エンジニアから転職したい!絶対失敗しない異業種への転職方法とコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ITエンジニアは他の分野とは違い専門的な知識が求められるなどエンジニア特有の悩みも多くなります。

そのため、「エンジニアは向いてなかった」「違う仕事をしたい」など他業界・他職種への転職を考えている人もいると思います。ここでは、エンジニアが一般職へ転職する方法についてお教えしましょう。

そもそもエンジニアから一般職へ転職できるの?

そもそもエンジニアから一般職へ転職できるのだろうか?と心配している人は多いと思います。

IT業界特有の専門知識やスキルしか持っていないと他業界では通用しないのでは、と不安になるかもしれません。しかし、エンジニアから他業界へ転職することは十分可能です。

確かにエンジニアは専門職なので、エンジニアに特化した資格やスキルしか持っていない場合、他業界で不利になるという不安もあります。C言語やJavaScriptなどのプログラミングスキルやシステム開発スキルなどは必要ないでしょう。

しかし、IT業界で培ったスキルや経験が強みになる場合もあります。今やどの業界でも業務がIT化され、ITスキルやパソコンスキルがなければ仕事にならない時代です。

wordやexcelで文書を作成する、excelのマクロを使ってデータ処理をするなどIT業界では初歩的な知識でも、一般的な業界では重宝されるのです。

ただし、エンジニアから他業界へ転職するなら若いうちが良いでしょう。他業界では未経験からのスタートとなってしまい、IT業界で培ってきたIT技術などの能力は他業界で無駄になってしまいます

すでにエンジニアとして働くことを諦めているのであれば、早めに転職を決断するべきでしょう。

若いうちなら他業界でキャリアアップできる可能性は高いですし、今の転職市場は売り手市場なので第二新卒などの若年層の人材のニーズは高まっています。

企業側としては年齢が若いうちから職種を変える中途採用者も広く採用したいと考えているので、あまり心配はないでしょう。

エンジニアから転職するべき?メリットとデメリット

エンジニアから一般職へ転職するメリットとデメリットについてまとめてみました。一般職への転職を考えている方は、比較対象にしていただければと思います。

メリット|エンジニアから転職すれば、ストレスフリー

エンジニアから一般職へ転職する最も大きなメリットと言えば、エンジニアの過酷な職場環境から解放されるということです。どの職業にもストレスはありますが、エンジニアが抱えるストレスは特に大きいとされています。

ここからは、エンジニアの主なストレス要因をもとに、どのようなストレスから解放されるのかをご紹介します。

「納期が絶対である」…納期に追われて、仕事をしなくて済む!

IT業界の中でも特にシステム開発を行うSI業界では、納期が絶対です。クライアント先から「この日までに作れ」と言われれば、絶対にその納期を守らなければなりません。

そして、開発側にはまとまった作業量がありますから、しっかりとプロジェクト管理をしなければ納期前には地獄のような仕事量になってしまうのです。

「ずっとPCに向かって作業する」…目・肩などの疲れから抜け出せる!

基本的にエンジニアの業務内容はプログラミングや設計書作成などなので、ずっとPCに向かって作業をします。

そのため、肩や首、目を酷使し、それがストレスを加速させます。他職種のように打ち合わせや外出があれば気分転換もできるのですが、それができないつらさがあります。

「クライアント企業に常駐することも多い」…気を使わなくてもよくなる!

エンジニアには、クライアント先の現場でITインフラ整備の仕事を請け負ったり、社内SEとしてプロジェクト先に常駐したりする、いわゆる客先常駐SEもいます。

この場合、働いている会社が自社ではないので、気軽に相談できる同僚が近くにおらず常に気を使うというストレスがあります。

「緊急対応での呼び出しが多く常に緊張を強いられる」…休日を満喫できる!

IT業界ではシステムを開発するだけでなく、自らが開発したシステムの運用後の対応も重要な仕事です。

そして、そのシステムにトラブルが発生すると、昼夜関係なく緊急で呼び出しがかかる場合もあります。そのため、常に緊張を強いられることになります。

「自分のミスが大きな損害につながりかねないので気が張り詰める」…精神的に楽になる!

プログラマーがプログラムを1ステップミスした、インフラ系SEがネットワークの設定を一つミスした、たったそれだけでシステムエラーやシステムダウンを起こしてしまうことがあります。

自分のミスが会社への大きな損害に直結する可能性があるため、常に気が張り詰める職場でもあります。

デメリット|エンジニアを辞めたら、年収が下がる

エンジニア職は、プログラミングや情報システム開発などの仕事をしていくなかで、プログラミング技術や開発言語に関する専門性や知識、ネットワークやサーバー機器などの知識、システム開発やアプリ開発のノウハウなど、さまざまな専門性が必要な職業です。

いわゆる手に職を持った専門職なので、年収が他職種よりも高い傾向にあります。しかし、転職をしてしまうと、この業界でIT知識について勉強し経験を積んできたことが無駄になってしまいます。

そして、これからキャリアを重ねれば年収は確実に上がっていったはずですが、それも無くなってしまうでしょう。

そして、将来的にはエンジニアとして働いていた方が、年収は高くなっているかもしれません

エンジニア職で得たキャリアを無駄にしたくないのであれば、それを活かすキャリアプランを考える必要があるでしょう。

例えば、コンサルティング企業に転職してITコンサルタントになるなど、培ってきたITスキルを活かしてIT関連の仕事を探すことは十分可能です。

もちろん、今の職場の年収水準が低く仕事内容の割に年収が低い場合、転職する方がおすすめです。

その場合は、他業界にいきなり転職するのではなく、エンジニアとして待遇条件が良い職場を探してみるのも良いでしょう。もっと良い条件の職場が見つかるかもしれません

エンジニアから転職しやすい業種・職種

では次に、エンジニアから転職しやすい業種や職種はどこなのか?について考えてみたいと思います。

一般的にはどの業種・職種も転職のしやすさはほぼ同じですが、自分が持っているスキルや経験によって転職のしやすさは大きく変わります。

エンジニアの仕事をしていた時に扱っていたシステムに関連する仕事を選ぶと、全くの未経験からのスタートではなくなります。

例えば、アプリを開発していた人がそのアプリを良く使う職種に転職する、ゲーム開発をしていた人がゲーム関連企業に転職するなどです。別の業種や職種でも、過去の業務経験を活かすことができるでしょう。

そして、どの業種・職種からも転職しやすいのが、どんな企業にも必ず必要な営業職です。コミュニケーション能力やマネジメント経験に自信があるのであれば、おすすめの職種です。営業成績次第で、エンジニア時代よりも高収入を稼げる可能性もあります。

毎日PCに向き合って仕事をしているだけで人とあまり関わる機会がない」、「売上という形で自分の仕事が評価されないなどという不満がある」、「今の職場環境を変えたい」などの場合は、営業職への転職を考えてみてはいかがでしょうか。

エンジニアから転職した方がいい人とは?こんな人は向いていない!

エンジニアに向いている人と向いていない人の違いは何なのでしょうか?エンジニアに向いていない人のチェックポイントとその理由をあげてみましたので、チェックしてみてください。

あなたは当てはまる?チェックポイント!

以下に挙げるチェックポイントに当てはまる場合、エンジニアに向いてない可能性が高くなります。もし当てはまるのポイントが多いのであれば、無理してエンジニアを続けずに他の業種や職種に転職する方が良いかもしれません。

チェックポイント1:「IT技術やプログラミングなどに興味がない」

そもそも、最新のIT技術やプログラミングなどIT系の話題に全く興味がない人は、エンジニアとして働き続けるのは厳しいものがあります。

エンジニアは技術やスキルを磨きスキルアップして行かないと続けるのが難しい職業です。そのため、仕事内容に全く興味が無いのであれば、仕事への苦痛は今後どんどん増していくでしょう。

チェックポイント2:「わからないことや知らないことに対する好奇心や探求心がない」

エンジニアは仕事をしていく中で、わからないことや未知なことにかなり高い確率で遭遇します。

そして、その中で勉強したり試行錯誤したりして問題を解決していくことが多い職業です。ですから、未知のことに対して好奇心や探求心が全くない人は、向きません。

チェックポイント3:「既存のやり方に疑問を持たず、仕事の効率改善全に興味がない」

エンジニアの仕事のやり方にこれという決まりはありません。より良いやり方があればどんどん取り込んで行って仕事のやり方を変えることができます。

なぜなら、新しい技術や使いやすい仕事のツールはそこら中に転がっているからです。しかし、既存のやり方に疑問を持たずもっと効率の良い方法があるのに改善しようとしないのであれば、エンジニアとして高いレベルに上っていくのは難しいでしょう。

チェックポイント4:「地道な作業が苦手」

エンジニアの仕事はプログラミングやシステム設計など、地道な作業がほとんどです。そのため、地道な作業が苦手という人は、これからずっとこの仕事を続けていくのは厳しいでしょう。

エンジニアからの転職を成功させる方法

エンジニアから他の分野へ転職する場合、同業種・同職種へ転職するよりも不安は大きいと思います。では、その不安をどのように解消すれば良いのでしょうか?

自分に合った仕事を見つけるための有効な方法として、転職エージェントを上手に活用するという方法があります。転職方法について詳しくご説明したいと思います。

転職方法は主に2種類

転職する際に活用するツールには、主に転職サイトと転職エージェントの2種類があります。この2つのサービス内容の違いは何なのか、どちらを選んだらよいのかについてご説明しましょう。

「転職サイト」

転職サイトは幅広い求人が登録されている求人情報サイトです。担当者は付きませんが、自分で自由に求人情報を検索して応募できます。

履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、キャリア相談などの転職サポートは基本受けられず、全て自分で情報収集して転職活動を進めます

転職サイトには企業側の採用意欲が高い求人が豊富であるという特徴もあります。自分の中に明確な転職目的があり、転職先企業や希望条件が明確になっている場合におすすめです。

「転職エージェント」

転職エージェントに登録すると、担当者が付いて転職先の希望条件や経歴など細かいヒアリングを受けます。その結果、求人紹介を受けたり企業情報を提供してもらったりことができます。

また、応募書類の添削や面接での自己PRの仕方や身だしなみのアドバイスなどの面接対策、企業との面接日程の調整や条件交渉、転職に関する悩みや今後のキャリアパスに関する相談、入社後のフォローまで、担当者から幅広いサポートを受けることができます

転職エージェントを利用すれば、転職活動におけるほとんどのことを担当者に任せることができるのが大きな特徴です。

また、エンジニアとしての経験が十分ではない場合でも、その経験をどう活かすかをキャリアアドバイザーと一緒に考えることができます。

初めての転職なら転職エージェントがおすすめ

前章での転職サイトと転職エージェントの比較からお分かりになったかと思いますが、転職が初めてで何から始めたら良いかわからない、本当にエンジニアを辞めるべきかもわからないという方は転職エージェントの方がおすすめです。

転職エージェントなら、担当者がついてさまざまなきめ細かい転職フォローをしてくれます。

そして、どのような転職エージェントを選べば良いかは非常に重要です。選ぶ転職エージェントによって、転職先が大きく変わってしまう可能性もあるのです。

エンジニアから一般職へ転職する場合は自分が転職したい業界や分野の求人数が多いエージェントを選ぶと良いでしょう。希望の求人案件を紹介してもらえる可能性が高くなります。

もし、やはりエンジニアとして転職したい場合は、必ずIT業界に特化したエージェントを選んでください一般的なエージェントにはIT系の求人が少なく、IT業界に詳しくない担当者しかいない場合があります。

そのため、IT業界での転職先に求める条件を理解してもらえないことが多く、不利になります。

転職したとしても結局悩みは解消されず転職を失敗してしまうかもしれません。自分が希望する業種や職種が得意なエージェントを必ず選ぶようにしましょう。

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのかわからない」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時1万件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1,000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職が初めての人でも、ていねいに業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが太い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約650名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウをもっています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験など、キャリアに自信がもてないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で担当の転職エージェントを選べる新サービス
  • 各エージェントの実績・経歴等を公開しているため安心
  • 20代~40代まで対応可能な豊富なラインナップ
  • 既卒・離職中の方もOK

運営者が独自の基準でエージェントを厳選。「強引に転職を促す」「実績がほぼない」などのエージェントとは契約していないため、安心です。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

転職に学歴は関係ない!元人事責任者のホンネと学歴フィルターの真実

「転職したいけど学歴のせいでうまくいかなかったら嫌だな…」など、転職の際に学歴フィルターのせいで良い転職先に採用されないのでは?と不安に思っている人は多いかもしれません。…

  • 🕒
  • 2019.07.18更新

医療事務から転職したい!未経験や一般職への転職を失敗しない方法

「医療事務として仕事をしてきたけど、一般職へ転職したい!」 これまで医療事務として仕事をしてきたけど、一般事務職へ転職をしたい方へ、一般的な仕事の紹介を含め、異業…

  • 🕒
  • 2019.07.17更新

12回転職してわかった「会社と個人は離れられる」という哲学

12回もの転職を経て、経済評論家として活躍する山崎元さん。転職歴を「7勝4敗1分け」と振り返る彼は、「会社と個人は本来対等であり、お互い離れることができる」という。 山崎さ…

  • 🕒
  • 2019.04.02更新

オープンハウスの評判は悪い?採用サイトで教えてくれない年収や社風

株式会社オープンハウスの採用サイトを見てみると、「高い志」「野心」「情熱」といったキーワードが散見され、体育会系で向上心あふれる企業というイメージを持たれるかと思います…

  • 🕒
  • 2019.02.12更新

転職で安定し続ける業界・職種の企業へ就職する方法

「どうせ転職するのなら、安定業界の企業や、安定職種がいい」不安定な世の中だからこそ、そのように考える人が多いようです。とはいえ、どうやって安定した企業を探せばよいかわか…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

既卒者だと優良企業に就職できないなんて嘘?必ず転職成功させる方法

大学卒業後に進学も就職もしていない方は、大学卒業者の約15%・8~10万人と言われています。大学卒業後は、「社会人経験が無い既卒者」として就職活動を行うことになります。 し…

  • 🕒
  • 2017.12.03更新

転職フェアの上手な活用術!知って得する転職フェアのメリット、デ…

転職フェアは主要都市で行われる求職者と企業が出会うための大規模なイベントです。大企業から中小企業までブースを構えており、気軽に企業説明を聞けたり著名人の対談、就職セミナー、就職個別面談など数々のコ…

  • 🕒
  • 2017.12.03更新

リラクゼーションサロン求人の実態とは!未経験でもなれるって本当?

「リラクゼーションサロンで働きたい!」 「セラピストとして多くのお客様を幸せにしたい」 と思っているのに、未経験だからなれないのかな・・・と不安に感じている方も多いのではないでしょう…

  • 🕒
  • 2017.11.28更新

「この会社を客として利用したくない」不動産管理会社の衝撃的な体…

この記事の目次大手とは思えないシステムで、ムダの多い仕組みに疑問敷金のデータが消えている!?でもその対処と言えば・・・間違って1ヶ月分多く入金している借り主にも連絡はナシとにかくやる気がなく、流して働 ...

  • 🕒
  • 2017.11.28更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト