介護・福祉業界に転職したい!未経験でも面接や履歴書でアピールする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人材不足が叫ばれ政府もその対策に積極的な介護・福祉業界には、どんな職種があるのでしょうか。この仕事は3K(きつい、汚い、危険)というイメージも少なくなく、転職に二の足を踏む方も多いはず。

後悔しない転職活動になるよう是非ともご活用くださいね。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 年代と特長 求人を探す
リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

介護・福祉業界は未経験でも大丈夫?特徴と業界”あるある”を紹介

介護・福祉業界の仕事というと被介護者さんの日常生活のサポートのため、車いすを押したり、食事やお風呂の介助をしたりなど、体を使う仕事だと考えている方が多いのではないかと思いますが、この職種はホームヘルパー、介護福祉士、社会福祉士、生活指導員、医療ソーシャルワーカー、ケアマネージャーなど多岐にわたっています。

そのすべてに求められているのは「感受性やコミュニケーション能力など介護職自身の人間力」です。被介護者さん自身が自分の要求をうまく伝えられないことは少なくありません。

目の前にいる被介護者さんを短時間の内に深く理解し、心に寄り添いながらサポートしていく。これは知識や技術を持っているだけでできることではありません。

仕事を通して学び、人間的に自らが成長することでよりよい介護が提供でき、仕事のレベルアップができるようになるという、自らの成長と仕事のダイレクトな結びつきが、介護の仕事の魅力でもあります。

また介護・福祉業界の市場が急激に拡大したことや福祉・介護職の低待遇などにより、慢性的な人手不足が問題になっています。

しかし人手不足解消のため政府が中心となり「介護離職ゼロ」を目指して、介護職員の賃金引上げや昇給制度、キャリアアップ支援などの介護職員の待遇改善を進めています。

また今後も需要増が見込まれているため、ニチイ学館やツクイなど介護事業企業以外にも、ベネッセホールディングス、ヒューマンホールディングス、セコムなどの大手企業が続々参入し、取り組みを強化する動きが続いています。

介護・福祉業界は将来性はあるのか

日本は今や5人に1人が65歳以上の高齢者で、世界一高齢化が進んでいる国です。この動きは今後ますます加速し、25年後には3人に1人が高齢者になるという予測も出ています。

高齢者が増えれば当然介護に必要な人も増えてきますので、介護業界はこれからも十分に成長が見込め、今後も重要な役割を担っていく業界であるといえます。

また、福祉・介護職は無資格・未経験でも行うことができる職種ではありますが、よりよい待遇でまた長くこの業界で仕事をしていくためには、資格取得は重要です。

実際に介護を行うのでしたら「介護職員初任者研修」→「実務者研修」→「介護福祉士」と、相談職でしたら「ケアマネジャー」や「社会福祉士」とステップアップの資格があります。

介護職に携わった経験も加味されますし、事業所によっては資格取得をバックアップもしますので、キャリアアップしながら長く勤めやすい業界であると言えます。

介護・福祉業界のメリット

就職先に困らない

先ほど述べたように介護業界は慢性的な人手不足です。更に政府の支援策のおかげで次々と介護施設が作られ、常に介護職の求人が多くある状態です。

そのため同じ介護職でも待遇面やご自分の働きやすい条件など、事業所毎に比較検討し選択できるのは、働く側にとってメリットがあると言えます。

やりがいを感じられる

被介護者さんやそのご家族と直接深く向き合う為、感謝される事が多いです。また業務を行ううちに仕事の幅や深みが増し、そのことで被介護者さんの反応も変わるなど、自分の成長がダイレクトに感じる事ができ、非常にやりがいを感じます。

実生活にも役立つ

ご家族や親族が病気や介護が必要な時はその経験が非常に役に立ちます。自らが介護することはもちろんですが、事業所に介護をお願いする場合でも、被介護者である自分の家族がよりよい介護を受けるための状況や要望説明などの場面でその経験は貴重で、頼りになる存在になること間違いなしです。

自分時間を確保しやすい

介護施設は365日24時間営業のため、職員はシフト制が組まれています。自分の後には自分と交代の方が来るので、多少仕事が残っていても長時間残業してまでその仕事を終わらせる必要はありません。

また希望休が取れるので、平日の予定のために会社を休むということはありません。またシフトですので、取引先の都合で休日出勤になってしまったという事はありません。自分時間をしっかり守りつつ仕事をすることができます。

介護・福祉業界のデメリット

給料が安い

初任給は安いと言われています。しかし、事業所により待遇面は大きな差がありますし、資格取得・キャリアアップが資格手当・役職手当に反映される業種でもあります。

体力面でつらい場面がある

現場ではトイレ介助・お風呂介助・着替えなどが求められ、腰痛は職業病と言われます。体に負担がかからないよう正しい介助方法を習得するなどが必要になります。

別れがある

被介護者さんが亡くなったり他の施設へ移動したりと、仲良くなった被介護者さんを見送る事があります。ご自身が一生懸命介助を行ってきたのであれば、その別れは一層辛いものとなります。しかしそれは仕方がないことですので、しっかりと気持ちの整理をつける事とその覚悟が必要になります。

介護・福祉業界の20代・30代・40代~50代の給与と年収

公益財団法人介護労働安定センターの「平成27年度 介護労働実態調査」によると、介護福祉士の平均実賃金は 240,805円でした。平成26年の介護福祉士の年代別平均年収は以下の通りです。

  • 20代 256万円
  • 30代 260万円
  • 40代 270万円
  • 50代 278万円

また、「介護職員初任者研修」で219,588円、「実務者研修」で235,310円、「無資格」で201,539円となっています。他の医療技術職などと比べても高い方ではありませんが、資格取得や経験を積むことで年収アップは十分望めます

介護・福祉業界のさまざまな職種と給料の違い

介護・福祉業界の中にもさまざまな職種があり、資格所持や就業経験が問われる職種もありますので、職種によりその年収は異なります。

賃金構造基本統計調査による平均年収は、ホームヘルパー:313万円、介護士:378万円、ケアマネージャー:394万円、社会福祉士:476万円となっています。

未経験からの転職の場合はその年収は他職種と比べ高くありませんが、入職後にキャリアを積みながら資格取得をすれば、年収アップは十分可能です。

介護・福祉業界で必要とされる資格

介護・福祉業界で働くために必ず必要な資格はありません。ただ、長く勤めることや収入をアップさせることを希望するのであれば、就職後も積極的に資格取得をすることをお勧めします。

社会福祉士

在宅・施設で生活している方々の相談に応じ、必要な助言や利用可能な制度・サービスの紹介をはじめ、サービスの利用調整や関係者間の連絡など、相談者を支え、その抱える課題を解決するためにさまざまな仕事をしています。

介護支援専門員(ケアマネージャー)

居宅介護支援事業所や介護保険施設等で介護サービス計画(ケアプラン)の立案を担っています。 在宅や施設で生活している方々の相談に応じ、介護サービスの利用調整や関係者間の連絡などをすることで、利用者の心身の状況にあわせて自立した日常生活を営むことができるよう支援をしています。

介護福祉士

ホームヘルパー(訪問介護員)や、特別養護老人ホーム、身体障害者施設等の社会福祉施設の介護職員として介護業務にあたっています。

また、介護業務のほか、在宅介護の場合は介護方法や生活動作に関する説明、介護に関するさまざまな相談にも対応しています。

介護・福祉業界への転職理由や志望動機の書き方

ここまで介護・福祉業界について見てまいりましたが、転職の成功のためにはどうしたらよいでしょうか?求人は常に数多く出している業界ですので、採用担当者は多くの応募書類を見ているはずです。

そんな中でもキラリと光る応募書類であれば、転職成功がぐっと近づきますね。業界の特長をもとにしたアピールポイントや志望動機のコツについてもご紹介しますので、ぜひチェックして下さい。

志望動機の書き方

自己PR・志望動機を書く前に、介護の仕事をしたいのはなぜか、応募先の介護事業者を選んだのはなぜか、などを整理しておくことが大切です。

またあなたがそう思った理由を、自分の経験や事例から具体的に書くようにしましょう。あなたの介護・福祉職につきたいという想いが伝わりやすくなりますよ。

具体例

「私は今まで飲食店にて接客スタッフとして勤務しておりました。

仕事を通じて、ご高齢のお客様が料理の食べ残しが多いことに気づき、食べやすい大きさにカットして提供出来ることを伝えると、大変喜ばれた為、高齢者の方の役立つ仕事に就きたいと強く考え、介護業界にチャレンジしたいと思い志望致しました

また貴事業所は私の恩師がこれまでお世話になった事業所の中で一番暖かい介護を受けたと仰っていたこと、加えて職員の資格取得をバックアップする体制が他事業所より充実していることから、未経験の私でも勤めながらキャリアアップさせて頂ける事業所なのではないかと思っております。

内定を頂きましたら早く仕事を覚え、また次のステップへ向けた勉強を続け、1日も早く戦力になりたいと考えております。何卒よろしくお願い致します。」

書き方や面接でのアピールのコツ

介護・福祉業界では、さまざまな経歴を持った人が働いています。採用担当者の視点を意識し、できるだけわかりやすく具体的な内容を記入することが大切です。

また介護・福祉の事業所は複数種類あり、またその数も多くあります。なぜその事業所を選んだのか、今後のキャリアプランも含め志望動機とし、熱意を持って伝えることが、介護・福祉業界への転職を成功させるポイントとなります。

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのか分からない。」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で担当の転職エージェントを選べる新サービス
  • 各エージェントの実績・経歴等を公開しているため安心
  • 20代~40代まで対応可能な豊富なラインナップ
  • 既卒・離職中の方もOK

運営者が独自の基準でエージェントを厳選。「強引に転職を促す」「実績がほぼない」等のエージェントとは契約していないため、安心です。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

ベンチャー企業とは...?転職のメリットと不向きな人の特徴を徹底解説

「自分の能力をもっと試したい!」「今より活躍できる場があるかもしれない…」と思ったら、ベンチャー企業やスタートアップ企業への転職を考えるタイミ…

  • 🕒
  • 2019.05.05更新

大手の転職は難しい?転職エージェントに相談しないと成功しない?

「大手企業で仕事がしてみたい!」または「別の大手企業へ転職したい」と希望されてる方へ、大手企業への転職事情をまとめました。 こちらの記…

  • 🕒
  • 2019.02.15更新

中小企業の転職は難しい?転職エージェントに相談しないと成功しな…

「中小企業で自分らしくやりがいを持って働きたい」と思っている方、または既に中小企業で働きながら他職種への転職をお考えの方必見!中小企業への転職について詳しく解説していき…

  • 🕒
  • 2019.02.15更新

メーカーの転職は難しい?転職エージェントに相談しないと成功しな…

「モノづくり大国」と言われる日本には多くの有名なメーカーがあり、比較的身近な業種ではないでしょうか。 「未経験だけどメーカーへ転職したい」「他…

  • 🕒
  • 2019.02.15更新

建築・土木業界に転職したい!未経験でも面接や履歴書でアピールす…

建築・土木業界に対して、特殊な知識が必要なのでは?と未経験からの転職を躊躇される方も多いかもしれません。 しかし実は、現在上向き傾向の業界であり、モノ作りにあこがれを持…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

アパレル業界に転職したい!未経験でも面接や履歴書でアピールする…

「アパレル業界で仕事をしてみたい」と考えている方へ、後悔しない転職をするためにアパレル業界について詳しく見てみましょう。 この記事では業界の特…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

運送業界に転職したい!未経験でも面接や履歴書でアピールする方法

「運転が好き!色々な土地を訪ねてみたい!」そんな気持ちがある人には運送業界はおすすめです。運送業界に対しては労働条件の過酷さをイメージする方もいらっしゃることでしょう。

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

不動産業界に転職したい! 未経験でも面接や履歴書でアピールする方法

「スケールの大きい仕事がしたい!自分の仕事が形になっているのをしっかりと見たい!」そんな方に不動産業のお仕事はオススメです。 ハードなイメージもある業界ですが、不…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

工場・製造業界に転職したい!未経験でも面接や履歴書でアピールす…

工場・製造業界へ転職すれば自分の手でモノ作りに直接関わることができます。未経験でも転職しやすい職種が多いですので、コツコツした作業が好きな方にはぴったりの業界と言えるでしょう。 ここでは

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

金融業界に転職したい!未経験でも面接や履歴書でアピールする方法

「金融業界」というと高収入できっちりしたイメージがある方も少なくないのではないでしょうか。「金融業界へ未経験でも転職できるの?」「金融業界内で転職し…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

ホテル業界に転職したい!未経験でも面接や履歴書でアピールする方法

ドラマなどの舞台にもなることも多い「ホテル業界」は一見華やかなイメージを抱く人も多いようです。「未経験だけどホテルへ転職したい」「他のホテルへ転職し…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

IT・Web業界に転職したい!未経験でも面接や履歴書でアピールする方法

流行に敏感な方に人気なのがIT・Web業界です。ここでは業界の特徴や転職する上で押さえておきたい知識を紹介しています。 漠然と「IT・Web業界に転職してみたいが何から始めたらい…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト