デザイナーの転職は難しい?デザイナーの年収と有利な資格、志望動機の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デザイナーというと、センスを武器にした仕事としてカッコいいというイメージを持たれている方も多いでしょう。

しかし、実際には「顧客の好みに合わせる」側面も多く、転職後にイメージと違ったということにもなりかねません。そこで、デザイナーへの転職におけるポイントを紹介します。是非参考にしてみてくださいね。

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

DODA

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

デザイン職職は業界別で業務内容がどう変わる?

デザイナーとは、視覚的にその物を美しくするために、形・模様・レイアウトなどに工夫を凝らす人のことを指します。

デザインは多くの分野と関わっているため、自分の目指すデザインがどの分野に含まれているのかを知ることで、将来なりたい職種を決めるきっかけにもなります。ここでは、主なデザイナー業界と仕事内容を簡単にご紹介します。

グラフィックデザイナー

ポスターやチラシ、商品パッケージなど主に印刷物のデザインの企画・制作をします。グラフィックデザイナーは、アートディレクターやエディトリアルデザイナーと兼ねることも多く、グラフィックデザイナーにも様々な種類があります。

ウェブデザイナー

ウェブサイトの構成企画・デザインなどを行います。最近では、使用する画像の制作や、コーディングまでを行うデザイナーが増えています。

ウェブデザイナーは見た目のデザイン性だけではなく、サイトの目的に沿ってユーザーに使いやすく、ユーザーが意図した行動をするデザインを行います。

インダストリアルデザイナー

自動車や家電製品などの工業製品のデザインを行います。工業デザインに加えて、家具やパッケージデザインなどの製品デザインを行うデザイナーをプロダクトデザイナーと総称することもあります。製品の機能性や安全性、コスト面や生産性など様々なことを考えてデザインします。

DTPデザイナー

文字や図、写真などをレイアウトした印刷用のデザインを行います。データを実際に印刷するところまでを仕事としています。デザイナーが作成したデータをもとに、修正や加工をして、印刷できるデータを作成する方はDTPオペレーターと呼ぶこともあります。

ゲームグラフィックデザイナー

ゲームに登場するキャラクターやゲームに使用する背景などのデザインを行います。制作には主に2DCGや3DCGの技術を使用します。

イラストレーター

主に本の表紙、絵本、広告、ポスターなどのイラストレーションを行います。イラストレーターは作家や画家と異なり、クライアントの希望に沿ってイラストを描く必要があります。

デザイン職に向いている人、向いていない人

デザイナーは単に”頑張ればよい”わけではないタイプの職種だからこそ、自分に務まるのだろうか?自分はデザイナーに向いているのか?など転職に不安を抱える方も多いと思います。

ここではデザイナーとして良い仕事をするためのポイントを説明しています。デザイナーとしての適性を探り、具体的なイメージをつかむことで満足度の高い転職に繋がるのではないでしょうか。

デザイン職に向いている人

デザイン職に向いている人を一言で表すと「柔軟な考え方が出来る人」と言えます。デザイナーにとって柔軟な発想は、仕事の質を高める大事な素質です。

柔軟な発想によって視点を変えることで、顧客の要望を一気に解決できるような素晴らしいアイデアを生むことも可能でしょう。

頭の柔らかいタイプの人ほど、視点や切り口を変えて問題を解決するアイデアをたくさん産むことができます。デザイナーとして正しい仕事をするためには、欠かせない素質なのです。

また、古い技術に固執せず常に新しい技術を追求していく姿勢や、流行に対して敏感に反応する情報感度の高さもデザイン職として向いている人の特徴と言えます。情報感度の高い人は、常に最新の情報をいち早く入手し、誰よりも先に時代の流れを掴むことに優れているのです。

つまり、型にはまらず、新しい情報をキャッチアップ出来て、顧客の要望をしっかりとデザインに起こす柔軟性がデザイナーには求められていると言えるでしょう。

デザイン職に向いていない人

デザイナーに向いていないタイプの人は、問題の本質を捉えられない人です。例えば、自分本位なこだわりが強く、見た目にこだわった結果として顧客が使いづらいデザインができ上がってしまったとしたら、それはいい仕事とは言えません。

顧客がデザイナーに求めていることとは、「売り上げ増加」や「企業のイメージアップ」などであり、デザインを通して実現してもらいたい目的があるのです。

つまり、こだわりが強く、相手の本当に求めていることが理解できない人には、美しいデザインを実現しながら優れた機能を付加させることは難しいでしょう。

デザイン職の給料・年収

転職を考える上で、どのくらいの年収が期待できるのかというのは非常に気になるところです。デザイン職の中でも、年齢が上がるにつれて、プロジェクトとの管理なども任されるようになり、年収もその分増加していくことでしょう。

ここでは、デザイン職の年齢別・職種別の平均年収を紹介していきますので、ご自身の状況と照らし合わせて参考にしてみてくださいね。

デザイン職の20代・30代・40代~50代の給与と年収

転職情報サイトによると、デザイン職が含まれるクリエイティブ系全職種の年代別年収は以下の通りとなります。

  • 20代  316万円
  • 30代  408万円
  • 40代  479万円
  • 50代  535万円

年代が上がるにつれて、その分平均給与も増加しています。これは経験によって責任のある職務内容が増えていくことにも関係しているでしょう。

デザイン職の業界別の給与・年収

転職情報サイトによると、デザイン職の業界別年収は以下の通りとなっています。

  • グラフィックデザイナー/イラストレーター 332万円
  • Webデザイナー 360万円
  • DTPデザイナー316万円
  • プロダクトデザイナー(工業デザイナー)465万円

デザイン職と言っても、業界によって平均給与に100万円以上の差がありますね。別業界へのステップアップ転職を目指したい方は、どの業界の平均給与が高いのかを参考にされると良いでしょう。

デザイン職の持っていると有利な資格

デザイナー職では、実力主義の側面が強く、資格が重要視されることは少ないといえます。しかしながら、資格取得に向けた勉強は新しい知識の習得の動機付けにもなりますし、転職時に採用担当の目にとまりやすいこともあるでしょう。そこでここでは、キャリア形成や転職活動に役立つ、デザイン職向けの資格を三つご紹介します。

ウェブデザイン技能検定

「ウェブデザイン技能検定」は、ホームページの制作に関する幅広い知識・能力を証明することできる国家資格(厚生労働省認定)です。

1級ではHTML、XHTML、CSSのコーディング作業などに加え、PhotoshopやIllustratorを使った画像処理、Dreamweaverによるサイト制作、仕様に基づいたWebサイト構築などさまざまな課題が出題されます。

なお、受験資格として、2級は2年以上、1級は7年以上の実務経験が定められています。Webデザインの経験・スキルの両方を上手くアピールできるので、現役Webデザイナーも取っておいて損はない資格と言えるでしょう。

Webデザイナー検定(民間資格)

「Webデザイナー検定」では単なるWebデザインの能力だけでなく、コンセプトメイキングなどの準備段階から、テスト・評価、Webサイトの運用まで、幅広い知識が問われます。

Web制作の一連の流れをオールマイティーにこなせることがアピールできるので、Webデザイナーへ職種転換したい方にも有効です。

また、Webデザイナーとしてさらにステップアップを考えている方なら、難易度の高い「Webデザイナー検定エキスパート」の取得がおすすめです。

DTPエキスパート

「DTPエキスパート」は、公益社団法人 日本印刷技術協会が印刷メディア設計のスーパーバイザーを育てるために作った資格です。

歴史が古く、知名度が高いため印刷業界への転職では特に有利に働くでしょう。DTP制作の基礎・応用知識はもちろん、時代と共に変化している印刷業界で生き抜くために必要な知識・能力をアピールすることができます。特に印刷業界で活躍したいデザイナーにとっては、キャリアを広げるために有効な資格と言えます。

デザイン職の志望動機の書き方|転職理由や退職理由の伝え方

ここではデザイン職の中で、別の業界へ転職する場合の志望動機の例をご紹介します。

例)フリーランスイラストレーター→企業の専属WEBデザイナー

「5年前に会社を退職して以来、フリーランスのイラストレーターとして仕事をしてきました。フリーランスになった当初は、自分の得意とする画風に特化して業務を行っていきたいという希望がありましたが、受注型のためにお客様からのご要望に基づいて作成することが中心でした。

そんな中、プロジェクトメンバー自身により企画を推進しており、自らの発想で常に新しいコンテンツ作りに携わることのできる貴社の業務に非常に魅力を感じ、応募させていただきました。

フリーランス時代には独学で勉強しWEBサイト運営も行っておりましたので、これまでの経験を生かして貴社に貢献したいと考えております。」

デザイナーのような技術職では、責任を持って仕事を遂行することができるのか、周りとのコミュニケーションを取ることができるのか、というところが転職の上で重要視されることが多いです。

スキルや業績をアピールするだけでなく、コミュニケーション能力や責任能力をPRすることを忘れないようにしましょう。

また、転職活動に踏み切る際には「本音」とも言える理由がある場合が多いと思いますが、いかに志望先企業に貢献できるかという点に重点を置き、ポジティブな転職理由を伝えると良い印象を与えられるでしょう。

デザイン職から転職!経験を生かしたアピールと志望動機の書き方

ここではデザイン職から他の職種に転職する場合の志望動機の例をご紹介します。

例)イラストレーター→アパレルショップ店員

「私はパソコンで絵を描いたりデザインを考えたりすることが好きで、これまでイラストレーターとしての経験を積んできました。

イラストレーターとして世の中の流行をキャッチアップしていく中で、貴社の素材に徹底的にこだわったシンプルながらも美しい商品デザインに感銘を受けました。

そして、店舗でお客さまと直接会話する形で、貴社の商品の良さを広めていきたいという思いが強くなり、この度応募させていただきました。

これまでの経験を生かして、服の価値を高められるような空間づくりやポップ作成、お客様のご要望に即した提案に貢献していきたいと考えています。」

別の業界へ転職を希望する場合には、実務経験のなさをカバーできるよう、「即戦力として活かせるスキル」をアピールすると良いでしょう、

デザイン職からの転職では、デザイン技術はもちろんとのこと、クライアントからの要望をヒアリングするコミュニケーション能力も良いアピールポイントになるでしょう。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

DODA
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

事務の転職は難しい?事務の年収と有利な資格、志望動機の書き方

「事務職の仕事に興味がありやってみたい」「他の業界の事務職にチャレンジしたいけれど、業務内容は違うの?」など事務職の転職に悩む方必見!の情報を…

美容師の転職は難しい?美容師の年収と有利な資格、志望動機の書き方

美容師というと、最先端のトレンドに触れ、自分のセンスと技術を武器にした仕事としてカッコいいというイメージを持たれている方も多いでしょう。 しかし実際には重労働でもあり、転職後にイメージと違…

税理士の転職は難しい?税理士の年収と有利な資格、志望動機の書き方

「税理士の仕事に興味があり資格取得を目指している」「企業内税理士から独立開業してみたい」など、税理士の転職に悩む方必見の情報をご紹介します。税…

公務員の転職は難しい?公務員の年収と有利な資格、志望動機の書き方

公務員への転職に興味を持っていてもハードルを感じ、「公務員の転職なんて、自分には無理だ・・」と思っている人も少なくないのではないでしょうか。 ここでは公務員への転…

コンサルタントの転職は難しい?コンサルタントの年収と有利な資格…

「コンサルタントへの転職に興味を持っていても一歩を踏み出せない」いう人は少なくないのではないでしょうか。ここではコンサルタントへの転職のあれこれについて、職種の情報や収…

販売職の転職は難しい?販売職の年収と有利な資格、志望動機の書き方

「販売職の仕事に興味がありやってみたいけど、なかなかその一歩を踏み出せない」という方は少なくないのではないでしょうか。 気になる販売職の年収、有利な資格や志望動…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクルートエージェント

    求人数が転職業界でナンバーワン!

    • 非公開求人数100,000件以上
    • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
    • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
    • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

最新記事