第二新卒向けの説明会は役に立たない!参加せずに転職成功する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用では就職活動の第一歩として一般的な合同説明会ですが、第二新卒者も説明会に参加する必要があるのでしょうか?

転職フェアや企業独自の説明会などさまざまですが、何をする場所なのかよくわからないという声も多く聞こえます。そこで、この記事では第二新卒者にとっての説明会の位置づけについて説明していきます。

             
★厳選!20代におすすめの転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
マイナビ
エージェント

【20代】
20代からの信頼度がNo.1!

詳細

リクルート
エージェント

【全年代】
業界最大手の求人数

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

第二新卒は説明会に参加しなくてもいい!

転職に悩む男性

新卒として一度は就職活動の経験者であるとはいっても、第二新卒(卒業後3年程度の既卒者対象)としての転職では、どこからどのように手を付けたらよいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

新卒であれば、まずは合同説明会に参加という雰囲気があったかと思いますが、第二新卒者も同じように説明会に参加すべきかは迷う点だと思います。

そもそも、合同説明会や転職フェアなどと呼ばれる多くの参加企業が一堂に会するタイプの説明会は、企業情報の収集という意味合いが強いものです。

そのため、どの企業に応募するかの判断材料とはなり得ますが、説明会の参加者を優遇して採用を有利に進めるわけでは決してないといえるでしょう。

説明会の内容や第二新卒者が参加しなくてもよい理由など、詳しくは、次のセクションから説明していきます。

 

合同説明会や転職フェアは企業を知る場所

合同説明会や転職フェアは、転職希望者と企業の出合いの場と考えることができます。

特に認知度の高くない中小企業などからすると、まずは自社を知ってもらい、魅力をアピールできるチャンスとして、説明会に参加していることも多くあります。

説明会の中で自社に興味を持っている人材や求めるスキルや能力、技術を持った人材に積極的にアピールして応募に繋げることも可能でしょう。

企業情報を集めるためなら、合同説明会や転職フェアは最適

このような背景を考慮すると、まずは採用情報集めをしようと思っている第二新卒の転職希望者にとっては転職フェアの参加は意義があるでしょう。

また、転職を漠然と考えてはいるものの、職種や企業についての知識や明確な希望がない場合にもおすすめです。

転職フェアには、さまざまな企業が出展していますので、もともとは興味がなかった企業の魅力に気づくなど、視野が広がる可能性があります。

 

会社独自の説明会は選考の意味も含まれる

採用担当が履歴書や職務経歴書を比較している様子

会社説明会とは、出展企業側が志望者を募集するために、自社をより知ってもらおうというスタンスで開催するイベントのことで、基本的に予約不要で参加可能です。

多くの企業が集まる合同説明会では、プレエントリーの機会となる場合はあるものの、説明会の参加者の採用が優先されることや、説明会が選考過程の一部であるということはほとんどありません。

ただし、一社による単独説明会については 「採用選考の場」として位置づける企業も多く存在しています。

そのため、説明会に予約するタイミングからマナーに気を付け、当日もふさわしい服装での参加や、先輩社員とのフリートークでの積極性や質疑応答での前向きな質問など、常に採用担当者にアピールする気持ちで臨むことをおすすめします。

また、当日は、面接や筆記試験があるかもしれないという心づもりをしておいた方がよいでしょう。

第二新卒が説明会に参加したリアル体験談

23歳 女性 不動産営業

転職をしようと思い始めてから、何をすればよいのか分からずとりあえず同期と一緒に転職フェアに参加しました。

色々な会社が来ていたのですが、どこも知らない所ばかりでした。

さまざまな会社を知ることができたのと、その会社で実際に働いている人から話を聞けたのはとてもよかったです。

ただ、結局のところ、やりたい事が決まってなかったので、どこの会社が良いのかは分からず、気になる会社のパンフレットだけもらって帰りました。

転職活動のイメージが全く沸いていなかったので、説明会に参加したこと自体は、就活をしてた時を思い出すことができて良かったと思います。

第二新卒が説明会に行かずに転職を成功させる方法

採用に直結するとは限らない説明会とは異なり、就職エージェントを上手く利用すれば転職で成功を収める可能性が高くなります。

特に、キャンリアに迷いがある、求人検索するもののいい案件に巡り合えない、転職の進め方がわからないなどという人も多い第二新卒の転職希望者にとっては、転職エージェントの方がおすすめです。

 

転職方法には転職エージェントと転職サイトがある

転職エージェントと転職サイトの違いを説明する女性

転職活動の中で転職情報を探す際にはオンラインの転職支援サービスである「転職サイト」や「転職エージェント」を利用することが一般的になってきました。

また、対面式の転職イベントである説明会についても、転職エージェントや転職サイトによる主催であることが多くあります。

響きのよく似た言葉である転職サイトと転職エージェントですが、この二つには専任コンサルタントの有無という決定的な違いがあります。

転職エージェントは専任の転職コンサルタントと面談をし、求職者向けの適性に合った転職先を紹介してもらえる人材紹介サービスです。

一方、転職サイトはコンサルタントがを仲介役となってくれるわけではなく、WEBサイトより自分自身で求人情報を検索し、直接企業へ応募する必要があります。

 

転職エージェントならサポートも充実

非公開求人を扱う転職エージェント

転職エージェントとは、無料で求職者の相談に乗ってくれ、求人紹介から面接のセッティング、手当、給与などの条件交渉、書類選考や面接へのアドバイスなど転職に必要なサポートを一手に担ってくれる人材サービスです。

転職希望だが、自分がやりたいことがわからないという人も多い第二新卒者にとって、キャリアコンサルタントに相談しながら自己分析を行え、求人を紹介してもらえる就職支援サービスは利用者のメリットが大きいでしょう。

転職エージェントは、紹介した求職者の入社に対して、企業から成果報酬をもらう仕組みとなっています。

そのため、転職エージェントのコンサルタントは、企業の採用担当者が求める人材をしっかりと把握しており、高い採用実績を見せています。

また、非公開求人もたくさん有しています。内定後のフォローにも対応してくれるため、転職に不安を抱えている人には安心の存在となってくれることでしょう。

情報収集や日程調整など、在職中の人にとっては忙しくて手が回らない部分にも転職のプロであるコンサルタントの人がサポートしてくれます。

自分一人で就職活動を行うよりも、スムーズに第二新卒の転職を進めることができるでしょう。

第二新卒におすすめ転職エージェント3選

転職エージェントには、年代・性別(女性の求人専門など)・職種で得意分野があるため、第二新卒向けの求人サイトを選ぶことが重要です。

自分に合ったサイトを選択することで、実務経験不要、未経験歓迎など求められる採用条件、経験とマッチングさせ、効率のよい採用活動へとつながります。

また、第二新卒に特化しているエージェントを利用することで、キャリアプランの設計や現在の仕事の退職に関する相談など第二新卒ならではの悩みに対しても、応募者に寄り添った的確なアドバイスを期待できるでしょう。

若手人材向けの大手転職エージェント|マイナビエージェント

マイナビエージェント
  • 丁寧さが評判のサポート体制
  • 豊富な求人数
  • 第二新卒のための求人を多数所有

マイナビエージェントでは、職務経歴書・履歴書の添削、面接対策など、丁寧な就業支援が評判となっています。

また、業界トップクラスの案件数を誇り、特に中小企業を対象とした独自案件に強いと評判です。

なお、マイナビグループは元々新卒採用の事業を運営している会社であるため、未経験でも人物重視の案件が多く、第二新卒者には利用しやすいといえるでしょう。

マイナビエージェントに無料登録

ビジネスマナーや社会人の基礎が学べる!|JAIC

jaic
  • 充実の営業研修
  • 経歴に関わらず正社員求人の紹介
  • 営業職への転職に強い

JAICでは営業研修が提供されており、基本的なビジネスマナーから実践的な営業力強化のノウハウまで充実のセミナー内容です。

また、研修を修了後は、学歴や既卒歴などのハンデに関わらず、どんな経歴の登録者にも正社員の求人紹介を受けることが可能です。

JAICは営業系の求人に特に強いエージェントですので、総合職を希望する人よりは、未経験から営業職への転職を目指す人におすすめです。

JAICに無料登録

学歴や職歴は不問!就職率96%|DYM就職

DYM
  • 書類選考不要で、面接へ
  • 就職率96%の高い実績
  • 地方での就職にも対応

DYM就職ではキャリアアドバイザーが応募者の希望をきちんとヒアリングして、企業とのミスマッチを防いでいるため、職歴や学歴問わず、書類選考なしで企業担当者(人事担当者)との面接へ進むことが可能です。

また実績も高く、第二新卒・既卒者・フリーター・ニートでも96%が正社員になっていると公式ホームページに記載されています。

DYM就職には全国7箇所に面談の開催地が設定されているため、大阪、東京などの都市部に限らず、地方の就職もカバーしているといえるでしょう。

DYM就職に無料登録

第二新卒の求職者におすすめサイト・エージェント一覧

企業からの採用ニーズも高い第二新卒ですが、「次は、失敗したくない!」と思っている第二新卒の方も多いはずです。

失敗しない転職のためには、まずはサイト選びからです!!

転職サイトや転職エージェントは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

DYM
  • フリーター・ニートも登録OK!
  • 既卒・第二新卒も歓迎
  • 学歴や職歴も不問

相談からの就職率が96%と高く、最短1週間で入社も可能なスピード感も魅力!
公式サイトはこちら

JAIC
  • すべて正社員求人
  • 『就職講座×面接会』を全国各地で実施中!
  • 厚生労働省認定の職業紹介優良事業者だから安心

取材をして求人を集めているから信頼性も高く、就職後の定着率は94.3%
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

リクナビNEXT
  • 誰でも登録可能!
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

転職成功者の8割が使う王道サイト。ホワイトな優良求人を探すならこのサイト。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

転職するなら入社3年目以内!企業が若手に求めるものと成功のコツ

「3年以上働いてからでないと、転職できないの?」 「どうして“最低でも3年は働くべき”っていわれるの?」 転職活動の際、よく耳にする「転職するなら最…

  • 🕒
  • 2019.06.25更新

1年目の転職は失敗する?メリット・デメリットと転職理由の上手な伝…

就職活動を経て、内定が決まり、ワクワクした気持ちで新社会人をスタートさせた方は多いでしょう。 しかし、「実際に働いたら思ってたのと違った」「…

  • 🕒
  • 2019.06.18更新

第二新卒が履歴書に求められる内容は何?おすすめの書き方と注意点

採用担当者の第一印象を左右する履歴書。「履歴書に特別な書き方があるの?」「履歴書と職務経歴書の違いは?」など、初めての転職を行う第二新卒の方に…

  • 🕒
  • 2019.02.25更新

第二新卒はいつまで?新卒扱いで企業が採用する理由と転職成功の秘訣

「第二新卒って転職に有利?」と転職を考え始めた時、気になるのはその条件と定義ではないでしょうか?"第二新卒"について詳しく知っている人は意外と少なく、また

  • 🕒
  • 2019.02.15更新

第二新卒の転職は学歴不問?面接で失敗しないためのポイントを解説!

「自分は高い学歴がないけど…第二新卒で大手企業へ転職できるの?」と自分の学歴に悩む人も多いでしょう。 新卒採用時には、学歴で書類審査や採用のフィルターをかけている…

  • 🕒
  • 2018.12.28更新

第二新卒が面接で失敗しないスーツ選びとは?身だしなみの基本を解説

「新卒の面接時はリクルートスーツだったけど第二新卒だと何を着ればいいの?」と迷う人も多いでしょう。就職活動に限らず、第一印象は人物の評価に大きく影響を及ぼすため、服装の…

  • 🕒
  • 2018.12.28更新

第二新卒が面接で失敗しないためには?好印象を与えるポイントを解説

第二新卒の方が面接対策を考える際には「面接で何をアピールすればわからない」と悩むことも多いのではないでしょうか?この記事では企業の人事担当者に好印象を与えるための面接の…

  • 🕒
  • 2018.12.26更新

第二新卒の平均年収は?転職で給料アップにつながるコツと注意点

若いうちにキャリアアップするための絶好の機会として第二新卒での転職希望者が増えてきています。 「第二新卒で転職したら年収上がるのかな?」「年…

  • 🕒
  • 2018.12.06更新

第二新卒にベストな転職時期は?絶対に失敗しないために必要な準備

第二新卒の就職活動は、新卒と異なりさまざまなサポートや説明会が少なく、またはっきりとした就活の時期が定められていません。だからこそ、「第二新卒の転職活動の時期は一体いつ?

  • 🕒
  • 2018.12.06更新

第二新卒の就活は厳しい?次こそ失敗しない効率が良い転職成功の方法

「第二新卒の就活って厳しいの?」「今度こそ就活を成功させ、充実した社会人生活を送りたい!」など、転職活動に悩みを抱える第二新卒者のために、おす…

  • 🕒
  • 2018.12.06更新

第二新卒向けの転職エージェントはあるの?おすすめの大手5社を比較

「第二新卒者にはブラック企業求人しか紹介してもらえない」「女性目線で担当者に親身にサポートしてもらえるところはないの?」などという転職の悩みを…

  • 🕒
  • 2018.11.29更新

第二新卒の大手転職は難しい?失敗しない転職方法と転職のタイミング

「新卒で就職して、まだ社会人経験はあまりないけど、転職がしたい!」とお考えの皆さまへ、第二新卒の転職を考えてみませんか?労働力不足の今、採用側は経験…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト