転職サイトはエージェントが付かない!厳選7社のサービスの違いを比較

転職サイトと転職エージェントはどちらがいいのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職したいから、とりあえず転職サイトに登録しよう」転職活動を始めるなら、まず転職サイトなどの人材紹介サービスに登録するべきです。しかし、みなさんは、転職サイトと転職エージェントの違いはご存知ですか?

転職サイトと転職エージェントには、明確な違いがあります。この記事ではそれぞれのサービス内容の違いや、どのように転職活動のサポートをしてくれるのかをご紹介します。

転職サイトと転職エージェントの大きな違い!どっちを使うべき?

転職サイトと転職エージェント

転職サイトと転職エージェントの明確な違いは、登録後に転職活動をサポートしてくれる担当のキャリアアドバイザーが付くかどうかです。

転職サイトは、求人検索型のサービスなので、登録後に担当のキャリアアドバイザーは付きません。自分で希望条件にあう求人を探し、応募できるサービスです。

一方で転職エージェントは、登録後に担当のキャリアアドバイザーやコンサルタントが付きます

キャリアアドバイザーやコンサルタントは、転職先の希望条件などを元に求人も探し、紹介してくれる転職のプロです。

また求人紹介だけでなく、書類添削や面接対策など転職を全般的にサポートしてくれるので、転職活動を進める強い味方なのです。

  • 転職サイト・・・自分自身で求人検索
  • 転職エージェント・・・担当者が付いて、求人を紹介してもらう

それぞれ、サービス内容が異なるので、自分自身で転職活動を進めていきたい人は転職サイト、キャリアの悩みなど、いろいろな相談をしつつ転職先を決めたい人は転職エージェントを利用するのが良いでしょう。

さらに、転職サイトと転職エージェントには他にも特徴やサービスがあります。それぞれ、のうまい使い方や、どのような人の利用がおすすめなのかについてご紹介します。

転職サイトと転職エージェント一覧をチェック(このページの下に移動します)

転職サイトの特徴

転職サイトの特徴

転職サイトは、先ほどもお伝えしたように、自分で求人の検索が可能で、希望条件にあった転職先を、自分で選んで応募することができます。

そのため、担当コンサルタントがつかないので、担当者からの連絡を煩わしく感じることはありません。自分自身のペースで自由に転職活動を進められることが転職サイトの最大の特徴なのです。

また、転職サイトでは企業の採用担当者から、面接のオファーがもらえるスカウトサービスが充実しているものもあります。

転職サイトのスカウトサービスは、主に登録後に自身の経歴やスキル、転職の際の希望条件などを記したレジュメの登録を行い、その登録情報をもとにスカウトを受けるという仕組みです。

登録後の転職期限などが設けられていないので、「今はまだ、転職しようか悩んでいる」という方でも、とりあえず登録をして求人を調べたり、スカウトを待つことが可能です。

さらに、転職サイトは掲載した時点で企業側から転職サイト側へ報酬を支払い、掲載期間によってもその額が変わります。そのため、転職サイトに掲載されている求人企業は、採用意欲が高いといわれています。

転職サイトの特徴のまとめ

  • 求人を自分で検索
  • スカウトサービスでオファーが来る
  • 転職までの期限がない
  • 採用意欲が高い求人が多い

転職サイト一覧をチェック(このページの下に移動します)

転職サイトがおすすめな人

転職サイトは、求人探し・応募書類の作成・面接日の調整・面接対策など、転職活動を進めるためのすべてを自分一人で進めていきます

よって、担当者が付いて転職活動を行わないので、煩わしさもなく、自分のペースで転職活動を進めることができるます。

誰かに指図されずに、転職したい!」という転職希望者の方におすすめです。

【転職サイトの利用がおすすめな人】

  • 転職経験がある方
  • 転職先の希望条件がはっきりしている(職種や業務内容)
  • とりあえず、どのような求人が出ているのか調べたい
  • 良い求人があれば、転職を検討するつもり
  • 未経験でも働ける転職先を自分で探したい
  • 勤務条件は問わず、とにかく転職したい

では、そのような転職サイトをうまく使いこなすにはどうすれば良いのでしょうか?

転職サイトのうまい使い方

転職サイトに掲載されている内容は、基本的な、業務内容や勤務条件だけが載っているものから、実際に働いている人のインタビュー内容を掲載しているところなど、求人を募集している会社によってバラバラです。

この求人の情報量の差は、先ほどもお伝えしたように採用意欲の差から、生まれています。

つまり、掲載期間が長かったり、多くの情報を掲載している会社は、転職サイトへ支払っている報酬額も高いので、採用意欲が高く、人材が不足している会社という事になります。

未経験で採用されるか不安」という方は、そのような求人の情報量が多い会社の求人を選んで応募してみると良いかもしれません。

また、転職サイトは求人を探すためのものです。

自分の希望条件などをもとに、企業からのオファーを受けるスカウト機能を上手く使うことができれば、転職サイトで自分に合った求人を見つけ出すことができ、転職サイトを上手く使うことができるのです。

オファーを受けるにはまず、レジュメ作りから!

レジュメとは、登録した求職者の方が、さまざまな情報を記載するもので、企業は転職サイトで求職者が登録しているレジュメから、あなたの市場価値を判断してスカウトをします。

では、企業からのオファーが増えるような効果的なレジュメの書き方のポイントとはどのようなものがあるのでしょうか?

転職サイトへ登録するレジュメはいくつかの項目があります。

【レジュメに記載する主な項目】

  • 学歴
  • 資格
  • 職務経歴
  • 志望動機
  • 自己PR

このようにレジュメには、履歴書や職務経歴書に書くような内容に加えて、希望職種などを記載します。

特に、職務経歴や志望動機、自己PRに関しては、企業に興味を持ってもらうために重要な項目です。

スカウトをもらえれば、書類選考が免除されるので、しっかりと書く必要があります。

職務経歴では、業務内容に加えて、どのような実績を積んだのか。志望動機や自己PRでは、自分自身のキャリアアップなどの展望を絡めて、熱意が伝わる文章を心掛けましょう。

企業がどのような人材を希望しているのかを理解して、自分自身がどのような活躍ができるのかを伝えられるといいでしょう。

転職エージェントの特徴

転職エージェントの特徴

転職エージェントは、登録すると担当コンサルタントなどの転職活動をサポートしてくれる担当者が付きます

*この担当者は、キャリアアドバイザーやキャリアコンサルタント、エージェントなどさまざまな呼び方をされますが、転職を希望する方のサポートをする人という意味ではすべて同じです。

転職エージェントは、登録後に担当コンサルタント付き、面談を行います。

面談では希望する業界や職種、勤務形態、希望年収について話し合い、その面談内容をもとに、担当のコンサルタントがあなたに合った企業求人を探し出してくれます

また、そのような求人は非公開求人と呼ばれ、求人の質が高いのが特徴です。

ただし、「まだ、どこに転職すればいいのか分からない」「とにかく、今の職場を辞められればいい」など、希望条件が定まっていない場合でも問題ありません。

転職エージェントのコンサルタントは、転職を支援するプロです。

あなたの強みや弱みなどの自己分析の手助けとともに、今後のキャリアプランの相談も乗ってくれます

また、履歴書や職務経歴書の作成や添削、面接対策などに関してもプロの目からしっかりとサポートしてもらえるので、転職成功率も格段に上がるはずです。

転職エージェントの特徴のまとめ

  • 担当者が付いて、求人の紹介などサポートをしてくれる
  • 質が高い非公開求人を紹介してくれる
  • キャリアの相談ができる
  • 書類添削をしてくれる

転職エージェントがおすすめな人

転職エージェントは、充実したサポートが特徴なので転職活動について不安があるすべての方におすすめです。

【転職エージェントの利用がおすすめな人】

  • 転職が初めて
  • 転職を何から始めればいいか分からない
  • 転職先の希望条件の決め方が分からない
  • 履歴書や職務経歴書の書き方を教えてほしい
  • 志望動機や自己PRが思いつかない
  • 面接で何度も落とされる

では、充実したサポートがある転職エージェントをよりうまく活用するにはどうすれば、良いのでしょうか?

転職エージェントのうまい使い方

転職エージェントと特徴として、担当者との面談があります。

この面談のポイントは、嘘をつかないということです。まるで、当然のことのように思えますが、実は、これが一番重要なことです。

面談がうまくいけば、転職エージェントをうまく使うことができるのです。

本当は、今までと違う職種がいいけど、年収を考えると今までと同じ職種がいいって言っておこう

人付き合いとか苦手だけど、そんなこと言ってたらいい求人紹介してもらえないかもしれないな

など、素直に自分の理想のキャリアや悩みを打ち明けずにいると、担当コンサルタントから紹介される求人がどれも的外れという事態になりかねません。

面談では、理想や悩みを全て伝えてみましょう。

全ての理想を叶えることは難しいかもしれませんが、納得の行く転職をするためには、担当コンサルタントへ嘘をつかずに素直に自分のことを話すことが大切です。

しかし、転職エージェントはどのような人物が担当になるか分からないという弱みがあるのも事実です。

いろいろな相談がしたいのに、「担当者とそりが合わない」「連絡がしつこい」など、本来ならば転職活動をサポートする立場の担当コンサルタントが転職を失敗に導いてしまうかもしれません。

しかし、そのような事態にならないための対処法はあります。

自分に合った担当者に出会うためのポイント

転職エージェントで自分に合うコンサルタントに出会うためには、登録の際の備考欄の活用がポイントです。

転職エージェントの登録の際には、年齢や氏名などの基本情報のほかに、現職の内容や年収、希望職種などを登録フォーマットへ入力します。

ほとんどの転職エージェント会社がこのような簡単な内容から、登録者の担当を割り振るため、「担当者と合わない」という事態が生じてしまうのです。

だからこそ、登録の際の備考欄にどのような担当者を希望するのかを記載しておくことがポイントです。

担当者を割り振る際の情報を増やすことで、より自分に合う担当者が割り振られる可能性を高められるはずです。

また、転職エージェントでは担当者の変更が可能です。各社のお問い合わせ窓口から担当者の変更を願い出ましょう。

そんなことしたら、良い求人を紹介してもらえなくなるのでは?」などと思う必要はありません。

転職エージェント側も、実際に転職を成功してもらうことが、利益になります。

また、転職をするのはあなた自身です。後悔の無いように、しっかりと不満を伝え、納得できる転職をするべきです。

転職サイトと転職エージェントのダブル使いで内定率UP

転職サイトと転職エージェントのそれぞれの特徴をご紹介しました。

それぞれに、強みがあり「結局、どっちを使えばいいのか分からない!」という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、転職サイトと転職エージェントは併用可能です。

転職サイトと転職エージェントの併用のメリット

  • 転職サイトの求人情報をもとに転職エージェントの担当者ににどのような求人を紹介してほしいのか提案しやすい
  • 転職サイトのレジュメ作成の相談をエージェントにできる

という事です。

転職エージェントでは、担当コンサルタントから求人を紹介してもらいますが、「紹介してもらった求人がいまいちよくない…だけど、どんな求人を紹介してほしいのかもよくわからない。」という場合があります。

そのような場合も、転職市場の求人情報を、転職サイトを通じて理解していれば、担当者へどのような求人を紹介してほしいのかをスムーズに伝えることができます

また、転職サイトのレジュメは、一次選考だと思ってしっかりと書き込む必要がありますが、転職サイトでは、詳しい表現方法やコツについては教えてもらえません。

しかし、転職エージェントへ登録していれば、そのようなレジュメの書き方について相談することができます

転職サイトとの併用や転職エージェントの複数登録は可能なので、素直に「レジュメに書く、志望動機の書き方を教えてほしい」という事を担当者に伝えましょう。

転職のプロの力を借りれば、企業からのオファーも増えるはずです。

ただし、併用には当然デメリットもあります。

それは、転職活動自体により時間がとられる可能性があることです。

スカウトメールの対応だけではなく、担当コンサルタントのキャリア面談から選考に関する相談などが増えてしまうのです。

しかし、転職は人生のターニングポイントです。しっかりと、求人を吟味して時間をかけることが、転職を成功させるためには必要です。

転職サイトと転職エージェント一覧|各社のおすすめポイント

では、ここからは転職サイトと転職エージェントの各社の特徴をご紹介します。

転職サイトや転職エージェントは、各社で登録されている求人の種類や求人数が異なります。

そのため、自分に合った転職サイトや転職エージェントをしっかり選ぶことが大切です。

おすすめ転職サイト|リクナビネクストとビズリーチ

おすすめなのは、転職サイト最大手であるリクナビネクストと求職者に質の求人や転職の機会を提供するビスリーチの二つです。

転職者の8割が利用するリクナビネクスト

リクナビネクスト

リクナビネクストは、毎週新着求人があるなど、求人数も多く、最大手の転職サイトです。

サイト内では、『未経験歓迎』『契約社員』『派遣社員』など、さまざまな検索ワードで求人検索をすることができます。

ブランクがある方や、キャリアチェンジを考えている方など、新しいことに挑戦したいけど、まずはどのような求人があるのか知りたいという方には特におすすめな転職サイトです。

詳しいリクナビネクストの評判が知りたい方はこちら

リクナビネクストで求人を探す

求職者のために一部サービスを有料化!ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチの最大の特徴は、一部サービスが有料ということです。

基本的に転職サイトや転職エージェントなどの人材紹介サービスは、求職者である登録者から、報酬をもらうことはありません。

求職者はすべて無料で利用することができます。その代わりに、人材を紹介してもらう企業が転職サイトや転職エージェント側へ報酬を支払うのです。

しかし、そのような場合、企業からの報酬額によって、求職者へ届く求人内容に差が出る場合があります。

だからこそ、ビズリーチは求職者からも報酬をもらい、求職者自身に届く求人の質が平等になるようにしているのです。

質のいい求人を探したい方には、ビズリーチはおすすめな転職サイトです。

詳しいビズリーチの評判が知りたい方はこちら

ビズリーチで求人を探す

おすすめ転職エージェント5選!

転職エージェントもさまざまな特徴を持った会社が数多く存在します。

ここでは、中でもおすすめの5社をご紹介します。

すべての方が対象!リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職成功実績NO.1を誇る大手転職エージェントです。

大手転職エージェントは大手企業だけではなく、中小企業やベンチャー企業など、さまざまな企業からの求人も集まりやすく、非公開求人の数も業界最大級です。

また、リクルートエージェントでは、すべての年代の転職希望者を対象としています。

20代~30代の場合は、求人に困ることはあまりありませんが、40代や50代の中高年層の場合は、徐々に求人が減ってきてしまいます。

だからこそ、求人数が多いリクルートエージェントは中高年層の方に特におすすめです。

詳しいリクルートエージェントの評判が知りたい方はこちら

リクルートエージェントで求人を探す

若手人材の転職に強い!doda

dodaは転職者満足度NO.1の転職エージェントです。

dodaでは、人事担当者の目に留まるような、履歴書や職務経歴書の書き方をしっかりアドバイスしてもらえます。

また、書類だけでは伝えられないあなたの人柄についても、推薦文を作成し採用を後押ししてもらえます。

さらに、面接日程の調整など細かいサポートも充実しているので、初めて転職するような20代の若手人材の方にはおすすめの転職エージェントです。

詳しいdodaの評判が知りたい方はこちら

dodaで求人を探す

無期限のサポート期限!マイナビエージェント

就職活動の際に、マイナビを利用した方も多いのではないでしょうか?

マイナビは新卒向けですが、マイナビエージェントは第二新卒や20代の転職者を対象とした、転職エージェントです。

多くの転職エージェントは、転職活動期間を約3か月と設定しているため、3か月を超えてしまうと手厚いサポートを行けられなくなる可能性があります。

しかし、マイナビエージェントは、そのような期限を設けていません。

転職をすること自体を悩んでいる状態で登録しても、じっくりと相談に乗ってくれるので、転職をせかされることもありません。

まずは、キャリアアドバイザーに相談してみたいという方におすすめの転職エージェントといえます。

詳しいマイナビエージェントの評判が知りたい方はこちら

マイナビエージェントで求人を探す

管理職や外資系希望ならJACリクルートメント!

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、イギリスで創業された転職エージェントなので、外資系企業の転職に強いのが特徴です。

また、マネジメント経験のあるような管理職経験者向け求人が豊富です。そのため、年収が高い求人も豊富に取り扱われています。

JACリクルートメントは、両面型と呼ばれる企業から求人を集める担当者と、登録者へ求人を紹介する担当者が同じ仕組みを取り入れています。

両面型の場合、企業が求める人材を直接求職者へ説明できるために、入社後のミスマッチも少なくなります。

企業のニーズを理解したうえで、今までの経験や実績をもとにさらなる活躍をしたい、ハイクラスの方にはおすすめの転職エージェントです。

詳しいJACリクルートメントの評判が知りたい方はこちら

JACリクルートメントで求人を探す

エンジニア転職なら、ITやWEB、ゲーム業界に強いGeekly!

geeky

Geeklyは、エンジニア向け転職エージェントです。

一般的な転職エージェントの場合、取り扱っている求人が膨大であるために、職種や業界の専任担当者といえども、専門的な知識が足りない場合があります。

しかし、Geeklyなどのように、IT業界やWEB業界に特化した転職エージェントの場合、担当者もその業界への転職実績も多く、ノウハウもあります。

そのため、エンジニア特有の仕事に対する悩みにも理解してももらえ、転職先の希望条件と転職先とのミスマッチも少なくなるので、おすすめです。

Geeklyで求人を探す

関連記事

女性向け転職サイトはどう選ぶ?上手な見極め方とおすすめサイト5選

「女性向け求人が多い転職サイトはある?」 「ワークライフバランス重視の転職サイトを探したい」   女性は結婚や出産と…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクルートエージェント

    求人数が転職業界でナンバーワン!

    • 非公開求人数100,000件以上
    • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
    • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
    • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

最新記事