フリーターから就職は難しい?成功のために必要な準備とおすすめ職種

フリーターから正社員になりたい男女

なんとなく学生の延長線上でフリーター生活に落ち着いた人、何か理由があってフリーターを選んだ人など、状況はさまざまでしょう。

しかし、フリーターとして働き続けることに不安や不満を感じてはいませんか?

転職活動でアピールできる職歴がないなど、正社員への就職に積極的になれなかった方も、この記事を読んで、自分自身の背中を押してみてくださいね。

             
★厳選!おすすめ転職エージェントランキング★
転職エージェント名特徴 求人を探す
DYM就職

最短1週間で入社も可能!

詳細

JAIC

入社後定着率94.3%!!

詳細

ハタラクティブ

未経験からの就職に強い!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

目次

フリーターは就職できない?

採用面接を受ける男性

気づけばフリーター歴数年・・」「高卒で学歴に自信がない」「資格もない」など自分を過小評価してしまい「就職なんてできるわけがない」と思い込んではいませんか?

確かに、専門学校や大学卒業後すぐの新卒者採用の方が有利な面もありますが、フリーターを積極的に採用したいと考えている企業もたくさんあります。

フリーターの就職活動は難しいという考えに縛られすぎて積極的に就職活動を行えなくなっているのは、とてももったいないことです。

これまでの生き方を否定されると思うと、怖い」と不安になるかもしれませんが、転職コンサルタントなどのサポートを上手く活用することで、一人で孤独に戦う必要はありません。フリーターから脱する方法は必ずあります。

周りの反応が変わるだけじゃない!フリーター就職で変わること

周囲の励ましを受ける男性
  • 自由に時間を使いたい
  • 気楽に仕事をしたい
  • 生活費さえ稼げればいい

などフリーター生活に満足している方もいらっしゃると思います。確かにフリーターであることのメリットもあるでしょう。

しかし長い目で人生設計を考えた際には、フリーターを続けることのデメリットの方が大きくなってしまうというのが現実です。例えば、

  • ローンの審査が通りにくい
  • 結婚に反対されやすい
  • クレジットカードを作りにくい
  • 世間体が悪い

など、社会的信用度の低さはフリーターであることの最大のデメリットといえるかもしれません。フリーターを辞め就職することで、親や友人からの評価も見違えるほどによくなるでしょう。

もちろん正社員採用となれば、拘束時間や期待値・責任の増加など、仕事をする上で大変な部分も出てきます。

ただし、何が起こるかわからない人生の中では、正社員の「安定性」は非常に魅力的です。「収入」「福利厚生や社会保険」「年金」など、今は困っていなくても、ライフステージや自分を取り巻く環境の変化とともに、必要となってくる時がいつかやってきます。

正社員に就職さえしておけば、と後悔することのないように、早いうちに正社員になることが大切だといえます。

フリーターの就職は早い方が良い!人材不足の今がチャンス!

就職するか悩んでいる男女

団塊世代の退職などで人材不足が起きている現在は、他の人材よりも採用し易いという理由から、積極的にフリーターを採用している事例もあります。特に、新卒者や中途社員の採用に課題を抱えた企業ではその傾向が顕著です。

では、会社側はどのような点を重視してフリーター採用をしているのでしょうか?ポイントとしては、

  • ただ漫然とフリーターをしていたのではないこと
  • 前職がある場合には離職した理由をきちんと話せること

が挙げられます。例えば、前の会社がブラック企業だったとしても、一方的に非難する姿勢よりは「前職では○○が納得できなかったが、自分自身も△△すれば改善できたと思う」と言える人は、客観的な見方や自己反省ができていると採用担当者にプラスに受け取ってもらえます。

また、フリーターの期間が長くなるほど「なぜフリーターでいたのか?」「なぜ仕事を変えてきたのか?」を面接官に自分の言葉でしっかりと伝える必要があります。

正社員として就職するために、フリーター生活に早い段階で区切りをつけ、万全の態勢でチャレンジすると良いでしょう。

フリーターが就職しやすいおすすめ職種

正社員として働く男女

正社員になりたいと考えていても、「未経験だしこの年齢では難しいのでは」と半ば諦めている人もいると思います。

しかし、未経験のフリーターであっても正社員として活躍することをあきらめる必要はありません。ここでは、フリーターから正社員を目指しやすいおすすめの仕事について説明しますので、ぜひ就活の参考にしてください。

まずは、成長中の業界や高齢化が進む業界がおすすめです。例えば、介護職のように新しい人材への需要が高まっている業界では、人材育成から始めるという気持ちが強く、未経験者を積極的に募集する傾向や資格取得を支援する傾向があります。

その他、事務職のようにルーティンワークがメインの職種や営業職・販売職や飲食店スタッフのように特別な知識や資格が必要ない職種もチャレンジしやすい分野といえます。経験はなくともコツコツと確実に仕事をしてくれる人材が求められることもあるのです。

なお、フリーター期間中の職種経験・業界経験も振り返る必要はあります。例えば、エンジニア職(IT系エンジニア職も含む)などでは、応募者がフリーター期間中に身につけたスキルに価値を見出してくれる企業も多く存在することでしょう。

フリータが就職したらもらえる給料・年収

ボーナスにあこがれるフリーター

ここでは、フリーターの収入例から見ていきましょう。例えば、時給1200円で、1日7時間労働で月に20日働いた場合について計算してみます。

  • 日給8,400円
  • 月収16万8,000円
  • 年収201万6,000円

実際に、厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」 のデータによると、正規雇用以外の雇用形態の人の平均月収は約20万円、年収換算すると約240万円前後となります。

一方、正社員の平均年収は約400万円(月給+賞与などを含む合計の給与額)ですので、フリーターの年収は就職した人の半分程度とかなり低いことがわかります。

時給1,200円というのはアルバイトとしては高水準であるにもかかわらず、年収を比較すると正社員には遠く及ばないのが現状なのです。

では、フリーターの人が給料を増やすにはどうすれば良いのでしょうか。単純考えて、仕事の時間を増やして週末も休みなく働くなどすれば、手に入る額は増えます。

ただし、このような働き方では、フリーターのメリットである自由度の高さも失われてしまいます。正社員と同じくフルタイムで働くならば、ボーナスや有給休暇など福利厚生の整った正社員の方がメリットが多くなるといえるでしょう。

フリーターから就職した人の就職体験談!

転職の相談をする男女

フリーターからの就職に成功した人の体験談というのは、キャリアチェンジに役立つ情報が盛り沢山です。自分の就職にも活かすことができますし、成功例を目にすることで、就職へと踏み出すきっかけにしていただけたら幸いです。

兵庫県在住 男性
29歳で物流業へ就職

なぜフリーターから就職しようと思ったのでしょうか?

フリーターでは給料も上がっても微々たるものですし、福利厚生を始めボーナスもないので、後数十年働く上でより良い生活を送る為に就職を考えました。

もちろん、フリーター期間のバイトが悪いわけではなく、正社員と考えると時間も自由に使えますが、給料はなかなか上がらないです。

なので、正社員になって、自分自身責任のある仕事にチャレンジして、自分を成長させたい思いや、新しい事をやってみたいと思ったのもキッカケの一つです。

フリーターから就職する際に大変だったことは何ですか?

まずフリーター期間が長い事もあり、新しく仕事を探す上でフリーターと正社員との違いを見つける事に苦労しました

正社員の仕事であれば、もちろん休みが減ったり休みが固定される事が多いんだなぁと思いました。

正社員募集だと月給で書かれている事がほとんどで、ここから福利厚生の分を引かれたりして給料がかなり減ってしまうんじゃないかと思う事もあり、全てにおいて下調べするのが大変でした。

フリーターから就職をしてみて、どのような変化がありましたか?

フリーターから就職した時には責任感が強くなり、何事にもミスが無いよう気配りする事が増えました。また、仕事を覚えようとする意欲もフリーター時代と違い強くなった気がします。

フリーター時代は同じ場所で働いている年上の方からにも、「早く就職しないと仕事減って行くよ」と言われていました。

就職をする事でアルバイトを辞める時には皆寂しいけど、安定した場所で働ける環境になるから、めでたい事だと言ってくれました。

就職するだけでこれだけ周りの人が祝ってくれるのに変な感じだなぁと思いましたが、それだけ就職する事は大変なんだなぁと思いました。

東京都在住 女性
27歳でインターネットのECサイトの事務職へ就職

なぜフリーターから就職しようと思ったのでしょうか?

収入が安定していない事や決まった休みなどがなく不定期だったり、12連勤などが続けてある事が多く体がもたないと思いました。

また、ボーナスもなく、給料も上がる訳でもなかったですし、この年齢でフリーターはまずいと思いはじめたので転職しようと思いました。

フリーターから就職する際に大変だったことは何ですか?

フリーターから転職するにあたり、面接ではフリーター時代の仕事内容や、どうしてフリーターを続けていたのか、など細かく聞かれました。

働いている職場でフリーターから正社員にならなかった理由なども聞かれましたが、シフトの事や休みがない事を伝えると大丈夫でした。

しっかりとした理由を言えるかが面接では鍵になりますし、何を聞かれてもしっかり答えられないといけないなと感じましたね。堂々として笑顔を忘れない事が大切だな。とも思いました。

フリーターから就職をしてみて、どのような変化がありましたか?

フリーターから転職をしてみて、フリーターの方が責任もないですし楽かなとは思います。正社員になると、自分の立場や相手の立場も考えて仕事をしないといけないので大変です。

ただ、やりがいがあるのでそこは割り切って仕事をこなしていこうと思いました。

周りからは、「どうして転職しようとしたの?」と聞かれたりしましたが、転職して安定して良かったねと多く言われましたね。

周りは転職して正社員の方が良いと言っていましたし、何かあった時はフリーターと正社員は対応が違うよと言われたので周りの反応はとても良かったですね。

安定と正社員は重要だと実感しました。

フリーターが就職するのに必要な準備

就職活動の進め方に悩む男女

いざフリーターから就職したいと思っても、本当に正社員になれるのか不安に感じる方も多いと思います。そこで、就職までの手順を解説します。全体的な流れを押さえておくことで、就職先をスムーズに見つけることができるでしょう。

就活の準備
まずは企業研究など情報収集です。自己分析も同時に行い、就活の方向性や将来設計など具体的なイメージを固めていきます。
応募先の選定
思考が偏らないように注意しつつ、希望やフリーター採用への寛容度を考慮して応募先を決めます。
応募(書類選考)
アピールポイント、志望動機を明確にし、応募書類に盛り込みます。
面接
面接は苦手という人が多いように、面接では誰しも緊張するものです。自分の言葉で説明できるように準備しましょう。
内定から入社へ
必要な書類の準備や、保険の切り替え、仕事の引き継ぎなど入社日まで気を抜かずに対応します。

新卒の就職活動では流れに乗っていけばいいという感じもありますが、フリーターからの就職は目的意識を持って自分で流れを作る必要があり、積極性が求められます

情報収集から実際の選考段階に至るまで、自分から動くことを心掛け、就活を進めていってくださいね。

フリーター就職で損しない方法

採用が決まった男性

就職できればどこの会社でもいい」「採用されづらいところに挑戦する気はない」という後ろ向きな気持ちでは、就職したのに条件や仕事内容に不満が残る可能性も考えられます。

「長続きする仕事がいい」「好きなことを生かしたい」など、自己分析を怠らず、幸せな就職を掴み取ってください。

転職エージェントなら就職支援も完璧

エージェントを頼りにする男女

いざ正社員として就職しようと思っても「何から始めたらよいのかわからない」など不安に思われる方も多いと思います。

そこでおすすめしたいのが「就職支援」の活用です。就職支援には様々な形があり、ハローワークなどでも提供されていますが、今回おすすめするのは転職エージェントが無料で実施している就職支援です。

転職エージェントでは、転職情報の提供や求人情報の検索の他にも、就職活動の悩み相談や履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策、企業との交渉、就職後のフォローなど、就活アドバイザーが丁寧に就職をサポートしてくれるため、大変心強い存在となるでしょう。

最近は、フリーターや既卒者に特化した転職エージェントも存在しています。その他、ハタラクティブ、JAIC、DYMなどの大手サイトは、フリーターから正社員への転職の際にも利用可能です。就職支援サイトは、フリーターからの就職を有利に進めるために不可欠と言えるでしょう。

履歴書や面接対策もサポートしてくれる!

転職エージェントでは、人材紹介だけではなく、求職者のサポートサービスも積極的に行っています。

中でも履歴書や職務経歴書といった企業への応募書類の添削や面接対策を得意としています。求職者のアピールポイントについてアドバイスを受けることも可能です。

なぜなら転職エージェントでは、多くの転職希望者のサポートを行ってきた実績があるため、就活者個人では手に入れにくい、書類選考で印象を残しやすい応募書類や企業受けのいい面接といったノウハウを有しているのです。

自分なりにベストを尽くした応募書類や面接に対して結果が伴わないと、不安に感じることと思います。そんなときには転職エージェントを最大限に活用しましょう。

自分では気付くことのできない観点からアドバイスを受けることができ、利用者が入社するまで手厚いサポートをしてくれます

転職エージェントを上手く活用することが、フリーターからの転職を成功させる近道だといえるでしょう。

フリーターから正社員就職に!おすすめ転職サイト一覧

フリーターだから、転職サイトは使えないでしょ?

正社員就職を考えているフリーターの方の中には、このように思っている方も多いのではないでしょうか?しかし、安心してください!

フリーターの方の求人紹介や就職支援など、正社員への就職サポートに強い転職サイトがあります。

DYM就職
  • フリーター・ニートも登録OK!
  • 既卒・第二新卒も歓迎
  • 学歴や職歴も不問

相談からの就職率が96%と高く、最短1週間で入社も可能なスピード感も魅力!
公式サイトはこちら

JAIC
  • すべて正社員求人
  • 『就職講座×面接会』を全国各地で実施中!
  • 厚生労働省認定の職業紹介優良事業者だから安心

取材をして求人を集めているから信頼性も高く、就職後の定着率は94.3%
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

リクナビNEXT
  • 誰でも登録可能!
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

転職成功者の8割が使う王道サイト。ホワイトな優良求人を探すならこのサイト。
公式サイトはこちら

ウズキャリ
  • ブラック企業排除で定着率93%
  • 就活サポート完備で就職成功率も高い!
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 初回は2時間以上のキャリアカウンセリングあり!

カウンセリングをもとにあなたの魅力がしっかり伝わる推薦状の作成をします!
書類選考通過率も87%!何から始めればいいかわからないフリーターの方におすすめ。
公式サイトはこちら

HOP!
HOP!-関わるヒトすべてをポジティブに-
さまざまな業界で「今の仕事に悩む人」がより自分らしく働くためのサポートをするメディアです。
詳しくはこちら

カテゴリー内記事一覧

フリーターにおすすめの就職支援とは?利用すべきサービスを4つ紹介

「フリーターから脱却したいけど何から始めたらいいかわからない」「就職支援って何をしてくれるの?」そんな不安を抱えていませんか? この記…

  • 🕒
  • 2018.12.12更新

フリーター就職面接の質問と回答のコツ!失敗しない面接の服装は?

フリーターから正社員になりたいけれど、「正社員の経験がないので、面接で何を話せばいいかわからない」「新卒の時に一度失敗しているので、面接が怖い…

  • 🕒
  • 2019.02.21更新

フリーター向け就職サイトおすすめ7選!未経験から正社員になるコツ

「そろそろ就職しなければ!でも、どこで就職先を見つければいいの?」「確実に正社員になるにはどうすればいいの?」など、就職情報を集めるための就職…

  • 🕒
  • 2019.05.16更新

高卒フリーターから正社員就職できる?プロが語る就活とおすすめ求人

  • 🕒
  • 2019.01.18更新

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

最新記事

人気転職サイト