金融業界に転職したい!未経験でも面接や履歴書でアピールする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「金融業界」というと高収入できっちりしたイメージがある方も少なくないのではないでしょうか。「金融業界へ未経験でも転職できるの?」「金融業界内で転職したいけど、業務内容は違うの?」など金融業界で転職を考えている方のために、気になる年収や志望動機の書き方・面接でのアピール方法など役立つ情報をご紹介します。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 年代と特長 求人を探す
リクルートエージェント

【全年代】
転職支援実績No.1!*

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1**

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

*リクルートエージェント調査、**電通バズリサーチ調査

転職サイト比較表を見てみる

金融業界は未経験でも大丈夫?特徴と業界”あるある”を紹介

金融業界の仕事は、主に資産・証券などの金融商品を扱う仕事です。生活に身近な銀行などの金融機関から証券会社・保険会社まで、金融業界内のどの企業で働くかによって携わる業務は大きく異なります。

未経験でも資格などを取って転職することが可能ですが、独特のルールがあり慣れるまで時間がかかるかもしれません。

転職してから「イメージと違う」という状況になり困らないためにも、特徴や業務内容などを把握しておくと良いでしょう。

金融機関

金融機関とは銀行・信用金庫などの総称です。顧客の預貯金を扱う預金業務、個人や企業向けにお金を融資する貸付業務、送金や振込を行う為替業務などを行います。特に銀行は独特の雰囲気やルールがあり、支店長が変わるだけでお店のルールが変わることもあります。

1円でも金額が合わないと帰宅できなかったり、紛失した1枚の照会書類を探すために毎日残業することになったりと、小さなミスが重大な問題に発展する場合があります。ストレスに強く、常に気を張り几帳面に仕事をすることができる方に向いています。

証券会社

証券会社の主な業務としてブローカー業務とディーラー業務があります。ブローカー業務は、株式を買いたい・売りたいという顧客の注文を受付し証券取引所に伝え取引を成立させる仲介業務です。

これに対して証券会社自身で株式を売り買いするディーラー業務があります。採用枠のほとんどが営業職となり、電話営業や世界の株式市場、為替市場の動きなど最新の情報を常に把握し、顧客にさまざまな商品を提案していきます。

顧客の財産を扱うので、信頼を得ることができる人柄・人徳のある人、メンタルの強い人に向いています。

保険会社

保険会社には、大きく分けて生命保険会社と損害保険会社があります。生命保険会社は生命保険を販売している会社です。

生命保険制度の運営や、保険金・給付金の支払い体制を整える役割を担っています。損害保険会社は事故・災害などのさまざまなトラブルに備える損害保険を商品として販売している会社です。

業務として主に営業と営業部門と業務部門があります。営業部門は、個人や法人など顧客のニーズを聞き出し商品を提案するコミュニケーション能力や保険商品の知識が必要となります。

業務部門は、保険商品を実際に使う時に調査・交渉・保険金支払いの手続きなどを行います。人の役に立つことが好きな人、勉強熱心で謙虚な姿勢を表すことができる人に向いています。

金融業界は将来性はあるのか

高収入と安定のイメージがある金融業界ですが、近年日本の金融業界は変わりつつあります。金融機関については銀行そのものの収益力が低下し、地方銀行では合併化が進んでいます。

またフィンテック企業と呼ばれる金融IT分野のベンチャー企業も金融業界へ参入し始めており、従来にはない新しいサービスやビジネスモデルの構築が求められています。

他にも、AIテクノロジーの発達によりAIに職務を取って代わられる可能性もあり、実際にAIを活用した資産運用事例もあります。

給与水準が高いであることは変わりありませんが、金融業界は人員削減に努めることを公言しており、競争率や生き残りが厳しい業界であることは間違いありません。メリットとデメリットを踏まえた上で、金融業界への転職を検討する必要があります。

金融業界のメリット

安定した高収入

生存競争は厳しい業界ですが、給料などの金銭面での安定や高収入は金融業界の魅力のひとつです。福利厚生も充実しており、資格取得へのサポートも手厚いので、安定した収入を得ながら資格を取得して仕事に生かすことができます。

金融の知識が身につく

仕事上、金融に関する知識が身に付きます。税金や保険などお金に関する知識は日常生活に関係することが多いので日常生活にも大変役に立ちます。

ステータス

客観的に見て、金融業界に勤めていると社会的地位が高く見られる傾向があります。顧客の資産を預かる立場ですので社会的信用が高くなります。

女性が活躍できる

金融機関については、窓口業務はほぼ女性が占めており女性が課長などの役席につくことも多く、女性の活躍できる職場だということがわかります。産休育休などの制度を利用し、出産後も仕事を続けキャリアを継続する女性が多くいます。

金融業界のデメリット

メンタルが強くないと続けられない

顧客の資産を任される立場ですので、小さなミスも許されません。金融に関する最新の知識と、ストレスに強い精神力が必要となります。毎日気を抜かず仕事をすることが苦痛な人は不向きと言えます。

異動が多い

不正を防止する目的として金融業界はとくに異動が多い傾向にあります。全国展開されている企業の場合は全国各地に転勤する可能性があり、銀行については長くても3年に1回異動があります。異動する度に新しい支社や支店で一から人間関係を築く必要があるので、社交性も求められます。

残業が多い

特に証券会社の営業職は残業が多い傾向があります。ノルマをやり遂げる信念や忍耐力が必要となるので、プライベートな時間を大切にしたい人や残業をせずに定時時間内で仕事を終わらせたいという人には向いていません。

金融業界の20代・30代・40代~50代の給与と年収

年収まとめサイトによると、業種別ランキング3位が保険業、6位が証券・商品先物取引業、8位がその他金融業となっており、金融業界全体の給与・年収が高水準だということが伺えます。転職サイトによる20代から50代の金融業界の平均年収は下記の通りとなります。

  • 20代 368万円
  • 30代 547万円
  • 40代 616万円
  • 50代 737万円

平成28年度のデータによる日本の平均年収は約420万円と言われていますので、30代以降から平均年収を上回ることになり、高収入といえます。

30代以上になると課長や部長などの役職へ昇進する人も多いため、年代が上がるごとに右肩上がりに平均年収が上昇しています。50代の平均年収は700万円以上ですが、大手企業やメガバンクの役職クラスになると年収1000万以上となります。

金融業界のさまざまな職種と給料の違い

金融業界内でも、勤める企業や職種によって仕事内容・給料は異なります。転職を決める際に、それらが自分の求める条件にマッチするかも重要なポイントでしょう。分かりやすい例として、今回は企業別のデータを参考に見ていきたいと思います。

  • 投信・投資顧問:741万円
  • 証券会社:528万円
  • 損害保険:476万円
  • 生命保険:442万円
  • 都市銀行:466万円
  • 地方銀行:407万円

投信・投資顧問会社の平均年収が一番高く、次いで証券会社、保険会社となっています。資産を運用する業務に携わる企業に勤めると給料も高くなる傾向があるようです。また銀行でも都市銀行なのか地方銀行なのかによって年収に差が出ることが分かります。

金融業界で必要とされる資格

未経験で金融業界への転職を目指す場合、「日商簿記」の資格はお金に関する基礎知識となりますので、まず初めに取得することをおすすめします。

また銀行・保険・証券等金融機関の勤務者を対象に、実務知識および技能応用力についてその習得程度を測定する「銀行業務検定」は転職後に取得したい資格です。

包括的なお金の知識やライフプランニング能力が即戦力として役立つ「ファイナンシャルプランナー」は取得していると実務に生かすことができ、有利な資格です。

その他難関資格として、金融業界で評価が高い「証券アナリスト」や、株式や債券など有価証券の売買を行う仕事に就く場合必須となる「証券外務員」があります。

他にも不動産の知識を生かすことができる「宅地建物取引士」も近年注目を集めています。他にも持っているとキャリアアップに生かすことができる資格としては「税理士」「公認会計士」がありますが、この資格自体の取得が困難なのと独占業務を行える資格のため独立開業することも可能です。

外資系の企業へ転職したい人は「MBA」や「米国公認会計士」の資格に挑戦すると良いでしょう。

金融業界への転職理由や志望動機の書き方

金融業界への転職は、専門知識が必要で激務が予想されるため、慎重に行う必要があります。ある程度ハイリスクハイリターンであることを踏まえ、転職を希望する企業を研究しましょう。

なぜその仕事に就きたいのかや、「自分のキャリアゴール」を明確にしておく必要があります。例として志望動機の書き方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

志望動機の書き方

経験者が優遇される傾向がある金融機関へ、一般企業から転職を志望した場合の志望動機です。自分の資格をどのように仕事に生かすことができるか、転職した後の目標など明確に伝えると良いでしょう。

具体例

「高校を卒業後一般企業へ就職し、2年間総務として勤務していましたが、3年前に経理に配属されたことをきっかけに、簿記の資格を取得しました。

この資格取得をきっかけに「金に関する資格に興味を持ち、自分のライフプランに生かすことのできるファイナンシャルプランナーの勉強を始め、昨年FP3級を取得致しました。

金融機関で働いた経験はありませんが、御社(銀行)で後方事務として入行後は融資関連の業務に携わり、FP2級を取得したいと考えております。」

書き方や面接でのアピールのコツ

経験者や資格取得者が優遇される傾向のある金融業界へ未経験者が転職する場合、さまざまなアピールポイントが必要になります。

「専門知識がある」「資格を取得している」だけでは強みに欠けるので、激務に耐えることができる「精神力の強さ」や「信頼を得ることができる人柄」「忍耐強さ」「正義感や責任感の強さ」などが分かるような具体的なエピソードを志望動機や面接でアピールできると良いでしょう。

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのか分からない。」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

ホテル業界に転職したい!未経験でも面接や履歴書でアピールする方法

ドラマなどの舞台にもなることも多い「ホテル業界」は一見華やかなイメージを抱く人も多いようです。「未経験だけどホテルへ転職したい」「他のホテルへ転職し…

  • 🕒
  • 2019.10.18更新

メーカーの転職は難しい?転職エージェントに相談しないと成功しな…

「モノづくり大国」と言われる日本には多くの有名なメーカーがあり、比較的身近な業種ではないでしょうか。 「未経験だけどメーカーへ転職したい」「他…

  • 🕒
  • 2019.10.18更新

ベンチャー企業とは...?転職のメリットと不向きな人の特徴を徹底解説

「自分の能力をもっと試したい!」「今より活躍できる場があるかもしれない…」と思ったら、ベンチャー企業やスタートアップ企業への転職を考えるタイミ…

  • 🕒
  • 2019.08.06更新

中小企業の転職は難しい?転職エージェントに相談しないと成功しな…

「中小企業で自分らしくやりがいを持って働きたい」と思っている方、または既に中小企業で働きながら他職種への転職をお考えの方必見!中小企業への転職について詳しく解説していき…

  • 🕒
  • 2019.08.06更新

大手の転職は難しい?転職エージェントに相談しないと成功しない?

「大手企業で仕事がしてみたい!」または「別の大手企業へ転職したい」と希望されてる方へ、大手企業への転職事情をまとめました。 こちらの記…

  • 🕒
  • 2019.02.15更新

建築・土木業界に転職したい!未経験でも面接や履歴書でアピールす…

建築・土木業界に対して、特殊な知識が必要なのでは?と未経験からの転職を躊躇される方も多いかもしれません。 しかし実は、現在上向き傾向の業界であり、モノ作りにあこがれを持…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

アパレル業界に転職したい!未経験でも面接や履歴書でアピールする…

「アパレル業界で仕事をしてみたい」と考えている方へ、後悔しない転職をするためにアパレル業界について詳しく見てみましょう。 この記事では業界の特…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

介護・福祉業界に転職したい!未経験でも面接や履歴書でアピールす…

人材不足が叫ばれ政府もその対策に積極的な介護・福祉業界には、どんな職種があるのでしょうか。この仕事は3K(きつい、汚い、危険)というイメージも少なくなく、転職に二の足を…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

運送業界に転職したい!未経験でも面接や履歴書でアピールする方法

「運転が好き!色々な土地を訪ねてみたい!」そんな気持ちがある人には運送業界はおすすめです。運送業界に対しては労働条件の過酷さをイメージする方もいらっしゃることでしょう。

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

不動産業界に転職したい! 未経験でも面接や履歴書でアピールする方法

「スケールの大きい仕事がしたい!自分の仕事が形になっているのをしっかりと見たい!」そんな方に不動産業のお仕事はオススメです。 ハードなイメージもある業界ですが、不…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

工場・製造業界に転職したい!未経験でも面接や履歴書でアピールす…

工場・製造業界へ転職すれば自分の手でモノ作りに直接関わることができます。未経験でも転職しやすい職種が多いですので、コツコツした作業が好きな方にはぴったりの業界と言えるでしょう。 ここでは

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

IT・Web業界に転職したい!未経験でも面接や履歴書でアピールする方法

流行に敏感な方に人気なのがIT・Web業界です。ここでは業界の特徴や転職する上で押さえておきたい知識を紹介しています。 漠然と「IT・Web業界に転職してみたいが何から始めたらい…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト