フロントエンドエンジニアになるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年ではWeb業界の需要拡大に伴いフロントエンドエンジニアの活躍の場が広まってきています。フロントエンドエンジニアは、Webサービスを構築する上で必要となる職種で、その業務内容は多岐に渡ります。

ここではフロントエンドエンジニアになるために必要なスキルや考え方、求人内容や勉強法などについてご紹介します。

  
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
リクルートエージェント

詳細を見る

マイナビAGENT×IT

詳細を見る

GEEKLY(ギークリー)

詳細を見る

フロントエンドエンジニアに必要なスキル

フロントエンドエンジニアとは、主にWebブラウザ(クライアント側)専門のエンジニアのことを指します。

主な仕事内容としては、ユーザーからのリクエストに対して直接データのやりとりをおこない、受け取ったデータを元に処理を返したり、ブラウザ上で結果を正しく表示できるようにコーディングをおこないます。

そのため、Webサービスを開発するためのさまざまな技術・知識を持ち合わせて、取得選択できることが必要になります。

また、フロントエンドエンジニアはWebサービスのみならずアプリケーションの開発をおこなうこともあります。

最近ではWeb上で完結するサービスが広まっており、タブレットやスマートフォンでもWebブラウザが閲覧できることから求められる技術は拡大し、フロントエンドエンジニアとしての仕事の幅も大きく広がってきています。

このようにフロントエンドエンジニアと一言でいっても、企業や現場によって求められる知識や技術は異なります。

フロントエンドエンジニアに必要なスキルとは?

現在はIT関連の技術の発達により、フロントエンドエンジニアとしての役割も多岐にわたります。ここではフロントエンドエンジニアになるために必要な基本的なスキルを紹介します。

HTML/CSS

Webサービスを作成するには、まずHTMLやCSSなどWebページを構成する基本的なスキルが必要となります。

とくにフロントエンドエンジニアは後述するスプリクト言語をHTMLの中に埋め込んでコーディングしますので、HTMLコーダーよりもHTMLの深い知識が必要です。

JavaScript/PHPなどのスクリプト言語

JavaScript、PHPなどのスクリプト型のプログラミング言語の知識は必須となります。これらのプログラミング言語は、HTMLに直接記述してWebサービスに動的な動きを加えるために使用されます。

また、フォームからの入力情報などをWebサーバが受け取り、結果をWebブラウザに送信するなどの役割を持つため、ショッピングサイトや氏名・住所などを入力するページでは必ず必要になります。

各種APIやWebGLなどのWebサービスを構築する上で、必要なさまざまな知識や技術を習得し、正しく活用できるエンジニアが求められます。

デザイン

Webサービスを構築するには、デザイナーが作成したデザインを元にWebサイトを構築していきますので、デザインについての興味・知識も必要です。

職場によってはデザインの変更もフロントエンドエンジニアが受け持つこともあるため、Adobe製品のPhotoshopやIllustratorなども使えるようにしておくと更に良いでしょう。

CMS

CMSとはコンテンツ・マネジメント・システムのことでWebサイトを管理したり更新といったことができるシステムのことをいいます。

CMSを導入しておくことで、修正した内容を素早く更新・公開したり、指定した時間に予約投稿するといったことができます。

そのため、Webサイトを運営する上で、比較的規模が大きく定期的に更新が必要な場合はCMSを導入する必要がありますので、運用するための知識が必要になります。

コミュニケーションスキル

技術に関するスキルのみではなく、プロジェクトを円滑に進めるためにはコミュニケーションスキルも必須となります。

Webサービスの構築には規模によっては多くの人と関わる必要があります。クライアントやディレクターとの認識合わせのために打合せをすることもよくありますし、デザイナーやコーダーの意図を組んで適切にサービスを構築するために常日頃から意思の疎通をおこなっていくことも大切です。

その他

フロントエンドエンジニアは、エンジニアとしてコーディングスキルはもちろん必要になります。技術動向が早い業界ですので、常に業界の最新の動向についてはアンテナを張っておき、取り入れるべき技術は取り入れる姿勢を持つことも大切です。

また、作業の生産性や効率化を上げるために便利なツールを使用したり、作ったりして常に業務の改善を図っていくことも需要なスキルになります。

フロントエンドエンジニアの求人状況

フロントエンドエンジニアは、前述したように技術の発展に伴い仕事の幅が広がっています。また、最新のWebに関する技術に触れることも多く、ITの現場で第一線で活躍したい方にはぴったりのポジションといえます。

フロントエンドエンジニアは主にWebに関するサービスを作成しています。最近ではどの企業でも自社のWebサイトを公開していますし、さまざまなWebサービスも登場し、SNSやオンラインゲームなどのコンテンツ開発など、その需要は日々高まってきています。

特にここ最近で急速に普及したスマートフォンやタブレットを用いてWebブラウジングする機会が増え、スマートフォン用に最適化されたUIを開発するフロントエンドエンジニアの需要も増加しています。

主な求人内容

気になる最近の求人状況ですが、エンジニア関連の求人サイトを確認する限りでは、数多くの企業からの求人が掲載されています。

主な求人内容としては、自社ホームページの作成やLP(ランディングページ)の制作、分析ツールの開発やさまざまなメディアの制作、要件定義・設計から関わる求人内容まで幅広く掲載されています。

スキルを上げるとWebに関するさまざまな角度からサービスを開発することが可能となるため、より有利な条件で働くことができるようになるでしょう。

また、今後もITの需要拡大が見込まれており、フロントエンドエンジニアの求人が増えていくと予想されます。

フロントエンドエンジニアになるための勉強法

フロントエンドエンジニアになるためには、どのような勉強をしていけば良いのでしょうか?前述したようにフロントエンドエンジニアの仕事内容はIT業界の技術革新により、日々新しい技術が登場しています。学習コストは決して低くありませんが、基本的にはHTMLやCSS、JavaScriptやPHP、CMSなどの理解は必要となるため、これらの基礎は最低限抑えておく必要はあるでしょう。

また、Webサイトやアプリケーションなどのサービスがどのような構造で構築されているか、その仕組について理解することも大切です。

ではフロントエンドエンジニアになるために、どのように勉強を進めていけば良いのか、3つの方法を紹介します。

チュートリアルサイトの利用

出来る限り費用を抑えて学習していきたなら、無料で利用できるチュートリアルサイトを利用するのも1つの手段です。

チュートリアルサイトは基本的にブラウザのみで完結できるようになっていますので、学習するための環境を構築する手間を省くこともできます。

Webサービスを1から制作するためのチュートリアルサイトはたくさんありますので、自分の目的に合ったサービスを利用すると良いでしょう。

有料のサービスもありますが、スクールに通うよりはコストは比較的掛けずに済みますので、より理解を深めた場合は有料のサービスに登録することをおすすめします。

書籍で勉強する

基礎をしっかりと覚えたい場合は書籍で学習するのも1つの手段です。書籍は1つずつ丁重に解説されていることが多く、より深く内容を理解することができます。

HTMLやCSS、JavaScriptなどを初心者から学べる書籍も多く、Webサイトを構築するための書籍も数多くあります。

プログラミングなどの書籍は通常の書籍と比べて値段は高いですが、購入しておけば実際の開発の現場でも、辞書のように使うことができます。そのため、基礎をしっかりと理解できる書籍は購入しておくことをおすすめします。

スクールで勉強する

費用は掛かりますが、最短でフロントエンドエンジニアになるためのスキルを身に着けたいならスクールに通うことをおすすめします。

スクールならわからないことは講師にすぐ確認することができますので、疑問点がなかなか解決できずに時間を無駄にしてしまうこともありません。

また、最近ではさまざまな形態のプログラミング専門のスクールがあります。わざわざスクールに通わなくてもビデオ通話を利用して受講できたり、教師と1on1でわからないことを質問することもできます。

カリキュラム終了後の就職対策までセットになっているスクールも多く、専任のコンサルタントが就職先の紹介や履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策まで指導してくれるところもあります。

フロントエンドエンジニアでフリーランス

フロントエンドエンジニアでフリーランスとして活躍することは十分可能です。フロントエンドエンジニアはWebを中心に幅広く活躍できるエンジニアのため、フリーランスとして個人の業務委託での求人・案件も数多く存在します。

正社員よりフリーランスとして活躍するほうが、税金や保険の差引きを加味しても単価が高い場合も多いといえます。ある程度のスキルがあるならフリーランスとして活躍するのも1つの手段です。

フロントエンドエンジニアとして就業経験はない場合もフリーランスとして活躍することは可能です。昨今では個人で仕事を請け負うことクラウドソーシングサービスも続々と登場してきているため、自分でできそうな仕事を選んで経験を積んで、徐々に単価の高い案件にシフトしていくといった方法もあります。フリーランスエンジニア専門の案件紹介サイトや多くありますので利用してみるのも良いでしょう。

また、フリーランスの中にはデザイナーと兼務で仕事を請け負っている人も多いため、デザイナーとしてのスキルを身に着けておけば仕事の幅はさらに広がります。

作業形態としては大きく分けて、在宅型と企業常駐型があります。在宅型は会社に出勤する必要はありませんので、通勤が億劫にはぴったりな働き方です。

しかし、企業常駐型のほうが直接クライアントと接することができますので人脈を広げやすく、次の案件を紹介してくれたり、継続して仕事を任せられることが多くチャンスに恵まれやすいといえます。

フリーランスはこのようにメリットが大きいですが、何かトラブルがあっても会社が責任を取ってくれるわけではありません。最悪の場合契約解除や違約金などを求められる場合も有りえます。

そのため、フリーランスとして成功するには業務で必要なスキル以外にも幅広い知識を身に着けておく必要があるでしょう。

フロントエンドエンジニアの年収

気になるフロントエンドエンジニアの年収ですが、平均で456万円といわれています。求人内容を確認する限りでも400万~600万円が想定年収と思っていただいて良いでしょう。

仕事内容としても小規模な案件から大規模な案件まで幅広く存在しており、他の職種にもいえることですが、能力や仕事内容によって年収も異なります。

とくにフロントエンドエンジニアとしての能力が高く、使用できる技術の範囲が広い場合は年収にも大きく影響されます。

また、エンジニアとしての経験を活かして要件定義や設計などの上流工程の仕事やディレクターとしての役割もこなすことができれば、年収が500~600万やそれ以上の収入を得ることも十分可能です。

フロントエンドエンジニアという仕事は一昔前までは存在しませんでした。Web関連の職種は最も変化が激しい業界といわれています。

食いっぱぐれないためには自分の枠にとらわれず、常に新しい技術の習得や最近の動向を常にチェックしておきスキルアップを図ることが重要です!

まとめ

ここではフロントエンドエンジニアとは何か?必要なスキルや求人状況、勉強法や気になる求人内容について紹介しました。

Web業界の変化は激しく続々と新しいサービスが登場し、それに比例して仕事の幅も大きく広がっています。

そのため、今やフロントエンドエンジニアは現在の社会を支える上で無くてはならない職種といえます。

今後も需要が拡大することは間違いありませんので、あなたもフロントエンドエンジニアとしての第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

企業からスカウトメールが届くForkwell Scout

Forkwell Scoutの特徴

  • 一括送信ではないスカウトメール
  • 自分に興味のある企業がわかる
  • 登録するだけでスカウトメールが届く
  • 気になった企業にアプローチできる

Forkwell Scoutの登録・詳細はこちら

年齢で選ぶ!年代別オススメ転職サイト一覧表

「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない」という方のために、年齢別におすすめ転職サイトをご紹介します。年齢によって適している転職サイトも違いますし、転職サイトはそれぞれ取り扱っている求人も違います。あなたに合った転職サイトを選ぶことが大切です。

リクルートエージェント

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

転職支援実績NO.1。各業界に精通したキャリアアドバイザーがいるのでITエンジニア向け案件も多数あり。特に年収600万~800万の高収入求人が多い。登録しないと見られない「非公開求人」は紹介求人の80%以上あり、IT・Web業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験があり、さらに年収アップ、スキルアップしたい方にオススメ。

Forkwell Scout

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

大手の転職サイトのように一括送信されるスカウトメールではなく、本当に興味を持ってくれた企業からのスカウトメールを配信している点が大きな特徴。プロフィールは匿名で登録可能なので転職活動していることがほかの人に知られることはない。指定した企業の閲覧もブロック可能なので取引先など知られたくない企業は回避できる。

GEEKLY(ギークリー)

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。登録しないと見られない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験が1年以上ある方にオススメ。

dodaITエンジニア転職

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

ITエンジニアの転職に特化しているdoda ITエンジニア転職は全年齢がターゲットになっている転職サイト。転職者の満足度はNO.1。その理由は日本最大級のエンジニア求人情報数と取り扱い企業数にある。転職を考え始めたらまずはじめに登録をしておくべき。経験豊富なSE専門キャリアアドバイザーがカウンセリングから転職まで担当し、非公開求人の情報を個別に紹介してくれる。企業との強いリレーションがあるので企業側が求める人材を熟知していることが強み。推薦状を作成し、応募先企業へ送ってくれる点も魅力。

レバテックキャリア

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニアとして未経験の職種に転職する方から、同じ職種でキャリアアップを希望する方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。

レバテッククリエイター

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、IT・Web業界に特化したクリエイター向けの求人・案件を提案してくれる。ポートフォリオの作成法やデザイントレンドなど業界の動向にも詳しいコーディネーターがサポートしてくれる。初めて業務委託の案件を探す人にもおすすめ。大企業からベンチャー企業ま幅広く求人を扱っており、クリエイター求人・案件を見たいなら必ず登録を。

ワークポート

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。

関連記事

エンジニア転職で年収アップしたい!失敗しない転職に必要なことは?

エンジニアは高収入を得やすい職業ですが、一方で待遇の悪い企業も多く「努力に対して年収が安すぎる!」「どうすれば年収が上がるのかわからない」など…

SE辞めたい!IT業界はブラックばかり?転職で絶対に失敗しない方法

SEとして働いている人の中には、「毎日残業ばかりで辛い」「頑張っているのに給与水準が低いまま」など、辛い思いをして頑張っている方も多いのではない…

もう辞めたい!女性SEが現場で感じるキャリアの悩みと3つの解決法

近年のIT業界は、他業界と同様女性の進出が目覚ましく、かつて男性社会であったシステム開発の現場で女性SEが活躍するようになってきました。

業務アプリソフト開発エンジニアの仕事内容

この記事の目次業務アプリケーションソフトとは業務アプリケーションソフト開発の目的を明確にすることが必要業務分析を漏れなく行うことが必要業務改善提案を開発側が行うことが大切クライアント側のステークホルダ ...

組込みソフト開発エンジニアに必要なスキルとキャリアパス

組込みソフト開発エンジニアのキャリアパスを明確にするには「どんな職種があるのか」「その職種に必要なスキルは何か」を具体的にする必要があります。 回路設計や機構設計エンジニアのスキルは、実際…

  1. リクルートエージェント

    年収800万以上の高年収求人多数!

    • 転職支援実績NO.1
    • 業界最大級!紹介求人の80%が非公開求人
    • IT業界に精通したキャリアアドバイザーが求人を厳選
    • 応募書類添削・面接対策も充実したサポート
    • 独自分析した業界・企業情報の提供

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビAGENT×IT

    求人情報の8割が「非公開求人」

    • 大手企業からベンチャー企業まで求人種類が豊富
    • 求人情報の8割が「非公開求人」
    • 求人票に記載されていない情報を提供
    • 希望企業対充実、個別で面接対策を実施
    • IT業界経験があるアドバイザーの転サポート。

    マイナビAGENT×ITの登録・詳細はこちら

  3. Geekly(ギークリー)

    IT/WEB/ゲーム業界特化型で対応満足度NO.1

    • 業界特化型で対応満足度NO.1
    • IT・WEB・ゲーム業界転職を熟知
    • 業界トップレベルのコンサルタントがサポート
    • 求人票には載っていない詳しい企業情報を提供
    • Geekly独占の非公開求人も多数

    Geekly(ギークリー)の登録・詳細はこちら

最新記事