第二新卒にベストな転職時期は?絶対に失敗しないために必要な準備

転職の時期を悩んでいる女性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第二新卒の就職活動は、新卒と異なりさまざまなサポートや説明会が少なく、またはっきりとした就活の時期が定められていません。だからこそ、「第二新卒の転職活動の時期は一体いつ?」と思う人は多いでしょう。

第二新卒の転職を成功させるには、採用ニーズに合わせたスケジュールを立てることが大切です。より効果的に会社選びをし就職成功率を上げていきましょう。

             
★厳選!20代におすすめの転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
マイナビ
エージェント

【20代】
20代からの信頼度がNo.1!

詳細

リクルート
エージェント

【全年代】
業界最大手の求人数

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

第二新卒が転職にベストな時期はいつ?その理由は?

それでは、第二新卒の転職に適しているベストシーズンは一体いつなのでしょうか?一般的に1〜3月、7〜9月と言わています。

この時期がなぜ転職活動を行いやすいかというと、採用する企業側の決算時期と関係があります。

1~3月は人材の入れ替え時期

まず、1〜3月は年度末でもあるため、企業の決算期です。特に1〜2月は繁忙期である会社が多いですが、3月からは新年度の4月に向けて新卒の受け入れや人事異動等大きく社内のポストや体制が変わる前の準備期間に入ります。

人事としても新しい人材を受け入れたる体制を整えはじめると同時に社内の空いたポストの調整に入る時期でもあります。

また、4月入社は企業側にとって社員研修等入社時に行う研修や諸手続きを同時に行え、大幅にコストを削減できるという大きなメリットもあるため、企業側としても積極的に採用活動を行なっている時期といわれています。

一方、第二新卒にとってこの時期に入社するメリットは、新入社員への会社のフォローが必然的に手厚くなるため充実した研修を受けることができ、同年代の同期が多いことも人間関係を構築していく上で心強いことでしょう。

7~9月はボーナス後の退職が増える

次に7〜9月は、3月を決算期としている企業は7〜9月はちょうど半期の区切りの時期に当たるため、年度末と似たような人事の動きが出てきます。

特に6〜7月にかけて支給されるボーナスを受け取ってから退職や転職を考える人が多いので、これらの空いたポストや必要な人材を補うために企業は採用計画を新たに立てる時期になります。

また、10月入社のメリットとしては、4月入社と比べて同期の数は減りますが、その分、世代や経験分野の異なる人たちと同期入社できます。

異なる経験を持っているからこそ、自分自身を磨くよい機会ともなりますし、企業の「即戦力」としての周囲の期待も大きいです。

実際の業務にすぐに取り掛かることを希望する人にとっては10月入社は大きなチャンスとなるでしょう。

第二新卒の転職時期は新卒3年未満!実は転職に有利だった!

転職エージェントの複数登録で転職成功する男性

ところで「第二新卒」の定義ってご存知でしたか?新卒や既卒との違いや、自分が「第二新卒」の条件に当てはまるかどうか不安な方もいるでしょう。

一般に「大学を卒業した後、一度就職したものの入社から3年未満で離職した23〜27・8歳くらいまでの人」を指します。一度も就職をしたことがない人は含まれません。

ただし、これらの基準は採用する企業によっても異なるので、実際は明確な定義はありません。しかし第二新卒の「数年ほど社会人経験を積んでいる」という点が転職に有利であることはぜひ知っておいてください。

第二新卒の転職が有利な理由!

第二新卒はなぜ転職に有利なのでしょうか?企業が第二新卒を求める理由は主に3点あります。

第二新卒が有利な理由1

まず、第二新卒は社会人として、基本的なビジネスマナーやスキルを身につけていると考えられ、入社後、早期の段階からOJT教育が可能で採用時にかかるコストを大幅に下げることができるからです。

第二新卒が有利な理由2

次に第二新卒は仕事に対するモチベーションが高い傾向にあると企業側は見ています。3年未満とはいえ、すでに一度社会に出て仕事をこなしている分、自分のビジョンが比較的明確であるため、キャリアアップを目指した入社意欲が高い人が多いからです。

第二新卒が有利な理由3

最後に第二新卒は、前職の企業文化に染まり切っていないため、転職後の新しい社風にも柔軟に対応していく人が多いと考えられています。

前職を辞めたことに対して転職活動に不安を抱えている人もいるでしょう。しかし、企業は第二新卒の採用にとても意欲的です。

これは第二新卒として転職を成功させるためのポイントを押さえ、転職活動を有利に進めるチャンスです。

第二新卒の転職割合は意外に高い!

企業の第二新卒に対する評価と採用意欲は年々高まってきています。厚生労働省が発表した「一般職業紹介状況(平成29年4月分)」について」によると、リーマンショックの影響を一時的にうけてはいますが、求人数は回復傾向にあり、2009年以降有効求人倍率は上昇しています。

また、中途採用でもキャリアを積んだ経験年数の高い人材の採用競争から、将来の可能性の大きい第二新卒のポテンシャル採用に切り替えた大手企業が増加傾向にあることがさらに拍車をかけている状況でしょう。

厚生労働省の『新規学卒者の離職状況(平成29年度)』によると、中小企業から大企業まで平均して3割程度の人(およそ年間10万人)が就職後3年のうちに離職しています。

これは3年未満で退職する人が多い分、その世代が人材不足であることを示すと同時に、第二新卒にとって、今が転職活動に有利な状況であることも示しています。

第二新卒は転職準備を入念に!

第二新卒として転職を考える時、第二新卒の若さや柔軟性が強みになる一方でやはり短期間で会社を辞めたということは弱みになります。

次は絶対同じ失敗はしたくない!」と思うからこそ、第二新卒の転職活動のスタートは、早期退職に至った原因を含め、転職活動の方法を新卒の時とは異なる視点で入念に準備しましょう。

第二新卒の転職に必要な準備は?

転職は年代や業種を問わず、通常次の⑴〜⑸ような流れで進めていく場合が多いです。

事前準備
転職活動でもっとも大切なことは、転職の目的と自分の会社選びの「軸」をじっくり時間をかけて定めることです。自分の希望条件は何でしょうか?前職での経験を通して自己分析を行なってみてもいいでしょう。
情報収集
次は就職先となる企業選びです。業界での実績や将来性、社風、業務内容、希望する職種など、事前の企業研究は入念に行なっておきましょう。
書類作成・応募
情報収集の次は、エントリーに必要な履歴書や職務経歴書などの書類を準備します。
面接
書類選考合格後、面接の日程を担当の面接官と調整する場合が多く、中途採用の面接では退職理由や前職での経験などについてよく聞かれるので面接対策をしておきましょう。
内定・退職・手続き
内定が出たら、働いている人は退職の意向を退職日1ヶ月半前〜2ヶ月までに上司に伝えましょう。業務の引き継ぎや取引先への挨拶などは退職日までに終わらせましょう。

転職活動は3カ月が目安!

基本的に転職活動のスタート時期は、その活動に必要な期間から逆算して決めましょう。一般的に転職活動にかかる期間は、1〜3ヶ月程度です。仮に、4月入社を目指す場合は1月頃から転職活動を始める計算になります。

ただし、転職活動に要する時間は人によって異なるでしょう。一番大きな違いは、在職中か離職中かという点です。

特に在職中の場合は、今携わっている仕事の引き継ぎ期間も念頭に入れておかなくてはなりません。仕事の調整をしながら面接選考のスケジュールを組むことになり、必然的に転職活動期間は延びやすい傾向にあります。

また、離職中の人などは転職活動を始めた時期が求人広告自体が少ない時期だと、希望通りの転職が行えません。

少しでも転職を考え始めたら、転職エージェントに相談をしてみましょう。転職エージェントに登録すれば、転職時期を含めあなたに合った適切なサポートが受けられるでしょう。

第二新卒の転職には転職エージェントがおすすめ!

マイナビエージェントのキャリアコンサルタント

第二新卒の転職活動は、新卒で就職活動をするのとは大きく異なります。就職活動の時期が定まっていない分、自分で退職時期や会社選び、面接の日程調整などを行いながら進めていかなくてはならないので、精神的にも肉体的にも疲れてしまうことがあるでしょう。

初めての転職に大きな不安や悩みを抱えたり、自分の可能性や自己PRポイントを見失ってしまいそうになることもあるでしょう。

そんな時は、ぜひ転職エージェントのサービスを利用するのがおすすめです。担当のキャリアアドバイザーがついてさまざまなサポートを無料で受けることのできます。

主な転職エージェントのサポート内容は、期限がありません。自分のスキルにあった求人を求人サイトにはない非公開求人から紹介してくれたり、書類作成支援、面接や入社日の日程調整など多くのフォローを受けることができ、エージェント経由の転職は会社とのミスマッチ率が非常に低いと言われています。

第二新卒の求職者におすすめサイト・エージェント一覧

企業からの採用ニーズも高い第二新卒ですが、「次は、失敗したくない!」と思っている第二新卒の方も多いはずです。

失敗しない転職のためには、まずはサイト選びからです!!

転職サイトや転職エージェントは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

DYM
  • フリーター・ニートも登録OK!
  • 既卒・第二新卒も歓迎
  • 学歴や職歴も不問

相談からの就職率が96%と高く、最短1週間で入社も可能なスピード感も魅力!
公式サイトはこちら

JAIC
  • すべて正社員求人
  • 『就職講座×面接会』を全国各地で実施中!
  • 厚生労働省認定の職業紹介優良事業者だから安心

取材をして求人を集めているから信頼性も高く、就職後の定着率は94.3%
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

リクナビNEXT
  • 誰でも登録可能!
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

転職成功者の8割が使う王道サイト。ホワイトな優良求人を探すならこのサイト。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

入社3年目以内の転職は不利?企業から求められるものとリアルな転職…

「3年以上働いてからでないと、転職できないの?」 「どうして“最低でも3年は働くべき”って言われるの?」 転職活動の際、よく耳にする「転職するなら最…

  • 🕒
  • 2019.05.21更新

1年目の転職は失敗する?メリット・デメリットと転職理由の上手な伝…

就職活動を経て、内定が決まり、ワクワクした気持ちで新社会人をスタートさせた方は多いでしょう。 しかし、「実際に働いたら思ってたのと違った」「…

  • 🕒
  • 2019.05.20更新

第二新卒が履歴書に求められる内容は何?おすすめの書き方と注意点

採用担当者の第一印象を左右する履歴書。「履歴書に特別な書き方があるの?」「履歴書と職務経歴書の違いは?」など、初めての転職を行う第二新卒の方に…

  • 🕒
  • 2019.02.25更新

第二新卒はいつまで?新卒扱いで企業が採用する理由と転職成功の秘訣

「第二新卒って転職に有利?」と転職を考え始めた時、気になるのはその条件と定義ではないでしょうか?"第二新卒"について詳しく知っている人は意外と少なく、また

  • 🕒
  • 2019.02.15更新

第二新卒の転職は学歴不問?面接で失敗しないためのポイントを解説!

「自分は高い学歴がないけど…第二新卒で大手企業へ転職できるの?」と自分の学歴に悩む人も多いでしょう。 新卒採用時には、学歴で書類審査や採用のフィルターをかけている…

  • 🕒
  • 2018.12.28更新

第二新卒が面接で失敗しないスーツ選びとは?身だしなみの基本を解説

「新卒の面接時はリクルートスーツだったけど第二新卒だと何を着ればいいの?」と迷う人も多いでしょう。就職活動に限らず、第一印象は人物の評価に大きく影響を及ぼすため、服装の…

  • 🕒
  • 2018.12.28更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト