中小企業の転職は難しい?転職エージェントに相談しないと成功しない?

中小企業で自分らしくやりがいを持って働きたい」と思っている方、または既に中小企業で働きながら他職種への転職をお考えの方必見!中小企業への転職について詳しく解説していきます。メリット・デメリットを含め中小企業の現状を事前に把握し、今後の転職を成功させましょう。

             
★厳選!おすすめ転職サイト・転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

目次

中小企業の特徴!どんな会社が多い?

中小企業の定義は、中小企業基本法第2条で以下のように定められており、その業種により資本金や出資額もしくは従業員数の規定が異なります。

  • 製造業、その他の場合:資本金3億円以下 または 従業者数300人以下
  • 卸売業の場合:資本金1億円以下 または 従業者数100人以下
  • 小売業の場合:資本金5千万円以下 または 従業者数50人以下
  • サービス業の場合:資本金5千万円以下 または 従業者数100人以下

上記にある通り、大企業に比べて中小企業は「規模が小さい」ということだけであって、ときに「安定していない」という声を聞くこともあるかもしれませんが、それは一概には言えません

なぜなら中小企業には規模の拡大は行わなくとも、創業以来何十年も黒字経営をしている企業や、大手企業の下請けとして製品を作り続け、それは世界でも通用する名品であるという場合も多々あります。これらの優良中小企業を含め、日本の会社全体の9割強は中小企業で占められています。

中小企業に転職したらいくらもらえる?年代別の給料と年収

中小企業への転職でその後の給料・年収はどのくらい見込めるのでしょうか。ここでは、20代から50代までの各年代別それぞれの給料・年収について詳しく見ていくことにしましょう。

また年齢に伴い求められる経験や能力、変化する仕事量や与えられる役職に業務の広がりなどを、実際のデータを元に確認していきます。

中小企業の20代がもらえる給料と年収

厚生労働省の調査によると、20代の中小企業で働く給与は以下のとおりです。

  • 男性:約233万円~277万円
  • 女性:約215万円~258万円

これは賞与を除いた額であり、企業の規模または前年度の実績に伴い支給額が左右されるため、年収となるとより変化がうかがえるでしょう。

少なくとも企業規模が大きくなれば賃金も上がるという仕組みは変わらないです。また近年、賃上げを行う中小企業は多く、その理由に「処遇改善による人材の定着化」や「人材確保(採用)」を挙げて深刻な人手不足を解消すべく賃上げを行なっている背景がうかがえます。

中小企業の30代がもらえる給料と年収

では次に、仕事量や能力を最も評価される30代の中小企業で働く給与をみてみましょう。

  • 男性:約306万円~362万円
  • 女性:約254万円~295万円

ここで、中小企業の場合は順調に業務を遂行し企業への貢献と実績を重ねていけば、係長や課長職などの役職が与えらることが考えられ、手当や賞与で年収に大きく差が出てきます

中小企業の40代から50代がもらえる給料と年収

大半が係長や課長、部長などの役職につく40代、または50代の中小企業で働く方の賃金は以下のとおりとなっています。

  • 40代男性:約372万円~449万円
  • 40代女性:約274万円~301万円
  • 50代男性:約400万円~479万円
  • 50大女性:約272万円~300万円

部長職の平均賞与が177万円というデータがあり、上記の数字に時間外や役職手当を加味しても年収1,000万円を超えることは中小企業の管理職クラスでも難しいかもしれません。また50代になると、早期退職や仕事量減少などで給与も減額する傾向にあります。

中小企業の転職は難しい?|年代別の転職事情

政府の「働き方改革」推進により自分らしい働き方を模索する傾向になりつつある昨今、中小企業への転職も注目が集められているのは事実です。

ここでは年代別の転職事情を詳しく見ていきましょう。それぞれの年代別シーンで変化し、求められる資質や経験を詳しく知ることで、新卒者は適わない中途採用者の強みを持って中小企業へ転職するカギを握っていきましょう。

20代の中小企業の転職事情

20代の中小企業への転職で有利になるのは、まず体力があり多少の無理が効くところにあります。大手企業に比べ採用する人数にも限りがある中小企業にとって、より若く柔軟性が高い対応力は未経験の業務や新規事業に対しても吸収が早いことが期待できます。

よって、企業は若い世代の人材を経験に関係なく必要としていることは間違いありません。また大手企業と異なる点としては、大手企業では管理職が行うような業務も、年齢が低くても若手に任せてくれるという可能性があることです。

ですから仕事ならなんでもいいという安易な考えは控え、その企業で自分はどのような仕事をしていきたいのか目標を明確にし、できるだけ興味が持てる業界を選ぶことも大切です。

30代の中小企業の転職事情

30代になると、中小企業への転職できるハードルは少し高くなることが予想されます。なぜなら、企業は30代の中途採用者に対し20代の若い力には足りない一通りのビジネスマナー、実務経験、各種スキルを要求するようになるからです。

採用後の現場での即戦力を期待するのは大手企業も同様です。そして、管理職業務のような重責を担う可能性もあるため、リーダーシップを取れる資質を問われることもあります。また30代も後半になれば、それらの条件が一層厳しくなることは言うまでもありません。

30代の中小企業への転職は、実務経験が豊富な業種を選ぶことや自分の得意な専門性の高い分野でチャレンジをするには問題ありませんが、即戦力になる見込みがない場合は極めて厳しいと考えてよいでしょう。

40代・50代の中小企業の転職事情

さて、40代・50代に中小企業への転職の扉は開いているのでしょうか。まず企業が40代・50代の転職希望者に求める理想像についてみてみましょう。

  • マネージメント能力が不可欠
  • 専門分野(営業、経理、財務など)での知識経験が豊富
  • 部署、部下を引っ張っていけるほどのコミュニケーション力に長けている

上記のように、業務への即戦力というよりは企業を動かす経営に関わることができる人材が求められているようです。

よってそれらの条件をクリアして、かつ新しい職場環境でゼロからスタートし馴染んでいくことができるようなバイタリティーを持ち合わせていれば、転職のハードルは下げることが可能です。しかし過去の実績やプライドにこだわり、転職先の選択を誤ると、残念な結果を招くことになりかねません。

中小企業からの転職の時にも役立つ経験と転職を決める理由

さて、中小企業で働くにあたり自分にプラスとなるメリット、逆に目を背けられないデメリットをここでご紹介します。

あなたが将来何を見据えて転職をしたいのか、本当に転職をするべきかどうかを考える機会を持ちましょう。ぜひ転職した自分をイメージし、起こりうる事例、経験を想像し転職をより身近に感じてみると良いでしょう。

中小企業で働くメリット|中小企業の経験が次の転職に役立つ

中小企業で働くメリットとしてその多くを占めるのが、中小規模がゆえに、与えられる仕事が多岐にわたり、また幅も広いことです。

よって早くから様々な分野の仕事に携わることで、キャリアを積むことが可能です。また、上層部との距離が近いため自分の提案を聞き入れてくれるチャンスも期待できます。

大手企業に比べ社員数が少ない分、アットホームにすら感じられる職場環境では、事業やプロジェクトが成功した際は会社を上げてその功績が評価されることがあります。

また働きやすさでは、各企業で定められる休暇や労働条件の規定により、自分にあった働き方が出来る場合もあるため、満足度が高いと挙げられることも多数あります。

現在、大手企業や中小企業にかかわらず中途採用者に求められるスキルは、優秀な人材というよりはその企業の経営方針に賛同し、入社後どのような場面で大きな力を発揮できる人材なのかということに重きを置く傾向にあります。

転職を考える際に、自身がこれまでに中小企業で培った経験やスキルを即戦力としてアピールすることが出来るのも魅力のひとつです。

中小企業で働くデメリット|転職を決める理由

一方、中小企業で働くことで仕事へのやりがいを感じる人が多い反面、手にする給与・報酬にはなかなか満足いかないことがデメリットとして挙げられます。

一般的に大手企業に比べると賃金は下回っており、ボーナスや昇給に関してはその会社の都度の業績によって左右される場合が多いため、安定しているとは言い難いのが現状です。

また、大企業で働くことのメリッとして上位にある充実した福利厚生については、中小企業でも積極的に取り入れている企業もありますが、まだ途上の域であり、より多くの手当を受けられる仕組みが整っている企業は少ないようです。

さらに人間関係においては、小さいがゆえ社内の雰囲気は大切にしたいものです。人数が限られる環境のため配置転換が難しいこともあり、万が一上司や同僚に恵まれなかった場合そのストレスは毎日の負担になることは容易に想像できます。

そして働きやすさを求める場合、業務量に対する労働力不足が起因で超過労働や休日出勤などが頻発、労働環境のバランスの崩れが企業への不満につながる可能性が高く、他企業・他職種への転職を考える原因となるのでしょう。

中小企業の転職を考える人のおすすめ転職エージェント

以上、主に年代に沿った転職事情を紹介してきましたが、実際に転職活動を始める前に以下にある転職エージェントを利用して転職までのステップを踏むのが効果的といえます。各社それぞれに特徴がありますので、自分に合ったエージェントを見つけてみてください。

リクルートエージェント

リクルートグループの「株式会社リクルートキャリア」という会社が運営しているサービスです。創業40年を越える業界大手のリクルートグループの強みを活かし、求人数の多さを誇っています。

また、長きにわたる転職実績から手厚いサポートを期待できると好評です。たとえば、応募書類の添削や面接対策で選考通過率をアップを図ったり、退職手続きをアドバイスするなど不安要素を取り除くサポートは心強いでしょう。

転職業界最大手!約90%が非公開求人のリクルートエージェント

全年代 実績
求人エリア 求人件数

全年代対応の人材業界最大の求人数を誇る、大手人材紹介会社です。リクルートエージェントでは、定期的にキャリアアドバイザーに対して研修や勉強会を実施していて、エージェントの質も高いのが特徴です。

リクルートエージェントで求人を探す

doda

業界最大手の「パーソルキャリアグループ」が運営するエージェントで、顧客満足度の高いサービスが特徴です。

全年代へのサポートも充実していますが、特に転職初心者や20代の第二新卒者へのサポートでは定評があります。逆に、キャリア志向の人に向けた転職セミナーや求人も多く取り扱っているので心強いでしょう。

また、業界最大級の転職フェアが定期的に開催されています。一度に複数の会社説明会を受けることができ、転職ビギナーや転職を機に都会で働きたいと考える人には朗報です。

業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1!doda

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

大手企業から優良中小企業まで他では手に入らないdoda限定非公開求人多数!人事担当者、現場の責任者との強いリレーションで好条件の非公開求人数は業界最大数で転職満足度が高い。転職を考えている人はまず登録しておくべき。

dodaで求人を探す

マイナビエージェント

株式会社マイナビが運営している転職エージェントサービスです。株式会社マイナビ求人や人材紹介支援する業界の大手企業です。

グループ内で、若年層や第二新卒者に向けたコンテンツが充実していることから、若年層の転職実績が高いと評価を受けています。

また、サポートする期間に制限がないため、長期戦に突入しても焦らずに支援を受けながら転職活動を続けることができます。

20代・第二新卒転職の強い味方!マイナビエージェント

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。

マイナビエージェントで求人を探す

ビズリーチ

「ハイクラス転職サイト」と銘打つ、国内外の優良企業またはヘッドハンターからスカウトが届く転職サービスです。

特徴は、他の転職サービスにない「有料サービス制」にもかかわらず、利用者数は年々増加しています。年収750万円以上の求職者・求人をメインターゲットとしているため、求人側には掲載前にビズリーチによる年収、ポジション、仕事内容などの各項目において審査が行われます。その高水準を保ったサービスには定評があります。

年収600万以上の支持率NO.1 BIZREACH

 
エグゼクティブ 転職サポート
年収アップ スカウト

国内最大級のエグゼクティブやハイクラス求人に特化した転職サイト。管理職やグローバル求人も多く、スカウトやヘッドハンティング転職が可能!

ビズリーチで求人を探す

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのか分からない。」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

カテゴリー内記事一覧

中小企業の転職は難しい?転職エージェントに相談しないと成功しな…

「中小企業で自分らしくやりがいを持って働きたい」と思っている方、または既に中小企業で働きながら他職種への転職をお考えの方必見!中小企業への転職について詳しく解説していき…

ベンチャー企業とは...?転職のメリットと不向きな人の特徴を徹底解説

「自分の能力をもっと試したい!」「今より活躍できる場があるかもしれない…」と思ったら、ベンチャー企業やスタートアップ企業への転職を考えるタイミ…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクルートエージェント

    求人数が転職業界でナンバーワン!

    • 非公開求人数100,000件以上
    • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
    • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
    • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

最新記事