営業の転職は難しい?営業の年収と有利な資格、志望動機の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ずっと営業の仕事をしてみたかった」など営業職に興味があるけど、なかなか踏み出せない方や、「営業でも業界が違うと業務内容が違うの?」など営業は続けたいけど別の業界に転職してみたい方へ営業の転職事情についてまとめてみました。営業の年収と有利な資格、志望動機の書き方など便利な情報が盛りだくさんです!

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

DODA

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

営業職は業界別で業務内容がどう変わる?

営業と一口に言っても、そのスタイルや業務内容は大きく変わります。また業界によっても内容が異なります

例えば、専門知識を必要とする営業を目指すなら、人材、メディア、ITといった業界ではやりがいのある仕事ができておすすめです。これらの業界では、モノではなく無形商品であるサービスを取り扱いますので、従来の商品を売り込む営業とは少し異なります。

他にも、メーカー、金融、保険、不動産などの業界でも営業職は活躍可能です。また営業職の業務内容も多くの種類に分けることが出来ます。

企業向けに営業をする場合は、法人営業となり最近良く耳にするBtoB業務になります。消費者向けの営業は、個人営業と言われBtoC業務になります。

継続的な取引をするために、現行の取引先に営業をするルートセールスや、新しい取引を取り付けるために営業を行う新規開拓営業もあります。

そして自らが外に行くのではなく、顧客が来店するのを待ち、店舗内で商品やサービスの販売を行うカウンターセールスも営業の一種です。海外へ向けて商品を売る場合は、海外営業と言われ仕事のために海外赴任となることがあります。

その他、製薬会社や医薬品メーカーで営業を行う人をMRと言い、一般の営業とは少し異なりますが、自社医薬品などの使用方法、効果や副作用を医療機関に提供しています。

営業職に向いている人、向いていない人

営業に興味はあるけど、転職後に「やっぱりイメージと違った!」なんてことにはなりたくないですよね。ここでは営業職に向いている人、向いてない人の特徴をご紹介させて頂きます。ご自分にあった職種かどうか転職をする前に確認してみましょう。

営業職に向いている人

対人コミュニケーションが得意または好きな方

営業はモノやサービスを顧客へ販売する仕事ですので、人とのコミュニケーションが常に必要になります。また、相手にモノやサービスを購入してもらうには、相手のニーズや気持ちを理解することが大切です。

一方的に話をするのではなく、良い聞き手になることがより重要で、基本的に人と接することを楽しめる方には向いている職種です。

もちろん、相手に伝えたい内容をまとめて要点をしっかりとプレゼンする力も後々には必要になりますが、プレゼンテーション能力は場数を経験することで向上可能です。

常に気持ちを前向きにできる方

営業を行なって行く際、全てが順調に会社が求める売り上げ目標を達成することは、あまりありません。そもそも、会社もすぐに達成出来そうな目標やノルマは設定しません。

日々、売上目標を意識しながら、顧客の要望を拾い上げ商品の販売に繋げる必要があります。厳しい状況が続いているとしても、気持ちを上手に切り替え、常に前向きに挑戦できる人が営業には向いていると言えるでしょう。

新しいことを学ぶことが苦にならない方

営業の仕事は全てノリで出来そうと勘違いする方も少なくありませんが、実は市場調査や各顧客別にアプローチを変えてみたりと見えないところで努力が必要になります。

また、世間話などの軽い会話から商談へと流れを変えるためのイメージや研修も行なっている会社が多いのではないでしょうか。

それだけに、誰よりも広い視野で物事を見ることができ、新しいことを柔軟に取り入れられる能力が大変重要になります。自分の失敗などを客観的にみて、次回の営業活動の糧にすることも大切です。

営業職は、今後よりIT化や効率化が進んでも、顧客とのコミュニーケーションを通して信頼を築いていく業務になるため、その仕事がなくなることは決してありません。

上記にも記載しましたように、幅広い業界で営業職は必要になり活躍の場も多い職種です。後々、マネージメント職など管理職についたとしても、営業で培ったコミュニーケーション能力やその他のスキルは役に立つはずです。

営業職に向いていない人

人と接する事が苦手な方

自分は人見知りで、人と接するよりも与えられた仕事を黙々とこなす方が好きだと言う方には営業職はお勧めできません。

営業の中でも特に新規開拓営業を行う方は、初めて会う顧客に対して断られるのを前提にアプローチをかける必要があります。

その場合は、相手に不快感を与えない程度に会話の舵を取る必要あり、コミュニーケーション能力が高くないと難しいでしょう。

プレッシャーに弱い方

常にモノやサービスの売上目標やノルマを意識して、その達成に尽力する必要があるのが営業です。

会社の売上に直接影響する仕事をやり甲斐があると挑戦して行ける方であれば問題ありませんが、そうした大きなプレッシャーの中で前向きに仕事が出来ないという方には営業は向いていないでしょう。営業はメンタルの部分でも強くなければ難しいかもしれません。

立ち直るのに時間がかかる方

自分の仕事上での失敗や、顧客からの拒絶は営業にはつきものです。その際、すぐに気持ちを切り替えて次の顧客へアプローチをかける必要ある営業では、失敗などからの立ち直りの早さが重要になります。

もちろん、失敗をしてそこから何も学ばないのであれば意味はありませんが、失敗を糧に気持ちを切り替えて次に挑戦していくことの出来ない方には営業の仕事は向いていないと言えるでしょう。

営業職の給料・年収

次に気になるお金に関する事ですが、営業職の給料・年収はいくらなのでしょうか。営業職全体の平均年収は、約460万円と言われています。

しかし、例えば年代や業界よって営業の給料は大きく変動します。また企業によっては、インセンティブと呼ばれる売上達成によって基本給与に上乗せされる金額もあります。以下で詳しく見てみましょう。

営業職の20代・30代・40代~50代の給与と年収

DODAのデータより、営業職の年代別の平均年収をみてみると、

  • 20代:372万円
  • 30代:504万円
  • 40代:588万円
  • 50代:689万円

となっています。

若い方でも実力主義な会社であれば、その成果に応じて平均年収を上回ることは可能なようですが、やはり勤続年数や役職によって給料が上がっていくようです。営業職で将来的には管理職やキャリアアップも十分に可能です。

営業職の業界別の給与・年収

次に、DODAより、業界別の営業職の平均年収を見てみましょう。年収の高い業界から順に、

  • 医薬品メーカー営業:651万円
  • CRO/SMO/CSO(医療品機関)営業:616万円
  • 医療機器メーカー営業:568万円
  • リース(金融)営業:511万円
  • トイレタリー(化学薬品や化粧品)営業:509万円
  • 機械・電機メーカー営業:498万円
  • IT/通信営業:491万円
  • 不動産金融営業:484万円
  • 総合商社営業:480万円
  • 証券営業:478万円

となっています。

製薬会社や医療品関係の業界での営業が最も高く、これは先に紹介しました通り専門知識が特に必要な業界になるためだからではないでしょうか。

また業界や会社によってボーナスが営業成績に関わらず必ず出るところと、営業成績によって支給されるか決定されるところがあります。

営業職の持っていると有利な資格

一般的な営業職につくために、特別に必要となる資格はありません。熱意やコミュニーケーション能力を活かすことができる方であれば、学歴も問わないと営業職の求人を出している企業も少なくありません。

ただし、医療関係やITなどの営業に至っては、専門的な知識が必要となる場合があります。また海外向けに営業を行う場合は、英語力が問われる場合もあります。

営業職の志望動機の書き方|転職理由や退職理由の伝え方

今の業界から別業界の営業職へ転職を希望する場合、志望動機として伝えるべきポイントは、

  • これまでの営業経験がどのように活かせるか
  • 応募している企業の営業職でないといけない理由

になります。その際、簡単にポジティブな転職理由を付け加えるとさらに良いでしょう。

例(自動車業界→医療品)

前職ではお客様からの要望をしっかりと聞き、それにお答えしながら、自動車の販売に繋がる商談を行なっておりました。

あるお客様のご家族で車椅子をご使用されている方がいらっしゃり、車椅子の方が簡単に乗車でき、また車椅子自体を簡単に積みこめるような自動車の提案をした際に、自分がやり甲斐を感じている営業の仕事を社会貢献に繋がる形で出来ないかと考えるようになりました。

そこで、貴社の最先端の医療機器をより多くの患者様にご使用いただくことで、医療施設の改善ができるのではないかと思いこの度こちらに応募させていただきました。

自動車業界の時よりも、より専門性の高い知識が必要となることは承知しておりますが、新しい環境でも柔軟に対応できると考えております。

営業職から転職!経験を生かしたアピールと志望動機の書き方

営業職を一度経験しておくと、次の転職に有利になることがあります。例えば、営業で培った顧客の購買動向やニーズを把握するスキルは販促や企画の業務に活かすことが可能です。

また、特に営業で必要となる高いコミュニケーション能力はどんな業界の業務でもある程度は必要となります。この2点を自分のアピールポイントとして、未経験の職種へ応募してみると良いでしょう。

その他にも、市場マーケティングや顧客に対するアフターフォローといったスキルも強みとして伝えることが可能ではないでしょうか。これまでの営業活動を通して出来た人脈を利用し、転職するのであれば通常の転職より転職成功率は高くなるでしょう。

例文

ノルマを中心とした競争意識の高い中で業務をしていくよりも、チームワークを大切にした企業でより消費者に近い立場に立って業務の行える仕事を行なってみたいと考えるようになりました。

そして、これまでの営業経験やコミュニーケーション能力を活かせるマーケティングの業務が自分には合っていると考え、転職を決意しました。その際、貴社のチームワークを大切にした環境でという内容に心惹かれこの度応募をさせていただきました。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

DODA
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

事務の転職は難しい?事務の年収と有利な資格、志望動機の書き方

「事務職の仕事に興味がありやってみたい」「他の業界の事務職にチャレンジしたいけれど、業務内容は違うの?」など事務職の転職に悩む方必見!の情報を…

美容師の転職は難しい?美容師の年収と有利な資格、志望動機の書き方

美容師というと、最先端のトレンドに触れ、自分のセンスと技術を武器にした仕事としてカッコいいというイメージを持たれている方も多いでしょう。 しかし実際には重労働でもあり、転職後にイメージと違…

税理士の転職は難しい?税理士の年収と有利な資格、志望動機の書き方

「税理士の仕事に興味があり資格取得を目指している」「企業内税理士から独立開業してみたい」など、税理士の転職に悩む方必見の情報をご紹介します。税…

公務員の転職は難しい?公務員の年収と有利な資格、志望動機の書き方

公務員への転職に興味を持っていてもハードルを感じ、「公務員の転職なんて、自分には無理だ・・」と思っている人も少なくないのではないでしょうか。 ここでは公務員への転…

コンサルタントの転職は難しい?コンサルタントの年収と有利な資格…

「コンサルタントへの転職に興味を持っていても一歩を踏み出せない」いう人は少なくないのではないでしょうか。ここではコンサルタントへの転職のあれこれについて、職種の情報や収…

デザイナーの転職は難しい?デザイナーの年収と有利な資格、志望動…

デザイナーというと、センスを武器にした仕事としてカッコいいというイメージを持たれている方も多いでしょう。 しかし、実際には「顧客の好みに合わせる」側面も多く、転職後にイメージと違ったという…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクルートエージェント

    求人数が転職業界でナンバーワン!

    • 非公開求人数100,000件以上
    • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
    • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
    • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

最新記事