40代、50代の転職|年齢は関係ない?転職成功率を倍増させる方法

この会社の将来が不安・・」「自分の能力が発揮される職場に転職したい!」など、40代~50代ならではの悩みを抱える方は多いと思います。

しかし、40代、50代で転職に成功する人をみると、人脈などのスカウトで転職が決まっているパターンが多く見られます。

そんな厳しい転職にも関わらず、それでも転職に挑戦したい40代、50代の転職志望の方向けに「40代、50代の転職理由」と「転職必勝方法」についてお教えします!

悩みを解決し、キャリアに自信がない人でも成功に導く、転職必勝ガイドです!

                
★おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

リクナビNEXT(リクルート)

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

JACリクルートメント

【30代・40代】
年収600万円以上の方!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

目次

40代、50代の転職理由には2つのタイプがある!?

50代 男性

それまで勤めていた会社における所属部署の人員体制や運営の仕方に不安を持ち、転職を決意しました。 転職エージェントから、職務経歴の作り方や、面接の受け答えなどについて、丁寧に指導いただいたことは、大変役に立ちました。

40代 女性

キャリアアップを図るため、資格試験に合格する必要がありました。失業保険を利用し、資格取得をしてから、それまでの職種のさらに上級にあたる仕事の求人を希望し、狙いを定めて打つような方法で、転職活動をして、見つかりました。

40代50代の転職理由

体験談、口コミサイトや経済産業省のデータをみていると、40~50代の転職動機には大きく分けて以下の2種類があることが分かりました。

  • 会社、職場への不安・不満ケース
  • キャリアアップケース

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

不安・不満での転職のケース

経済産業省が行った調査によると、40代~50代の約30%が職場や会社への不安や不満がきっかけで転職することが分かりました。

しかし、不安・不満といってもいくつかの種類があります。

一体どのようなことがきっかけで転職を決意するのか年代別に見ていきましょう。

40代 50代
1位 会社の将来が不安 給料が少ない
2位 給料が少ない 人間関係
3位 人間関係 労働環境(休日日数など)
4位 労働環境(休日日数など) 自分に合わない
5位 自分に合わない 会社の将来が不安

引用:【厚生労働省省】自己都合による転職理由(平成27年)

どちらの年代でも順位が高かったのが、「給料」と「人間関係」です。

給料を理由に転職する人は、自分の現状のスキルに見合った給料を得られていないと感じていたり、さらに高い年収を求めて転職をする人など種類は様々です。

能力・実績が正当評価されなかった」ことを理由に転職した人の割合は年代別に見て、45~49歳が一番高いようです。

また、職場の同僚との人間関係が原因で、新しい職場を求める人も多くいます。

そして、40代で1位となったのが「会社の将来への不安」です。

50代になると、年齢的に会社の将来への関心は薄れてきますが、やはり40代であればまだまだ自分の会社の方針は気になります。

具体的には、「20代の頃は何も不安はなかったけど、最近になって会社の方針が大幅に変わって、転職を意識するようになった」という方などです。

キャリアアップ目的での転職のケース

40代、50代の転職理由の約7割がキャリアアップ目的で転職しています。

年齢的には50代よりも、40代の割合の方が多いですが、今の会社もしくは地位よりも上を目指して正社員転職を志す方が多いです。

キャリアアップを目指すのであれば、確かに40代~50代は正社員かつハイクラス案件を紹介してもらえるベストな時期です。

キャリアアップのために転職した人の転職理由をさらに細かく見てみましょう。

キャリアアップ転職の理由

引用:【経済産業省】能動的転職者の転職理由(平成27年)

キャリアアップを目指した転職をした方は自分の「能力や経験を活かしたかった」人や「より良い労働条件で働きたかった」人などが上位を占めました。

しかし、これから転職をしようとしている方の中には、キャリアアップしたいけど、出来るか不安だという方もいるのではないでしょうか?

そのような方のために、キャリアアップ判別表を用意しました。

男性平均年収 女性平均年収 企業が40代、50代に求めるスキル
40~44歳 563万円 302万円
  • マネジメント経験
  • 成長意欲
  • 落ち着き
50~54歳 661万円 296万円 上記に加えて、困難打開力

企業が求めるスキルを満たしていて・・

    

      自分の年収≦平均年収

ならばキャリアアップの可能性は非常に高いです。

しかし、もちろんこれは簡単な表です。

企業が40代~50代に求めるスキルを満たしているならば、現状年収が平均年収よりも高くても今より充実した、ハイレベルな職場で正社員として働くことは可能です。

40代~50代の転職失敗は年齢が原因じゃない?見逃しがちな原因

「40代~50代で転職に失敗した」と聞くと、失敗原因として年齢に目が行きがちです。

しかし多くの場合、転職に失敗する人は年齢とは関係のないことが原因で失敗しています。

具体的にどのような要因で失敗する傾向があるのか見ていきましょう。

それまでの実績に縛られすぎている

実績があるハイキャリア層の方が特に当てはまるのがこの項目です。

転職の際に、それまで培ってきたキャリアをアピールすることは大切です。

しかし、全てを積み込み過ぎてアピールしてしまうと、志望先企業が求める人材とのズレが起きてしまいます。

また、高いプライドが邪魔して、自分の市場価値を理解できずに自分に合った企業が見つからずに、結果的に転職に失敗するケースも多発しています。

企業が求める人材を把握できていない

転職活動では、自分自身を理解するだけではなく、志望先企業についての調査をして理解をすることも、転職を成功させるために必須です。

ところが失敗する人の典型例として、面接や職務経歴書などで自分がいかにその企業に合っているかに腐心しすぎる傾向があります。

企業が求める正社員として働くスキルや人材像が分からずに、失敗してしまうのです。

転職で大事なことは、志望先企業にとって自分を雇用することによってどのようなメリットが生まれるかを伝えることです。

自分の長所を伝えれば、採用担当者側からもどのような点を評価すればいいのかがクリアになります。

また、あなたを雇用するメリットが企業側にクリアに伝われば、当然、内定率も上がるでしょう。

そのためには、転職エージェントや企業サイト、口コミサイトを活用するのがおすすめです。

幅広いツールを併用すれば、志望先企業の裏側まで知ることが出来ます。

自分の長所を転職のプロに教えてほしい方はこちらから

40代~50代で転職に成功する人に共通する3つのメソッド?

ここでは転職に失敗する人が陥りがちな特徴を踏まえて、転職に成功する人が共通して行っていることを見ていきましょう。

自己分析をすれば内定率が上がる

転職の際に自己分析を行う目的は、自分の正しい市場価値を理解することです。

自分の市場価値を過大評価してしまうと、転職できると思っていた企業への転職に失敗する可能性が高くなります。

逆に市場価値を過小評価してしまうと、自分の適性価値に見合わない企業への転職には成功する可能性は高くなりますが、キャリアアップは望めないでしょう。

つまり、自分に見合った市場価値を知るということは、転職内定率を上げるためには欠かせないことなのです。

転職理由を整理すれば自分の強みが明確になる

40代、50代で転職に成功する人は、転職を考える際に、自分が転職をしようと思った理由を明確にします。

当たり前ですが、退職理由が曖昧で、「前職が不満での転職です」などと伝えてしまうと、採用担当者にネガティブな印象を持たれて転職に失敗するでしょう。

しかし、理由を明確にして、具体性を持たせることが出来れば、自分理解への理解も深まり、選択を間違えないでしょう。

また、面接で企業側にも仕事へのこだわりや仕事の姿勢を伝えることが出来ます

志望先企業の社風を調べればミスマッチが減る

3つ目としては「社風を調べる」ことが挙げられます。

大切なのは、転職に成功することをゴールと考えるのではなく、転職後に自分がどのような職場で働きたいのかというイメージを持つということです。

社風が自分に合わない企業だと、せっかく転職に成功しても、最悪の場合はすぐにまた転職を考えることになります。

具体的には、企業サイトや口コミサイトで、志望先企業の経営陣の方針や、社員のモチベーションになっているものなどを調査することです。

そうすれば、自分がその会社でどのように働いているかの未来のイメージが湧くはずです。

自分に合った転職方法を一緒に考えてもらいたい方はこちらへ!

40代、50代の転職は未経験職種がおすすめ|必要とされている職種って?

20~34歳の異業種転職割合45~60歳の異業種転職割合

一般的に、ある程度のキャリアを積んだ40~50代になってからの異業種への転職できる可能性は低いと言われています。

しかし、経済産業省のデータによると、45歳~60歳であっても44.4%の人が異業種への転職を成功させています。

異業種転職の割合は20歳~34歳と比べてもそこまで差はありません

40代、50代になってからの異業種への転職を諦めていた人にとっては朗報と言えるのではないでしょうか。

しかし、同業種と比較すると、異業種への転職が難しいことは確かです。

そこでおすすめしたいのが、資格の取得です。資格を持っていれば、異業種への正社員転職の可能性は飛躍的に高まります。

そこで、男性と女性別におすすめの人気資格をご紹介します。

受験費用 合格率 転職可能職種
医療事務管理士 6700円 50% 病院、診療所
介護職員初任者研修 約5万円 ほぼ100% 介護施設
CAD利用技術者試験 約6000円 約50% 建築、アパレル、機械メーカー
インテリアコーディネーター 約1.5万円 約50% 不動産関連会社、設計事務所
アロマセラピスト 約2万円 ほぼ100% マッサージ店、アロマグッズ店
通訳案内士 11700円 約20% 通訳派遣会社
ファイナンシャルプランナー2級 4500円 約35% 保険会社
保育士 約1万3千円 15% 保育園、幼稚園

仕事内容

  • 医療事務管理士:診療や検査内容、投薬などを保険点数に換算して、 診療報酬明細書を作る医療事務担当者
  • 介護職員初任者研修:数多くある介護資格のうちのスタート資格
  • CAD利用技術者:建築、土木、機械、電機業界、アパレルなどでの設計や製図業務を行う
  • インテリアコーディネーター:客の理想の住まいをヒアリングして、その住まいに適した家具やカーテンなどの商品を選択する
  • アロマセラピスト:アロマセラピー治療を一般の方に施す
  • 通訳案内士:日本を訪れる外国人観光客に日本の観光地や文化を案内したり、旅行中のサポートをする
  • ファイナンシャルプランナー:客の目標をかなえるために資金計画を立て、経済的な側面から実現をサポートする
  • 医療事務管理士:診療や検査内容、投薬などを保険点数に換算して、 診療報酬明細書を作る医療事務担当者
  • 保育士:乳児から小学校就学前の子供を保育する

昔と違って、女性の方が、取得できる資格、転職できる職種は多いです。

近年は、働き方改革の一環として女性の雇用が増える傾向にあります。

その影響で女性が多い職種はもとより、男性の職場と言われるような職種にも女性が資格を取って職に就く機会は増えているのです。

40代~50代転職のまとめ

40代から50代の方の転職となると若いころに比べると、不安が大きいことは仕方がないことです。

しかし、自己分析をするとともに、志望企業についての調査をしっかりと行う事さえできれば転職は可能です。

資格を取るなど、未経験職種であっても自分に合った転職方法を選ぶことができれば、転職先企業はあなたにとって理想的な職場になるでしょう。

40代~50代の転職なら転職エージェントがおすすめ!

40代 女性

エージェントを利用して転職活動を行った。エージェントがいくつかこちらの条件に合う転職先を紹介してくださり、職務経歴書などの作成のサポートもしてくださったため、すぐに転職先が決まった。

40~50代で転職に失敗する人、成功する人の特徴を考慮して転職活動したいけど、今の会社での仕事が忙しくて転職活動ができない方がほとんどかと思います。

また中には、「自分をアピールするのが苦手だ」という人もいるでしょう。

そこで紹介したいのが、転職エージェントです。転職エージェントと転職サイトの違いは以下の通りです。

【転職サイトと転職エージェントの主な違い】

- 転職サイト 転職エージェント
求人数
担当者
書類の添削
面接対策
条件交渉

上記の項目についてまとめると以下のようになります。

転職エージェントの仕事内容

  • 自己分析と志望動機の作成のお手伝い
  • 企業情報の調査
  • 面接対策や履歴書の書き方のアドバイス
  • 企業との面接日程や年収についての交渉
  • 転職サイトには載らない非公開求人も紹介

転職エージェントならば、これらの仕事を全て無料でやってくれます

40~50代という年齢を考えると、転職に失敗した場合にリスクが大きいため、こうした転職成功率を少しでも上げてくれるサービスはありがたい存在です。

転職エージェントは企業との結びつきが強いため、自力で応募するよりも、転職エージェント利用の方が成功する確率は必ず高いです。

そしてあまり知られていないのが、転職エージェントは成功報酬だということです。

これは言いかえると、利用者が担当に転職への熱意を見せれば見せるほど、条件の良い求人を紹介されるなど、担当からの扱いがよくなります

なぜなら、転職してくれる確率が高い人ほど、エージェントが報酬を企業からもらえる確率も高くなるからです。

これらのことを考えると、転職活動において転職エージェントを利用しない理由はありません。

サービスの種類や強みのある業界などはエージェント会社ごとに違うのでここではそのうちの40~50代におすすめの転職エージェントを厳選しました

すべての転職を考える40代~50代におすすめのエージェント

ここで紹介するエージェント会社は、基本的にすべての転職を考える40~50代におすすめしたい会社です。

キャリアアップを考える方も、ここで紹介するエージェントと併用して利用するといいでしょう。 

 

リクルートエージェント

 

リクルートエージェントは言わずと知れた、大手転職エージェント会社です。

そのため、扱う業界や業種の幅も広く、自分に合った会社を探してくれる可能性は非常に高いです。

どこの転職エージェントを利用するのか迷っている方ならば、まず最初に利用するべき転職エージェントです。

年収700万円以上になると通常とは異なる、ハイクラス担当が付いてくれ、高収入案件も紹介してくれます

また、転職活動においての使い勝手がよく、企業先への応募までが非常にスムーズです。

まずは幅広い求人を見ておきたい方!

リクルートエージェントのココが凄い!

  • 求人の量が業界1位
  • 大手だから情報量が多い
  • 応募までの流れがスムーズ

スプリング(アデコ)

 

知名度は低いですが、スプリングもおすすめしたいエージェントの一つです。

スプリングの特徴としてまず挙げられのが、一人の担当が企業担当と求職者担当を両方とも行っていることです。

一人がどちらも行うことでスプリングの利用者に合った求人情報を探し出し、自分に合った社風を紹介してくれます。

これは企業と求職者ごとに担当を分けている大手にはない強みと言えるでしょう。

他のエージェント会社と比べると、担当との距離感が近いことも大きなメリットです。

なぜなら転職エージェントが利用者に親身になって相談にのってくれないことは致命的だからです。

転職エージェントを積極的に活用したい人からすると、最適な転職エージェントです。

また、どんなステータスの方でも利用できるため、利用のハードルは非常に低いです。

キャリアに自信がない方はスプリングに相談

スプリングのココが凄い!

  • 担当との距離感が近い
  • 誰でも利用可能
  • 企業とのミスマッチが少ない

キャリアアップ目的の転職志望の方におすすめ

ここでは年収も含めて、今よりも上の会社や役職に就きたい方におすすめの転職エージェントを紹介します

ビズリーチ

 

ビズリーチはハイキャリアの方向けの転職エージェントです。特徴的なのが、業界初の有料サービスを導入したことです。

有料であることに引け目を感じる方は多いと思いますが、もちろんその分、他のエージェント会社よりもサービスは充実しています。

今の年収が650万円以上で、職務経歴書をしっかりと書いている方ならば、面談を前提としたスカウトが必ず来ます

有名なサービスとして挙げられるのは「Vorkers」です。

このサービスは社員による会社内部情報の提供サイトで、これを使えば志望企業のリアルな情報が丸わかりになってしまいます。

「転職してみたら、イメージしていた社風とは違った」では遅いのでそう考えると有料であっても利用価値はありです。

また、大手や外資だけでなく、ベンチャー企業の好待遇案件も豊富です。

質の高いサービスならビズリーチ

ビズリーチのココが凄い!

  • ハイキャリア層向け案件が多い
  • サービスの質が段違いに高い
  • 質の高いヘッドハンティングが受けられる

JACリクルートメント

 

JACリクルートメントは外資系転職エージェントです。ハイキャリア層の方向けであるため、エグゼクティブ向けや管理職案件も数多く持っています。

コンサルタントはアデコと同じく求人と企業担当を同じ人が行っていて、質もエージェント業界でもトップクラスと言われ、評価は非常に高いです。

多くの転職志望者が苦戦することが多い、書類選考や年収交渉の際に力を発揮してくれる頼もしい存在になるエージェントが多く、サポート体制は抜群と言えます。

ハイクラス案件ならJACリクルートメント

JACリクルートメントのココが凄い!

  • 外資系や海外転職に強い
  • ハイクラス案件が豊富
  • コンサルタントの口コミ評価が業界1位

Type転職エージェント

 

Type転職エージェントは利用者満足度が高いエージェント会社です。

キャリアアドバイザーのプロフィールを閲覧できるため、良いと思った方を自分で選ぶことができます。

転職エージェントは1対1でサポートしてくれるため、この点で非常にメリットと言えます。

また大手企業とのコネクションがあり、日系大手企業であれば、企業専属の営業がいるため、内部情報や面接対策においてとても有益な情報を紹介してくれます

IT業界ならtype転職エージェント

Type転職エージェントのココが凄い!

  • 関東圏での転職に強い
  • 転職者の71%が年収アップしている
  • 日系大手とのコネクションが強い

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に各転職サイトの特徴やポイントを改めてご紹介します。転職サイトは、それぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

リクルートエージェント
  • 転職しづらい30代~50代の層に特に強い
  • 業界最大手のリクルートで条件交渉力No.1!
  • 非公開求人が9万件!リクルート独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉も担当コンサルタントが代行

転職成功実績No.1で、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

パソナキャリア
  • 業界トップクラス40,000件以上の求人数
  • 注目企業の求人多数!
  • 専門特化したキャリアアドバイザーに相談したい方
  • 年収アップをサポート

『正しい転職』を目的とした転職エージェント
正しい転職の条件が一人一人違う中で、コンサルティングを通してしっかりとサポートします。
公式サイトはこちら

カテゴリー内記事一覧

40代男性の転職|40代は未経験職種に転職できないは大間違い?

40代での転職というと、一般的に考えれば非常に厳しいというのが多くの人の考えだと思います。しかし、転職の際の業界選びや仕事の探し方を工夫し、転職先のニーズを把握することで成功確率…

40代におすすめ転職エージェント!上手い利用のコツと成功の秘訣

40代になってからの転職と言うと、「今までの経験を活かせるところで働きたい!」という意欲的な人もいれば、「40代になると転職するのは厳しいのでは?…

40代は転職できないの?中高年が使うべきおすすめ転職エージェント

40代で転職する人の中には、「40代を超えてしまったし、本当に転職できるのだろうか?」「条件が下がってしまうのは仕方がないのか」などという方が多い…

40代の女性の転職は難しい?求人の探し方と転職成功のアピール方法

日本社会では年齢に比例して転職活動は厳しくなるという考え方が浸透しています。しかし、そんな風潮に反して転職成功する人はいます。特別難しいことではなく、少しの努力からも成功を導く…

40代・50代男性の転職は厳しい?中高年男性の転職事情を徹底分析!

「会社の都合で仕事がなくなった..」「年収や待遇が不満..」「仕事がつらくて健康に支障をきたしている..」「

  • 50代
  • 愛知県名古屋市
  • 医療・福祉
  • 勤続年数28年
  • 新卒入社

転職初日は予定時間より30分早く着き、時間潰しに介護施設の周りを散歩していると中から叫び声が、大変な…

  • 50代
  • 長野県諏訪郡下諏訪町
  • 小売業
  • 勤続年数5年
  • 中途入社

転職は成功したと感じます。理由は次に就職したドラッグストアは販売実績を正当に評価してくれる職場であ…

  • 50代
  • 東京都千代田区
  • 建設
  • 勤続年数1年
  • 新卒入社

転職をして成功したと確信しています。現在の私の部署には、これから会社の中核を担うことになる若い人材…

  • 50代
  • 神奈川県川崎市
  • その他
  • 勤続年数1年
  • 中途入社

心身の健康状態の回復という点においては成功、収入面では失敗です。 これまでの経験や知識やスキルを生…

  • 50代
  • 埼玉県戸田市
  • その他
  • 勤続年数3年
  • 中途入社

実際にお店で勤務したことはありませんでした。スクールで習得した技術を自分なりにアレンジして施術をし…

  • 50代
  • 石川県金沢市
  • 小売業
  • 勤続年数6年
  • 新卒入社

成功しました。現在は希望していたように、自ら起業し服飾小売店を経営しております。 もともと服飾に対…

  • 50代
  • 神奈川県川崎市
  • その他
  • 勤続年数4年
  • 中途入社

大成功です。 現在は社長秘書として、中国の支店との調整役も任され、忙しいながらも充実した毎日を送っ…

  • 50代
  • 愛知県豊田市
  • メーカー
  • 勤続年数32年
  • 新卒入社

工場勤務イコール肉体労働と世間では位置付けられていますが、愛知では本社工場勤務は公務員に匹敵する評…

  • 50代
  • 栃木県宇都宮市
  • 小売業
  • 勤続年数29年
  • 新卒入社

概ね転職は成功したと考えています。なぜなら、書店店員は本というやや重量がある商品を扱いますが、一般…

  • 50代
  • 茨城県つくば市
  • 不動産
  • 勤続年数13年
  • 中途入社

屋内勤務が出来ることに幸せを感じています。交通誘導員は屋外勤務となり、常に車に突っ込まれる危険を抱…

  • 50代
  • 東京都渋谷区
  • 旅行・ホテル
  • 勤続年数5年
  • 中途入社

やはり考えていた以上に苦労や難しさを感じることがあります。しかしながら自分が希望していた通り、仕事…

  • 50代
  • 東京都港区
  • レジャー・アミューズメント
  • 勤続年数28年
  • 新卒入社

道半ばですがバーテンダーへの転職は良い機会だったと考えています。趣味としてカクテルを作っていること…

  • 50代
  • 東京都目黒区
  • 医療・福祉
  • 勤続年数6年
  • 中途入社

前職が不満だった訳ではないのですが、転職して良かったと改めて感じています。薬剤師の良いところといえ…

  • 50代
  • 神奈川県綾瀬
  • その他
  • 勤続年数23年
  • 新卒入社

転職自体は正解だったと思います。 元々一般事務員として会社の事務作業を中心に行っていたので基本的に…

  • 50代
  • 茨城県北茨城市
  • その他
  • 勤続年数2年
  • 中途入社

始めは他の造園業の方に師事するところから始めました。さすがにこの年齢から始める人もいないので驚かれ…

  • 50代
  • 山口県山口市
  • フードサービス
  • 勤続年数11年
  • 新卒入社

成功の一言に尽きます。 いま経営しているダイニングバーでは、自分の後輩にあたる山口大学生もバイトに…

  • 50代
  • 神奈川県横浜市
  • その他
  • 勤続年数3年
  • 中途入社

私の場合、結果的には今までの仕事とまったく別な職に就くことになりました。50代の転職は難しいと言われ…

  • 50代
  • 埼玉県
  • 医療・福祉
  • 勤続年数6年
  • 中途入社

転職して成功したと思います。完全な専業主婦の状態で50代を終わらせるより、自分の役割も見つけて働いて…

  • 50代
  • 東京都千代田区
  • 小売業
  • 勤続年数27年
  • 新卒入社

落ち着いた生活を手に入れられたので転職は成功したと考えられます。アニメーターの会社は中小企業や零細…

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクルートエージェント

    求人数が転職業界でナンバーワン!

    • 非公開求人数100,000件以上
    • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
    • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
    • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

最新記事