フリーター就職面接の質問と回答のコツ!失敗しない面接の服装は?

フリーター面接に意気込んで臨む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーターから正社員になりたいけれど、「正社員の経験がないので、面接で何を話せばいいかわからない」「新卒の時に一度失敗しているので、面接が怖い」などと就職活動に踏み込めない人は多いようです。

そこで、正社員の内定をもらうために必要な面接ノウハウについて詳しくご紹介したいと思います。

             
★厳選!おすすめ転職エージェントランキング★
転職エージェント名特徴 求人を探す
DYM就職

最短1週間で入社も可能!

詳細

JAIC

入社後定着率94.3%!!

詳細

ハタラクティブ

未経験からの就職に強い!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

フリーター就職の面接で必ず聞かれることとは?

企業側の採用担当者が中途採用者面接で、応募者へ必ずと言って良いほど聞く質問があります。

ここでは、フリーターが良く聞かれる質問4つと、それぞれに対するサンプルとしての模範解答をご紹介します。

正社員になるための面接を受ける前に、必ず答え方を確認して自分なりの対応を事前準備しておいてください。

どうしてフリーターになったのか?

この質問はフリーターが最も良く聞かれる質問と言っても過言ではありません。なぜフリーターになったのかを聞くのは、企業側がフリーターになった背景を知りたがっているということですから、できるだけ正直に答えるべきです。

最も言ってはいけないのが「何となくフリーターになった」という回答です。「何となく」進路を選んだ人は、仕事に対しても無責任な印象があるからです。

この質問の模範解答です。

「新卒時の就職活動で何をしたいのか全く分からず、中途半端な気持ちのままで就職することはできないと思いフリーターになる道を選びました。しかし、アルバイト経験を通して責任感を持って仕事をしたいと考えるようになりました。」

フリーター時代に何をしていたのか?

この質問も非常に多い質問です。フリーター時代は無職だった、無為に過ごしてしまったなどという人は、企業から見ると評価が低くなります。

アルバイトや派遣社員でも、何か熱意をもって仕事をしていたという回答が望ましい回答です。

この質問の模範解答です。

「アルバイトで接客の仕事をしていましたが、そこではバイトリーダーを務めていました。シフト管理をしたり、働き方を改善したり、他のアルバイト達の悩みを聞いたり、新人に仕事を教えたりしていました。アルバイトでしたが、社員さんと同じような責任ある仕事を任されていたと思っています。」

なぜフリーターをやめようと思ったのか、志望動機は何か?

この質問に対して答えるポイントは、「なるほど、だから正社員になろうと思ったのか」と面接官が感じる説得力のある回答をすることです。

ただ何となく正社員になろうと思った、給料がいいから、安定しているからなどという安易な回答だと、責任感が感じられないと企業側が判断する可能性が高いでしょう。

この質問の模範解答です。

「新卒時に新卒向け説明会などにたくさん参加しましたがやりたい仕事がわからず、大学を卒業してから接客業のアルバイトをしていました。その中で自分が提供したサービスでお客様が喜んでくださったことで、仕事のやりがいを見つけました。そして、この仕事で正社員としてずっと働きたいと考えました。」

今後どのようになりたいのか?

この質問は、求職者に将来のビジョンがあるかを知るための質問です。将来のビジョンがあるならば、スキルアップして会社の利益に貢献してくれる存在になる可能性が高いということです。

しかし、将来のビジョンが無い人は、飽きたらすぐに辞めるのではないか、ただの給料泥棒になるだけではと思われても仕方がありません。

資格やスキルを取得するために具体的に動き出していることなどをアピールポイントにできれば、良いでしょう。

この質問の模範解答です。

「御社でキャリアを積み、いずれは○○の資格と△△スキルを身に付けたいと考えています。今は経験不足ですが、専門的な分野で仕事ができるようになるために資格取得に向けて勉強中です。」

フリーター就職の面接で、企業が聞きたいホンネとは?

フリーターに必ず聞いてくる質問を見てきましたが、このような質問から企業は求職者の何を知りたいと考えているのでしょうか?

企業が最も知りたいのは、求職者の人柄や人間性です。真面目なのか不真面目なのか、コミュニケーション能力が高いのかそうでもないのか、責任感があるのかないのかなどの人柄を知りたいのです。

求職者の人柄と企業文化が合っていなければ、その人は採用されたとしても企業になじめずいずれは退職してしまうかもしれません。それでは、企業としても困ります。

もう一つ大事なことは、この人を採用することは企業にとって長期的に利益があるのかということです。

営業職で活躍してくれる中途採用者を募集しているのに人見知りである、技術職の人材を募集しているのに技術力の向上にはあまり興味がなさそうだなどというのであれば、企業がその人を採用するメリットがありません。

応募企業が求める人材像を正しく把握しそれにマッチしたアピールをすることで、内定の獲得率は格段に上がるでしょう。

フリーター就職の面接の自己紹介に失敗しないコツ

面接の際に必ず求められるのが、自己紹介や自己PRです。この自己紹介と自己PRが苦手という人も多いのではないでしょうか?

そもそも、自己紹介と自己PRとは何が違うのか?」「何を話したらよいのか?」と苦手意識を持っている人のために、面接の自己紹介に失敗しないコツをお話ししたいと思います。

自己紹介と自己PRを混同すると失敗する!

自己紹介と自己PRを混同している人も多いと思いますが、この二つの違いは何なのでしょうか?

自己紹介とは、あなたのことを全く知らない面接官のために、自分のことを最初に説明するためのものです。具体的には、「名前、学歴、卒業から今までにしてきたこと」を簡単にまとめて説明することになります。

自己PRとは、あなたが面接官に一番アピールしたい事柄を説明するものです。具体的には過去の職業で得た経験や、就職後に活かせるスキルなどです。

自己紹介をする際に注意したいのが、自己PRまで話してしまうということです。自己PRを先に行ってしまうと、「では自己PRをしてください」と言われた時に話すことが無くなってしまいます。

自己紹介と自己PRの違いを正しく理解し、それぞれの内容をまとめて面接官に話す練習をしておきましょう。

フリーター時代の経験を自己PRに活かそう!

では、自己PRの場では、フリーター時代の経験をどうアピールすれば良いのでしょうか? 正社員経験が無くてもフリーターとして働いていた中でアピールできることはたくさんあるはずです。

フリーター期間は決して空白期間ではありません。仕事内容や責任範囲を的確にアピールすれば、企業から正当に評価されて内定獲得率が上がる可能性が十分あります。

例えば、アルバイトながら営業活動に力を入れて顧客獲得のために尽力した、バイトリーダーとして正社員と同じような仕事内容をこなしたなどのアピールが有効です。

近年は企業の人手不足が進んでいるため、過去の雇用形態にこだわらずやる気のある人材ならどんどん採用される時代です。

企業情報をしっかりと調査して企業のニーズを探り、それに合ったアピールをすることで、正社員として採用される可能性は非常に高いでしょう。

フリーター就職の面接はどのような服装で行く?

フリーターが面接に行く際に意外と困るのが、「どのような服装でいけば良いか?」ということです。正社員経験が無いとビジネススーツを着ることがほとんどないため、面接向けのスタイルがわからない人も多いと思います。

面接の際には、ビジネススーツで行くのが常識です。スーツの色は黒や紺を基調としたシンプルなデザインのもので、シャツも基本は白です。ただし、リクルートスーツそのものになってしまうと、社会人経験や常識がない幼い印象になってしまうので注意してください。

個性が出るようなブランド物や派手なデザインの服装は避け、髪型なども含めて清潔感のある身だしなみになるように気を付けましょう。女性の場合、ナチュラルメイクを心掛け、香水や華美なアクセサリーの使用は控えてください。

身だしなみや身のこなし、話し方などのマナーはしっかり確認しておきましょう。自信がない人は就職サイトや転職エージェントで開催している就活講座、転職セミナーなどで面接対策を受けておくのもおすすめです。

第一印象は非常に重要ですから、服装マナーやビジネスマナー対策はしっかりと行ってください。

フリーター就職の面接なら就職サイト

フリーターが就職活動を始める際に利用するのがおすすめなのが、求人サイトや就活サイトの就職サポートサービスです。

就職サイトに登録して、担当のアドバイザーが付くことで、自己分析のサポートをもとに、あなたの年齢や過去の職歴などからあなたの転職市場における市場価値を教えてくれます

アドバイザーから、履歴書や職務経歴書など書類選考に通りやすい応募書類の書き方や面接対策のアドバイスをもらうことで、内定率もかなりあがるでしょう。

また、就職サイトでは、企業研究をもとにしたた優良企業の情報や、求人応募の有無などの情報を提供してくれます。

さらに、応募職種や業種を迷っている場合でも、相談すれば自分に合った企業選びのサポートもしてくれます。

相談しながら転職活動を進めることで、ブラック企業に入社してしまうことを防ぐこともできるでしょう。就職活動に自信がない場合は、就職サイトに登録するのがおすすめです。

フリーターから正社員就職に!おすすめ転職サイト一覧

フリーターだから、転職サイトは使えないでしょ?

正社員就職を考えているフリーターの方の中には、このように思っている方も多いのではないでしょうか?しかし、安心してください!

フリーターの方の求人紹介や就職支援など、正社員への就職サポートに強い転職サイトがあります。

DYM就職
  • フリーター・ニートも登録OK!
  • 既卒・第二新卒も歓迎
  • 学歴や職歴も不問

相談からの就職率が96%と高く、最短1週間で入社も可能なスピード感も魅力!
公式サイトはこちら

JAIC
  • すべて正社員求人
  • 『就職講座×面接会』を全国各地で実施中!
  • 厚生労働省認定の職業紹介優良事業者だから安心

取材をして求人を集めているから信頼性も高く、就職後の定着率は94.3%
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

リクナビNEXT
  • 誰でも登録可能!
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

転職成功者の8割が使う王道サイト。ホワイトな優良求人を探すならこのサイト。
公式サイトはこちら

ウズキャリ
  • ブラック企業排除で定着率93%
  • 就活サポート完備で就職成功率も高い!
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 初回は2時間以上のキャリアカウンセリングあり!

カウンセリングをもとにあなたの魅力がしっかり伝わる推薦状の作成をします!
書類選考通過率も87%!何から始めればいいかわからないフリーターの方におすすめ。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

フリーター向け就職サイトおすすめ7選!未経験から正社員になるコツ

「そろそろ就職しなければ!でも、どこで就職先を見つければいいの?」「確実に正社員になるにはどうすればいいの?」など、就職情報を集めるための就職…

  • 🕒
  • 2019.05.16更新

高卒フリーターから正社員就職できる?プロが語る就活とおすすめ求人

  • 🕒
  • 2019.01.18更新

フリーターにおすすめの就職支援とは?利用すべきサービスを4つ紹介

「フリーターから脱却したいけど何から始めたらいいかわからない」「就職支援って何をしてくれるの?」そんな不安を抱えていませんか? この記…

  • 🕒
  • 2018.12.12更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト