コンサルタントの転職は難しい?コンサルタントの年収と有利な資格、志望動機の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンサルタントへの転職に興味を持っていても一歩を踏み出せない」いう人は少なくないのではないでしょうか。ここではコンサルタントへの転職のあれこれについて、職種の情報や収入も含めご紹介します。他の業界にも興味があるという現役コンサルタントの方にもお役立ちな情報です。ぜひ御覧ください。

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

DODA

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

コンサルタント職は業界別で業務内容がどう変わる?

コンサルタントは、クライアントが抱える経営課題の根本的な原因を探り、その解決策を導き出すこと事が主な仕事です。コンサルタントはコンサルティングファームと呼ばれる企業に属している場合と、独立してその業を行う場合があります。

コンサルティングファームは以下の種類に分けることができます。

総合系

企業・事業戦略の策定からシステム構築など、上流と呼ばれる基幹部分を主に手がける。部分的ではなく、会社総体としてあらゆるサービスを提供するコンサルティングファーム。

戦略系

主に大企業や外資系企業を顧客に持ち、M&Aなども含めた経営戦略など、トップレベルのコンサルティングを行なう。

シンクタンク系

いわゆる「研究所」としての役割・側面も持っているコンサルティングファーム。

企業・事業再生系

業績が著しく悪化したり、危機的状況にあったりする企業を専門に手がけるコンサルティングファーム。

IT系

システム構築やITを使ったビジネスに強みを持つコンサルティングファーム。

マーケティング系

ブランドマーケティングやマスマーケティングなど、広告を使ったマーケティング戦略に強みを持つコンサルティングファーム。

人材系

人材戦略、採用、評価などに強みを持つコンサルティングファーム。

コンサルタントに向いている人、向いていない人

コンサルタントに向いているのはどのような人でしょうか。コンサルタントは"かっこいい""できるビジネスマン"というイメージがある人も多いのではないでしょうか。

イメージの良い職種に転職したのに、「実際にお仕事をしてみたらイメージと違った!」ということにはなりたくないですよね。ここでは向いている人向いてない人の特徴から、ご自分にあった職種なのかを探ってみましょう。

コンサルタントに向いている人

論理的な思考ができる人

コンサルタントの主な仕事は、クライアントが抱えている問題を分析し、その問題に対する解決策や改善策を考える事です。そのためには多種多様なデータの分析や情報収集とその整理という作業が必須となり、物事を論理的に整理するスキルが必要です。

相手の気持ちに寄り添える人

クライアントである企業にとって自社の将来を左右する大切な経営方針を決めるコンサルタントは、唯一無二のパートナーであるべき存在です。

コンサルタントがよりよい解決策・改善策を提案するためには、クライアントとの信頼関係をベースに、クライアントからその不安や希望を丁寧に引き出すことが大切で、コンサルタントには相手の気持ちに寄り添う丁寧なコミュニケーション能力が求められます。

コンサルタントに向いていない人

学ぶ事が嫌いな人

コンサルタントは経験と知識や情報をもってその業務行います。コンサルタントとしてキャリアを重ねていく中でも知識や情報は常に自らアップデートし、その業務に反映させる必要があるため、常に学ぶという事が求められます。そのため学び続ける事が嫌いな人には向いていないでしょう。

じっくりと考えてから動く人

クライアントの問題や課題の分析のために、深く考えることは重要ですが、問題解決できれば無限に分析時間を持ってもいいという訳ではありません。あくまでも問題解決がゴールですので、ある程度当たりをつけて動き、その中で修正しながらゴールに向かう事も必要です。

コンサルタント職の給料・年収

次に、気になるコンサルタントの給与・収入についてです。コンサルタントは年収1000万円は珍しくないといわれる業界でありますが、実際はどうなのでしょうか?

コンサルタントは実力主義で職位が上がったり、その業績に応じた業績給がついたりと他職種と比べその収入形態が大きく異なるようです。次で詳しく見てみましょう。

コンサルタントの20代・30代・40代~50代の給与と年収

某年収調査サイトによると、コンサルタントの年齢別年収は以下のようになっています。

  • 25~29歳 565.0万円~615.0万円
  • 35~39歳 625.8万円~729.8万円
  • 45~49歳 796.4万円~918.4万円
  • 55~59歳 865.8万円~975.8万円
  • 60~65歳 564.2万円~975.8万円

民間給与実態統計調査と基にした調査によると、20代後半の平均年収は340万程度、50代後半では599万円ですので、やはりコンサルタントは高収入な職種であるといえるでしょう。

コンサルタントの業界別の給与・年収

次にある転職支援エージェントの調査による、コンサルティングファーム別平均年収を見てみましょう。平均年収は以下のようになっています。

外資系戦略コンサルティングファームの役職と年収水準

  • 役職;アナリスト 年齢;22~28歳 コンサル経験;0~3年 年収;500~800万円+業績給
  • 役職;コンサルタント 年齢;25~35歳 コンサル経験;0~6年 年収;900~1300万円+業績給
  • 役職;マネージャー 年齢;28~40歳 コンサル経験;2~10年 年収;1400~2000万円+業績給
  • 役職;プリンシパル 年齢;32~45歳 コンサル経験;5~15年 年収;1700~2500万円+業績給
  • 役職;パートナー 年齢;35歳~ コンサル経験;7年以上 年収; 2500万円以上+業績給

総合系/IT系コンサルティングファームの役職と年収水準

  • 役職;コンサルタント 年齢;22~30歳 コンサル経験;0~3年 年収;500~700万円+業績給
  • 役職;シニアコンサルタント 年齢;25~35歳 コンサル経験;0~6年 年収;700~900万円+業績給
  • 役職;マネージャー 年齢;28~40歳 コンサル経験;2~10年 年収;900~1400万円+業績給
  • 役職;シニアマネージャー 年齢;32~45歳 コンサル経験;5~15年 年収;1300~1800万円+業績給
  • 役職;パートナー 年齢;35歳~ コンサル経験;7年以上 年収; 2000万円以上+業績給

コンサルタントの持っていると有利な資格

コンサルタントとして働くために、必ず必要となる資格はありません。しかし「公認会計士」や「税理士」、「中小企業診断士」の資格や「MBA(経営学修士号)」の取得があると、その業務に役立つ場面が多くあります。

  • 認会計士
  • 税理士
  • 中小企業診断士
  • MBA(経営学修士号

またこのような資格は、財務や企業経営、経営学に対し専門的な知識を有していることの証明になるため、これらの資格を有していることはクライアントから高い信頼を得ることにもつながります。

コンサルタントの志望動機の書き方|転職理由や退職理由の伝え方

別カテゴリーのコンサルタントファームへ転職を希望する場合、転職動機として強みとなるのはコンサルタントとしての実績です。

なぜカテゴリーチェンジをしたいのかという点については、十分自己分析をしましょう。たかが志望動機ではなく、コンサルタントとしてのプレゼンテーション能力もしっかりチェックされることが多いようです。

例文

総合系コンサルタントファームである◇◇社でシニアコンサルタントとして●●社や××社の業務改善プロジェクトに参加しました。

会社全体の改善業務を得意としている◇◇社で働く中で、私は企業にとっての資源である「人材」に強い興味を持ちました。

現在働き方改革が叫ばれ人口減少が進み始めていますが、今後多種多様な働き方が生まれ、今までと同じような人材活用をしていては企業としては難しいと考えています。

私は永遠になくなることがない「人材」という資源を、企業がどのように利用するべきかという部分について強い関心と探求心を掻き立てられており、この部分のコンサルティングを行っている御社で働きたいと考え、志望致しました。

コンサルタントから転職!経験を生かしたアピールと志望動機の書き方

コンサルタントとして活躍している方が、一般企業で事業の当事者として働きたいと考え、転職することは少なくありません。

一般企業に転職する上で業務プロセスを理解する能力に長けていることと、コミュニケーション能力の高さから、コンサルタントとしての経験は大きなアドバンテージとなります。その他にも転職したい職種や業界に関わった経験があれば、転職への成功確率はより高いものとなるでしょう。

例文

IT系コンサルティングファームでシニアコンサルタントとして様々なIT企業の業務改善に携わって参りました。

コンサルティングを担当したある企業の方々と打合せを重ねた中で、多くの社員が自社のシステムに深い誇りや愛情を持ってそのシステムの運用業務に取り組んでおり、その姿に強い衝撃を覚えました

またそのシステムがエンドユーザーの日常に入り込み、そこからエンドユーザーの生活の一部になっていく様子を知り、BtoC企業での仕事に興味を持ちました。

まだコンサルタントとしてのキャリアは十分ではありませんが、御社の業種でのコンサルタント経験は豊富であり基本的な業界理解はできております。

また、経営者の方から一般職の方まで幅広い方々と深いやり取りをした経験から、相手から話を引き出す事、一つの事項についてその相手が理解しやすいように説明や提案をする事については特に自信があり、御社のお役に立てるものと考えます。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

DODA
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

事務の転職は難しい?事務の年収と有利な資格、志望動機の書き方

「事務職の仕事に興味がありやってみたい」「他の業界の事務職にチャレンジしたいけれど、業務内容は違うの?」など事務職の転職に悩む方必見!の情報を…

美容師の転職は難しい?美容師の年収と有利な資格、志望動機の書き方

美容師というと、最先端のトレンドに触れ、自分のセンスと技術を武器にした仕事としてカッコいいというイメージを持たれている方も多いでしょう。 しかし実際には重労働でもあり、転職後にイメージと違…

税理士の転職は難しい?税理士の年収と有利な資格、志望動機の書き方

「税理士の仕事に興味があり資格取得を目指している」「企業内税理士から独立開業してみたい」など、税理士の転職に悩む方必見の情報をご紹介します。税…

公務員の転職は難しい?公務員の年収と有利な資格、志望動機の書き方

公務員への転職に興味を持っていてもハードルを感じ、「公務員の転職なんて、自分には無理だ・・」と思っている人も少なくないのではないでしょうか。 ここでは公務員への転…

デザイナーの転職は難しい?デザイナーの年収と有利な資格、志望動…

デザイナーというと、センスを武器にした仕事としてカッコいいというイメージを持たれている方も多いでしょう。 しかし、実際には「顧客の好みに合わせる」側面も多く、転職後にイメージと違ったという…

販売職の転職は難しい?販売職の年収と有利な資格、志望動機の書き方

「販売職の仕事に興味がありやってみたいけど、なかなかその一歩を踏み出せない」という方は少なくないのではないでしょうか。 気になる販売職の年収、有利な資格や志望動…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクルートエージェント

    求人数が転職業界でナンバーワン!

    • 非公開求人数100,000件以上
    • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
    • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
    • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

最新記事