事務の転職は難しい?事務の年収と有利な資格、志望動機の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事務職の仕事に興味がありやってみたい」「他の業界の事務職にチャレンジしたいけれど、業務内容は違うの?」など事務職の転職に悩む方必見!の情報をご紹介します。事務職の年収、有利な資格や志望動機の書き方まで、転職に役立つ情報をぜひ参考にしてみてください。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 年代と特長 求人を探す
リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

事務職は業界別で業務内容がどう変わる?

事務職の仕事は、業界や配属された部署によって色々な種類があり、それぞれ業務の内容も異なります。部署や部門のサポート役として資料の作成や来客・電話対応などを行う一般事務や、営業職の補佐がメインとなる営業事務では営業の日報まとめや取引先との受発注などの応対を行うこともあります。

輸入・輸出に関わる商社やメーカー、海運業者、船舶業者の業界などで活躍の場がある貿易事務は、事務職の中でも特に高い専門性が問われる種類の事務職です。

業務内容は輸出業務と輸入業務に分かれており、通関や輸出先への書類や事務手続き・連絡などの業務を行い、海外とのやり取りを行うため日常英会話レベルの語学力が必須となります。

また秘書も語学力を求められることの多い事務職です。スケジュール調整や出張手配、議事録の作成などを行い、会社役員・社長の補佐をします。

他にも社会保険の手続きや備品管理などを行う総務事務や、経費精算や出納などお金を管理する経理事務、銀行で記帳や口座開設を行う銀行事務、病院の窓口で受付や会計・レセプト業務等を行う医療事務などがあります。このように事務職は業界や種類によって業務内容や求められるスキルも異なってくる職種です。

事務職に向いている人、向いていない人

事務職の仕事をやってみたいけれど自分に仕事が合っているかどうか不安、と思う人も多いはず。「転職したらイメージと違った」「自分には仕事内容が合わないみたい」という事態は避けたいですよね。

そこで、事務職に向いている人、向いてない人についてまとめてみました。事務職が本当に自分に合っているか、セルフチェックしてみましょう!

事務職に向いている人

ミスなく正確に事務作業を行える方

一般事務や銀行事務・経理事務など、資料作成や入力作業など、ミスなく正確に作業することが求められます

特に銀行事務はお金に直結する事務職ですので、小さなミスが大きな問題になりかねません。常に細心の注意を払い業務を行う必要がありますので、細かい作業やコツコツ地道な作業をすることが得意になります。

また、複数の書類作成を同時に行い仕上げる能力が必要になりますので、OAスキルや事務処理能力は確実にアップします。

周りに気遣いができる方

サポートとして部署内の業務が円滑に進むよう、細やかに周囲に気配りができる方が向いていると言えます。例えば営業事務なら、営業職の方が仕事をしやすい雰囲気をつくることができることも重要なポイントになります。

業務に当たって社内外さまざまな人と関わる機会が多いので、社交性やコミュニケーション能力が養われるというメリットがあります。

臨機応変に対応できる方

営業事務や秘書など取引先とのやり取りを直接行う事務職の場合、お客様や状況に合わせた臨機応変な対応が必要となります。

さまざまなシチュエーションに対応する機会がありますので、トラブルシューティングなどの経験値がアップします。

語学が得意な方

輸出輸入業務に携わる貿易事務や、役員・社長秘書などの事務職では、業務に語学能力が必要となり語学力の向上が望めます。語学能力を活かしたい方やビジネス英会話のスキルアップをしたい方におすすめです。

先回りして行動が出来る方

営業事務や秘書など、自ら先回りして行動し、状況を把握・予測して動くことが求められる仕事です。小さなことにも気がつくことのできる観察力をお持ちの方や、誰かの役に立つことで喜びを感じることができる方に向いています。

事務職に向いていない人

PCや細かい作業が苦手な方

OAスキルが必須となる事務職は、数字や細かいPCを使った作業・書類整理などが苦手な方には不向きです。

社交的でない方

事務処理能力だけではなく、人をサポートすることが事務職の特徴ですので、コミュニケーション能力に自信がない方や内向的な方にはおすすめできません。

華やかな仕事がしたい方

営業職のような花形の職種ではなく、どちらかというと地味な裏方のお仕事なので、会社の顔になるようなお仕事がしたいという方だと、縁の下の力持ち的なお仕事では満足できない可能性があります。

外に出て仕事をしたい方

事務職は基本的にオフィス内でのお仕事が主となりますので、座っている時間が長く、外出することは比較的少ない職種です。

事務職の種類によっては銀行や取引先などに外出することもありますが、オフィス内から一歩も外に出ないということも少なくありません。1日中室内にいるとストレスがたまるという方には向いていないと言えるでしょう。

事務職の給料・年収

お金の面で、給料や年収は一番気になるところ。ここでは、事務職の給料や年収についてご紹介します。年代が上がり経験を積めば仕事の幅が広がり、同時に年収アップが見込めます。

また業界によっても給料や年収は変動しますので、業界別・年代別にみていきたいと思います。ご自分の希望する業界や年代に照らし合わせて参考にしてみてください。

事務職の20代・30代・40代~50代の給与と年収

転職サイトdodaの年代別、種類別2017年平均年収ランキングを見てみましょう。20代の平均年収はほぼ200万円代に留まることが多く、事務経験豊富な50代になると年収は300万円後半から500万円まで高くなります。

若いうちは年収が低くても、長い目で見ればキャリアアップ&年収アップが望める職種と言えます。また、貿易事務のような専門性が高く語学能力が必要となる事務職の年収は、他の事務職に比べるとどの年代でも全体的に高いことがわかります。

  • 医療事務 20代 270万円 30代 306万円 40代 357万円 50代 371万円
  • 一般事務 20代 297万円 30代 340万円 40代 376万円 50代 425万円
  • 営業事務 20代 299万円 30代 342万円 40代 362万円 50代 396万円
  • 秘書/受付 20代 297万円 30代 357万円  40代 410万円 50代 390万円
  • 貿易事務 20代 329万円 30代 370万円 40代 418万円 50代 502万

事務職の業界別の給与・年収

転職サイトの情報によると、一般事務、営業事務、経理・総務事務や秘書業務はさまざまな業界に対応するため、業界によってさほど年収が変動しないようです。

医療・介護事務、貿易事務、銀行事務など特定の業界かつ専門性の高い事務職となると年収は上がる傾向があります。

また年収を左右するのは業界よりも雇用形態によるものが多く、派遣社員または正社員で働くのかや、年齢や経験などによって大きく年収の差が出てきます。

  • 法務・特許事務の平均年収 272万円
  • 一般事務の平均年収 252万円
  • 受付・秘書の平均年収 261万円
  • 営業事務の平均年収 265万円
  • データ入力・オペレーターの平均年収 263万円

事務職の転職に強いエージェントを探すなら

事務職の持っていると有利な資格

人気の高い職種である事務職のお仕事。中途採用の狭き門を突破するにはOAスキルは必須となりますので、Word、Excel、PowerPoint、Accessなどマイクロソフト認定資格をとると転職に有利になります。

また秘書を目指す方はビジネスマナーの資格である秘書検定や、経理事務では簿記の資格、貿易事務では通関士や貿易事務検定や英検・TOEIC、医療事務では医療事務管理士などの資格をプラスアルファで持っていると、他の人と差をつけることができます。

事務職の志望動機の書き方|転職理由や退職理由の伝え方

マイナスなイメージを連想させる理由はNG!

スキルアップしたい、将来的なキャリアアップを目指した転職・退職など、相手がプラスのイメージを持つような転職や退職の理由を伝えましょう。

人間関係のトラブル、給与などの待遇を理由としたマイナスな理由はNGです。かといって嘘を伝えるわけにもいきませんので、プラスの印象を持たれるように言い方を変えてみると良いでしょう。

例えば、残業が多いことが不満で転職を希望する場合は「プライベート、仕事の時間とメリハリをつけて仕事をしたい」、転勤が多いことが退職理由の場合は「一つの場所でできるだけ長く勤めたい」など、言い方一つで相手の印象も変わりますので、自分の希望や状況も工夫して伝えてみることがポイントです。

例(経理事務→医療事務)

私は今まで経理事務として、請求書類の作成や経費の精算・管理の業務に携わってきました。

数字・計算や書類の管理が得意で、とても仕事にやりがいと楽しさを感じていたのですが、もっと人と関わる機会のあるお仕事をしてみたいという気持ちがありました。

医療事務はレセプト作成や診療報酬の計算などの他にも、患者さんへの窓口受付など人と関わる機会がある理想的な仕事だと考え、仕事をしながら医療事務管理士の資格を取得しました。

経理事務は職種が異なりますが、資格と今までの事務経験を活かし、即戦力になれるよう努力していきたいと考えております。また、来院された患者さんが気持ちよく今後も通院してくださるよう笑顔を忘れない窓口業務をしていきたいと考えております。

事務職から転職!経験を生かしたアピールと志望動機の書き方

事務職の経験を他の職種で活かすことができるでしょうか。自分の能力や資格で具体的にできる仕事は何でしょうか。

事務職にはさまざまな種類がありますので、今まで経験した事務職の仕事を転職して活かせるか?という部分を具体的に押さえておきましょう。

漠然とした理由ではなく、自身の性格や経験を交えた具体的な理由やエピソードを付け加えるとさらに良いです。自分のスキルをどのように業務に活かすことができるか具体的にプレゼンすることで、相手に自分の強みをアピールしましょう。

例えば、部署内の業務がスムーズに進むように自分がしてきたことや、資格を実際にどのような場面で応用できるかなど、相手にわかりやすく伝えることが大切です。例え職種が異なる転職でも、活かせる経験は効果的にアピールできると良いですね。

例:(営業事務→営業職)

今まで営業事務として日報や週報のまとめ、見積書の作成送付、クライアント対応やその他営業職の方のサポート業務に携わってきました。

営業事務のお仕事に不満があったというわけではなく、補佐として営業事務のお仕事をする中で、営業職の面白さを知ったことが転職を決めた理由です。

半年前にサポートスタッフとして対応していた展示会で自社製品の説明をする機会があり、結果的に契約へ結びついたという経験から、営業職のお仕事をしてみたいと考えるようになりました。

前職の営業事務では英語を使った業務は簡単なメールのやりとり程度でしたが、TOEICスコアは800点を取得しておりますので、海外営業部門でさらにビジネス英会話もスキルアップしていきたいと考えております。

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのか分からない。」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で担当の転職エージェントを選べる新サービス
  • 各エージェントの実績・経歴等を公開しているため安心
  • 20代~40代まで対応可能な豊富なラインナップ
  • 既卒・離職中の方もOK

運営者が独自の基準でエージェントを厳選。「強引に転職を促す」「実績がほぼない」等のエージェントとは契約していないため、安心です。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

【広報職編】未経験転職をする前に知っておきたい仕事内容、実態、…

広報は、その企業の顔ともいうべき華やかな仕事を担当します。しかし広報職に転職したい場合どのように仕事を探し、どのように内定を勝ち取ればいいのでしょう?このページでは広報職の仕事…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

一般事務へ転職したい!女性人気NO.1職種の正社員になる方法

幅広い年齢層から人気の一般事務職。その仕事内容や働き方から未経験からのキャリアチェンジを希望する人も少なくありません。 しかし、その人気の高さから競争倍率が高く狭き門となりがちです。

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

美容師の転職は難しい?美容師の年収と有利な資格、志望動機の書き方

美容師というと、最先端のトレンドに触れ、自分のセンスと技術を武器にした仕事としてカッコいいというイメージを持たれている方も多いでしょう。 しかし実際には重労働でもあり、転職後にイメージと違…

  • 🕒
  • 2018.05.18更新

税理士の転職は難しい?税理士の年収と有利な資格、志望動機の書き方

「税理士の仕事に興味があり資格取得を目指している」「企業内税理士から独立開業してみたい」など、税理士の転職に悩む方必見の情報をご紹介します。税…

  • 🕒
  • 2018.05.18更新

公務員の転職は難しい?公務員の年収と有利な資格、志望動機の書き方

公務員への転職に興味を持っていてもハードルを感じ、「公務員の転職なんて、自分には無理だ・・」と思っている人も少なくないのではないでしょうか。 ここでは公務員への転…

  • 🕒
  • 2018.05.18更新

コンサルタントの転職は難しい?コンサルタントの年収と有利な資格…

「コンサルタントへの転職に興味を持っていても一歩を踏み出せない」いう人は少なくないのではないでしょうか。ここではコンサルタントへの転職のあれこれについて、職種の情報や収…

  • 🕒
  • 2018.05.18更新

デザイナーの転職は難しい?デザイナーの年収と有利な資格、志望動…

デザイナーというと、センスを武器にした仕事としてカッコいいというイメージを持たれている方も多いでしょう。 しかし、実際には「顧客の好みに合わせる」側面も多く、転職後にイメージと違ったという…

  • 🕒
  • 2018.05.18更新

販売職の転職は難しい?販売職の年収と有利な資格、志望動機の書き方

「販売職の仕事に興味がありやってみたいけど、なかなかその一歩を踏み出せない」という方は少なくないのではないでしょうか。 気になる販売職の年収、有利な資格や志望動…

  • 🕒
  • 2018.05.18更新

営業の転職は難しい?営業の年収と有利な資格、志望動機の書き方

「ずっと営業の仕事をしてみたかった」など営業職に興味があるけど、なかなか踏み出せない方や、「営業でも業界が違うと業務内容が違うの?」など営業は…

  • 🕒
  • 2018.05.18更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト