第二新卒の就活は厳しい?次こそ失敗しない効率が良い転職成功の方法

将来したい事が分からない様子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第二新卒の就活って厳しいの?」「今度こそ就活を成功させ、充実した社会人生活を送りたい!」など、転職活動に悩みを抱える第二新卒者のために、おすすめの転職エージェントや転職情報をご紹介したいと思います。

             
★厳選!20代におすすめの転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
マイナビ
エージェント

【20代】
20代からの信頼度がNo.1!

詳細

リクルート
エージェント

【全年代】
業界最大手の求人数

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

第二新卒の就活は厳しいの?第二新卒の就活事情 !

第二新卒だと転職時に不利なのでは?」というイメージが強いですが、近年は第二新卒を積極的に採用する企業が増えています。その背景には、人手不足の深刻化による転職市場の売り手市場化があります。

ここでは、そもそも第二新卒とは何か?企業が第二新卒を採用するメリットや採用の成功例についてお話ししたいと思います。

そもそも第二新卒って?

そもそも第二新卒とは何かについて考えてみましょう。第二新卒とは、大学などを卒業して初めて就職した会社の入社から3年未満に退職した人、年齢は23歳から27歳くらいの人が当てはまります。一方、大学などを卒業してから一度も就職したことが無い人は、既卒と呼ばれます。

第二新卒や既卒という言葉は上記のように定義されることが多いというだけで、明確に定義されているわけではありません。

第二新卒者は1~3年程度の社会人経験を持ち、そこまで高度ではないがある程度の仕事のスキルが備わっている人材ということになります。

そのため、豊富な業務経験やスキルを持つ即戦力として転職するのは難しいでしょう。しかし、企業側が第二新卒を採用することで得られるメリットも数多くあります。

第二新卒者ならではのメリットによって有利に転職できるケースもあるのです。では、どういった点で有利に働くのかを見てみましょう。

第二新卒は企業からのニーズが高い!

第二新卒者には、「すぐに会社を辞めた人」「仕事を長く続けられない人」などというネガティブなイメージがあります。採用側から「またすぐ辞めるのではないか?」と思われているような気がして、転職活動に踏み出せないという人も多いかもしれません。

しかし、第二新卒のイメージが悪いのは昔の話であり、今は違います。最近はむしろ、企業からの第二新卒へのニーズが高まっているのです。

近年、多くの企業は人材不足に悩まされており、新人社員を確保するためにあの手この手で採用活動をしています。

しかし、それでも新卒社員を十分集めることができないこともあります。そこで、社会人経験があり今後成長が期待される、第二新卒の採用意欲が高まっているのです。

第二新卒者は短いながらも社会人経験があるため、ビジネスマナーや基礎的な仕事力を備えているため、社員研修などの手間が省けることも企業側のメリットになっています。

このように、第二新卒者の採用ニーズは非常に高まっています。第二新卒者は転職市場において非常に価値が高い存在なので、不安になる必要はありません。

第二新卒の就活を成功させるコツ「充実した生活を手に入れるために」

苦労して就職活動して入った就職先を辞めて第二新卒になってしまった時点で、気落ちしている方も多いと思います。

しかし、過去を振り返っても仕方がありません。今後、充実した生活を送るためにはどうすべきかを考えていきましょう。

充実した社会人生活を送るためには、転職先と自分の希望とのミスマッチを防ぐことが最も重要です。

では、ミスマッチを防ぐためにはどうすれば良いのでしょうか?重要な2つの観点についてお話しします。

自分の働く上での優先順位(勤務地、給料、休暇など)をハッキリとさせること

あなたが働く上で最も重要視していることは何でしょうか?勤務先が近いこと、給料が高いこと、休暇をある程度自由に取れることなど、さまざまな希望条件があると思います。

その希望条件の優先順位を決めましょう。これだけは譲れない条件、これはどちらでも良い条件、全く気にしない条件に分けておくのです。

そうすることで、自分に合った転職先が見つかる可能性が高まります。自分がどんな働き方をしたいのかという希望を明確化しないとミスマッチが起こり、満足した働き方ができません。

自分にはどんな強みがあるのかを知ること

あなたにはどのようなスキルや能力、仕事の実績があるのでしょうか?将来に向けたビジョンはどのようにイメージしているでしょうか?一番アピールできることは何でしょうか?仕事経験が少ないと具体的にアピールできる強みはあまりないかもしれません。コミュニケーション能力に自信がある、忍耐力があるなどということでも構いません。

自分の中にどのような強みがあるかを把握しておくことで、転職先選びの際にミスマッチを防ぐことができます

自分の強みを最大限に活かせる職業に就くことができれば、転職先で活躍することができるでしょう。

第二新卒の就活は転職のプロを活用して効率よく!

やる気がある第二新卒

第二新卒者が効率良くミスマッチの無い転職先を見つけるためには、どうすれば良いのでしょうか?

求人サイトやハローワークなど色々なものがありますが、第二新卒におすすめなのが転職エージェントです。

転職エージェントを利用すると担当者が必ずついてアドバイスをしてくれるため、1人で転職活動を進めるよりも情報が多くより自分に合った転職先が見つかる可能性が高くなります。

一方で、転職エージェントを利用することによるデメリットもあります。ここでは、転職エージェントのメリットとデメリットをご説明したいと思います。

転職エージェントのメリット

転職エージェントのメリット

転職エージェントを利用する主なメリットは、次の3つです。

メリット1.客観的な視点で希望や強みクリアにしてくれる

転職エージェントを利用すると、キャリアコンサルタント、または、キャリアアドバイザーと呼ばれる担当者がついて、さまざまなアドバイスや情報提供をしてくれます。

企業に聞きたいことがあれば、エージェント経由で直接企業側に問い合わせてくれます。職場環境や離職率の高さ、人間関係まで詳細な企業情報を入手でき、会社選びに役立つでしょう。

また、求職者一人一人の自己分析やキャリアプランについてアドバイスしてくれます。個人で自己分析を進めてもなかなか難しいですが、第三者による客観的なアドバイスがもらえるので転職先への希望や自分の強みなどをクリアにすることができます。

メリット2.エントリーシートの添削や面接対策などの手厚いサポートがある

転職のプロであるキャリアコンサルタントが、応募書類の添削や面接対策などの転職ノウハウについてもアドバイスしてくれます。

エントリーシートや履歴書、職務経歴書の書き方や、面接での身だしなみや受け答え、自己PRの仕方などを、プロの視点で効果的なアピールの仕方やノウハウを知ることができるのも大きなメリットです。

メリット3.さまざまな手続きを代行してくれる

働きながら自分で求人情報を検索して書類を集めて提出するなど、転職活動の手続きを一人でするのはとても困難です。

そこで、転職エージェントを使えば、求職者に合った求人案件の紹介や、起業への書類送付から面接日程やスケジュール調整まで、手続きを代行してもらえます

さらに、企業への推薦や年収交渉まで任せることができます。仕事が忙しい人に特におすすめと言えるでしょう。

転職エージェントのデメリット

落ち込む20代

一方で、転職エージェントを使うデメリットとは何か、見てみましょう。

デメリット1.キャリアコンサルタントのスキルにバラつきがある

転職エージェントに登録すると必ずキャリアコンサルタントが付きますが、担当になるコンサルタントのスキルによってサポート内容がかなり変わってきます

コンサルタントの経験年数が長いベテランならば、企業について詳しく柔軟性を持って対応してくれますから、とても頼りになります。

ところが、つい最近入社したばかりの新入社員など経験が浅い担当者が担当になってしまうと、サポート内容に期待はできません。このような場合は、転職を成功させるのが難しいでしょう。

デメリット2.希望する求人と離れたものを提案されることがある

転職エージェントの担当者の中には、希望しない企業の求人ばかり勧めてくるような、転職成功率を上げることしか考えていないという人もいます。

このような場合、希望の求人を紹介してもらえない可能性もあり転職先に不満が残り、転職の目的を果たすことができないでしょう。

このようなケースも考えられるため、転職エージェントを登録する際には複数のエージェントに登録するのをおすすめします。

そうすることで、担当者の良し悪しを見極め、自分に合った担当者を選ぶことができるでしょう。

第二新卒の就活にオススメな転職エージェント

第二新卒の就活にオススメな転職エージェントをご紹介していきたいと思います。それぞれ特徴が違いますのでその違いを知り、自分に合ったエージェントを見つけてください。

リクナビネクスト

リクナビネクスト

リクナビネクストは業界最大級の求人数と豊富なサービスが魅力です。その特徴について、いくつかご紹介します。

「求人数が業界最大級」

リクナビネクストに掲載されている求人数は常時9,000件以上で、毎週2,000件以上の求人が更新されます。また、非公開求人の数も多く、国内の転職サイトの中でもトップクラスです。

掲載される求人企業は中小企業、ベンチャー企業から大手企業まで幅広く、希望の求人が見つかる確率が高いでしょう。

「スカウトサービスで効率良く就職活動ができる」

スカウトサービスとは、事前にあなたの仕事の経歴やスキル、希望の業種や職種などの情報を登録しておくことで、企業からスカウトメールが届くというものです。

企業から届いたオファーから直接応募できますから、就職活動を効率良く進めることができます。

「履歴書や職務経歴書のフォーマットや転職情報など役立つ情報が満載」

リクナビネクストのサイトには、履歴書や職務経歴書の業種や職種ごとのフォーマットや自己分析のためのツール、転職フェアや説明会情報、転職コラムや転職のハウツー情報など、転職活動に役立つ情報が満載です。これらの情報を活用すれば、内定率アップにつながるでしょう。

リクナビネクストに無料登録

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントはリクナビと並び、国内最大級の転職エージェントです。その特徴を見てみましょう。

「20代の転職が得意で、第二新卒の転職に特に強い」

マイナビエージェントは20代の若者向けの転職に強く、特に第二新卒の転職案件が得意です。

これからキャリアアップできる若い人向けの求人や、第二新卒を積極的に採用している企業の求人なども多くなっています

「転職サポート期間に制限がない」

転職エージェントの多くは、サポート期間が3か月と設定してあります。ところが、マイナビエージェントは、転職サポート期間に制限を設けていないので、焦らずにじっくりと転職先を探すことができます。

「業界別・職種別のアドバイザーがサポートしてくれる」

マイナビエージェントには、業界別、職種別のアドバイザーが所属し、それぞれの分野でサポートしてくれます。

IT系ならエンジニア出身で業務内容に詳しい、営業職の企業研究をしてくれる、目指す分野に詳しい専任のアドバイザーにアドバイスしてもらうことで、転職の成功率が上がるでしょう。

マイナビエージェントに無料登録

キュージェント

キュージェントは他の転職エージェントとは異なり、担当するエージェントを直接自分で決められるのが大きな特徴です。

「自分で担当者を決められるのでミスマッチが少ない」

一般的な転職エージェントの場合、登録するとエージェント側の都合で求職者に担当者が割り当てられます。そのため、求職者側は担当者を選ぶことができません。

キュージェントでは登録したタイミングで求職者が顔や経歴を見て、どの担当者を選ぶか決めることができます。

写真の印象から選ぶのも良いですし、その担当者が過去に扱った転職案件の経験分野から選ぶのも良いでしょう。

担当者を自分で決められることで、転職エージェントにおける「担当者と相性が合わない」というデメリットを回避できるようになります。

また、転職したい業種や職種が得意な担当者を選べば転職先企業について詳しい情報を持っているため、転職後のミスマッチを減らすことができるのです。

「質の良い非公開求人が豊富」

キュージェントでは各分野に特化したエージェントが在籍しているので、それぞれの分野の企業との強いつながりを持っています。そのため、キュージェントにしか登録されていない質の良い非公開求人を閲覧することができます。

第二新卒や若手の人材向けの非公開求人も多く、少しでも条件の良い転職先を探している第二新卒者におすすめです。

ハタラクティブ

ハタラクティブは未経験者の転職サポートが得意な転職エージェントです。第二新卒者にどのようなメリットがあるのかを見てみましょう。

「未経験者の転職サポートが得意」

ハタラクティブは未経験者向けの求人案件が豊富で、担当者によるサポートも丁寧なエージェントです。

そのため、第二新卒で前職の仕事とは関係のない未経験の分野に転職したいと考えている場合、未経験者の転職サポートが得意なハタラクティブがぴったりです。

「面接対策会を毎日実施しているため面接対策はバッチリ」

ハタラクティブは、面接対策会を毎日実施しています。そのため、ビジネスマナーや面接での受け答え、身だしなみなどのアドバイスをいつでも受けることができます。

面接に自信がない、社会人経験が豊富でないので面接が不安という第二新卒者に向いていると言えるでしょう。

「東京・神奈川・埼玉・千葉の案件が豊富」

ハタラクティブは、1都3県、東京・神奈川・埼玉・千葉の案件が豊富です。しかし、1都3県以外の地域の人向けの案件は無いので、注意が必要です。

ハタラクティブに無料登録

doda

dada

dodaは業界でもトップクラスと言われる規模の転職エージェントです。その特徴を見てみましょう。

「求人数が10万件以上とかなり豊富」

業界トップクラスの知名度を誇り、求人数が10万件以上とかなり豊富です。そのため、中小企業から大手企業まで、幅広い業界と職種の求人が見つかるでしょう。

どのような業界や職種を選ぶか迷っている第二新卒者は、企業情報を収集するためにdodaを利用しても良いでしょう。

「定期的に行われる転職フェアで転職先の選択肢が広がる」

dodaは転職業界で最大手と言われる企業で、日本最大級の転職フェアを定期的に行っています。

転職フェアに行けば、企業の採用担当者と直接話をすることができ、一度の複数の企業の情報を得ることもできます。企業選びに悩んでいるのであれば、ぜひ利用してみてください。

「担当者のサポートが丁寧」

dodaは担当者のサポートが丁寧なことでも知られています。キャリアプランについて相談に乗ってくれたり、必要に応じて書類作成サポートや面接対策などを行ったりしてくれます。

求職者それぞれの希望をしっかりと考慮し、それぞれに合ったサポートをしてくれるので、安心して転職活動を進めることができるでしょう。

dodaに無料登録

第二新卒の求職者におすすめサイト・エージェント一覧

企業からの採用ニーズも高い第二新卒ですが、「次は、失敗したくない!」と思っている第二新卒の方も多いはずです。

失敗しない転職のためには、まずはサイト選びからです!!

転職サイトや転職エージェントは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

DYM
  • フリーター・ニートも登録OK!
  • 既卒・第二新卒も歓迎
  • 学歴や職歴も不問

相談からの就職率が96%と高く、最短1週間で入社も可能なスピード感も魅力!
公式サイトはこちら

JAIC
  • すべて正社員求人
  • 『就職講座×面接会』を全国各地で実施中!
  • 厚生労働省認定の職業紹介優良事業者だから安心

取材をして求人を集めているから信頼性も高く、就職後の定着率は94.3%
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

リクナビNEXT
  • 誰でも登録可能!
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

転職成功者の8割が使う王道サイト。ホワイトな優良求人を探すならこのサイト。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

入社3年目以内の転職は不利?企業から求められるものとリアルな転職…

「3年以上働いてからでないと、転職できないの?」 「どうして“最低でも3年は働くべき”って言われるの?」 転職活動の際、よく耳にする「転職するなら最…

  • 🕒
  • 2019.05.21更新

1年目の転職は失敗する?メリット・デメリットと転職理由の上手な伝…

就職活動を経て、内定が決まり、ワクワクした気持ちで新社会人をスタートさせた方は多いでしょう。 しかし、「実際に働いたら思ってたのと違った」「…

  • 🕒
  • 2019.05.20更新

第二新卒が履歴書に求められる内容は何?おすすめの書き方と注意点

採用担当者の第一印象を左右する履歴書。「履歴書に特別な書き方があるの?」「履歴書と職務経歴書の違いは?」など、初めての転職を行う第二新卒の方に…

  • 🕒
  • 2019.02.25更新

第二新卒はいつまで?新卒扱いで企業が採用する理由と転職成功の秘訣

「第二新卒って転職に有利?」と転職を考え始めた時、気になるのはその条件と定義ではないでしょうか?"第二新卒"について詳しく知っている人は意外と少なく、また

  • 🕒
  • 2019.02.15更新

第二新卒の転職は学歴不問?面接で失敗しないためのポイントを解説!

「自分は高い学歴がないけど…第二新卒で大手企業へ転職できるの?」と自分の学歴に悩む人も多いでしょう。 新卒採用時には、学歴で書類審査や採用のフィルターをかけている…

  • 🕒
  • 2018.12.28更新

第二新卒が面接で失敗しないスーツ選びとは?身だしなみの基本を解説

「新卒の面接時はリクルートスーツだったけど第二新卒だと何を着ればいいの?」と迷う人も多いでしょう。就職活動に限らず、第一印象は人物の評価に大きく影響を及ぼすため、服装の…

  • 🕒
  • 2018.12.28更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト