転職エージェントは複数登録するだけでは勿体ない!内定確率upのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分自身が現在在籍している会社の職場環境に満足できない!」「でも転職エージェントってどこがおすすめ?複数のエージェントに登録しても大丈夫?

この記事では、転職エージェントを利用して転職をしてみたいとお考えの方の様々な疑問にお答えしていきます。

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

転職エージェントって複数登録したほうがいい?

転職エージェントは様々ありますが、どれか1つを選んで登録しないといけないのでは?また複数登録は担当のキャリアドバイザーに失礼なのでは?と思われるかもしれません。

しかし、どの転職エージェントを選び、どう利用するのかは登録者の自由であり、1社だけという制約もありません。

また多くの転職経験者は1社だけではなく複数の転職エージェントを上手に使い分けすることで着実な内定へと繋げてきているのです。

利用する転職エージェントを1社だけに絞り、そのエージェントに在籍するキャリアコンサルタントが自分に合わないと、時間の無駄になるばかりか、内定をもらえたはずの企業の試験に落ちるということにも繋がりかねません。

複数の転職エージェントを同時利用することは、確かにデメリットが全くないとは言えませんが、メリットも複数あるのが事実であることから、1社ではなく複数利用をおすすめします。

転職エージェントを複数登録することのメリットとは?

では転職エージェントを複数登録することのメリットを確認していきましょう。

閲覧できる求人案件が増え、選択肢が広がる

転職エージェント毎に得意としている業種や職種といった特徴があり、また独自の非公開求人を保有しているものです。そこで、多くの案件数を比較しながら希望の条件に合った求人を探せるのは大きなメリットです。

転職に関するアドバイスを様々な観点から受けることが出来る

意見は様々な観点からもらえた方が有効です。そこで複数のエージェントに登録することで常日頃からキャリアカウンセリングなどを行っているプロから意見をもらい、客観的に判断することが可能です。

自分に合ったキャリアコンサルタントを選べる

いくら腕の良いキャリアコンサルタントがついてくれたとしても、自分との相性が悪くては転職活動がスムーズに進みません。

そこで、複数のエージェントに登録し、自分に合ったキャリアプランをアドバイスしてくれる担当者を探せるのも非常に大切なことです。

転職エージェントを複数登録したときのデメリットとは?

今度は転職エージェントを複数利用する際に考えられるデメリットをご紹介しましょう。

転職エージェントへの連絡が面倒である

複数の転職エージェントに登録すれば当然、その転職エージェント毎に連絡をする必要があるのが面倒にはなります。また転職エージェントに登録している情報の更新も登録社数行う必要があります。

企業への選考状況管理やスケジュール管理が面倒

転職エージェントが1社だけであれば、応募企業などの管理も楽ですが、複数利用していると今どの段階まで進んでいるのか?またB社が提案してきた企業がA社で書類選考で落ちた会社であるということの管理も自分で行う必要がある分面倒ではあります。

そういった意味では、一気に利用する転職エージェントを登録するのではなく、徐々に増やしていくという利用方法がおすすめです。

転職エージェントを4社以上登録した方が成功率が上がるって本当?

転職エージェントサービスに複数登録することにメリットがあるとはいえ、いったい何社登録すればいいのでしょうか?これからご紹介するデータはリクナビNEXTが行った調査結果によるものです。

まず、転職経験者のうち成功した方は少なくとも平均2社以上の転職エージェントに登録しているというデータがあります。

さらに、その中でも転職エージェント利用社数が2社以下の方に比べ、4社以上利用している方は、転職成功率が2倍以上になっているのです。つまり転職エージェントは、登録者数4社以上が望ましいということが結論付けられます。

転職エージェントを選ぶコツとは

それでは、自分にあった転職エージェントを選ぶためのコツについてご紹介します。転職エージェントに在籍している専門のキャリアコンサルタントは多くの転職希望者の面談などを行ってきています。

しかし、求職者であるあなた自身が、転職をする上でのある程度の軸を決めていない事にはスムーズに事が進みません。

キャリアコンサルタントの方の提案に、それもいいかもとぶれてしまい前に進まない可能性が高いからです。

そこで、転職希望業界、希望職種とその理由、将来のキャリアプラン、希望年収など譲れない条件は明確にしておきましょう。

それに加えて面談時に提出する履歴書や職務経歴書も準備しておきましょう。これらに自分の持っているスキルなどを具体的に記入しておくことで、面談もスムーズに進みます

そして面談を含めたサポート対応を元に、自分に合った提案をしてくれるのか?あなたが希望する業界に精通しているか、売り込みスキルはあるのかといった事を総合的に判断していきましょう。

一度の面談でここが良い、悪いと決める必要はもちろんなく、併用しながら自分に合った転職エージェントと軸にして転職活動を進めるといいでしょう。

転職エージェントを複数登録していることを伝えないとトラブルの原因になる理由とは

では転職エージェントを複数利用していることを、他の転職エージェントに伝えるべきかどうか、また伝えないことで考えられるトラブルについて見ていきましょう。

まず転職エージェントの複数利用は他の転職エージェントにも伝えるのがマナーです。また多くの登録者が現実的に複数登録していることから、それで気分を害するということは基本的にありません

他の転職エージェントでの転職活動の進み具合を伝えないことで、その転職エージェントからも同様の案件を紹介されるなど求人の幅が広がらず、複数利用のメリットが無くなるリスクがあります。

また重複応募という事態が起こることも考えられ、それは転職エージェント側に迷惑をかけることにも繋がります。さらに応募企業側からの印象も決して良いとは言えず、内定取り消しという事態にも繋がりかねません。

そこで、必ず他の転職エージェントを利用し、どういう状況で進めているのかということは正直に伝えてください。

転職活動の悩み相談におすすめの転職エージェント

転職エージェントを複数登録する時の注意点とは?

転職エージェントに複数登録を行うのは一般的ではありますが、注意点があることも知っておかないといけません。

例えば複数のエージェントから同じ会社に応募することは、企業担当者に応募者の管理能力を問われることはもちろん、転職エージェントにも信頼関係の構築できない相手だと判断されかねないのです。

登録後に何も連絡を入れてない状態は絶対にダメ!

転職エージェントに一度登録したらそのまま何の連絡を入れないという方も中にはおられます。しかしこれはNG行為です。

転職エージェント側のデータには登録情報が古い、更新がなされていない情報というのは転職に意欲がないと意思決定がなされがちです。

また既に転職が決まったのでサポートが不要だと判断し、せっかくおすすめ度の高い求人情報があったとしても情報が回ってこなくなるのです。

その為、最低でも「二週間に一度は登録情報を更新がベスト」だとされています。そうすることが転職エージェント利用者の、転職したいという意思表示に繋がるからです。

ただし、複数の複数の転職エージェントを利用していると、いつ情報を更新したかが分からなくなりがちです。そこで、転職エージェント毎のメールフォルダを作成しましょう。

そしてそのフォルダの名称に最終更新日を入れておけば一目瞭然です。またスケジュール管理アプリでリマインド機能を利用して注意喚起を促すのも1つの方法です。

初めての転職希望者にもおすすめの転職エージェント!

ではここからは初めて転職活動をスタートさせる方にもおすすめの転職エージェントをいくつかご紹介していきましょう。

初めての方の場合、勝手も分からない為、効率的に転職活動を進めるには人気の大手企業である転職エージェントを利用するべきです。

DODA

まずご紹介したい転職エージェントは「DODA」です。「DODA」が転職初心者に支持されるポイントをいくつかご紹介していきましょう。

電通バスリサーチでは顧客満足度1位
実際に利用した顧客からの評判が良いということは、転職初心者の安心感や満足度につながります。
自分に合った転職方法が選べる
キャリアアドバイザーがついてサポートしながら転職活動が出来るエージェントサービスと、大手企業や優良企業からのスカウトを受けて応募するスカウトサービスの2つから選ぶことができます。
取扱い求人数10万件以上
取り扱っている求人数が多く、求人数でいうと業界最大手と言われる量を誇ります。その為、選択の幅も広がるのが大きなメリットです。
充実のサポート体制
書類選考を通過するために大切な応募書類対策として、添削指導をしてくれたり、模擬面接でポイントを指摘してくれるなどのサポート体制が万全です。

DODAの公式サイトはここをクリック

マイナビエージェント

転職活動初心者におすすめする転職エージェントのもう1社目は「マイナビエージェント」です。以下に具体的な特徴をご紹介します。

20代の転職に強い
20代の転職や第二新卒者の転職に強いと定評があります。マイナビエージェントでしか第二新卒の求人を出してないという企業もあるほどなので、是非登録しておきたいエージェントだと言えます。
転職期間が設定されていない
一般的には転職エージェントでは転職期間が半年など期限が設定されています。しかし、マイナビエージェントの場合は区切られていないので、じっくりと腰を据えて転職活動に取り組むことが出来ます。
職種に特化したセミナーが多数開催されている
志望する職種によって必要とされる人材や経歴は異なります。また最終面接などでの面接対策にも差が出てきます。そこで、ノウハウを持った職種に特化したセミナーを受けることでより転職活動もスムーズになります。

マイナビエージェントの公式サイトはここをクリック

転職エージェントを利用して内定をとるための心構え

企業の中には優良求人を出すホワイト企業だけでなくブラック企業があることも事実ですが、そういった部分を含め専門家と手を取り進めていくことがきっと心強い転職活動に繋がることでしょう。

そこで転職が初めてという方に知っておきたい情報についてお届けしてきました。しかし初めての世界に飛び込むのはどうしても不安が付きまとい、勇気がいるものです。

しかしご自身の未来のキャリアプランをより明確にし、かつ有意義はものにするにはまずは一歩を踏み出してみることが大切です。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

DODA
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

転職サイトの求人はブラックばかり?失敗しないホワイト求人の探し方

インターネットを見るといろいろな転職サイトがたくさん出てきます。そんな中、「転職サイトにある求人はブラック企業の求人ばかりなのでは?」「転職サイトを…

転職サイトのスカウト機能は意味がない?機能の仕組みと上手い使い方

転職サイトに登録すると日々送られてくるスカウトメール。希望条件に合う内容があればそうではなかったりと、いまいち活用しきれていない人も少なくないようです。 しかし、…

転職サイトは複数利用すべき!絶対に知らないと損する賢い活用法とは

ネット技術の進化によって転職活動についてもアナログからデジタル媒体による採用手法がスタンダードになりつつあります。ネットを介した転職が盛んになっていることにつれ、転職サイトを複…

転職は大手転職サイトを使わないと失敗するの?大手5社の特徴を紹介

「転職サイトはどこを利用しても同じなの?」「会員数も多い大手転職サイトは求職者の競争率が高そうに感じるけど、優良求人が多いのかな?」 …

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事