大使館・領事館で働きたい!求人の探し方と採用されやすい条件とは?

大使館で働く男性と外国人女性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大使館や領事館で働いてみたい!」「でも、なかなか求人が見つからない…。」大使館・領事館スタッフの求人は、転職市場にあまり出回らないレア求人です。

この記事では、そんなレア求人を手間なく探す方法をご紹介。スキルや語学力を活かしながら、大使館や領事館に就職・転職するコツをお伝えします。

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT(リクルート)

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

DODA

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

転職サイト比較表を見てみる

1.大使館・領事館の求人は、大きく分けて2つある...!

大使館と領事館の求人について考える男女

駐日大使館や領事館、在外大使館や領事館で働く場合、求人は大きく2つに分けられます。

職員として働く

駐日大使館・領事館の場合

各国の大使館が求める条件を満たし、採用されたら働くことができます。その国の語学力も求められます。

在外大使館・領事館の場合

外務省や各省庁の職員や外交官が働いています。公務員試験をパスする必要があります。

いずれの場合も、募集条件には高いハードルが設けられています。しかし大使館の求人はこれだけではありません。

語学力に自信はないが、大使館で働きたい」「自分のスキルや経験を活かせる職場を探している」という方は、事務や警備、受付などのスタッフとして働くという方法もあります。

管理的職業・国際人材求人数NO.1!JACリクルートメント

JACリクルートメントの特徴

  • 外資系企業や海外進出企業などグローバル転職に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出
  • 企業文化・風土・事業戦略まで熟知!求人票にないリアルな情報提供

JACリクルートメントの登録・詳細はこちら

警備、運転手、事務スタッフとして働く

大使館で働いているのは、公務員ばかりではありません。大使館の業務が円滑に進むためのサポート業務もあります。たとえば、次のような仕事です。

【大使館の仕事内容(例)】

  • 大使館の警備、巡回、受付業務
  • 大使館内の清掃業務
  • 大使や大使館職員を目的地まで送る運転業務
  • 大使館内代理店での航空券手配、個人旅行手配業務

このほかにも、秘書やレジデンスサービス業務(ファンクションサポート、調理準備など)、大使公邸の庭師、料理人といった大使館にまつわる専門性の高い仕事もあります。なお、雇用形態は正社員、アルバイト、パートとさまざまです。

転職者の8割が利用!転職決定数NO.1!リクナビNEXT

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

転職成功者の8割が登録。求人情報数は日本最大級!転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくべき。登録後「レジュメ登録」をすれば企業からのスカウトを受けとれるのでオススメ。

リクナビNEXTで求人を探す

2.大使館職員に必要な経験とは...?

大使館職員に必要なスキルに悩む男性

ここからは、大使館や領事館で国際的な活躍をしたい方に向けて、必要な経験や実際の募集内容を紹介していきます。

駐日大使館・領事館の場合

駐日大使館・領事館の業務は、部門としては管理部や政治部、広報部、文化部など多岐に渡ります。具体的に求められる経験は、次のようなものです。

(※いずれも過去の求人です。最新の求人情報は転職サイトでご確認ください)

【過去の求人の例】

・英国大使館求人において求められる経験

  • 各業務の経験
  • ビジネスレベルの英語、日本語
  • 日本語能力試験N1同等以上、英語IELTS band 8.5 またはTOEIC 850同等以上

・カナダ大使館求人において求められる経験

  • 最近(過去3年以内に1年間以上)、時間的制約のある環境で顧客サービス提供業務を行った
  • 機密および/または内密情報の取扱い経験
  • 外国大使館または国際機関での勤務経験

在外大使館・領事館の場合

外務省や各省庁からの職員、外交官が働く在外大使館は、相手国に対して日本を代表する者として公務を行います。

そのため、公務員試験に合格し、外務省職員を経て、在外大使館・領事館職員として勤務することになります。

3.大使館職員の求人の探し方

大使館求人の探し方に疑問を持つ女性

大使館や領事館の職員として活躍したい方は、いわゆる年収600万円以上の「ハイキャリア層」向けの転職サイト「JACリクルートメント」がオススメ。

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化した転職情報や、独自の転職ノウハウを持っています。外交官や在外大使館・領事館スタッフ、担当官を希望する方は、ぜひ登録しておきたい転職サイトです。

WEBサイトでは公開されていない「非公開求人」は、登録することで紹介してもらえます。同じく大使館や領事館職員を目指す方にオススメしたいのが、「リクルートエージェント」です。

英語圏の大使館で働きたい」「東南アジア系の大使館がいい」「中国、インド、マレーシア、シンガポールのどこか」など希望を伝えておけば、職員の空きが出次第、連絡をもらえます。

大使館・領事館の求人情報以外にも、英語力を活かせる大手企業や外資系企業、政府観光局での勤務を考えている方も登録必須。TOEIC700点以上など英語スキルが高い方は、優先的に好条件の求人情報がまわってきますよ。

管理的職業・国際人材求人数NO.1!JACリクルートメント

JACリクルートメントの特徴

  • 外資系企業や海外進出企業などグローバル転職に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出
  • 企業文化・風土・事業戦略まで熟知!求人票にないリアルな情報提供

JACリクルートメントの登録・詳細はこちら

4.大使館スタッフになるための条件

大使館で働く条件を紹介する女性

大使館で働くためには、多くの場合、語学力が求められるようです。日本語でのコミュニケーション能力に問題がないことはもちろん、英語でのやりとりに抵抗がないのが必須条件なことが多いようです。

ただし、清掃業務など大使館職員との接点がない仕事の場合は、語学力が求められないこともあります。

淡々と業務をこなすだけではなく、高い対人能力が求められる場面もあります。たとえば運転手の場合、運転技術に加え、乗客に対して失礼のない振る舞いをすることが求められます。

大使館で働くためには、基本的な業務スキルに加え、大使館で働くスタッフとしての品格やマナーが求められるのです。

5.大使館スタッフの給与事情

大使館の給料について考える女性

大使館で働くスタッフの給与は、職種によっても異なります。専門性が求められるものに関しては比較的高い傾向にあるようです。正社員の場合、賞与が支給されることもあります。

もちろん、なかには一般的な給料の相場と同程度の求人もあります。大使館だから特別給与が高いとは限らない、という点には注意しておきましょう。

給与形態は月給制をとる求人もありますが、警備や清掃、事務系の仕事は時給制が多いようです。なお、求人によっては、TOEICを所定の点数以上取得している方は給与が優遇されることも。語学力を活かしたい方は、そのような求人も狙い目です。

6.大使館スタッフの求人の探し方とは...?

大使館の求人の探し方を調べている女性

大使館の採用情報は、各国の大使館のホームページやジャパンタイムズに掲載されています。しかし、いちいち検索するのはかなりの手間ですよね。

実は民間の人材紹介会社のなかに、大使館や領事館の求人情報を扱っているところがあります。オススメは、リクルートが運営する転職サイト「リクナビNEXT」。

「リクナビNEXT」だけが扱う限定求人も多く、大使館や領事館スタッフのようなレア求人を探している方にはうってつけです。

大使館の求人を見てみたい

自分のスキルを大使館で活かしたい!

そんな方は、まずは「リクナビNEXT」に無料登録してみましょう。登録することで、あなたにオススメの求人がすぐにチェックできるようになりますよ。

転職者の8割が利用!転職決定数NO.1!リクナビNEXT

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

転職成功者の8割が登録。求人情報数は日本最大級!転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくべき。登録後「レジュメ登録」をすれば企業からのスカウトを受けとれるのでオススメ。

リクナビNEXTで求人を探す

7.大使館と領事館の違いとは...?

大使館と領事館の違いを考える男性

最後に、基礎知識として大使館と領事館の違いをまとめてみました。もっとも大きな違いは、外交に関する国際業務を行っているかどうかという点す。

大使館

  • 国交のある外国の首都に置かれ、大使が公務をおこなう。
  • 大使館は各国に一つしかない。
  • 相手国との外交活動をおこなう。
  • 自国のことを知ってもらうために広報活動をおこなう。
  • 自国の生命や財産を保護したりする。

領事館

  • 世界の主要都市に置かれ、邦人の保護を行う。
  • 政治・経済情報の収集、広報活動などをおこなう。
  • 外交活動はおこなわない。
  • 海外に住む国民に対して、パスポート・ビザを発給し、証明書関係の手続き業務をおこなう。

8.人気大使館の求人要項一覧

大使館とさまざまな国旗

各国の求人募集要項をまとめました。求人の掲載期間が限られているため、小まめに確認しましょう。各サイトをチェックするのが面倒という方は、転職サイトに「大使館の求人が出たら教えてほしい」と相談してみるのもよいでしょう。

アメリカ大使館・領事館
Career With the U.S. Mision in Japan
オーストラリア大使館・領事館
Job opportunity
フランス大使館・領事館
在日フランス大使館 募集情報
ドイツ大使館・領事館
ドイツ連邦共和国大使館・総領事館 職員募集のお知らせ
スウェーデン大使館・領事館
スウェーデン大使館臨時職員募集
デンマーク大使館・領事館
Vacancies
ニュージーランド大使館・領事館
求人・求職
イタリア大使館・領事館
イタリア大使館 募集情報
オランダ大使館・領事館
Kingdom of the Netherlands 募集
ブラジル大使館・領事館
在東京ブラジル総領事館
タイ大使館・領事館
在東京タイ王国大使館 ニュース/活動

この他にもアイルランドやフィンランド、オーストリア、スイス、ロシアなどの大使館・領事館求人は人気があります。

また各国の在日大使館公式ページ以外にも、ハローワークに求人が出ていることがありますのでチェックしてみるといいかもしれません。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。


リクナビNEXT

  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら


マイナビエージェント

  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら


DODA

  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら


JACリクルートメント

  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら


ハタラクティブ

  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

面接は受付から始まる?絶対に失敗しない転職のためのマナー講座

転職活動を始めるにあたって面接マナーに不安を覚える人は多いと思います。「面接のマナー、大丈夫かな?」「面接なんて、就職活動の時以来だ。マナーなんて覚…

30代女性(子持ち)の転職は難しい?絶対に失敗しない転職の方法

子育てをしていてふとした瞬間、「育児と家事を両立したやりがいある仕事をしたい」「子持ちだけどもっと条件の良いところで働きたい」と思うママさんは…

履歴書の書き方が分からない!転職で差がつく完璧な履歴書作成のコツ

転職を成功させるにはまずは「履歴書」でいかに自分を印象付けるかが大事!とは言われますが非常に難しく感じるものです。 そこで志望動機を含めたアピールポイントのコツなど自信…

ベンチャー企業とは...?転職のメリットと不向きな人の特徴を徹底解説

「自分の能力をもっと試したい!」「今より活躍できる場があるかもしれない…」と思ったら、ベンチャー企業やスタートアップ企業への転職を考えるタイミ…

既卒は就職しにくいは嘘?職歴なしのあなたが就職できない3つの理由

「就職できないのは既卒だから」と既卒のせいにしていませんか?既卒と新卒とでは大きな差があると言われますが、決して就職できない理由にはなりません。では、

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事