未経験職種への転職には転職エージェントを使おう!失敗しない方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この仕事辞めたいな・・・」「30代でも未経験職種に転職ってできるの?

未経験職種への転職を考えている人たちこそ利用すべき転職エージェントを、分かりやすいアドバイスと一緒に詳しく紹介します。

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

未経験職種への転職は落とし穴がある

 

実は未経験職種への転職はしっかりと準備をすれば充分に可能です。この場合準備とは、正確かつ幅広い情報を得ることです。

ではなぜ準備をしなければいけないのでしょうか?それは未経験職種への転職には、ほとんどの人がはまってしまう落とし穴があるからなのです。

「未経験可」に要注意!

未経験可だし、とりあえず応募しておくか。」と、気軽に応募している方はいませんか?このような人の多くは転職に失敗する可能性があります。

前提として、「未経験者可」と表記している企業は、大きく2つに分けられます。

  • 純粋に未経験者を募集している
  • あえて「未経験者可」と表記している

純粋に未経験者を募集している企業は急募で人手を必要としていたり、一から未経験者を育成したいといった企業であることが多いです。

次にあえて「未経験者可」と表記し志願者の数を増やすことで、そこから企業好みの人材を採用する企業です。

この場合は経験者を優先して採用することが多く、未経験者の採用率は低くなります。そしてまさにこのケースの存在を知らずに応募した未経験者の多くが、転職に失敗しているのです。

となると、「未経験可と書かれている求人には応募しない方が良いの?」という疑問を抱く方もいるかもしれません。答えはNOです。

先ほど記したように、純粋に未経験者を募集している企業もあります。また、たとえ経験者優遇だとしても、経験者に負けないアピールが出来れば転職は不可能ではありません。

言い換えると、どのようなアピールをするかが非常に重要となるのです。

年代別 備えておきたい未経験職種への転職の知識

ここまでの説明をふまえて、年代ごとに備えておきたい知識について紹介します。

20代

   

30代未満であれば基本的に将来性を理由に採用率が高いと言われています。

また、2016年から政府が第二新卒採用に対して奨励金を開始した影響で、二十代半ばを中心とした、第二新卒の採用が増えています。

二十代後半の方だと転職業界で最も求人が多い年齢であり、ある程度の社会マナーを備えた人も多いため、未経験であっても転職成功率は高いでしょう。

第二新卒・20代の方におすすめ!
マイナビエージェント

30代

30代だと未経験職種だけでなく、そもそも転職できるのか心配な方もいるでしょう。

DODAによると、2017年下半期の転職成功者の平均年齢は32.1歳となっており、過去10年で3.0歳増加していますので、心配は無用です。

男性 女性 全体
2007年下半期 29.6歳 27.6歳 29.1歳
2017年下半期 32.7歳 29.7歳 32.1歳


引用:【DODA】転職成功者の年齢調査(2017下半期)

では未経験職種への転職はというと、適切なアピールが必須です。

例えば、前職で部下をまとめる立場だった方であれば、それを自己PRに含めれば将来の管理職として採用される可能性があります。

つまり経験が無いなら、自分がいかにその職や企業に適しているのかアピールする必要があるのです。

あなたの強みを最大限にアピール!
DODA

40代以上

40代以上となると未経験職種への転職は、資格や人脈が無い限りは難しいです。なぜなら、この年齢の人材を求める企業の多くは即戦力以上であることを必須条件にしているからです。

また、この年で未経験への転職を考えていることに対して「計画性が無い」と判断されることもありえます。

したがって、転職先企業に既に在籍している人材にない実力を持った人でないと転職は厳しいです。

以上より、自分の希望が反映されるのは30歳未満まで、30代であればアピール、40代であれば前職での実績が問われるといえるでしょう。

そしてすべての年代に言えるのがどのように自分を売り込むかです。これは年齢が高い方ほど重要です。その技に長けているのが転職エージェントなのです。

実績豊富、充実サポートで転職成功率アップ!
リクルートエージェント

未経験でもおすすめの職種

資格や能力など、細かいことを気にせずに「新しいことに挑戦したい!」とお考えの方に、未経験でも転職がしやすい職種をご紹介しますので参考にしてください。

事務職

まず1つ目は事務職です。事務職は残業も少ないということから人気の職業です。

書類作成、電話対応、経理業務、来客対応といった特別な経験などが必要なく誰でも覚えやすいという点から、未経験であってもそれほど問題にならないです。

営業職

2つ目は営業職です。営業職では人手を常に必要としている企業が多く、実際に求人募集を見ても「未経験可」という文字がよく見られる業種の1つです。

また収入面でも、基本給と別に歩合制が取り入れられ、より高い待遇が保証されていることも多いことから人気の職種です。

その一方で得手不得手が分かれる職種でもあります。事務職しか経験がない方にとっては、お客さんとのコミュニケーション能力やプレゼン力、また体力が必要であり、難しく感じがちです。しかし、数字に自分の結果が表れる点ではやりがいを強く感じられる職種です。

またお客さんの声をダイレクトに聞くことが出来たり、給与面も歩合が付く場合は高収入になるため、モチベーションを保ちやすいというのも特徴の1つです。

SE・プログラマー職

専門職というイメージが強いIT業界も実は未経験者が活躍できる業界です。

IT専門家として手に職や技術を付けることで、多くの未経験者での求人から選べる点から選択肢が広がります。また企業規模も、大手企業・中小企業・ベンチャー企業と様々です。

最初は知識を身につけないといけない理由から、大変ではありますが平均年収も高く、手に職を付けられるため、長く続けられる職種でもあります。

ただし、未経験からの転職になると、覚えることが多く難易度が高いので、まだ若い20代から30代前半の方におすすめだと言えます。

IT業界ならココ!
type転職エージェント

未経験職種への転職には転職エージェントがおすすめ

転職エージェントを利用することにより、難易度の高い未経験職種にでさえも転職成功率のアップが期待できます。

具体的にどのようなメリットを転職エージェントがもたらしてくれるのでしょうか?

自己PRを整理でき、書類選考が通過しやすくなる

一つ目は、自己PRを整理でき、書類選考が通過しやすくなる点です。

とにもかくにも、まずは書類選考を通過しない事には面接に進めず、内定に近づけません。それだけに履歴書や職務経歴書が非常に重要となります。

また、書類選考で、経験者との差をいかに埋めるのかということも大事です。

ただし多くの方が自分の強みを認識できていないものです。その上、強みというものは職種や業界別で必要とされるものが異なります

特に30代以上の方は、年齢というアピールポイントがない分、書類選考でのアピールが大切になります。

この自己分析をエージェントと行うだけで書類選考の通過率が格段に上がるのです。

エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーのカウンセリング支援が無料で受けられたり、履歴書などの添削を行ってもらえるためです。

この力を借りることで、あなたの強みを最大限に志望企業に向けてアピールでき、転職の幅が格段に広がります。

企業とのミスマッチを防ぐことができる

2つ目として、企業とのミスマッチを防ぐことができる点が挙げられます。

実は企業側が求める人材と応募者とのミスマッチはよく起こる問題なのです。

企業側からすると応募はあるものの良い人材になかなか出会えないと悩み、転職者からするとこの会社だ!と思って応募しても採用してもらえないケースが増えています。

未経験職種などの知識のない業界となるとなおさらです。同業種への転職になると可能性は開けますが、異業種となると応募者にとっては死活問題です。

そしてこの両者のマッチングのずれを客観的視点から埋めるのが転職エージェントなのです。

人材紹介のプロである転職エージェントは、人事担当者とその会社が求める詳細な情報をすり合わせます。一方で転職希望の登録者との面談で、資格の有無や希望条件などを聞き出します。

そこでまとめあげたデータに基づき、この企業とこの転職希望者は合うだろうというマッチングを行い、転職希望者に打診を行うのです。

このように専門的な目線を持った第3者によるマッチングが転職エージェント利用ならではのメリットといえます。

 

あなたにあった「非公開求人」を探すことができる

3つ目は非公開求人を探すことが出来る点です。

転職サイトに募集をかけると倍率が100倍以上になる人気企業が手間を省くために用いるのが非公開求人です。この求人は転職エージェントなどに登録しないと見ることが出来ません。

要するに、誰でも応募できる求人で競争率が高い案件でも、転職エージェントで非公開求人を紹介してもらうと、競争率が押さえられ内定率は高くなるのです。

転職エージェントが抱える非公開求人の数は一般に公開されている求人の4倍もあるといわれ、それを利用しない手はありません。

また転職サイトで求人を探すだけでは自身の視点でしか探せず、本当に自分に合った企業なのか疑問が残ります。

しかし転職エージェントを利用すれば、非公開求人の中でもあなたにあったものをセレクトしてくれます。

複数の転職エージェントを併用する

最後のメリットは、転職エージェントは複数使い分けることができる点です。

現在転職支援サービスを展開している転職エージェントは多数あり、転職エージェントごとに提供しているサービスや、得意な業界が異なります。

その中で自分に合った転職エージェント選びが大切になってきます。

その点で、複数登録の方が理想のエージェントに当たる可能性が高くなるため、あらかじめ複数の転職エージェントに登録して、使いやすいものに重点を置くといいでしょう。

面接対策を行うにも自分にあった担当者に出会うことが、ストレスなく転職活動を進めるポイントとなります。

またそれぞれの転職エージェントの得意としているサービスを上手く使い分けることができれば、自分の知りたい情報を入手できる可能性が高まります

まとめ

転職エージェントが未経験職種への転職でいかに心強い存在となれるのかを理解してもらえたでしょうか。

難易度の高い未経験職種への転職も転職エージェントを使えば手軽に行えます。

年齢と経験を理由に未経験職種への転職をあきらめてしまい、今の仕事を不満を持ったまま続けてしまうのはもったいないです。

それでも迷われている方は、サービスと相談も含め完全無料なので一度転職エージェントに相談されてみてはいかがでしょうか。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

DODA
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

Protected: おすすめ転職エージェントがすぐわかる|評判とおすすめ…

「転職エージェントの選び方がわからない…」 「本当に評判の良い転職エージェントを知りたい!」 転職を考える時、こんな思いが頭をよぎるもの…

エグゼクティブ層向け転職エージェント3社の比較と評判|成功のコツ

この記事では、「エグゼクティブの転職を成功するには?」とお考えの方へ、エグゼクティブ向け転職エージェントや、その評判、エグゼクティブ転職を成功させるためのコツを年代別に…

2018版|転職エージェントのサポート期間!最短で内定獲得する方法

転職エージェントを利用するのが良いということはわかっていても、「転職サポート期間が終わったら転職サポートしてくれないって本当?」「転職活動はどのくら…

スタッフサービスの評判は悪い?派遣だけではない正社員求人の特徴

「派遣社員の経験しかなくても、スタッフサービスなら正社員になれるって本当?」「スタッフサービスって派遣求人が多いの?」など、スタッフサービスに…

転職エージェントとは?失敗しない選び方のコツと転職までの9ステップ

「転職エージェントってなに?」「どんなサービスがあるの?」「騙されたりしない?」など、転職に踏み出したいけれど何か…

転職エージェントを無料で使えるカラクリとは?損しないための活用術

「転職エージェントってどうして無料で使えるの?」「無料なんてアヤシイ…」 求職者が無料で利用できる転職エージェントには、とあるカラクリが…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事