20代向け転職エージェント8選!コンサルタントの上手い活用のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

希望条件で転職を成功させるにはどの転職エージェントがおすすめ?」「自分に合った転職エージェントは?」転職初心者だと転職サイトとの違いなども分かりづらいものです。転職エージェントごとに違う転職経験者の声からリアルな利用者の満足度や口コミ、その特徴に至るまでを比較しながらお届けします。

             
【厳選】20代におすすめの転職エージェント
転職エージェント名特長とおすすめな人
マイナビ
エージェント

20代からの信頼度No.1
初めて転職をする20代

リクルート
エージェント

業界最多の求人数
数多くの選択肢から比較したい20代

doda

利用者満足度No.1のサポート
キャリアアップしたい20代後半

転職エージェントに相手にされない?登録NGな人とは?

転職エージェントに登録はしてみたいけれど、具体的に希望業種や職種なども決めかねている段階だと相談にのってもらえないのではと思いがちです。

しかし結論からいうと転職を希望しているのであれば転職エージェントに登録してはダメという人は存在しません

また社会人として働いてはきているが、会社でそこまでの実績や経験を上げていない、履歴書に自信を持ってかけるまでのスキルや資格を保有していない、年収も低いという状態をかんがみて、登録したものの相手にしてもらえないのではと思う人も多いでしょう。

しかし転職エージェントには、さまざまな業界から非常に多くの求人案件が集まってきます。大手企業もあれば、中小企業、ベンチャー企業と規模自体もさまざまであり、企業側のニーズに合った人材を斡旋しているため問題ありません。

転職エージェントも求人紹介した人が入社したものの万が一企業とうまくいかず早期退職されると、「あの転職エージェントは人選にミスマッチが多い」と採用担当者からの評判を落としかねません。

そこで転職エージェントからしてもさまざまな人材が在籍してくれることが、スカウトなどの対応をする際に役立つのです。その為、私なんかが登録してもいいのかなと臆することはまったくありません。

どのような転職エージェントが評判が悪いのか気になる方は、こちらをご覧ください。

20代におすすめ転職エージェント8選!

doda

【こんな人におすすめ】

  • 自分のペースで転職活動をしたい方
  • 丁寧なサポート受けたい方
  • 未経験業種にチャレンジしたい方

【特徴と強み】

  • 転職サイトと転職エージェントの両側面を持つ
  • 非公開求人が多い
  • ハイクラス求人や海外転職にも強い

詳しい紹介はこちら

マイナビエージェント

【こんな人におすすめ】

  • 時間をかけてサポートして欲しい方
  • 転職を目指す女性の方
  • 初めての転職で不安な方

【特徴と強み】

  • マイナビの独占求人が多い
  • 大手企業の求人も多い
  • 丁寧なサポート

詳しい紹介はこちら

リクルートエージェント

【こんな人におすすめ】

  • 転職初心者の方
  • 細やかなサポートが受けたい方
  • 事務職や営業職希望の方

【特徴と強み】

  • 求人数、内定数業界NO.1!
  • サポートが細やか
  • アドバイザーの質が高い

詳しい紹介はこちら

ビズリーチ

【こんな人におすすめ】

  • ハイクラス求人を求める方
  • 専門性の高いスキルをお持ちの方
  • スカウトを受けたい方

【特徴と強み】

  • 高収入案件が多い
  • スカウトやヘッドハンティングが受けられる
  • 有料会員サービスがある

詳しい紹介はこちら

パソナキャリア

【こんな人におすすめ】

  • 関東エリアの方
  • 年収アップを希望する方
  • 他の転職エージェントで行き詰っている方

【特徴と強み】

  • 親身な転職支援がポイント
  • 独占求人が多い
  • 年収交渉を援護してくれる

詳しい紹介はこちら

type転職エージェント

【こんな人におすすめ】

  • 初めての転職を考えている方
  • 他のエージェントに満足できなかった方
  • 異業種にチャレンジしたい方

【特徴と強み】

  • 利用者の満足度が高い
  • カウンセリングが高評価
  • サービスエリアを限定している

詳しい紹介はこちら

ハタラクティブ

【こんな人におすすめ】

  • 東京近郊で働きたい方
  • 転職が初めての方
  • 丁寧なサポートが欲しい方

【特徴と強み】

  • 未経験可能の求人が多い
  • 営業職の求人は3割のみである
  • 書類選考通過率は91.4%

詳しい紹介はこちら

Geekly

【こんな人におすすめ】

  • IT系に転職したい方
  • キャリア転職を希望する方
  • 首都圏で転職したい方

【特徴と強み】

  • 非公開求人が多い
  • コンサルタントの質が高い
  • 転職支援が手厚い

詳しい紹介はこちら

doda

DODA

業界最大手と言われるリクルートと肩を並べる歴史を持つのがdodaであり、求人数の多さでも定評があります。

それだけではなく非公開求人を多く保有しており、その内80~90%がそれに当たるという点も注目すべき点です。

他の転職エージェントと異なる点は、転職エージェントでありながら転職サイトの機能も兼ね備えている点です。

つまり自分のペースでできるという転職サイトのメリットと細やかな支援が受けられる転職エージェントの両方が得られるのです。

細やかなサポートが可能なのはキャリアアドバイザーと面接プロジェクト担当の2人が1人の登録者につくことからも分かります。その為、難しいと言われる未経験業種への転職もdodaであれば問題ありません。

登録している方のオンライン上での画面管理が非常に分かりやすいというのも、利用者が多い理由の1つだといえます。

またAIを駆使したマッチングをしており、それにより希望する求人を紹介してもらえるという声が利用者から多く聞かれます。

dodaの評判について詳しく調べたい方はこちら

転職エージェントの一覧表へ戻る

マイナビ

マイナビエージェント

マイナビエージェントはリクルートなどに比べて登録者が少ない反面、1人1人に行き届いたサポート力が魅力です。

マイナビエージェントにしか求人を出していない独占求人が多いことも特徴の1つです。隠れた優良企業に出会えるチャンスだとも言えます。独占求人ということは競争率も低くなっています。

ガツガツと求人案件をすすめてくるわけではなく、話を聞いてくれた上でキャリアプランを共に考えてくれたり相談にも応じてくれるため、女性の転職にもおすすめです。面接に対応にしても試験を受ける1件1件に対して対策を立ててくれます。

全国にある企業と繋がりがあることから大企業の求人を抱えているのも特徴の1つです。これはマイナビエージェントが企業から信頼を得ているということが良く分かりますね。

マイナビエージェントの評判について詳しく調べたい方はこちら

転職エージェントの一覧表へ戻る

リクルートエージェント

業界最大手ともいえるリクルートエージェントは人材紹介会社において草分け的存在ともいえます。そう言われるだけあり紹介企業の人事権に近い権限があったり、人材戦略をサポートする側面を持っています。つまり内定率も高めとなります。

キャリア相談においてもヒアリング力が非常に高いので、希望職種に迷っている人でも経歴や動機など細やかに聞き出し適切なアドバイスをしてくれます。また応募書類の添削はもちろん面接対策においても無料でかつ丁寧です。

求人数が多いだけでなく内定率も高いことから業界ナンバーワンを誇っている上に、各種就職セミナーの開催や各種情報も提供してくれるなどサポートが充実しています。

リクルートエージェントの評判について詳しく調べたい方はこちら

転職エージェントの一覧表へ戻る

ビズリーチ

ビズリーチが主力としているのは、スカウトとヘッドハンティングから指名を受けて行う転職活動です。

非常に有効なヘッドハンターが在籍していることから、かなりグレードが高い求人が多く見られます。つまりは年収750万円以上といった高収入が期待できる求人が多く寄せられています。

さらに登録しておくことで、企業の人事担当者から直接ダイレクトリクルーティングが届くのも特徴の1つだと言えます。

通常無料のところがほとんどですが、ビズリーチの場合はプレミアな有料会員サービスが現在の年収に応じて2タイプあり、そこでしか見られない求人を紹介してもらえるメリットもあります。

またスカウトや紹介される案件を見ることで、ご自身の市場価値がなんとなく分かるというのも転職をする上で重要となるでしょう。どちらかというとビズリーチは長中期的に時間をかけて転職を行う方におすすめです。

ビズリーチの評判について詳しく調べたい方はこちら

転職エージェントの一覧表へ戻る

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは派遣業やITにも力を入れている転職エージェントです。全国に拠点があることから地方転職者にも利用しやすいと言えるでしょう。

登録利用者1人1人への対応が親身であり非常に丁寧という声が多くの口コミに上がっています。分野ごとのキャリアアドバイザーが在籍しており、キャリアプランから職種選びまで付き合ってくれます。

また履歴書はもちろんの事、職務経歴書のチェックまでしてくれるので書類選考率も高くなります。

またパソナキャリアを利用して転職した人の3人に1人が年収アップに成功しているという点も魅力的ですね。

多くの企業とのお付き合いが古くからあるため、求人数が多いことはもちろん、求人情報の精通度も高くなっています。

パソナキャリアも独占求人を多く持っています。さらに企業ごとに的確な対応アドバイスを提示してくれるのも心強い限りです。

パソナキャリアの評判について詳しく調べたい方はこちら

type転職エージェント

type転職エージェント

type転職を利用した人の86%が満足していると回答するほど高評価なカウンセリングを行うのが特徴です。

キャリアカウンセリングを行う担当者が一人一人の立場に立った最善策を提案してくれるというのが根底にあります。

また企業の採用担当者とtype転職のキャリアドバイザーとの距離が近いこともよりマッチした求人を提案できる秘訣でしょう。

これらの丁寧な対応が出来るのは1都3県とエリアを限定してサービスを提供しているという点にもあります。

そのため、より多くの時間を1人の転職希望者に割くことが出来ますし、求人の競争率も低めなので落ち着いて取り組むことも可能です。

転職することで年収が増えたという声も多く耳にします。さらに異業種への転職にも積極手にチャレンジできるのも嬉しい限りですね。

type転職エージェントの評判について詳しく調べたい方はこちら

転職エージェントの一覧表へ戻る

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブが大手エージェントほど名前を知られていないかもしれませんが、東京近郊で働きたい方が利用したい転職エージェントです。地方在住であっても東京で転職したいなら利用可能です。

転職をしたいが今まで転職活動というのは新卒時の就活ぐらいであるため、何から始めたらいいのかわからないという初心者にも手厚いサポートで迎えてくれます。

同様に未経験でも転職可能という求人を多く扱っているため、経験職種以外の仕事にチャレンジしたいという方にもおすすめです。

また転職などの求人だと営業職が多く占めるのが一般的ですが、ハタラクティブでは営業職は3割と他の職種の案件が多く見られます。

転職活動の最初の関門である書類審査の通過率が91.4%と非常に高いのもノウハウを踏まえた上での添削を行うからにほかなりません。

ハタラクティブの評判について詳しく調べたい方はこちら

転職エージェントの一覧表へ戻る

Geekly

ギークリー

GeeklyはIT業界、ウェブサービス、ソーシャルゲーム業界などの求人に特化した転職エージェントです。

自らの専門的スキルを評価して欲しいと望む方が集まるのも特徴です。また専門性が高い業界の中でも非公開求人を多く保有しており独占求人があるのも魅力だと言えるでしょう。

また業界が特殊であるからこそコンサルタントも業界経験が最低3年はあるレベルの高い人材が在籍しています。

もちろんエンジニアの求職者も多くつめかける一方で、専門職経験はない未経験者にも力強いサポートを行っています。

そのため、リクルートキャリア社が行った紹介求人案件満足度部門とカウンセリング・対応満足度部門の2部門で堂々の1位を取っているのです。つまり非常に手厚い転職支援はもちろんのこと、徹底した面談を行ってくれるのが特徴です。

Geeklyの評判について詳しく調べたい方はこちら

20代は転職エージェントを使わないと失敗する?!

20代の方が転職活動を行う際に知っておきたいのはどうやって転職を行うかという選択肢です。転職サイトで手軽に行う方法もありますがサポートが手厚い転職エージェントがおすすめです。その理由を具体的な根拠をあげながら、また体験談も交えながらご紹介します。

転職サイトと転職エージェントにはサポートにかなりの差がある

転職サイトと転職エージェントってどう違うのかを明確にご存知ない方も多いでしょう。簡単に言うと転職サイトで動くのはあなた自身です。

求人を探す、求人に応募する、応募書類を精査する、面接対策を考える、企業との雇用条件の交渉を行う。

一方の転職エージェントでは動くメインは転職エージェントに在籍するキャリアドバイザーやコンサルタントです。

あなたはキャリアドバイザーやコンサルタントなどとの面談を行う中でアドバイスをもらったり情報収集をしたり、時にビジネスマナーなどのスキルアップを行えるのです。

面談に時間を割くのが面倒だと思う方もおられるかもしれませんが、これにより自分では思いつかなったキャリアアップ方法が見いだせたり、将来像が見つかることも少なくありません。

特に20代はまだ自分の未来の方向性について悩んでいたり、不透明な部分も多いものです。それを多くの転職希望者が転職エージェントを利用することで明確化しているのは事実です。

もちろん転職サイトとは違って応募書類のチェックや手直し、面接対応、企業との交渉なども行ってくれるので非常に安心なのです。

スキルや経験がないのは当たり前!20代の転職事情

20代でも新卒で入社して1年目で転職を希望する人も増えています。その一方で実際の数値を見ると、20代全体の7割を転職未経験者が締めています。

20代前半で見ると多くても転職経験1回という人がほとんどであり20代の転職は不利という意見も多く見られます。

その理由の1つに、まだまだ経験が少なくスキルも未熟であるという点が挙げられます。また若い頃に転職していると忍耐力がないというイメージも持たれかねないという懸念があります。

しかし企業サイドからしても20代社員に経験やスキルが不足していることは十分理解しています。その上で20代の転職者に求めているのは「ポテンシャル」なのです。

ビジネスマナーなど社会人としての教育はできているため、そこから戦力化するための熱意や意欲、行動力、コミュニケーション能力などを汲んでいます。

その為、現段階で能力や経験が不足していても心配する必要はありません。ポテンシャルを訴えていくことに注力しましょう。

20代は転職エージェントの面談が必須!

20代だとまだ自分の方向性に迷っていたり、自分では想像しない世界で活躍できる可能性も大いにあります。ただしこれらを自分一人で決定するには不安が残るものです。

そういった観点から考えてもキャリア支援を行う経験豊富な転職エージェントとの面談は非常に有効です。

素人から考えると年収がどのぐらいとか勤務地がどことか残業はどのぐらいという、いわば表面的なことで転職先を選びがちです。また異業種にチャレンジしたくとも自分には無理かもと思い二の足を踏むでしょう。

しかし転職の理由や現状の不満、将来への夢などを聞き出すことにより、その人の性格や適性といったことまで導きだし、新しい提案をしてくれます。その為、できるだけ面談では本音を伝えることが大切です。

面談をしているあなたも段階を追って現状から未来に向けての希望を口にすることで、頭が整理されていき客観的に自分を見つめる機会にもなります。この2つのメリットが20代の転職希望者には理想の働き方を見つけることに繋がるのです。

未経験から正社員へ!20代向けの転職エージェント!

ここまでの流れで転職エージェントは20代の方が転職を成功させるのに非常に有効だということはご理解いただけたかと思います。その一方でやはり、登録するにあたって気になるのが以下の点でしょう。

  • 今の会社では年収が低いからそれだけの能力しかないと判断されないだろうか
  • 能力が低いと判断すれば、コンサルタントなども相手にしてくれないのでは?
  • 求人案件を回してくれたとしてもあまりよい条件のものはないのではないか

しかし「転職エージェントに相手にされない?登録NGな人とは?」のくだりでもご説明した通り、基本的にどこの転職エージェントでもそのような心配はありません。

自分ではまだ理解していないポテンシャルが買われて上場企業に抜擢されることだって夢ではありません

もしそれでも不安という方にはハタラクティブへの登録をおすすめします。未経験でもOKの求人が多く、かつ正社員ではなくフリーターからの転職のサポートを得意としているので安心でしょう。

【体験談】経験もスキルもない20代で転職エージェントを利用した結果

僕は就職してすぐ営業職に従事していましたが、ノルマがきつかったり、お客様に合わせて仕事をするので残業が多いなど無理をしながら仕事をしていました。

急に休日出勤になることもあり、20代の今であれば時間もある程度自由になるが、結婚をして子供が出来れば今のような生活を続けられない、また体力的にも精神的にも持たないのではと悩んでいたのです。

ただじゃあどんな仕事をしていけばいいのかということまで考えられておらず、漠然とあまり無理をせず働ける職場で活躍したいという想いがありました。

こんな曖昧なビジョンもない状態で転職をしたいといっても相手にしてもらえるのかと不安でしたが、親身になってキャリアアドバイザーさんが話を聞いてくれたのが印象的でした。

数回面談はしましたがその中で、じゃあ未経験ではあるが事務職が向いてそうだという提案を受け、自分でも納得してチャレンジしてみました。

営業職に比べて能力給が入らない分年収は下がってしまいましたが、自分の時間も取れるようになりました。それによって肉体的にも精神的にも楽になったことは、転職して大正解だと思っています。

20代はチャレンジングな転職が可能!!

体験談を読んでいただくと分かるように、20代の転職では未経験な業界や業種、職種へのチャレンジも可能です。

年齢が高くなると順応性が問われたり、実績がないことがネックとなり、異業種への転職は難しい節があります。その一方で20代はポテンシャルを買われる年代であるためいろんな意味で有利です。

未経験であることからたちまちの年収が下がる可能性もありますが、逆に将来性を見込んで年収が上がることも期待できます。また最初は我慢して実績を積んで行くうちに給料アップすることも十分考えられます。

20代はまだまだやり直しがきく年代であるため、万が一転職に失敗したからといってその先がない訳ではありません。

失敗した教訓を生かして更なるキャリアアップをすることだってできるのです。自信を持って広い視野で転職活動を進めましょう。

キャリアコンサルタントの上手い活用のコツ

転職エージェントはサポートが手厚く面談は非常に役に立つとはいえ、登録したからと言ってただ連絡を待っているだけではいけません。

自ら細やかに連絡を取るなど上手に利用することで自らが主導権を握り転職を成功させましょう。上手な利用方法をお届けしますので参考にしてください。

連絡はまめに!転職意欲をアピール

転職エージェントに登録した後はまめに連絡を入れること、そして情報の更新をもれなく行うようにしましょう。

というのも、同じように転職エージェントを利用している希望者は多数います。転職エージェントもやる気のある良い人材を企業に斡旋した方が評判も良く求人案件をもらいやすくなります。また、こまめに連絡が来る登録者の方が転職に意欲的なのだなと判断するでしょう。

転職エージェントの担当者が非公開求人のスカウトなどをするにしても、意欲的な人を選ぶのは当然だと言えます。

転職エージェントでは、登録者から連絡があったり、情報が更新されると名簿上で上位に表示される仕組みになっています。そこで、より目につきやすく良い案件を紹介してもらえるようになるのです。

「この人合わない!!」は複数登録で解決

転職エージェントは1社だけの登録では効果が薄いのも現実問題です。転職エージェントのコンサルタントなどは一度担当になるとよっぽどのことがない限り、変更になることはありません。

その為、もしコンサルタントなどと相性が合わなかったり、あまり良い案件を紹介してもらえないなどの不満がある時に我慢しなくてはいけません。しかし実際自分の一生を決める転職活動において我慢をすべきではありません。

そこで複数の転職エージェントに登録しておき使い分けをすることをおすすめします。現実的に多くの方が複数の転職エージェントに登録して転職活動をしています。

そうすることで、求人の質を比較したりコンサルタントの能力を見極めることもできます。また独自の求人を多く目にする機会も増えるのでメリットは大でしょう。

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのか分からない。」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

ウズキャリ
  • ブラック企業排除で定着率93%
  • 平均20時間の就活サポートで就職成功率も高い!
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 20代に特化!(第二新卒・既卒・フリーター・ニートならどなたでもOK)

カウンセリングをもとにあなたの魅力がしっかり伝わる推薦状の作成をします!
書類選考通過率も87%!何から始めればいいかわからないフリーターの方におすすめ。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

プロ直伝!既卒が就職できない理由と職歴なしでも成功する3つのコツ

「既卒は就職できないの?」「なんで既卒は就職できないといわれているの?」「どうしたら既卒でも就職できるの?」

  • 🕒
  • 2019.08.30更新

第二新卒の職務経歴書はどう書く?企業に評価される書き方のコツ

求人に応募する時、提出書類として指定されていることの多い職務経歴書。「職務経歴書に何を書いたらいいのかわからない」などと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 …

  • 🕒
  • 2019.08.30更新

20代での転職は年収下がる?60人に調査してわかった年収UPのコツ

20代で転職する人の転職理由として多いのが「年収アップしたい」という理由です。 しかし、「転職すると年収が下がるのでは?」「

  • 🕒
  • 2019.08.28更新

20代後半におすすめの転職エージェント5選!20代後半の転職事情

20代後半で今が転職のラストチャンスだと転職を迷っている方も多いと思います。 「やっぱり転職したいけど、転職するなら30歳になる前だよね・・・。」「

  • 🕒
  • 2019.08.28更新

20代の転職回数は平均何回?転職を成功に導くたった2つのポイント

「20代は何回まで転職できるの?」「複数回も転職してると印象悪いかな?」と感じる方も多いでしょう。 この記事では、20代での転職回数が転職…

  • 🕒
  • 2019.08.28更新

20代は転職エージェントを使うべき?おすすめ16社と失敗しない使い方

  • 🕒
  • 2019.08.26更新

20代おすすめ転職サイト&転職エージェント!全14社の特徴とうまい使…

「20代で転職して、もっと良い会社に行きたい」「そもそも転職活動って何をすればいいの?」 20代は経験よりもポテンシャルが求められ、…

  • 🕒
  • 2019.08.26更新

20代の転職理由は何が多い?よくある3タイプと失敗しない伝え方

新卒で入社した会社に不満があっても、簡単な理由で転職をしてしまっていいのか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。 「転職する人が会社をやめる理由って何?」「

  • 🕒
  • 2019.08.06更新

20代|転職の進め方が分からない!準備~面接までの失敗しない6ステップ

20代で転職することを決めはしたものの「転職活動の進め方がわからない」「転職を成功させるためにしっかり準備して臨みたい」と転職活動の進め方につい…

  • 🕒
  • 2019.08.06更新

転職理由が最も重要!第二新卒は面接でのプレゼンに気をつけろ

この記事の目次第二新卒は転職市場でとても価値が高い?最強な第二新卒の唯一の弱点ネガティブな転職理由をポジティブに話すコツ第二新卒の転職理由トップ5実際にネガティブな転職理由をポジティブにしてみよう面接 ...

  • 🕒
  • 2019.08.06更新

20代の転職失敗談!二度と会社選びを失敗しないためには?

この記事の目次20代の転職失敗談!「年収が下がって後悔」26歳男性の転職失敗談「転職の理由は結婚」23歳女性の転職失敗談「精神的に病んでしまった」27歳女性の転職失敗談「将来不安が多すぎた」27歳男性 ...

  • 🕒
  • 2019.02.22更新

既卒は研修で新卒に若さにも負けない経験を見せつけよう!

この記事の目次即戦力がカギ!マナーを身に着けよう面接で求められる人物像とは?経験を糧として自分のアピールポイントを知ろう! 即戦力がカギ!マナーを身に着けよう 就活をするうえで既卒が新卒よりも有利に働 ...

  • 🕒
  • 2017.12.01更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト