公務員の転職は難しい?公務員の年収と有利な資格、志望動機の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公務員への転職に興味を持っていてもハードルを感じ、「公務員の転職なんて、自分には無理だ・・」と思っている人も少なくないのではないでしょうか。

ここでは公務員への転職について、職種の情報や収入も含めご紹介します。現在公務員だけど他職種にも興味があるという方にもお役立ちな情報です。ぜひ御覧ください。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 年代と特長 求人を探す
リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

公務員職は業界別で業務内容がどう変わる?

一言で公務員と言ってもさまざまな種類がありますが、大きく分けると、中央官庁や出先機関で働く国家公務員と自治体や出先機関で働く地方公務員に分類されます。

  • 国家公務員
  • 地方公務員

官署や自治体の規模で異なりますが、更に細分化され、行政系・専門職・技術系・心理系・福祉系・公安系・資格専門職の「区分」に分かれます。

  • 行政系
  • 専門職
  • 技術系
  • 心理系
  • 福祉系
  • 公安系
  • 資格専門職

行政系公務員は民間企業でいう「総合職」の位置付けとなります。国家公務員では所属する省庁により仕事内容はある程度限定されますが、地方公務員では配属先も多岐にわたり、多種多様な職務に従事することができます。

専門職公務員は勤務先官庁が限定され、その官庁は財務省・外務省・防衛省・法務省・国税庁、その他にも国立国会図書館や労働基準監督官などとなっております。

技術系公務員は土木・建築・機械・電気電子・化学・農業・林業などに区分されます。機械や土木などの専門知識を、ストレートに仕事に活かせるのが技術職の魅力です。

心理系公務員は家庭裁判所調査官や非行少年の矯正教育に従事します。児童相談所等に勤務する方もいます。

福祉職公務員は主に地方公務員として福祉関係課や児童相談所に勤務する専門職です。

公安系公務員は警察官と消防官に区分されます。民の生命と財産を守るという仕事に携わることができる点が魅力です。

資格免許職は保育士・管理栄養士・司書・獣医師・薬剤師・保健師などに区分されます。主に地方公務員として採用されています。

公務員職に向いている人、向いていない人

それでは公務員に向いているのはどのような人でしょうか。人気の職種であり採用試験の難度も高い公務員は、憧れだけではなれないお仕事。

努力して公務員になったのに、お仕事をしてみたらイメージと違った!ということにはなりたくないですよね。ここでは向いている人向いてない人の特徴から、公務員の適性を探ってみましょう。

公務員職に向いている人

1つの仕事を細部までミスなくやり遂げる能力

公務員は、民間企業であれば省略できるような内容でも書類を作成する必要があります。みなさんも役所へ行った際に、民間企業の職場に比べ書類が多いなあという印象があるのではないでしょうか。

特に近年は公文書公開制度の導入により、請求があれば一般市民にも公文書公開しなければならなくなりました。

そのためこれに関わる公務員は細心の注意を払い、全てにおいて正確な書類を作成することが求められます。そのため、成果や効率よりも、一つの仕事を細部までミスなくやり遂げる正確性が公務員には求められます。

忍耐力が強いこと

近年公務員への風当たりは強くなる一方で、公務員の仕事や私生活は一般市民に監視されている状態とも言えます。

一概には言えませんが、少しでも言葉遣いが悪かったり些細なミスをしてしまったりしても、市民から執拗な指摘を受けたり説教を受けたりすることも、可能性としてはあります。

立場上中々反論したり感情的になることができない場面が多いことから、忍耐強く我慢する力が求められます。

公務員職に向いていない人

新しいことにどんどん挑戦したいタイプ

公務員は法律や議会で決められた事案をもとに業務を行うことが必須であるため、それを逸脱した効率化や臨機応変な対応はNGなことが多いようです。

ルールやフォーマット化されたやり方で業務を行うことが苦手だったり、アイデアを出したりやチャレンジすることが好きな方には窮屈に感じてしまうお仕事でしょう。

一人で黙々と仕事がしたいタイプ

公務員の業務で特に多いのは、他部署や民間企業相手の「調整」です。

もちろん調整は公務員だけに求められることではないのですが、公務員が行う一業務は関わる部署が多く、独断で業務を進めることはご法度であること、また定期的に異動があるため例年通りの業務であっても担当者が変わることが多数あり、その度に新たな関係者に説明をするということが発生するため、一人で黙々と仕事をしたい方には向いていないお仕事と考えられます。

公務員職の給料・年収

次に、気になる公務員の給与・収入についてです。公務員は高給や安定しているイメージもあるようですが、実際はどうなのでしょうか?

ある2014年の平均年収のデータによると、国家公務員は約622万円、地方公務員は約570万円となっていますが、国家公務員と地方公務員やその区分によっても大きく変わります。以下で詳しく見てみましょう。

公務員職の20代・30代・40代~50代の給与と年収

平成28年のデータによる公務員の年代別平均年収は以下の通りとなっています。

  • 20代: 392万円
  • 30代: 488万円
  • 40代: 678万円

また、公務員は「棒給表」と呼ばれる、勤続年数も加味された給与支給表に従って給与が支給され、勤続年数が長くなればなるほど年収は高くなっていきます。そのため40代の公務員では、役職により年収1000万円を超える人も珍しくありません。

公務員職の業界別の給与・年収

次に、公務員の区分別の給与について見てみましょう。平成28年4月1日の地方公務員給与実態調査をもとにしたデータによると、一般行政職の都道府県職員の月給与平均は33万円、市職員で32万円となっています。

また公務員の給与は行政の税収でまかなうため、東京都の平均年収は718万円、愛知県は685万円と行政より支払われる給与は異なります。

職種によっても若干の違いがあり、高校教員は約37万円、小・中学校教員が約36万円、警察官は約32万円となっています。

公務員職の持っていると有利な資格

公務員になるためには、公務員試験の受験が必要で、その受験資格は年齢と国籍のみです。取得している資格によってふるいにかけられることはないと言われていますが、先々の実務に役立つものを取得していることは実務向きの人材として評価される事にもなり、面接試験において有利に働くこともありえます。

今後に役立つ資格としては、行政書士や社会労務士、2級以上の簿記などが挙げられます。ただしあくまでもプラスアルファのことですので、資格を取得することよりは、試験勉強に集中した方が現実的とも言えます。

公務員職の志望動機の書き方|転職理由や退職理由の伝え方

公務員として別の区分や自治体に転職を希望する場合、志望動機として強みになるのは、①役所の仕事の進め方を知っている、②公務員試験の受験経験があるため筆記試験を通過しやすい、という事があります。

  • 役所の仕事の進め方を知っている
  • 公務員試験の受験経験があるため筆記試験を通過しやすい

社会人経験者採用試験を実施している国や自治体は多くなってきていますが、採用枠は広くなく、また人気が高い業種や自治体も多いので、経験以上のキラリと光る転職理由を伝える事が必要です。

例文

●●市の職員として勤務してきましたが、そこでの業務の中で、××省の方とやり取りする機会を多く持ちました。

そこで国家機関での業務規模の大きさを実感し、その仕事のスケールの大きさと、そこで行われている業務の国民生活への貢献度の高さに圧倒されました。

私は今後も人々の生活を支える仕事をしたいと強く思っておりますので、今の仕事に満足することなく目線を高く持ち、より人々に寄り沿える仕事が出来るようになりたいと考え、国家公務員への採用試験を受ける事としました。

公務員職から転職!経験を生かしたアピールと志望動機の書き方

公務員であった人は社会的に大きな信用を得ることとなります。なぜなら公務員は、先にも述べたように公務員試験という競争率が高い試験と面接を突破し、欠格事由がないことが確認された人がなりえる職種だからです。

そのため、重要事項を取り扱うような職種や、人とコミュニケーションを取る職種などに転職する際には、公務員であったことは大きなアピールポイントとなるはずです。

例文

地方公務員として地域の方々の生活環境向上に努めてまいりましたが、そこで経験した福祉事業にもっと深く携わりたいと考えるようになりました。

また、これまで地方公務員として幅広い年齢層の方々と接してきたコミュニーケーション能力や業務遂行力は、こちらでお仕事するのに役立つと考え転職を決意しました。

その際、貴社の「利用者さんを大切に、職員を大切に」という企業理念に心惹かれ、この度応募を致しました。

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのか分からない。」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

【広報職編】未経験転職をする前に知っておきたい仕事内容、実態、…

広報は、その企業の顔ともいうべき華やかな仕事を担当します。しかし広報職に転職したい場合どのように仕事を探し、どのように内定を勝ち取ればいいのでしょう?このページでは広報職の仕事…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

一般事務へ転職したい!女性人気NO.1職種の正社員になる方法

幅広い年齢層から人気の一般事務職。その仕事内容や働き方から未経験からのキャリアチェンジを希望する人も少なくありません。 しかし、その人気の高さから競争倍率が高く狭き門となりがちです。

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

事務の転職は難しい?事務の年収と有利な資格、志望動機の書き方

「事務職の仕事に興味がありやってみたい」「他の業界の事務職にチャレンジしたいけれど、業務内容は違うの?」など事務職の転職に悩む方必見!の情報を…

  • 🕒
  • 2018.05.23更新

美容師の転職は難しい?美容師の年収と有利な資格、志望動機の書き方

美容師というと、最先端のトレンドに触れ、自分のセンスと技術を武器にした仕事としてカッコいいというイメージを持たれている方も多いでしょう。 しかし実際には重労働でもあり、転職後にイメージと違…

  • 🕒
  • 2018.05.18更新

税理士の転職は難しい?税理士の年収と有利な資格、志望動機の書き方

「税理士の仕事に興味があり資格取得を目指している」「企業内税理士から独立開業してみたい」など、税理士の転職に悩む方必見の情報をご紹介します。税…

  • 🕒
  • 2018.05.18更新

コンサルタントの転職は難しい?コンサルタントの年収と有利な資格…

「コンサルタントへの転職に興味を持っていても一歩を踏み出せない」いう人は少なくないのではないでしょうか。ここではコンサルタントへの転職のあれこれについて、職種の情報や収…

  • 🕒
  • 2018.05.18更新

デザイナーの転職は難しい?デザイナーの年収と有利な資格、志望動…

デザイナーというと、センスを武器にした仕事としてカッコいいというイメージを持たれている方も多いでしょう。 しかし、実際には「顧客の好みに合わせる」側面も多く、転職後にイメージと違ったという…

  • 🕒
  • 2018.05.18更新

販売職の転職は難しい?販売職の年収と有利な資格、志望動機の書き方

「販売職の仕事に興味がありやってみたいけど、なかなかその一歩を踏み出せない」という方は少なくないのではないでしょうか。 気になる販売職の年収、有利な資格や志望動…

  • 🕒
  • 2018.05.18更新

営業の転職は難しい?営業の年収と有利な資格、志望動機の書き方

「ずっと営業の仕事をしてみたかった」など営業職に興味があるけど、なかなか踏み出せない方や、「営業でも業界が違うと業務内容が違うの?」など営業は…

  • 🕒
  • 2018.05.18更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト