40代は転職できないの?中高年が使うべきおすすめ転職エージェント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40代で転職する人の中には、「40代を超えてしまったし、本当に転職できるのだろうか?」「条件が下がってしまうのは仕方がないのか」などという方が多いと思います。

そんな40代で転職を不安視している人におすすめしたいのが、転職エージェントの活用です。40代の転職事情と転職エージェントの有用性についてお話しします。

                
★おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

リクナビNEXT(リクルート)

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

JACリクルートメント

【30代,40代以上】
年収600万円以上の方!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

40代の転職が変わる!?過去最高の売り手市場がやって来る

中高年に差し掛かる40代になると、30代までに比べて求人数がぐっと減ると言われていました。一昔前はそうでしたが、今は景気の回復とともに人手不足となり40代以上の人材が求められているのです。40代の転職事情はどうなっているのかを、見てみましょう。

40代の転職理由って?

40代の転職市場で求人案件数が増加中!

30代応募者が少ない

そもそも、40代のライバルとなる30代の応募者の数が少ないため、40代の求人枠が増加しているという現象が起こっています。

少子化の影響により、日本では30代の就業者数が減少しています。30代の就業者の絶対数が減少しているため、30代で転職する人も少ないのです。そのため、40代の転職者に有利な状況になっています。

ベンチャー企業、地方企業の採用強化

二つ目は、企業側の変化です。日本企業には昔から、「若い人材を取って、自社の社風に染め上げる」という風習が根付いています。

転職市場においても「若ければ若いほど良い」と言われてきましたが、近年はベンチャー企業や地方の中小企業を中心にそのような風習が徐々に変わりつつあります。

若い人を採用すると基本から教育することが必要ですが、40代を超えた人材なら社会人としての基本や仕事のスキルはすでに身に着いています。企業は事業を拡大する中で、マネジメント経験者である40代の人材を必要としているのです。

企業側の変化

企業側の事情の変化も、40代の転職を後押ししています。企業は、年齢にこだわることなく、社会人経験を積まなければ身に着かないコミュニケーション能力の高さや緊急時の対応能力、職務に対する専門性などを採用時に重視し始めました。

また、年功序列を排除し若手の登用が進む中、中抜き状態となりミドル世代の人材不足が進んでいるという背景も40代の市場価値を高めています。

こんな40代が企業側に必要とされている!

高い専門スキル

40代まで仕事を続けてきたのですから、各方面において高い専門スキルを磨いてきたと思います。企業はそんな40代が持つ高い専門スキルを求めています。

自社の若手がなかなか育たない中、即戦力になるだけでなく若手の教育も担ってくれる実力を持った40代を必要としているのです。

営業職であれば顧客を離さない高い営業力と交渉術を、SEなら高度なIT技術とプロジェクト管理能力を、商社マンなら高い交渉術と分析能力を、それぞれの専門職の分野で長年の間に培った高い専門スキルと実績を持つ、そんな優秀な40代を企業が見逃すはずありません。

プレイングマネージャーとして活躍できる

40代が求められる理由として、プレイングマネージャーとしての能力が高いことも挙げられます。特に、成長を遂げ業務拡大を進めている企業にとって、現場で活躍しながら部下を引っ張っていけるプレイングマネージャーの確保は急務です。

しかし、自社の若手はすぐには育ちませんから、中途採用者で補うしかありません。そんな時には、現場の作業しかできない20代よりは、マネジメントスキルが高く経験もある40代の方が欲しいわけです。管理職経験を持つ40代は、転職で年収アップの可能性もあるのです。

転職エージェントの利用はハイキャリア層じゃなくてもOK!

転職エージェントを利用して転職をするのが当たり前になったのは、ここ数年のことです。転職エージェントとは、利用者が求人情報を閲覧して求人検索をし、自分で応募して求人企業に面接に行く転職サイトとは異なります。

転職者一人一人にキャリアコンサルタント、またはキャリアアドバイザーと呼ばれる担当者が付きます。担当者が転職サポートをしてくれる人材紹介会社のようなサービスを受けられるのが、転職エージェントです。

担当コンサルタントは求人の紹介だけでなく、履歴書や職務経歴書などの添削、面接対策、企業の詳細な情報や採用情報の提供、企業との給与交渉や推薦状の作成まで請け負ってくれます。

そのサポート内容は幅広く、ハローワークなどでは決してそのような質の高いサポートを受けることはできません。

また、転職エージェントを利用するメリットとして、そこでしか閲覧できない独占求人である非公開求人に応募できるということもあります。

担当者を利用して転職すると言うと、ハイキャリア向けの転職手段と考える人もいるかもしれません。確かに、ハイクラス向けにヘッドハンターが動き、ハイスペック求人しか扱わない転職エージェントも存在します。しかし、転職エージェントのほとんどが無料登録でき、どんな人でも完全無料で利用できるのです。

【タイプ別】40代におすすめの転職エージェント

では、具体的に40代におすすめの転職エージェントには何があるのでしょうか?

JACリクルートメント【ハイキャリア向け】

JACリクルートメントは管理職や役員クラスのキャリア採用の求人やハイスペック求人を数多く取り揃えており、ハイキャリア向けの転職エージェントの中では断トツの実績を持ちます。

リクルートやマイナビなどの大手求人サイトに比べると求人数こそ劣りますが、掲載求人の質は高く人気の高い転職エージェントです。大手企業や上場企業などの優良求人が多く、特に外資系企業に強いです。

リクルートエージェント【すべての層にオススメ】

国内最大級の規模を誇るリクルートエージェントは、求人数、転職サポートの質、受けられるサービスなど、どれをとっても業界内でトップクラスです。

幅広い業界や職種の求人情報を数多く保有していますし、事業拠点も日本全国に存在しますから、地方在住の人でも数多くの求人を選ぶことができます。その選択肢の広さから、外れのないエージェントと言えるでしょう。

40代、転職すべき?とどまるべき?見極める方法

40代での転職、すべきなのか、それとも、とどまるべきかを見極めるためのヒントが欲しい人のために、40代の転職を見極める方法についてお話ししたいと思います。

3年後にその職場で働いている姿が想像できるか

40代での転職をすべきか迷っているあなたに、 「あなたは、3年後に今の会社で働いている自分の姿を想像できますか?」と聞いてみたいと思います。

「想像できるが、生き生きと働いている姿ではない」「全く、想像できない」という人は、それがなぜなのかを考えてみましょう。

「仕事が全く楽しくない」「プライベートの時間をほとんど取れない」「会社に将来性を感じることができない」などという理由が思い浮かんだら、それは今の職場で解決できる問題なのかを考えてみてください。それは、職場を変えなければ解決できないでしょうか。

このように、今の職場に対する問題を深堀することができたのであれば、転職すべきかどうかということがおのずと見えてくるのではないでしょうか。

今抱えている問題が明確になり、転職の覚悟が決まったら、転職活動に向けた準備の開始です。転職することを決めたのなら、自分の強みや弱み、スキルや持っている資格、知識などの棚卸しと過去の仕事実績やキャリアも含めた自己分析をしましょう。それをすることで、自分に合った企業を探しやすくなります。

40代で転職成功するのはこんな人!5つのポイント

40代で転職を成功させる人の特徴を5つお話しします。

やりたいことと転職理由に整合性があること

「年収を上げたい」と思っているのに、「仕事を減らして楽をしたい」という願望もあるなどという、やりたいことと転職理由に整合性がないような人は、転職はうまくいきません。やりたいことと転職理由に整合性があれば、転職はスムーズに進むでしょう。

  • やりたいことと転職理由に整合性があること
  • ポジティブな目標を持って転職する人
  • キャリアの棚卸がしっかりできている人
  • 現職では本人の希望が絶対にかなわない場合
  • 現職企業に将来性がない、給与待遇が業界平均より下

ポジティブな目標を持って転職する人

「給料が安い」「仕事がきつい」などというネガティブな理由から転職するよりも、「優良企業に転職してもっと頑張って年収を上げたい」「キャリアアップしたい」などというポジティブな目標を持っている人の方が、転職は成功しやすいでしょう。

キャリアの棚卸がしっかりできている人

自分にどんな強みがあるのか、具体的なキャリアはどのようなものかをしっかり棚卸しできている人は、どんな世代でも転職活動がスムーズに運びます。

現職では本人の希望が絶対にかなわない場合

自分の中で仕事に対する希望条件が明確で、しかも、現職ではその希望がかなわないという場合は、転職を何が何でも成功させたいという強い思いがあるため転職に成功しやすくなります。

現職企業に将来性がない、給与待遇が業界平均より下

現職の企業の将来性が感じられない、給与待遇が低いなどという場合、より良い待遇を勝ち取るために転職活動に力が入ります。その結果、転職が成功する可能性が高まるのです。

こんな40代は転職に失敗する!4つのポイント

一方で、こんな40代は転職に失敗するという、4つのポイントをお話しします。

  • 収入アップだけを目的とした転職
  • 有名企業・大手企業に転職したいという理由
  • 現職への不満のみで転職する
  • 異業種、異職種へのチャレンジ

収入アップだけを目的とした転職

単に給料を上げたいというだけの転職だと、うまくいく確率が低くなります。なぜなら、企業から見ると、そのような転職理由の人を採用したいとは思えないからです。志望動機として給料のことばかり言ってくる求職者を、積極的に採用する企業はあまりないでしょう。

有名企業・大手企業に転職したいという理由

転職理由が、「有名企業に転職したい」「大手企業以外はあり得ない」などという、ブランド志向の人は転職活動がうまくいく可能性が低くなります。

若い頃にそのようなブランド志向を掲げて野心を持って転職活動するならまだしも、年齢を重ねた人の価値観がブランド志向のみだと、企業から「この人は本当に仕事ができるのか?」という目で見られてしまう可能性が高いでしょう。

現職への不満のみで転職する

口からでることが現職への不満ばかり、という人は採用されづらいです。現職の不満ばかり言う人は、転職してもまた同じように不満ばかり言うのではないか、と思われて敬遠されても仕方がありません。

異業種、異職種へのチャレンジ

IT業界からの転職でIT系の知識や経験を生かして転職するなど、過去の経験を生かした転職をするならまだ活路はあります。

しかし、40代の転職者が全くの素人の状態で異業種や異職種へ転職しても成功するのは難しいでしょう。

転職を現職からの逃げの手段にしないために

転職理由が、「今の仕事が嫌だから」ということだけでは、転職は成功しません。以下のポイントをおさえて、もう一度振り返ってみてください。

転職によって解決したい課題を整理

転職をしたいと思うからには今の職場に、「仕事にやりがいがない」「仕事が忙しすぎる」などという解決すべき課題があるということです。その課題を整理し、今の職場で本当に解決できないのかを掘り下げて考えてみましょう。

キャリアの棚卸→キャリアプランの見直し

自分の強みや過去のキャリアの棚卸しをして今後のキャリアプランを見直すことは、転職活動を始めるためにとても重要な準備です。

コンサルタントにキャリア相談する

上記でまとめた転職理由と自分の棚卸し結果、キャリアプランを転職エージェントのキャリアコンサルタントに見せて、キャリア相談を受けましょう。自分では思いもしなかった自分の可能性や今後のキャリアプランが見いだせるかもしれません。

転職すべきか、周囲の人に聞いてみる

信頼できる第三者に、自分の転職計画を聞いてもらうのも良いでしょう。客観的な目で、あなたの転職計画に意見をしてくれるはずです。

実践編!40代におすすめ転職エージェントの使い方

それでは、実際の転職活動に役立つ、40代におすすめの転職エージェントの使い方についてご紹介しましょう。転職エージェントを登録する際に、ぜひ役立ててください。

40代は求人が少ない?転職するなら複数登録がおすすめ

転職することを決めたのなら、転職エージェントや転職サイトに早速登録です。40代の転職は成功しやすくなったとはいえ、20代30代に比べると求人数が少ないのは事実です。

より有利に転職活動を進める為に、転職のプロの力を借りることをおすすめします。登録はとても簡単で、名前や過去の職歴、転職先の希望条件などの登録情報を書き込めば完了です。

登録する際の注意点は、いきなり一つのサービスに決めないことです。さまざまな転職エージェントや転職サイトのサービス比較をして最終的に自分に合ったサービスを選ぶために、複数サイトに登録することをおすすめします。

転職サービスには様々な特徴があります。IT業界に強い、介護業界に強いなどという業界に特化した強みを持つサービスもあれば、ハイクラス向けの転職に強いサービスなどもあります。

インターネットの口コミや評判なども、サービス比較に役立ちます。特に、JACリクルートメントはハイクラス向けの転職に強く40代におすすめですし、幅広い職種や業種から求人を選びたいなら求人数が多いリクルートエージェントがおすすめです。

転職サイトなら、求人数が業界ナンバーワンのリクナビNEXTが良いでしょう。スカウトメールによる企業からのオファーを利用すれば、自分に合った求人に巡り合えるチャンスが広がります。

コンサルタントから常に求人紹介してもらうコツ

転職エージェントに登録したからと言って、いつでも親身に対応してもらえるわけではありません。転職エージェント側としても転職をする気があまりない登録者に時間をかけてもお金になりませんから、やる気を持って転職活動を進めている登録者に連絡を頻繁に取ろうとするのは当然のことです。

では、どうすれば、コンサルタントから常に求人を紹介してもらえるのでしょうか?

エージェントに登録したら、継続的に連絡を取り合う

登録したらコンサルタントとのキャリアカウンセリングが行われますが、その後、連絡をせずに放置するとコンサルタントからも連絡が来なくなってしまいます。

コンサルタントは、よく連絡が来る求職者の方を優先して連絡をするようになっているからです。登録後は、こまめに連絡を取りましょう。

エージェントとの面談は対面で

転職エージェントの事務所に出向くことができるなら、電話で面談するよりは直接対面して面談する方が良いでしょう。コンサルタントにあなたの印象が強く残るからです。

「行きたい企業」より「受かる企業」

コンサルタントはあなたが行きたい企業よりは受かる企業をすすめてくる傾向があります。どちらが良いかは自分自身で判断することが必要ですが、より確実に転職したいなら受かる企業を選ぶ方がおすすめかもしれません。

40代が転職活動を長引かせないために出来ること

転職のプロに頼っても、転職活動が長引くこともあるでしょう。そんな時は一度立ち止まり、これまでの転職活動を見直してみることも必要です。

「応募書類に問題は無いか」「面接でのアピールは十分か」「選んだ企業は自分のレベルに合っているか」など、転職活動をフィードバックするために有効なのが、キャリアコンサルタントの転職のプロとしてのアドバイスです。

転職エージェントを使うと、不採用になったとしてもなぜ不採用になったのかを企業から聞いてくれます。その結果を、次の書類選考や面接に生かすことができるのです。

今までの転職活動で自分の悪かったところが何かがわからずに、ただやみくもに活動を続けても、内定を全くもらえず泥沼にはまり込んでしまいます。

転職活動が長引きがちな40代だからこそ、転職エージェントのサポートはとても価値のあることなのです。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に各転職サイトの特徴やポイントを改めてご紹介します。転職サイトは、それぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

リクルートエージェント
  • 転職しづらい30代~50代の層に特に強い
  • 業界最大手のリクルートで条件交渉力No.1!
  • 非公開求人が9万件!リクルート独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉も担当コンサルタントが代行

転職成功実績No.1で、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

パソナキャリア
  • 業界トップクラス40,000件以上の求人数
  • 注目企業の求人多数!
  • 専門特化したキャリアアドバイザーに相談したい方
  • 年収アップをサポート

『正しい転職』を目的とした転職エージェント
正しい転職の条件が一人一人違う中で、コンサルティングを通してしっかりとサポートします。
公式サイトはこちら

関連記事

40代50代のハイクラス転職|管理職経験が無くても失敗しない方法

40代を超えて実績も実力も備えた働き盛りの人が転職するなら、ハイクラス向けの求人がおすすめです。 しかし、「ハイクラス求人はどこにあるの?」「管…

40代50代が給料下げずに転職する方法!同じ職種への転職が近道?

40代、50代で転職を考えている人が「転職に成功するためにはどうすればいい?」「この年でも転職で給料ダウンしたくない!」などという場合、どのようなことに気を付け…

40代~50代の転職|面接で失敗したくない!NGな回答と服装とは

40代を超えて初めて転職をする人はどうしたら転職活動をスムーズに進めることができるのでしょうか? せっかく書類選考は通ったのに、面接を失敗してしまう方は多いです。 「

40代50代は未経験でも転職は成功する?役立つ資格とおすすめ職種

40代から50代で未経験の分野へ転職するのは可能なのでしょうか?「未経験でも転職できる職種ってどこ?」「未経験でも取れる資格はある?」と

40代~50代女性の正社員転職を成功させるコツ|資格なしは危険?

40代、50代の女性の中には子育ても一段落して転職を考えている人も多いと思います。 「資格を持っていない40代の女性でも転職できる職種ってあるの?」 「

40代男性の転職|未経験職種への転職を成功させるためのノウハウ

「40代男性を必要としている業種ってどこ?」「未経験職種でも転職は可能?」 「転職は35歳まで」と言われるように、40代男性にもなると再就職、転職活動が苦しくなります。また家庭をもつ男性からする…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクルートエージェント

    求人数が転職業界でナンバーワン!

    • 非公開求人数100,000件以上
    • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
    • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
    • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

最新記事