50代の転職失敗・成功談|人生最後とも言える大きな決断の先には?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
                
★50代おすすめ転職サイト・転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクルートエージェント

転職成功実績No.1!
業界最大級の求人数

詳細

リクナビNEXT(リクルート)

転職者の8割が利用!
幅広い条件から求人を探せる

詳細

ビズリーチ

年収600万円以上の方!
ハイキャリア向け求人

詳細

※登録時に履歴書や職務経歴書を細かく記載すると、最適な求人が見つかりやすくなります。

転職サイト比較表を見てみる

50代の転職失敗談!

今回、50代の転職失敗の実態を調査するにあたり、某日本最大級のクラウドソーシングサイトにて、アンケート調査をしました。

転職理由だけでなく、「当時どうしていれば失敗にならなかったのか」なども調査しているので、ぜひご参考にしてください。

クラウドソーシングのサイトキャプチャ

「年収1000万円になったが失敗」52歳男性の転職失敗談

食品業界の営業職から同じく食品業界の営業職へ転職

転職をしようと思ったのはなぜですか?

新卒から30年近く勤めていた会社が倒産し、元取引先に引っ張られて転職しました。

転職をする上で不安だったことは何ですか?

もともと九州に単身赴任しており、同地での転職だったため、それまでの人脈が活用でき外向きの仕事にあまり不安はありませんでした。

役職付きの転職だったため、もともとできあがっている会社の縦割り組織に乱入する形になることのほうが不安でした。

転職して年収は上がりましたか?下がりましたか?

800万から1000万に上がりました。

転職当時、どのように転職活動をしましたか?

友人・知人の紹介です。

転職に失敗したと思う理由を詳しく教えてください。

実際は年収が上がったので成功した転職であるとも言えるが、失敗という思いの方が強いです。

私はもともと終身雇用で階段を昇り詰めたかったのだが、自分を紹介してくれた人がどんどん昇進をして、なかなか昇進できなかった自分と比較してしまい、卑屈になっていた時期がありました。

また、会社内での同僚や部下との関係構築が難しかったのが、一番の悩みでした。

もう一度転職するとしたら、どのような点に気を付けて転職活動を行いたいと思いますか?

もともと単身赴任で九州に行っており、かつ同地で転職したため、十数年間家族と離れて暮らすことになった。

そのため家族との間に大きなものではないが、壁があるように感じていました。転職の際には、勤務先も気を付けて、もっと家族の近くで働き始められれば良かったと思います。

現在転職を考えている人にアドバイスをするとしたら何を伝えますか?

自分だけの状況ではなく、周囲の人と自分の関係性も考える。取捨選択すべき項目を見分けて、求人を選り分ける。

とじる
つづきを読む

「自営業から安定を求めて転職」50歳男性の転職成功談

自営業から製造業の作業員へ

転職をしようと思ったのはなぜですか?

安定した仕事の確保のためです。

転職をする上で不安だったことは何ですか?

年齢層的に50代は長期キャリアを形成できないため、企業から敬遠されるのではないかということです。

自営業を行なっていたが、事業の不安定化によって、家族を養うことが難しくなってしまったため、転職を考えました。そのため家族を養うことができる仕事が見つかるかどうかも付随して心配でした。

転職して年収は上がりましたか?下がりましたか?

平均的にみると下がりました。自営業の時は好調なときもあったので。

転職当時、どのように転職活動をしましたか?

転職エージェントを使いました。エン転職やdodaを利用しました。

dodaについてまとめた記事はこちらから

転職に成功したと思う理由を詳しく教えてください。

希望通りの安定した仕事を手に入れることができたため。長い間自営業での仕事をしていたため、経験を活かした転職ではなく、未経験の転職でした。

まず、未経験で年齢がいっていることで、企業から書類選考で落とされましたが、比較的に人手不足である製造業の作業員の職を希望し、採用になりました。仕事を選んでいる余裕はありませんでした。

勤務時間が安定していて、自営業を行なっていた時に深夜や早朝労働をしていたときと比べ、生活も安定したので良かったです。

もう一度転職するとしたら、どのような点に気を付けて転職活動を行いたいと思いますか?

職種を比較・検討することです。50代、未経験という条件だけでできない仕事、企業から必要とされない仕事が分かります。

手を広げてさまざまな会社にむやみに応募を行うのではなく、自分を求めてもらえる会社はどのような会社かを比較・検討することで、より効率的に転職活動が行えると思います。

転職活動の後半は、たくさんの企業に応募を送るのではなく、自己PRを1社1社合わせて作り込むことで、志望度合いが伝わり、面接に呼んでもらえるようになりました。

現在転職を考えている人にアドバイスをするとしたら何を伝えますか?

自己PRを細かく、詳しく書くことで、熱意と志望度合いが伝わるのでしっかり書くこと。

とじる
つづきを読む

「会社が大手と資本提携し様変わり」58歳男性の転職失敗談

日本企業製造業品質管理職から海外企業製造業品質管理職へ転職

転職をしようと思ったのはなぜですか?

転職理由は勤務していた会社が大手と資本提携し経営陣が大手企業より派遣され管理体制が様変わりし、特に経営陣からの指導方法が部下を見下すような状態となりました。

このような状況では私自身の職務に支障をきたすと判断し、転職を決意しました。

転職をする上で不安だったことは何ですか?

転職にあたり不安事項は年齢的に50歳後半であったため受け入れてもらえるのか、収入が現状を維持できるのかでした。

転職して年収は上がりましたか?下がりましたか?

650万から950万に上がりました。

転職当時、どのように転職活動をしましたか?

友人・知人の紹介です。

転職に失敗したと思う理由を詳しく教えてください。

転職先が海外企業であることから、コミュニケーションに問題があり周囲から孤立してしまうという状況になりました。

日系企業との取引拡大の方針で採用されましたが、役職的な権限からも断片的な関与しかなく方針にそぐわない状態と思います。 現在海外で勤務をしていますが、年齢的に59歳でることから60歳までの居留期限で退職帰国しなければならず、帰国してから再就職先を見つけられるかが不安です。

ただ、転職でよかったとこは、 収入が転職前より大幅にアップできたこと、平均的な現地採用の日本人より優遇されていること。

海外での生活を体験できたこと。習慣の違いと周りに頼れる人の少ない県境での生活経験は、いずれ日本に帰国してからも積極的な行動として活かせるものと思います。

もう一度転職するとしたら、どのような点に気を付けて転職活動を行いたいと思いますか?

もう退職しました。

現在転職を考えている人にアドバイスをするとしたら何を伝えますか?

50歳代の転職は定年までの猶予も少なく、職務面では実際に転職してみなければ実態がわからないというリスクを負います。 経済的に期待通りでいけるのか、転職先に馴染めるのか等、納得できる状況を確認できなければ転職は控えるべきと思います。

とじる
つづきを読む

「若手の様に働くか、自主退職か迫られた」53歳男性の転職成功談

製薬会社の営業から健康器具販売会社

転職をしようと思ったのはなぜですか?

営業職を今後続けていくためには、より専門的な知識の習得と試験結果により、昇給と昇進が決まるので年配の営業に関しては、若手にならって頑張るのか自主退職して、転職を考えるのか数日中に方向性を知らせてほしいと会社から話をされたため。

定年まじかだったが新たなチャレンジをしたく、転職をした。

転職をする上で不安だったことは何ですか?

定年まじかなのに雇ってくれるところがあるのか不安でした。

転職して年収は上がりましたか?下がりましたか?

600万から350万に上がりました。

転職当時、どのように転職活動をしましたか?

企業のホームページから直接応募しました。

転職成功だったと思う理由を詳しく教えてください。

薬に直接かかわる仕事でなくても、薬業界にはいたいと考えていたらしく健康器具販売に方向転換を考えました。

大きな理由は、直接お客様に触れて、良い、悪い、効いた、効かなかったというようなダイレクトな生きた情報をやり取りできる仕事に就きたかったので良かった。

昇給や昇進も大切だが、購入された方の今、この瞬間に感じている正直な感想や思いを感じながら日々、仕事が出来る喜びがあった。

もう一度転職するとしたら、どのような点に気を付けて転職活動を行いたいと思いますか?

自分の能力や得意な分野に関して、最大の効果を発揮できる会社や組織に入れるよう転職活動していきたいと感じています。 苦手なことや全く知らない事を、いちからコツコツと勉強して実績を積んでいくよりも、初めての就職活動をしているわけではないので、即戦力として使って頂ける知識や技術を身に着けている状態で活動していきたいですね。

年齢的なことも関係してきますので、量よりも質を高めておきたいと感じています。

現在転職を考えている人にアドバイスをするとしたら何を伝えますか?

金銭的余裕は考えたほうが良い。私の場合自宅マンションの支払いも残っていたし、大学生と大学院生の二人の子供がいるので、もう少し年収のことも考えるべきだった。

とじる
つづきを読む

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのかわからない」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクルートエージェント
  • 転職しづらい30代~50代の層に特に強い
  • 業界最大手のリクルートで条件交渉力No.1!
  • 公開・非公開求人合わせて約20万件!リクルート独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉も担当コンサルタントが代行

転職成功実績No.1で、転職が初めての人でもていねいに業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクナビNEXT
  • 常時1万件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約650名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウをもっています。
公式サイトはこちら

パソナキャリア
  • 業界トップクラス40,000件以上の求人数
  • 注目企業の求人多数!
  • 専門特化したキャリアアドバイザーに相談したい方
  • 年収アップをサポート

『正しい転職』を目的とした転職エージェント
正しい転職の条件が一人一人違う中で、コンサルティングを通してしっかりとサポートします。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

50代におすすめ転職エージェント!無料のサービス内容と利用のポイ…

50代の転職は採用に年齢制限を設けている会社が多いので、難しい側面もありますが、転職エージェントを使うことで50代でも優良企業に就職することは十分に可能です。 この記事では5…

  • 🕒
  • 2019.09.02更新

厳しい50代転職で「年収○○万円以上」等、希望通りの転職を実現する…

50代といえば「仕事を辞めたい」と思い悩む人が多く、年齢や技術的な不安により転職に踏み切れない転職希望者が大勢います。この記事では50代が逆境をはねのけ、転職に成功するヒントをわかり…

  • 🕒
  • 2019.07.19更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト