保育士の転職は大変!今更聞けない転職のコツや必要な資格とは

保育士が子供のお世話をしている様子

保育士辞めたい!」「保育士になりたい!」など共働き世代の増加とともに、待機児童問題があふれ、ニーズが増加傾向にある保育士。保育士を取り巻く転職実情についてはご存知でしょうか?保育士の転職のコツや保育士からの職種転換方法についてもお伝えしていきます。

             
★厳選!おすすめ転職サイト・転職エージェント★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

doda

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

リクルートエージェント

【全年代】
転職成功実績No.1!

詳細

転職サイト比較表を見てみる

目次

すべての保育士にオススメ!ホイクナビ

20代~40代 職場見学
求人エリア 求人件数

全国の保育の求人情報から、自分にぴったりの求人情報をみつけることができます。厳選された会社のみを紹介しているので、評判の悪い会社や強引な会社を進められることはありません。お仕事開始後も安心して仕事が出来るようにサポートしてくれます。

ホイクナビで保育の求人を探す

保育士の労働事情と現状

保育士とは?

保育園等で子ども(0~6歳)の世話をする仕事であり、就職のためには国家資格の保育士資格が必要となります。保育士資格を取得するには専門学校で2年程講座や実習を修了し卒業するか、年2回ある保育士試験(筆記、実技)に合格する方法があります。

保育士業界の現状

共働き世帯の増加により、自治体も待機児童ゼロを掲げ、認定こども園の創設や低年齢の幼児の受け入れ、一時保育や病児保育の受け入れ拡大にも着手しています。

保育士の必要性はより増加していますが対応が追い付いていない状況です。不況であっても需要は一定あるため、景気に左右されづらい業界といえます。

都内で家賃補助の事業も開始

保育士の賃金が高い自治体ほど、待機児童が少ない傾向にあります。東京は需要が非常に高い割には待遇改善が追い付いていない傾向にあるため、待機児童数は他のエリアに比べ多い状況です。

しかし、一部の都内の保育園や区では家賃補助や社宅、引越し費用の建て替える福利厚生を提供し、待遇向上にも努めており、地方からの採用にも積極的です。

保育士の年代別の働き方

年代別の保育士さんたちが会話している様子

20代保育士の働き方

体力や新しいことへの柔軟性がある、20代は幅広く業務を任されやすく、シフトも上の年齢層の人や子供がいる人から優先的に決まることが多いため、フットワークの軽さが求められてきます。

また、経験が浅いため、上位者に指示を仰ぐこともありますが、先輩によって意見が違うこともあり、自分の仕事へのスタンスややり方を模索する時期といえます。

さらに、自分よりも年齢の高い人がいる職場が大半であるため、人間関係で気を一番使いやすい年代となる可能性もあります。このように、20代はさまざまな悩みを抱える時期です。転職の際には時期をみはからって進めていきましょう。

30代保育士の働き方

経験もあり、落ち着きを払ってきた30代はクラスの担任を任せられる年齢層といえます。

ただし、自分が母親になっていた場合にはシフトへの対応にも融通が必要となるため、その経験を活かしきれない、もしくは、子供がいても責任ある仕事を任され、仕事を持ち帰ったり、急な休みに許可を得にくくなることもあります。

面倒見がよく、責任感が強い保育士ママは仕事もしっかりとしたいし、家庭も省みたいという点で悩みやすくなります。

40代保育士の働き方

経験豊富なミドルエイジ、保護者よりも年齢が上になるケースが増えるため、人生の先輩としても頼りにされる年代です。

園長や運営に近いポジションを任されやすくなってきます。この年代になると同僚の20代のような体力はなく、現場の仕事では体の衰えを感じやすくなります。

男性保育士の現状

男性保育士が子供と遊んでいる様子

男性保育士の現場ニーズも増加傾向にあります。子どもと遊ぶことや長時間の抱っこなど、力仕事も多い現場であるからです。しかし、その一方で男性保育士への偏見も向けられているので、保護者や子どもへのお世話にもより気を使わなければいけなくなっています。

最近まで男性保育士があまりいなかったため、保育園内のトイレや更衣室も男性用のスペースがなく、女の園で立場が弱くなることもあるようです。

また、他の職種に比べ昇給幅も少なく、結婚し家族を養う年頃になっても年齢とともに手取りが増えるわけではないため、経済的に厳しい一面も持ち合わせています。

しかし、最近では男性の保護者も増えており、男性保育士は良き相談相手になってくれるため、頼りにされる存在にもなってきています。

保育士の4つのメリット

子供の成長に触れられる

毎日お世話をすることで直接子どもの成長を手助けでき、将来ある子どもたちを見守っていける希望に満ちた責任ある仕事でもあります。

子ども好きで意欲的な人はやりがいや楽しみを実感しやすく、保護者からも日誌や日々の交流を通じて感謝をしてもらえるため、人の役に立てていることをダイレクトに感じられます。

自分が子育てをする時の勉強になる

保育園でさまざまなタイプのお子様を預かるため、自分が子どもを生んで家族が増えた時の予行練習ができます。

もちろん、年齢層によってもお世話や注意点も異なりますし、全く同じ対応方法が当てはまるわけではありませんが、病気や育児の知識があるため保育士以外の人よりも気持ちに余裕を持ちやすくなります。

保育園以外でも子供関係の施設や企業へ転職可!

保育士の資格があると、ベビーシッターや子どもの幼児教育施設や学童等働く選択肢も増えます。近年企業や病院に属した保育園もあり、待遇面も良い保育施設も増えてきているため、転職に興味があればまずは調べてみることをお勧めします。

就業ブランクがあっても復帰しやすい

どの保育園も人手不足であるため、育休や介護休暇、長年主婦をしていた方でも資格と経験があれば復帰しやすい職種といえます。

通常の転職では就業ブランクがあるとかなり就職が難航しますが、保育士資格が必須となる仕事も多く、比較的正社員への復帰もしやすい職種といえます。ブランク不安がある時は、転職エージェントに相談をしましょう。

転職ノウハウがあるため、適切なアドバイスとくれますし、より細かな求人情報を教えてもらえるため、今の自分でもやっていけるかを判断しやすくなります。また、厚生労働省が実施している保育士向けのセミナー等もあるため、参加してみましょう。

保育士にはデメリットもある

就業時間が長く体力的に大変

勤務時間内は子どもから目を離せないため、どうしても溜まった事務処理に時間を作らなければいけません

加えて、季節のイベントも多く、これも保育時間外で用意をするため、必然的に残業や土日出勤は発生しやすく、仕事の持ち帰りをしサービス残業をしやすい職種といえます。

また、抱っこやおんぶなど力仕事もあるため、腰痛や腱鞘炎になり、体調を崩すこともあります。

給与は水準からみると低い

保育士の年収は約323.3万円(平均年齢35歳)程度と全産業平均の489.2万円(平均年齢42.3歳)からみると低い待遇といえます。(平成27年度 賃金構造基本統計調査参照)

イベント等による残業や土曜出勤等があっても残業代としての支給がないこともあり、担任の場合休みも取りづらいことが多いのです。そのため、労働に対しては給与や待遇が低いと働く保育士は感じやすい環境にいるといえます。

また、昇給やキャリアプランも小規模な園ではあまり見込めないため、息詰まってしまい保育士の仕事を辞める人もいます。公立の園や運営規模の大きい保育施設ではポジションも多岐にわたっているため、保育士以外の道も開けやすく待遇改善も望めやすくなります。

保護者対応が難しい

共働き世帯が多く、保育士に教育やしつけまで求められることも増えてきています。そのためクレームをするモンスターペアレンツも存在し、親御さんとのコミュニケーションには神経を使う作業となってきています。

不公平にならないよう劇の主役を複数人設けたり、徒競走といった競争事を無くしたりと、保護者の顔色を伺い、窮屈な教育や対応に疲弊している人も多いのが業界の本音です。。

女性ならではの人間関係

どうしても女性がメインの職場となるため、同僚内のマウンティングや派閥がある保育園もあります。また、年齢層も20代から60代までと多様性に富んでいるため、さまざまなタイプの考えや独自の育児方法を持った人がいるため、調整に苦労することもあります。

保育士から保育士への転職

保育士が転職を考えている様子

公立の保育園へ

公立の保育園は地方公務員と同様の扱いとなるため年齢とともに、昇給していき、ボーナスも高い金額です。待遇改善をしたい場合にはお勧めです。ただし、地方公務員と同じ扱いとなるため、年齢制限もあるため、その点は注意しましょう。

プラスαの資格や特技を活かした保育士へ

例えば、英会話のカリキュラムのある外国籍スタッフがいる保育園で語学力を活かしたり、認定病児保育スペシャリストを取得し病児保育園でも働く道を増やしたりと保育士以外にもできることを増やすことで選択肢を広げられます。

企業系列の保育園

大手企業も保育園の運営に乗り出しており、福利厚生や待遇も大手系列となるため、良い雇用条件となる傾向があります。

宗教法人系保育園

宗教法人は税金が優遇されていることに起因するのか、高待遇の求人募集も多く存在します。

オープニングスタッフ

人材確保に力を入れているため、経験があれば幹部候補にも優遇されます。そのため、期待値=高い給与となるため、園を立ち上げていくやりがいはありつつも、残業が多く発生したり、大変なことは多くなる可能性への覚悟は必要です。

保育士のブランクからの復帰

長い間社会で働くことから遠ざかっていたとしても、保育は家事育児介護と通じる点もあり、復習をすれば復帰をすることはそこまで大変ではありません。

苦労する点があるとすれば、現場で子どもと遊んだり力仕事をすることです。どの仕事でも共通しますが、働きだすと生活リズムが変わるため、疲れやすくなります。加えて保育の仕事は体力が大切となってくるため、働く前に鍛えておく努力をしましょう。

未経験から保育士への転職

未経験の人が保育士をイメージしている様子

2年間の保育士の短大、大学へ通学をするか、年2回ある保育士試験に合格するかの2パターンが選択肢となります。通学制の方が現場での訓練も積んでいるため、いざ働きだした時でも安心感があります。

社会人になってから保育士を目指す場合は、ハローワーク等職業訓練のカリキュラムで保育士講座がありますが、退職しなければ受けられません。失業給付もすぐに支払いがあるわけではないため、生活が困窮しないよう、退職前から貯蓄や生活費のやりくりをして、転職にのぞむ必要があります。

また、職種転換にはミスマッチのリスクも伴うため、通信教育等で働き生活費や勉強費用を維持しながら、試験や就職活動に臨んだ方が無難です。

また、未経験の場合は経験者よりもハードルは上がるため、土日シフトがあったり即日勤務など、多少条件幅を広げると就職率を高められるでしょう。

保育士から保育園以外の他業種への転職

保育士から一般企業への転職は大変

保育士から一般企業会社員への転職は高いハードルが存在します。なぜなら、学校、保育園といった教育団体は民間企業とは異なるルールで運営されているため、一般的なビジネスマンとは文化的違いが目立つからです。

また、保育士は経歴的にあまりパソコンを使うイメージも薄いため、人気の事務職やOA操作が必要な職種へはより狭き門となるのです。

そのため、全く保育と関係のない仕事への転職は時間がかかったり、非正規雇用(派遣、アルバイト、パート)へとなりやすくなります。

保育士経験を活かした仕事は転職も有利!

一般企業への転職よりも資格を活かした仕事の方が早期に転職成功をさせられるのは言うまでもりません。

保育士の経験が生かせる職業

保育士の経験を活かせる職業を考えている様子

介護職

対象年齢層はかなり違いがあり、資格が必要な職種もありますが、人のお世話をする点で活かせるスキルがたくさんあるため、介護業界への転職もしやすくなります。

他にも資格取得をいとわなければ、介護士以外にも看護師や社会福祉士等も適性はあるでしょう。

サービス業

アミューズメントパークや子供向けの施設では保育経験を存分に活かせるため、アドバンテージがある状態で転職活動に臨めます。

保育関連

幼稚園

通学制で保育資格を取得している場合、学校によっては幼稚園教諭の資格もダブルで取得できるため、転職も可能です。

保育ママ

児童福祉法の改正によって、自宅で保育を行えるようになりました。自治体からの補助金も出るため、収入面でも魅力的です。

託児所

美容院やリラクゼーションやホテル施設等での一時預かりなどの施設に併設された託児所の需要も増えています。

学童保育、児童館

小学生の放課後学童保育をするためには、放課後児童支援員という資格が必要ですが、まだ新しい資格であるため、一定条件を満たす人は研修を受けることで取得可能となります。その一定条件に保育士資格があることが当てはまります。

病院内託児所

看護師の子どもを預かる院内保育と病気の子供を預かる病児保育等あります。ただし、病児保育には認定病児保育スペシャリストという資格が必要となるため、勉強が必要です。

幼児教室

資格は不要となりますが、子ども向けの仕事であるため、経験や資格があると有利となります。自分で教室を開くのであれば、リトミック指導員や絵本専門士の資格もあると心強いでしょう。

保育士の転職時期は年度末前

通常4月から新しい子どもを受け入れ、新体制が始動するため、4月入社の需要が最も高くなります。人材エージェントには1、2月には登録をし終え、本格的な転職活動を始めましょう。

保育士の就職には人材エージェントを活用がお勧め!

おすすめの3つの理由

仕事探しの手間を削減

求人サイトを見ると数多くの募集があり、希望の保育園を探すだけで一苦労となります。しかし、人材エージェントに登録をすれば、希望に合った求人を絞って紹介してもらえるため、自分で仕事で仕事探しをする時間を削減できます。

選考書類のバージョンアップ

人材エージェントのキャリアアドバイザーが、登録者の情報を引き出してくれ、職務経歴書や履歴書の書き方や内容までアドバイスをしてくれます。

特に志望動機や自己PRは応募先にフィットする内容でなければ残念な結果となりやすいのですが、人材エージェントがホームページに載っていないような詳細な勤め先の情報を教えてくれるため、より応募先の保育園への志望意欲が湧いた状態で自己PRや志望動機を作り込めるため、書類選考通過率もアップしやすくなります。

※自分で志望動機や自己PRを作りこむ場合には、保育園の理念への共感やなぜ保育士を目指すかやどういった保育が自分の理想か、どの点が魅力と感じ応募に至ったかを説明しましょう。

面接対策やアフターケアまで

面接官が質問しそうな質問を事前に共有してくれ、回答を考えた上で本番に臨めるようフォローもしてくれます。

また、面接日程調整や内定後の条件、待遇、入社日といった事細かな調整も保育園と応募者の間に入って行ってくれます。言いづらいことも代わりに対応しれくてくれるので、遠慮をせず自分の希望を伝えることができます。

保育士のその他の転職方法

自治体を活用

保育士の増員を目指す自治体が多いため、保育士の就職支援にも積極的です。経験者、未経験者ともに失業給付申請をするついでにハローワークの職業紹介コーナーへも足を運んでみましょう。

友人紹介もミスマッチの少ない転職方法

友人保育士の紹介であればある一定園の雰囲気もわかった上で入所できるため、働きだしてからの環境面のミスマッチは発生しづらくなります。

※特に有資格未経験者は転職の手段は幅広く持った方が良いでしょう。また、直接応募よりも人材エージェントやハローワークなど何かしら求人紹介を嚙砕いてしてくれたり、面接対策をしてくれる団体を活用しましょう

未経験の場合、求人を探す軸や目を養わなくてはいけないため、頼りになる保育士転職のプロを上手に活用しましょう。

すべての保育士にオススメ!ホイクナビ

20代~40代 職場見学
求人エリア 求人件数

全国の保育の求人情報から、自分にぴったりの求人情報をみつけることができます。厳選された会社のみを紹介しているので、評判の悪い会社や強引な会社を進められることはありません。お仕事開始後も安心して仕事が出来るようにサポートしてくれます。

ホイクナビで保育の求人を探す

★転職サイト・転職エージェントを徹底比較★取り扱い一覧

最後に「どの人材紹介会社に登録すればいいのか分からない。」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。

リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道転職サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビ
エージェント
  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

リクルート
エージェント
  • 転職成功実績NO.1!
  • 業界最大手なので企業とのパイプが強い
  • 非公開求人数約10万件
  • 満足度99%の面接力向上セミナーあり

全年代を得意としています。業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。
公式サイトはこちら

doda
  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント
  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ
  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

キュージェント
  • 自分で転職エージェントを選べる
  • 20代前半〜30代前半の転職に強い
  • 退職〜転職後まで丁寧にサポート
  • 国内大手、ベンチャー企業と太いパイプがある

未経験業界への転職や自分に自信を持つことができないけど、仕事は頑張りたいと思っている方におすすめです。
公式サイトはこちら

カテゴリー内記事一覧

保育士の転職は大変!今更聞けない転職のコツや必要な資格とは

「保育士辞めたい!」「保育士になりたい!」など共働き世代の増加とともに、待機児童問題があふれ、ニーズが増加傾向にある保育士。保育士を取り巻く転…

  • 20代
  • 東京都
  • ITサービス
  • 勤続年数3年
  • 中途入社

短大を卒業して社会福祉法人の保育園に就職しました。短大への求人に書かれていた基本給は17万5,000円でし…

  • 30代
  • 北海道
  • 素材、食品、医薬品技術者、福祉
  • 勤続年数10年
  • 中途入社

保育士国家試験は短大卒以上の方なら、どの学部を卒業しても受験可能だったのも受験した理由でした。保育…

  • 20代
  • 北海道札幌市
  • 勤続年数4年
  • 中途入社

子供好きな自分の性格を社会の役に立てられると思ったからです。

  • 20代
  • 埼玉県川越市
  • 勤続年数5年
  • 中途入社

昔から子供と接する事が好きで再び挑戦したいという気持ちが出てきて、保育士転職をしました。

  • 20代
  • 神奈川県相模原市
  • 勤続年数2年
  • 中途入社

同僚からのいじめと上司からのパワハラにより、仕事に喜びを感じなくなったからです。

  • 20代
  • 埼玉県蕨市
  • 勤続年数3年
  • 中途入社

結婚のための移転、また仕事と家事の両立をさせるための待遇に限界を感じたためです。

  • 30代
  • 栃木県小山市
  • 勤続年数3年
  • 中途入社

人と関わる、お世話をする仕事に就きたく、私自身子どもが好きだったからです。

  • 40代
  • 東京都杉並区
  • 勤続年数3年
  • 中途入社

以前の職場に特に不満があった訳ではないのですが、子どもに囲まれた仕事がしたかったので転職しました。

  • 20代
  • 東京都立川市
  • 勤続年数5年
  • 新卒入社

元々子供が好きで保育に関する仕事を行いたいと思ったので思い切って挑戦しました。

  • 20代
  • 福岡県福岡市早良区
  • 勤続年数5年
  • 新卒入社

前職は残業や持ち帰りの仕事も多く負担が大きかった為転職しました。

  • 20代
  • 北海道帯広市
  • 勤続年数3年
  • 中途入社

子どもが好きの子どもたちの成長を直に味わって見たかったから。

  • 20代
  • 千葉県千葉市
  • 勤続年数2年
  • 中途入社

前職の仕事内容に不満を感じ、まったく違う業種に挑戦してみたいと思い、転職しました。

  • 30代
  • 秋田県大仙市
  • 勤続年数4年
  • 中途入社

保育士の資格を持っていたのでそれを活かせる仕事に就きたかったからです。

  • 30代
  • 千葉県
  • 勤続年数4年
  • 中途入社

元々保育士をしており,怪我を理由に離職したがもう一度やりたいと思ったため。

  • 30代
  • 千葉県木更津市
  • 勤続年数1年
  • 中途入社

主に待遇の悪さ、および人間関係の問題ですが、引越しもあり転職する事にしました。

  • 30代
  • 愛知県名古屋市
  • 勤続年数3年
  • 中途入社

転職前も保育士をしていましたが、激務のため結婚後も無理なく働ける環境に身を置きたいと考えたからです。

  • 20代
  • 神奈川県海老名市
  • 勤続年数6年
  • 中途入社

もっと色々な仕事をしてみて、自分に向いている職種を探したいという思いがあり転職しました。

  • 30代
  • 京都府京都市
  • 勤続年数2年
  • 新卒入社

元々子供が好きで将来は保育士になりたいと思っていたからです。

  • 20代
  • 神奈川県横浜市です
  • 勤続年数2年
  • 中途入社

前から興味を持っていたので思い切って挑戦してみようと思ったからです。

  • 30代
  • 埼玉県さいたま市
  • 勤続年数2年
  • 中途入社

学童保育指導員として働いていましたが、幼児教育に関わりたくなりました。

  • 40代
  • 東京都世田谷区
  • 勤続年数2年
  • 中途入社

出産・育児を経験したことで、保育士という仕事に興味がわいたからです。

  • 20代
  • 香川県高松市
  • 勤続年数5年
  • 新卒入社

もともと子供が大好きで、子供に常に接する事ができる職場できる働きたかったから

  • 20代
  • 神奈川県川崎市
  • 勤続年数6年
  • 新卒入社

もっとやりがいのある、一生続けられるような仕事をしたかったので転職しました。

掲載サイト一覧
PARTNERS LISTS

  1. リクルートエージェント

    求人数が転職業界でナンバーワン!

    • 非公開求人数100,000件以上
    • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
    • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
    • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

最新記事