く際に、「志望動機に何を書いたらいいかわからない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか? 志望動機は企業の採用担当者が特に重視する欄です…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事