転職は面接の服装も大切?男女別!内定獲得率を上げる3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職活動も最終段階の「採用面接」までようやくこぎつけたものの、当日着用する服装は新卒採用者と同じリクルートスーツでいいの?私服以外で自分らしさをアピールでき、良いイメージを与えるにはどうすればいい?

社会人として面接時に気を付けたいビジネスマナーとポイントを詳しくお届けします。

             
★厳選!おすすめ転職サイト・転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

転職の面接で気をつけるべき服装の3つのポイント

就職活動の面接において気を付けたい3つの服装のポイントをお届けします。記事に書かれていることは、読めば分かりきったことのように感じますが、割と守れていない人が多いものです。

清潔感を大切にする

まず1つ目は「清潔感」です。男性だろうが女性であろうが共通して意識したい基本的なことであり、採用担当者にあなたの第一印象を決定づける重要な要素の1つとなります。

以下に、就活において具体的にどんな服装の乱れが採用担当者の評価を下げてしまうのかをご紹介しますので覚えておいてください。

  • ジャケットにほつれやシミがある
  • フケなどが肩に落ちている
  • ボタンが外れている
  • シャツにシワがあり、アイロンがきっちりとかかっていない
  • パンツのチャックが開いている
  • インナーが透けて見える
  • スーツが型崩れしている
  • 色柄が褪せている

上記でご紹介したマイナス印象を与える点がないか、面接会場に向かう前にはチェックしたいものです。

身だしなみに清潔感を持たせることで、企業側にもきっちりとした社会人であるということを印象付けることが出来ます。また仕事が出来そうなイメージを与える可能性が高いという意味でも大事なポイントです。

自分にあったものを選ぶ

2点目はスーツ選びについてです。選ぶポイントは、流行りのものやビジネス雑誌などでおすすめのブランドではありません。そのスーツのデザインやスタイルなどがいかに洗練されていたとしても、あなた自身に似合っていないのでは馬子に衣装になってしまいます。

その為、応募者の体型やスタイルに合っており、かつあなたをより魅力的に演出してくれるスーツを選ぶようにしましょう。

またカジュアルなものではなく、ビジネスシーンに合うビジネススーツをセレクトすることも大事なポイントです。

そういった意味ではスーツは事前に着用し自分に合っているかどうかを第3者にも判断してもらう方法もあります。

もしスーツが古くなってくたびれていたり、体型が大幅に変わっている場合は新調するなどする必要があるでしょう。

年齢・性別に関わらず好かれる格好を心がける

3つ目は万人受けするスーツスタイルを選択することです。志望企業の面接を担当してくれる相手の面接官は大抵の場合、性別も年齢も様々です。同年代の人もいれば、随分と年上の人もいるでしょう。

その為、自分と同じ年代の人に人気のものとか管理職世代の人に人気のものといった観点で選ぶのでは、与える印象に偏りがでてしまいます。ある人は好印象を持ったとしても、別の人はあまり良い印象を持たなかったということにもなりかねません。

その為、誰からみても好印象を感じてもらえる服装であるかどうかという点もチェックポイントに入れておいてください。

実際に仕事をしていく上でも、接するお客様の年齢には幅があるものですので、そういった観点でのスーツ選びができるようにしておきましょう。

面接の服装マナー【男女別】

ここからは面接における服装マナーと題してスーツ編を男性編、女性編に分けてさらに掘り下げてご紹介しましょう。

スーツの色やスタイル、また転職活動者にNGとされていることについてもお届けしますので、覚えておきましょう。

スーツで面接に行くなら【男性編】

ここからは男性がスーツで応募企業へ面接に行くときを想定して注意点についてご紹介します。業界等に関係なくスーツが望ましく色は紺色、黒色、濃い目のグレーが基本です。

スーツのボタンの数は特に規定はありませんが、ダブルのスーツは地位が高い人が着用するものというイメージがある為、望ましくありません。

シャツは基本的に白シャツで襟付きのものを選んでください。襟付きシャツであってもボタンダウンは面接にふさわしくない為、レギュラーカラーを選びましょう。シャツの下に着るインナーも透けないように無地で色が薄いものが清潔感があるのでおすすめです。

当然ですがボタンは第一ボタンまで締めた上でネクタイを着用しましょう。ネクタイも無地でシックな色合いの物か、柄物でも小さめのドットがあるものかストライプ程度に抑えましょう。

派手な色や季節外れな物はNGです。ちなみに唯一明るい色であるネクタイは色合いによって相手に与える印象が変わります。

赤系は積極性、青系は知性的、黄色系は協調性といったイメージが色彩学でありますので、相手企業の求める人材像とあなたのアピールしたいイメージを合わせて考えるのも1つの方法です。

またベルトはスーツに合わせて選びますが、革がくたびれていたりバックルが派手な物は避けてください。靴下は基本黒でそれ以外の場合はスーツに合わせましょう。

靴は黒かこげ茶色のものを選び、きれいに磨いておいてください。形もつま先がとんがっているものなど個性的な物は避けるのが無難です。

カバンに関しては靴と色を合わせてください。革製である必要はありませんが、面接時自身の横に立てらせるので、自立するものがいいでしょう。

また結婚指輪以外のアクセサリーは外しておきましょう。さらに、髯などは長く伸ばしている方も面接時は剃っておくのがビジネスマナーです。

スーツで面接に行くなら【女性編】

続いて女性の場合におすすめの女性スーツなどを年代ごとに見ていきましょう。まずは20代の女性の場合、スーツの色は暗めの紺、ネイビー、黒などのダークスーツがおすすめです。

あまり明るすぎる色だとカジュアルに感じさせるので注意してください。エネルギッシュに仕事をしていくということをアピールするという点ではスカートスーツではなくパンツスーツもおすすめです。

アクセサリーは基本的に外しておきましょう。またメイクはナチュラルメイクにとどめ、ヘアスタイルも顔がきちんとみえる清潔感のあるものにしましょう。

次に30代の女性の場合ですが、紺色のスーツが落ち着いた感じを見せられていいでしょう。またストライプが入ったスーツもおすすめです。スーツスカートのスカート丈ですが膝上10センチよりも短すぎないように気を付けてください。

パンツスーツは営業職などの面接だとキャリアを感じさせるのでおすすめです。インナーのブラウスを少し明るめのピンクやベージュにすると女性らしさもアピールできます。

アクセサリーは30代も外しておきましょう。メイクは20代同様にナチュラルメイクを意識しましょう。

ヘアスタイルもシンプルが基本ですので、肩より長い場合は結んでおきましょう。ヒールの高さもスーツ着用時ですので3~5センチに留めて下さいね。

最後に40代の女性のレディーススーツについてですが、スーツでなくても構いませんがジャケットは着用するようにしましょう。知的でシンプルなイメージを基本に考えて選んでください。

アクセサリーをつけるのであればシンプルなものを1点のみにしておきましょう。またメイクもあまり派手すぎず清潔感がありかつ社会人経験をアピールできる大人の女性を意識してください。ヘアスタイルも同様です。

面接の服装について聞かれるよくある5つ質問

ここでは求人要項などに記載さ入れていることもある「服装自由ってどういうこと?」など、気になる面接時の服装の疑問についてお答えします。

業界別で印象のいい服装はちがう?

転職を希望する会社の業種や職種によっても印象が良いとされる服装は異なるとされています。ここでは金融業界や営業職などにおすすめの服装についてお届けします。

基本的に、銀行や証券会社、保険会社といった金融関係は業界的に硬めのかっちりとしたイメージを求める傾向にあります。

取り扱うものが金融商品だからというのもあるのでしょう。そこで、女性にはダークカラーが、イメージ的に女性らしさを感じさせるスカートスーツが一般的です。

一方の営業職の場合は、活発に明るくバリバリ仕事をこなしてくれる女性を求めます。その為、パンツスーツなどでキャリアウーマンといったイメージを与える方がいいでしょう。

IT系などの場合、自分らしさを自己PRすることを求められるため、ビジネスカジュアルがおすすめです。逆に硬い服装だと合わないと判断されがちです。

最後に美容系やアパレル系の場合は、センスを問われる部分もあります。そこでジャケットにキレイ目シャツなど自分のセンスを出せるものがおすすめです。

転職活動でリクルートスーツはあり?なし?

転職活動をする際に着用するスーツとしていつまでもリクルートスーツを着用していませんか?実は新卒採用時に利用されるこのリクルートスーツは中途採用においてはマナー違反なのです。

キャリアエージェントからの話にもよくあるように2つの観点からリクルートスーツはお勧めできません。

まずリクルートスーツの特徴である黒はかしこまった色であり、相手との壁を作ってしまうからです。そうなると自分のこれまでの経験やスキルなどのアピールがしづらくなってしまいます

また学生という雰囲気がつきものであるリクルートスーツであることから、頼りないイメージを与えてしまいます。転職の面接のケースは、今までの自信の社会人経験をアピールすることが必要である為、清潔感がありかつ自分に合ったスーツを選ぶことが大切なのです。

転職活動でも夏のクールビズは?

次に夏場の転職活動に着目して考えていきましょう。汗をかいていると不潔な印象も与えかねませんね。そこでどんな服装で面接に行くのが適当なのでしょうか?

さて「クールビズでお越しください」と応募企業から言われた場合でも基本的にはジャケットとネクタイを締めていきましょう。

また中に着るシャツは半袖を着たいところですが、面接官の方も長袖をきていえるでしょうから、長袖で行くようにしましょう。

移動中はジャケットを脱ぎ、会社につく前にジャケットを羽織り身だしなみを整える事をおすすめします。ちなみにジャケットは夏用の生地が薄めの物などを着用するといいでしょう。

会社側からクールビズでと指定があった場合は、ノージャケット・ノーネクタイでシャツだけでも問題ありませんが、それ以外の時に勝手な判断はしてはいけません

「私服でお越しください」「服装自由」って言われたときは?

また面接の時に服装自由や私服でお越し下さいと言われることもあります。特にアパレル関係やIT企業などはオフィスカジュアルを推進していることもあり、必ずしもスーツ着用だと限りません。

ただそうなるとどこまで崩した服装にしていいのか非常に悩むものですね。忘れてはいけないのはビジネスマナーと清潔感は忘れずに服装選びをすることです。

クリエイティブな職種であれば自己PRの1つとして判断されることもありますが、度が過ぎると協調性がないと判断されたり採用の可否に影響します。

応募企業のサイトや社員の方が着用している服装などを参考にした上で、服装を考える必要があるでしょう。

男性であればジャケットにチノパンかスラックス、女性の場合はジャケットにブラウスとスカートもしくはパンツスタイルが無難です。

逆に私服と指定されている場合などに敢えてスーツで行くと、指示に従っていないと思われるので避けてください。

転職活動が今の職場にバレないためには?

次に転職活動をしていることを今の会社にばれない為に意識しておきたいことをお話しておきます。まず面接の打ち合わせなどの電話を業務中にする際は、社外にでるなど聞かれないように気を付けてください。

ちなみに面接などに出かける際は電話が途中でなることがないようにマナーモードにするか切っておくことをお勧めします。

またお昼休みの時間などに面接を受ける場合など、服装でばれてしまうケースも考えられます。その為、コインロッカーなどに服を預けておき、お手洗いで着替えるなどして会社のロッカーの使用は避けましょう。

コインロッカーだとシワが気になってしまうという方は、少し早めの時間に面接に向かい、私服に着替えておくという方法もあります。

また転職活動で有給をとったり早退が増えるとあやしまれる可能性もあります。そこで、早出をして仕事を頑張っているアピールをするなどの工夫も大切です。

転職エージェントなら面接対策のサポートも充実!

より効率的に転職を成功させるためには、非公開求人なども保有する転職エージェントの利用は必須です。面接のアドバイスや模擬面接を無料でしてくれたり、実際の面接後のフィードバックもしてくれるため非常に有効です。

doda

まず1つ目にご紹介するのはdodaです。第二新卒や20代の転職に強いとされており、履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削から面接サポートまで細やかなサポートを行ってくれるのが魅力です。

転職の成功において重要である面接試験ではいかに短い時間で志望動機をはじめとした伝えたいことをいかに的確に伝えるかが勝敗を分けてきます。そこにダイレクトに切り込むすべをアドバイスできるのがdodaならではの強みなのです。

また非公開求人も多く、大手企業とのつながりが多いことから求人情報もお得なものが多く見つかります

キャリアコンサルタントによるアドバイスを受けられることで、未経験の職種にも安心してチャレンジできます。またキャリア診断や年収査定、ヘッドハンティングサービス、スカウトサービスなど様々な転職に役立つサービスが満載です。

今の自分の市場価値を客観的に判断した上で、より自分に合った職種や企業への転職を実現できる方法を提案してくれるので安心です。

リクルートエージェント

2つ目にご紹介するのはリクルートエージェントです。非常に年齢層が広い転職希望者の指示を受けているリクルートエージェントは、大人の30代から50代に特に好評を博しています。

業界最大大手の規模を誇るこれまで37万人もの転職を成功させてきた実績をもとに、よりその個人にあったアドバイスをしてくれることに定評があります。

登録は無料で行うことができ、人事担当者をしていた方からの生のアドバイスをもらえたり、面接力をアップするセミナーにも参加することが出来ます

また転職をしたいがどんな職種がいいのか決めかねているという方も多いものです。そんな方のためにキャリア診断を行うことで自分では分からない客観的に見た適性や適職を提案してくれることから将来の転職の幅も大きく広がります。

キャリアコンサルタントの質が高いことから、転職者の6割が年収アップに成功しているというのも見逃せないポイントでしょう。

非常に多い求人件数の中から自分に合った企業を探し、より将来性のある転職を実現するにはリクルートエージェントが強いといえるでしょう。

キュージェント

3つ目にご紹介するのはキュージェントです。転職サポートして欲しいエージェントを自分で指名することができ、20代前半〜30代前半までの転職サポートに強みを持ったエージェントが在籍しています。

まだ知名度はないものの、求職者と時間をかけて話し合うので、ミスマッチの求人紹介、判断を急かしたりするようなことはなく、丁寧なサポートが受けられます。

在籍しているエージェントは、国内大手企業の人事と繋がっているエージェントやベンチャー企業の役員候補の非公開求人を持っているエージェント、異業種・異職種の転職サポートが得意なエージェント、結婚・転職・復職を経験している女性のエージェントなどがおります。

まずは、自分が気になっている業界・職種に強みを持っていて、自分と同じような経歴の方の転職支援をしたことがありそうなエージェントを逆指名し、無料で転職に関する情報を収集しに行ってはいかがでしょうか。

まずはエージェントを見てみる

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのかわからない」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時1万件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1,000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職が初めての人でも、ていねいに業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約650名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウをもっています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験など、キャリアに自信がもてないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で担当の転職エージェントを選べる新サービス
  • 各エージェントの実績・経歴等を公開しているため安心
  • 20代~40代まで対応可能な豊富なラインナップ
  • 既卒・離職中の方もOK

運営者が独自の基準でエージェントを厳選。「強引に転職を促す」「実績がほぼない」などのエージェントとは契約していないため、安心です。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

関連記事

女性が転職で失敗しない髪型は?面接や写真の印象を良くするポイント

いざ、転職活動を始めると気になるのが髪型です。「この髪色は染めるべき?」「就活に相応しい髪型って何?」と不安になる人も少なくありません。大切な…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

女性の転職活動の服装は自由?好印象を与えて内定獲得率UPのコツ

オフィスカジュアルや私服OKと言われた転職イベント、本当にスーツでなくてもいいのだろうか?と悩むことがあると思います。面接会場で周囲の面接者の様子が気になり、パフォーマン…

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

転職は女性もスーツの着用必須?業界別の服装マナー|失敗しない面接

就職活動でも転職活動でもスーツの着用は必須という風習がありますが、その理由はご存知でしょうか?何事も根幹の理由を押さえれば、ケースバイケースで自分なりのアレンジや手を加えることができます。

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

女性の転職は履歴書で決まる?書き方から写真の髪型まで徹底解説

就職、転職活動で必要となる履歴書。転職者に適した履歴書のフォーマットの選び方に書き方、失敗しない証明写真の取り方、気になる疑問を女性転職者に寄り添いお答えしていきます。

  • 🕒
  • 2018.10.17更新

転職の面接で質問に上手く回答したい!必ず聞かれる質問20選!

転職活動で書類選考を通過するといよいよ面接です。「面接で何を聞かれるのだろう」「どう応えたら良い印象をアピールできるのか」と不安に思う人は少な…

  • 🕒
  • 2018.04.28更新

面接は受付から始まる?絶対に失敗しない転職のためのマナー講座

転職活動を始めるにあたって面接マナーに不安を覚える人は多いと思います。「面接のマナー、大丈夫かな?」「面接なんて、就職活動の時以来だ。マナーなんて覚…

  • 🕒
  • 2018.04.28更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト