サーバーエンジニアになるには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サーバーエンジニアとはどういった職業なのでしょうか?仕事内容や、転職の際に重要な情報をご紹介します。

  
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
リクルートエージェント

詳細を見る

マイナビAGENT×IT

詳細を見る

GEEKLY(ギークリー)

詳細を見る

サーバーエンジニアの仕事内容

サーバーとは、ネットワーク上においてさまざまな機能やサービスを提供といったリソース(資源)を提供するコンピューターのことを指します。

サーバーエンジニアとは主にサーバーの構築と、運用・保守の2つの仕事に大別されます。では、具体的にどのような作業をするのでしょうか?

サーバーエンジニアの業務は、サーバーの構築・運用・保守がメイン<です。

  • サーバーエンジニアはサーバーの知識だけでなく、ネットワークやセキュリティの知識も必要
  • 今後クラウド化が進むため、ネットワークインフラの知識が重要になる
  • サーバーエンジニアは重宝され、これからも年収が上がる仕事

1.サーバー構築作業

サーバー構築作業は主に以下の3つの作業に細分化されます。

サーバー設計

サーバーには、「メールサーバー」や、「webサーバー」「ファイルサーバー」「データベースサーバー」「proxyサーバー」など様々な種類があります。サーバーの役割に応じてシステムを開発するプログラマと相談しながら、サーバーの台数、スペックや処理などを考えて構築をしていきます。

この際、通信速度がどれくらいになるか、将来的にはこのサーバーのスペックで申し分ないか、コスト面で条件を満たしているか等、あらゆる側面を考慮し抜け漏れがないかを確認します。特に、構築後の運用が滞りなくおこなえるかを考えながら先を見据えて構築をしていくことが大切です。

ラッキング作業、配線作業

サーバー構築の完了後、ラッキングや配線などの物理的な作業をおこないます。サーバーをラックに設置していき、ケーブル配線をしていく作業です。 サーバーラックにサーバー機の筐体を挿入して固定し、電源やネットワークなどの配線をおこないます。綺麗に配置や配線をすることで、後々のメンテナンスがしやすくなります。

OSや、アプリケーションの設定

サーバーシステムを動かすためのOSやアプリケーションをインストールして正しく設定します。サーバーにはさまざまな種類があるため、利用するサーバーに合ったアプリケーションを選択して設定します。

一般的なコンピューターのOSとして利用されているのはWindows系とLinux系が主流です。サーバーにインストールするOSは、個人が一般的に使用するOSとは異なり、サーバー専用のOSをインストールすることになります。それぞれのOSに関する知識が必要です。

2.サーバー運用・保守作業

サーバー運用・保守作業は主に以下の4つの作業に細分化されます。

設定の変更

OSバージョンアップにともなう設定変更や、メールサーバーにアドレスを追加、Webサーバーであればアクセス増加に耐えられるようなサーバーへの負荷分散をおこなうチューニング作業などの業務です。

監視・障害対応

監視専用のプログラムやアプリケーションによって、サーバーにエラーが発生していないか確認をします。エラーが出れば、ログ解析をします。

しっかりと原因を追究し、メンテナンスをおこない、別の障害時にもすぐに対応できるようにしていきます。

また、上記のような作業をおこなうため監視をしやすくする体制を整えることも運用・保守をおこなう上での大切なファクターです。障害時のトラブル対応は慎重を期す作業です。

バックアップ

バックアップの設定が正常に動いているか確認をします。もし上手くバックアップできていなければ、リストア(復元)をおこないます。バックアップ作業はサーバーを守るために最も重要な作業です。

もしサーバーのデータ、リソースが壊れてしまった場合や、ウイルスによって挙動がおかしくなった場合、さらにはサーバーのハードウェア自体がクラッシュしてしまった場合などに備えなければなりません。必ず常にバックアップの取得状況の確認を欠かしてはいけないのです。

セキュリティチェック

ウイルス攻撃などがあった際にも正常に動作するように、セキュリティに問題が無いかチェックをおこないます。主に、ウイルス対策ソフト等の設定作業が一般的です。

サーバーエンジニアのやりがい

サーバーエンジニアの仕事の一側面として、サーバーのバグやトラブル対処に時間は関係がないというものがあります。トラブルが起きてしまった際は急いで障害を確認し、復旧作業をおこなう必要があります。この作業ではスピードが大切なため、夜中や休日であっても、サーバーエンジニアは原因を究明するための作業をすることになります。体力勝負の仕事だといえるでしょう。サーバーエンジニアであれば多かれ少なかれ経験することがあるかもしれません。

しかしながら、サーバーエンジニアにはそれをしのぐ多くのやりがいが存在します。サーバーエンジニアの仕事のやりがいは「サーバーを最適にチューニングすること」だといえるでしょう。

  • このサーバーには負荷が最大でどれくらいかかるか
  • 最大同時接続数はどれぐらいか
  • 最大負荷がかかった時に必要なメモリの割当はどうか
  • CPU稼働率はどうか

等々、ネットワーク全体の流れを考えながらそのサーバーに必要十分なスペックを割り当てていき、トータルコストを最小限に抑えてゆく工程はサーバーエンジニアならでは魅力ではないでしょうか。

更に、近年は、クラウド技術の発展が著しくAmazonやMicrosoftが提供するAWSや、Azureといったクラウド上へのサーバー構築が盛んにおこなわれる世の中になってきました。これからのサーバーエンジニアは、クラウドの存在も意識した構築がどんどん増えてくることが予想されています。

ゆえに、オンプレミスの物理サーバーとクラウド上の仮想サーバーとの双方の知識が必要になってきているというわけです。

このように、システムやアプリケーションを動作させる基盤の構築をおこなうサーバーエンジニアの需要はますます増えている状況です。

サーバーエンジニアの年収

契約形態やスキルによって金額は大きく変わるため一概には定義が難しい部分がありますが、サーバーエンジニアの平均的な年収は20代で400万円、30代で500万円くらいであるといわれています。

30代後半から40代前後になってくると700万円以上の支給がある企業も存在します。なお、サーバーエンジニアの年収は年々増加傾向にあります。

サーバーエンジニアに求められる技術はどんどん高度になってきています。そのため、レベルの高い技術を持っている人は年収アップが期待できるという状況にあります。

つまり、会社に求められる仕事をこなすだけでなく、それ以上を目指すことにより必然的に年収はアップしていきます。エンジニアとしての自身の価値をあげていくことがとても重要になってくるわけです。

そういった意味では、ネットワークエンジニアとしての業務もおこなえると、大きな年収アップが期待されます。また、多くの企業では資格の保有率等でも手当がもらえるため、年収が大きく変わってくる要因になると考えられます。

サーバーエンジニアに必要な能力とは

サーバーエンジニアは、冒頭で紹介したように様々な種類のサーバーを扱います。そのため、担当するサーバーの種類によって必要なスキルがさまざまです。とても多くの知識を身につけなければならないでしょう。

しかし、どのサーバーを扱う場合であっても、OSの知識やネットワークとセキュリティの知識は必須だといえます。また、アプリケーションサーバーの場合であれば上記の知識の他に、アプリケーション開発の知識も必要となってきます。

近年はネットワークのクラウド化が進んでいるため、サーバーエンジニアとして活躍をするためには、更なる知識を深める必要があります。これまで以上に、サーバーだけではなくネットワークのインフラについて知っておくべきでしょう。

また、ビジネスに使用するデータ量がどんどん増え続けているため、「ビッグデータ」という言葉がいま注目を集めています。サーバーのデータ処理能力を上げることによって、ビジネスで有効活用できるようにすることまでが、現在サーバーエンジニアに求められています。

では、具体的にサーバーエンジニアとして仕事をおこなう上で必要な資格を紹介いたします。代表的なサーバーのOSにはWindows、OS X、UNIX、Linuxなどがあります。これらのどれかだけではなく、いずれにも精通しておけることが理想です。もちろん、それぞれのOSに対応したソフトウェアに関する知識も必要です。

こういった観点から、Windows Serverならマイクロソフト認定ソリューションエキスパート(MCSE)、LinuxならLinux技術者認定試験(LPIC)があり、サーバーエンジニアとして働く上では、推奨される資格となります。

サーバーエンジニアだけに限った話ではないですが、サーバーエンジニアの作業対象範囲がネットワーク環境下にあるサーバーの保守管理をする役割がある以上、セキュリティに関するノウハウが必要になります。国家資格である情報処理安全確保支援士の取得が推奨されるでしょう。

さらに、ネットワークエンジニアの業務も平行しておこなうことでキャリアアップを目指そうという方は、ネットワークインフラの設計や構築、保守管理の知識を身につけつつ、国家資格であるネットワークスペシャリストやシスコ技術者認定であるCCNA、CCNPなどの資格に挑戦していくのがおすすめです。

サーバーエンジニアとネットワークエンジニアの違い

では次に、よく混同されてしまう「ネットワークエンジニア」と「サーバーエンジニア」それぞれの違いを以下でご紹介いたします。冒頭でも紹介した通りサーバーエンジニアはサーバーの構築・運用・保守を担います。

ネットワークエンジニアはネットワークをつなぐためのアプリケーションの構築・運用・保守を担います。サーバーとクライアントを結ぶネットワーク、特にサーバー周りのネットワーク部分を中心におこなう業務です。

主な業務としては、ネットワークの構築や、運用・保守とネットワークの監視です。ネットワークの構築、運用・保守では、プログラミングなどと違い、主にクライアント先に設置された機器に対して、ネットワーク構築のための設定ファイルの作成をおこないます。ネットワークの監視では、ネットワークの通信トラフィックの監視をおこないます。

一つ例を挙げてみましょう。サーバーエンジニアでは、セキュリティチェックの際、サーバー上でのウイルス対策を施しました。ネットワークエンジニアでおこなうセキュリティ対策としてはサーバーに対するアクセス制限を設ける等の措置をおこないます。

これは、サーバーに対しての不審な通信をブロックすることでセキュリティの向上を図っているわけです。このように、サーバーエンジニアとネットワークエンジニアはサーバーとネットワーク、それぞれ見ている対象が異なっていることが大きな違いといえるでしょう。

共通する点は、コンピューターを動かすために欠かすことのできない仕事であるという点です。さらにOS、ネットワーク、セキュリティなどの知識が必要な点も似ています。

参考まで上記2つのエンジニアとこれまた混同されやすいインフラエンジニアについてもご紹介いたします。インフラエンジニアは、PCの配置、サーバー機、ルーターやハブ、配線などの設置をおこないます。

また、物理的なものだけでなく、各クライアント端末のプリンタ、セキュリティ、SSLのクライアント証明書の設定などもおこないます。

配線をおこなう点ではサーバーエンジニアと似通う点があり、ルーターやハブの設定をおこなう点ではネットワークエンジニアと似通う点がありますが、インフラエンジニアの作業対象範囲はあくまでクライアント周りの設定になっております。

サーバーエンジニアのキャリアパス

未経験の方なら監視・運用からスタートして知識を蓄えてから、構築へと進むのが一般的です。構築作業を積み重ねることでサーバーに関する知識やノウハウが蓄積されていきます。将来的にはサーバーの設計から担い、提案もおこなえる上流工程に進むのが理想的です。

上流工程に進むとなると、もちろんユーザーに対して提案をおこなうスキルが必要になってきます。提案をおこなう場合、ユーザーの抱く疑問に対して回答できるレベルの多くの知識が必要になります。

そして、最も重要なのがユーザーに信頼してもらえるコミュニケーション能力です。エンジニアは機械に向き合うだけではなく、人にも向き合わなければなりません。

サーバーエンジニア経験者はとてもニーズが高いです。これまで培った知識や経験をアピールすると、転職を機にキャリアアップが望めるでしょう。

IT業界は進歩が著しいフィールドです。サーバーエンジニアの需要は増え続けておりますが、一方で求められる技術のレベルは年々上がっています。

今後のサーバーエンジニアは最新の技術動向に対し高いアンテナを張って知識やノウハウを蓄積していけることがキャリアを形成する上で最も重要な要因になるはずです。

企業からスカウトメールが届くForkwell Scout

Forkwell Scoutの特徴

  • 一括送信ではないスカウトメール
  • 自分に興味のある企業がわかる
  • 登録するだけでスカウトメールが届く
  • 気になった企業にアプローチできる

Forkwell Scoutの登録・詳細はこちら

年齢で選ぶ!年代別オススメ転職サイト一覧表

「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない」という方のために、年齢別におすすめ転職サイトをご紹介します。年齢によって適している転職サイトも違いますし、転職サイトはそれぞれ取り扱っている求人も違います。あなたに合った転職サイトを選ぶことが大切です。

リクルートエージェント

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

転職支援実績NO.1。各業界に精通したキャリアアドバイザーがいるのでITエンジニア向け案件も多数あり。特に年収600万~800万の高収入求人が多い。登録しないと見られない「非公開求人」は紹介求人の80%以上あり、IT・Web業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験があり、さらに年収アップ、スキルアップしたい方にオススメ。

Forkwell Scout

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

大手の転職サイトのように一括送信されるスカウトメールではなく、本当に興味を持ってくれた企業からのスカウトメールを配信している点が大きな特徴。プロフィールは匿名で登録可能なので転職活動していることがほかの人に知られることはない。指定した企業の閲覧もブロック可能なので取引先など知られたくない企業は回避できる。

GEEKLY(ギークリー)

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。登録しないと見られない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験が1年以上ある方にオススメ。

dodaITエンジニア転職

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

ITエンジニアの転職に特化しているdoda ITエンジニア転職は全年齢がターゲットになっている転職サイト。転職者の満足度はNO.1。その理由は日本最大級のエンジニア求人情報数と取り扱い企業数にある。転職を考え始めたらまずはじめに登録をしておくべき。経験豊富なSE専門キャリアアドバイザーがカウンセリングから転職まで担当し、非公開求人の情報を個別に紹介してくれる。企業との強いリレーションがあるので企業側が求める人材を熟知していることが強み。推薦状を作成し、応募先企業へ送ってくれる点も魅力。

レバテックキャリア

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニアとして未経験の職種に転職する方から、同じ職種でキャリアアップを希望する方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。

レバテッククリエイター

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、IT・Web業界に特化したクリエイター向けの求人・案件を提案してくれる。ポートフォリオの作成法やデザイントレンドなど業界の動向にも詳しいコーディネーターがサポートしてくれる。初めて業務委託の案件を探す人にもおすすめ。大企業からベンチャー企業ま幅広く求人を扱っており、クリエイター求人・案件を見たいなら必ず登録を。

ワークポート

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。

関連記事

エンジニア転職で年収アップしたい!失敗しない転職に必要なことは?

エンジニアは高収入を得やすい職業ですが、一方で待遇の悪い企業も多く「努力に対して年収が安すぎる!」「どうすれば年収が上がるのかわからない」など…

SE辞めたい!IT業界はブラックばかり?転職で絶対に失敗しない方法

SEとして働いている人の中には、「毎日残業ばかりで辛い」「頑張っているのに給与水準が低いまま」など、辛い思いをして頑張っている方も多いのではない…

もう辞めたい!女性SEが現場で感じるキャリアの悩みと3つの解決法

近年のIT業界は、他業界と同様女性の進出が目覚ましく、かつて男性社会であったシステム開発の現場で女性SEが活躍するようになってきました。

業務アプリソフト開発エンジニアの仕事内容

この記事の目次業務アプリケーションソフトとは業務アプリケーションソフト開発の目的を明確にすることが必要業務分析を漏れなく行うことが必要業務改善提案を開発側が行うことが大切クライアント側のステークホルダ ...

組込みソフト開発エンジニアに必要なスキルとキャリアパス

組込みソフト開発エンジニアのキャリアパスを明確にするには「どんな職種があるのか」「その職種に必要なスキルは何か」を具体的にする必要があります。 回路設計や機構設計エンジニアのスキルは、実際…

  1. リクルートエージェント

    年収800万以上の高年収求人多数!

    • 転職支援実績NO.1
    • 業界最大級!紹介求人の80%が非公開求人
    • IT業界に精通したキャリアアドバイザーが求人を厳選
    • 応募書類添削・面接対策も充実したサポート
    • 独自分析した業界・企業情報の提供

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビAGENT×IT

    求人情報の8割が「非公開求人」

    • 大手企業からベンチャー企業まで求人種類が豊富
    • 求人情報の8割が「非公開求人」
    • 求人票に記載されていない情報を提供
    • 希望企業対充実、個別で面接対策を実施
    • IT業界経験があるアドバイザーの転サポート。

    マイナビAGENT×ITの登録・詳細はこちら

  3. Geekly(ギークリー)

    IT/WEB/ゲーム業界特化型で対応満足度NO.1

    • 業界特化型で対応満足度NO.1
    • IT・WEB・ゲーム業界転職を熟知
    • 業界トップレベルのコンサルタントがサポート
    • 求人票には載っていない詳しい企業情報を提供
    • Geekly独占の非公開求人も多数

    Geekly(ギークリー)の登録・詳細はこちら

最新記事