上司からのいじめを機に独立。迷っているのならフリーランスがお勧め

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
リクルートエージェント

詳細を見る

マイナビAGENT×IT

詳細を見る

GEEKLY(ギークリー)

詳細を見る

フリーランスは自分の好きな仕事だけできる

会社員からフリーランスのライターになって感じたメリットとデメリットについてまとめてみました。まず、最大のメリットは自分のペースで自分の好きな仕事だけできるという点です。

会社員時代も物書きの仕事をしていたのですが、自分の好きなことを書けず、上司に言われたままの記事を、イライラしながら時には泣きながら書いたこともありました。

「ライターになったら自分の好きなことを正直に書きたい!それで世間の役に立ちたい!」と考えていたので、それができない現実を知った時、これがお金を稼ぐことなの・・・?これが社会人なの・・・?嘘を書かないといけないの・・・?こんなことなら、会社を辞めてしまいたいと、すぐに思ってしまったのです。

もともと会社員という雇用形態が向いていなかったのかもしれません。

週3日で50万!高単価案件が豊富レバテックフリーランス

レバテックフリーランスの特徴

  • エンド・直請け案件多数
  • コーディネーターの交渉力で高単価
  • 1,100件以上の求人数
  • 顔合わせにも同席
  • 月末締め翌月15日払いの15日サイト

レバテックフリーランスの登録・詳細はこちら

書きたくないものを書いて出世はしたくない

同僚や先輩は、上司とも上手にやって書きたくないテーマでも会社の方針に従って書いていました。それでどんどん出世街道を進む同僚もいました。

しかし、出世なんてすればするほど書くことから離れてしまうし、なんだか上司を見ていると毎日がつまらなそうに思えました。いくら年収があがっても地位や名誉を得ることができても仕事が楽しくなければ、それほど辛い人生はないと思います。

そんなことばかり考えながら仕事をしていたら、良いものなんて書けるわけもなく、毎日がストレスに感じました。次第に上司と話すことも嫌になってしまいました。そして、勝手に自分の書きたいことを書くようになったのです。会社組織の中で、そのような行動を取ったら、叩かれるのは当然のことです。その時から、陰湿ないじめが始まったのです。

上司からのいじめを機に独立

上司がいじめをしてくるので、同僚や先輩も助けてくれません。まるでブラック企業のように、もはやライターではない雑用の仕事を永遠とやらされるようになったのです。しかし、会社を辞める勇気を持つことができずに半年間も耐えました。

しかし、半年が過ぎた頃、限界だと思い、ついに会社を辞める決心をしたのです。上司に退職届けをたたきつけたときの爽快感は今でも忘れられません!

独立後はネットで仕事を獲得

また、同じようにライターの仕事を雇われてしようかとハローワークに通ったりしたのですが、あまりいいところがなく、生活費の足しになればと思ってフリーランスでライターの仕事を始めたのです。

インターネットでいろんな依頼がくるので、それにひたすら答えて書くという仕事です。最初はそれほど稼げないのでお小遣い程度しか収入がありませんでしたが、次第に私を指名してくれる業者や個人の人が多くなり、収入も増えていきました。

週3日で50万!高単価案件が豊富レバテックフリーランス

レバテックフリーランスの特徴

  • エンド・直請け案件多数
  • コーディネーターの交渉力で高単価
  • 1,100件以上の求人数
  • 顔合わせにも同席
  • 月末締め翌月15日払いの15日サイト

レバテックフリーランスの登録・詳細はこちら

迷ったらフリーランスになることをお勧め

会社員の頃と違って仕事を自分で選ぶことができたので、書きたくないようなテーマはお断りすることができました。だから、ストレスも溜めずに本当に書きたいことだけを書いてご飯が食べられるようになりました!こんなことなら、会社員時代に無理して我慢せずにはやくライターとして独立していればよかった!と後悔してしまいました。

果たして、ライターの能力を手に職と言えるかは疑問ですが、少なくとも、今後もライターとしての需要はありそうに思えます。こんな私でも6年以上もライターだけで生計を立てることができたので、もし、私のような悩みを持たれている方がいたら、私は迷わずフリーランスを勧めることでしょう。

税金関係は要注意

フリーランスのメリットばかりを書いてきましたが、デメリットもあるので注意が必要です。フリーランスのデメリットは、今までは会社がやってくれていたことを自分でしなければならないという点です。

例えば、税金関係です。会社員の頃は、黙っていても経理がお金関係はすべてやってくれていました。しかし、フリーランスになると確定申告を自分で行わないとなりません。

仕事がどうの?収入がどうの?というよりも数字に弱い私はこれが1番辛かったです。毎月の帳簿をつけて計算をするのですが、それが嫌で年始になるとブルーになってしまいます。今ではライターの仕事も収入も安定しているので、税理士に頼んですべてやってもらっています。

週3日で50万!高単価案件が豊富レバテックフリーランス

レバテックフリーランスの特徴

  • エンド・直請け案件多数
  • コーディネーターの交渉力で高単価
  • 1,100件以上の求人数
  • 顔合わせにも同席
  • 月末締め翌月15日払いの15日サイト

レバテックフリーランスの登録・詳細はこちら

最初は孤独で、自宅にひきこもり状態

他にもデメリットはあります。それは孤独です。フリーランスになると基本的には自宅に引きこもり状態が続きます。取材をすることもほとんどないので、自宅でひたすら記事を書くことになります。

最初の1年くらいは煩わしい人間関係から開放されて嬉しい!という気持ちのほうが強かったのですが、2年目になった頃から、人恋しくなり、やたらと親や友達に電話をかけるようになりました。やはり、人は人とつながっていたい!と思うのが本能みたいです。

出来るだけ外出を心がけている

今では、自宅に引きこもり状態はできるだけ避けて、喫茶店や図書館で記事を書いたり、友達や親に会いに行ったりするようになりました。モバイルパソコンを買ったので、どこでも記事が書けるので、自宅に引きこもる必要がなくなったからです。今後は、もっとクライアントを増やして、さらに収入を安定させて貯金もしたいと思っています。

週3日で50万!高単価案件が豊富レバテックフリーランス

レバテックフリーランスの特徴

  • エンド・直請け案件多数
  • コーディネーターの交渉力で高単価
  • 1,100件以上の求人数
  • 顔合わせにも同席
  • 月末締め翌月15日払いの15日サイト

レバテックフリーランスの登録・詳細はこちら

年齢で選ぶ!年代別オススメ転職サイト一覧表

「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない」という方のために、年齢別におすすめ転職サイトをご紹介します。年齢によって適している転職サイトも違いますし、転職サイトはそれぞれ取り扱っている求人も違います。あなたに合った転職サイトを選ぶことが大切です。

リクルートエージェント

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

転職支援実績NO.1。各業界に精通したキャリアアドバイザーがいるのでITエンジニア向け案件も多数あり。特に年収600万~800万の高収入求人が多い。登録しないと見られない「非公開求人」は紹介求人の80%以上あり、IT・Web業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験があり、さらに年収アップ、スキルアップしたい方にオススメ。

Forkwell Scout

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

大手の転職サイトのように一括送信されるスカウトメールではなく、本当に興味を持ってくれた企業からのスカウトメールを配信している点が大きな特徴。プロフィールは匿名で登録可能なので転職活動していることがほかの人に知られることはない。指定した企業の閲覧もブロック可能なので取引先など知られたくない企業は回避できる。

GEEKLY(ギークリー)

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。登録しないと見られない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験が1年以上ある方にオススメ。

dodaITエンジニア転職

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

ITエンジニアの転職に特化しているdoda ITエンジニア転職は全年齢がターゲットになっている転職サイト。転職者の満足度はNO.1。その理由は日本最大級のエンジニア求人情報数と取り扱い企業数にある。転職を考え始めたらまずはじめに登録をしておくべき。経験豊富なSE専門キャリアアドバイザーがカウンセリングから転職まで担当し、非公開求人の情報を個別に紹介してくれる。企業との強いリレーションがあるので企業側が求める人材を熟知していることが強み。推薦状を作成し、応募先企業へ送ってくれる点も魅力。

レバテックキャリア

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニアとして未経験の職種に転職する方から、同じ職種でキャリアアップを希望する方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。

レバテッククリエイター

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、IT・Web業界に特化したクリエイター向けの求人・案件を提案してくれる。ポートフォリオの作成法やデザイントレンドなど業界の動向にも詳しいコーディネーターがサポートしてくれる。初めて業務委託の案件を探す人にもおすすめ。大企業からベンチャー企業ま幅広く求人を扱っており、クリエイター求人・案件を見たいなら必ず登録を。

ワークポート

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。

関連記事

【分割済】ITフリーランス志望必見!案件と求人情報の探し方4つ

「会社員の社会的信頼を失うのがこわい」「自分には営業力などないが、果たして仕事が取れるだろうか?」こんなところが、フリーも視野に入れるとよぎる不安の代表的なものではないでしょうか。 IT業界…

案件が取れず大失敗!ITフリーランスが陥りやすいリスクとは?

「営業はやったことない…」「フリーになっても仕事がないかも…」 フリーランスへの転身を視野に入れるとよぎる不安の代表的なものではないでしょうか。

ITフリーランスになるメリットとは?客先常駐は高収入な働き方!

「フリーランスに転身したい」と思い立って情報を調べると、「高収入」であることや、悠々自適に自宅で働くスタイルばかりが取り上げられていることに気が付きます。 「フリーランスの表面的な良い面悪…

やりたい仕事があるなら諦めず、働き方を模索すべき。フリーランス…

職業:インテリアコーディネーター・照明プランナー 44歳 転職なども経験しながら、10年間会社員をやっていました。今は在宅で、インテリアコーディネーター・照明プランナーの仕事をしています。

信頼、収入等すべて会社員の方が圧倒的に良い/30代フリーランスSEO…

この記事の目次フリーランスはフリーターと身分は変わらない!?フリーになってはじめて気づいたー確定申告の方法や会社経営に関する勉強が必要クラウドソーシングは受注単価が安くなるため、脅威と言える拘束時間が ...

  1. リクルートエージェント

    年収800万以上の高年収求人多数!

    • 転職支援実績NO.1
    • 業界最大級!紹介求人の80%が非公開求人
    • IT業界に精通したキャリアアドバイザーが求人を厳選
    • 応募書類添削・面接対策も充実したサポート
    • 独自分析した業界・企業情報の提供

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビAGENT×IT

    求人情報の8割が「非公開求人」

    • 大手企業からベンチャー企業まで求人種類が豊富
    • 求人情報の8割が「非公開求人」
    • 求人票に記載されていない情報を提供
    • 希望企業対充実、個別で面接対策を実施
    • IT業界経験があるアドバイザーの転サポート。

    マイナビAGENT×ITの登録・詳細はこちら

  3. Geekly(ギークリー)

    IT/WEB/ゲーム業界特化型で対応満足度NO.1

    • 業界特化型で対応満足度NO.1
    • IT・WEB・ゲーム業界転職を熟知
    • 業界トップレベルのコンサルタントがサポート
    • 求人票には載っていない詳しい企業情報を提供
    • Geekly独占の非公開求人も多数

    Geekly(ギークリー)の登録・詳細はこちら

最新記事