プログラマー未経験者がプログラマーになるまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年はIT業界の需要拡大によりプログラマーの仕事が注目されています。しかし、プログラマーになりたいけど「なんだか難しそう」「未経験で就職できるのか」といった不安を抱えている人も多いのではないでしょうか?

ここでは未経験でプログラマーを目指す方のために、プログラマーになるために必要な知識や、新卒未経験で就職するためのおすすめのサイト、求められるスキルや資格についてご紹介します。

  
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
リクルートエージェント

詳細を見る

マイナビAGENT×IT

詳細を見る

GEEKLY(ギークリー)

詳細を見る

未経験でもプログラマーになることは可能か

「未経験でもプログラマーになることはできるのか?」結論からいえば、未経験でも十分プログラマーになることは可能です。

理由としては、近年のIT業界の需要拡大による人材が不足していることが挙げられます。また、プログラマーとしてプログラミング言語の知識を理解している必要はありますが、重要なのは業務に慣れることだからです。

同じプログラミング言語でも企業によっては規約やルールで書き方が違ったり、プログラマーによってはプログラミング以外のテストや資料作成などもの業務もおこなう必要があります。

そのため、企業によって業務内容は異なりますのでプログラミングのスキルよりも、入社後の業務内容を覚えることが何よりも重要となります。

企業の採用担当者はプログラミングスキル以外の要素も重視しています。どの企業にもいえることですが、プログラミングは1人でおこなうわけではなく、複数人のチームで開発をおこないます。手戻りやミスを防ぐためにも正しく意思疎通をおこなうためのコミュニケーションスキルは大切です。

また、設計書の内容に基いて正しくプログラミングをおこなえることや、チームでプロジェクトを円滑に進めるための協調性、忍耐力などの要素も必要になります。

プログラマー未経験でもバイトは可能か?

プログラマーの就業経験がなくても、アルバイトプログラマーとして働くこともできます。アルバイトでプログラミングをする場合は、主にスマートフォンのアプリ開発や、ショッピングサイトや企業のコーポレートサイト制作などのWebサービス開発、開発補助やプログラムのバグを洗い出すデバッグなど、仕事内容は多岐にわたります。

また、気になるアルバイトの給与ですが、専門知識が必要なことから他のアルバイトに比べてもその水準は比較的高いといえるでしょう。

内容によって時給は変わりますが、実際にプログラミングをおこなう場合は時給がより高くなる場合が多いです。

アルバイトプログラマーのメリット・デメリット

未経験でプログラマーのアルバイトをする一番のメリットとして、プログラマーのスキルを身につけられることが挙げられます。

プログラマーとして働く上で、プログラミングは慣れることも重要な要素のため、アルバイトとして十分プログラマーとしてのスキルを身につけたあとで、就職を視野に入れるのも良いでしょう。

また、アルバイトは自分の都合で働くこともできますので、会社によっては休日や労働時間を調整することもできます。そのため、アルバイトとしてプログラミングをおこないつつも平行してプログラミングのスクールに通ったり、仕事と勉強を両立することも可能です。

デメリットとしては、プログラマーのアルバイトは社員と比べて簡単な仕事しか任せられない場合も多いということです。場合によってプログラミングよりもデバッグやテスト作業ばかりで思ったよりもスキルを身に着けられない可能性があります。そのため、業務内容についてはよく確認しておくほうが良いでしょう。

また、昇給についても正社員に比べれば小さく、ボーナスや退職金も期待できないため、長く働くことはおすすめできません。

プログラマー未経験は何歳まで転職できる?

プログラマー未経験の場合、何歳まで転職することは可能でしょうか?以下に年齢別に未経験で転職する場合の転職事情について紹介します。

20代後半

20代後半から未経験でプログラマーになることは比較的簡単です。転職市場では20代という若さは大きな武器となりますので、プログラマーを目指すなら、20代の内から転職活動をしておくべきといえるでしょう。

20代の前半に比べれば20代後半は多少ハードルが上がりますが、20代以降に比べると有利に転職を進めることができます。

また、20代からプログラマーとしてスタートしておけば、その後もさまざまなプログラミングのスキルを習得することも可能です。たとえば、プログラミングとしてのキャリアを積んだ後にシステムエンジニアとして、より上流の仕事を目指すのも1つの手段です。

30代

30代から未経験でプログラマーとして転職することは十分可能です。30代でもプログラマーとして未経験、知識が無くても採用する企業はありますが、20代を対象とする求人のほうが多いのもまた事実です。

30代は未経験でもプログラミングのスキルを求められたり、IT業界で働くための実務経験が求められる企業のほうが多いといえます。

しかし、プログラマーとしての経験はなくても趣味がプログラミングであったり、ITの知識があるという人を採用したい企業は多くあります。

そのため、未経験で業界へ転職することも可能ですが、事前にプログラミングを学習しておいたり、必要な資格を取得しておくなどの転職するための準備をしておくことをおすすめします。また、30代からの転職はリスクも高く、転職の準備も慎重に進める必要があるでしょう。

40代

40代も30代同様未経験からプログラマーに転職することは可能ですが、40代になると未経験OKのプログラマーの求人は一気に減ると思っても良いでしょう。50代も同様に未経験で採用される可能性はありますが、転職の難易度は高いと考えられます。

40代がIT業界で求められる人材としては、上流工程(要件定義・設計)が可能なことやプロジェクトをマネジメントできる能力など、IT業界で一定の経験を積んでいることが条件となることが多い印象です。そのため、未経験での転職は20代、30代に比べてハードルは高いといえます。

しかし、2017年現在IT業界は慢性的な人手不足のため、40代未経験でプログラマーとしての人生を再スタートするのも選択肢の1つとしては十分可能です。

また、プログラマーが必要とされる能力は、プログラミング以外にもコミュニケーションスキルやトラブルが発生した場合の問題解決能力なども必要ため、人生経験が豊富な40代のほうがむしろ有利な場合もあります。

30代同様全くの未経験で業界へ飛び込むのではなく、ある程度のプログラミング言語の知識やIT業界で働くための資格は取得しておいても良いでしょう。

40代未経験でプログラマーの転職は難しいと決めつけるのではなく、今一度自分の強みを確認した上でプログラマーになるために必要な知識を身に着けておけば、転職は十分可能といえます。

未経験・新卒でプログラマーになりたいなら

新卒でプログラマー未経験で就職する難しいのでしょうか?新卒でプログラマーとして就職することについては「知識も経験も無いのに雇ってくれるのだろうか?」という不安も多いと思います。しかし、新卒学生の多くは未経験でプログラマーとして採用されていますのでご安心ください。

プログラマーでの就職活動は、主に就職サイトを利用することが一般的です。とくに多くの人が利用する総合就職サイトは求人数も多く、情報量も多いため目的の企業を比較的簡単に探すことができます。

しかし、総合就職サイトの注意点として、多くの人が利用する分競争も激しいといえます。そのため、内定を得るために効率よく就活をおこないたいのなら、ライバルの少ない就職サイトや、エンジニア・プログラマーに特化した就職サイトを利用するほうが良いでしょう。いくつかの求人サイトを検索して比較して利用しましょう。

未経験・中途採用でのプログラマーの需要

近年IT業界はIoTによるモノのインターネットや、人工知能(AI)などが話題を集め、需要が伸びています。市場規模も拡大し続けており、経済産業省が発表した内容によると2020年にはエンジニアの数が20万人不足すると予測されています。

2017年現在もIT業界は慢性的な人手不足のため、プログラマーとして就業経験が無くても、未経験・中途採用でのプログラマーの需要は高まっているといえます。

しかし、プログラマーが不足しているからといって、未経験で簡単に就職・転職ができるとは一概に言い切れません。国内の人材が不足している場合、海外のオフショア開発に頼る可能性があるからです。

オフショア開発はIPA(独立行政法人 情報処理推進機構)によると、日本企業の約半数が導入しているといわれており、コストも抑えられるため最近注目を集めています。

そのため、未経験でも先述したアルバイトでのプログラミング経験や、書籍やスクールなどでプログラミングを学んでおくなどしておいたほうが、未経験でもプログラマーへの就職をより有利に進めることができます。

ITの技術は日々発展し続けていますので、自発的に新しい技術を身につけていることもアピールポイントとすれば、採用担当者からも意欲があると評価を頂けることになります。

また、プログラミング以外にもわかりやすく伝える技術やプロジェクトを工程どおりに勧めていけるような、ビジネススキルについても身につけておく必要があります。

未経験のプログラマーでもあると有利な資格やスキル

プログラマーとしても経験が未経験でも持っておくと有利な資格やスキルはあります。プログラマーと一言でいっても求められるスキルは多岐に渡ります。

求められるプログラミングスキルを身につけよう

まずは自分がプログラマーとしてどんなモノを作りたいか?どのような企業に入りたいか、目的の企業ではどのようなスキルが求めているか?明確にしておく必要があります。

たとえばWebサービスの開発をおこないたいなら、HTMLやCSSのようなマークアップ言語やPHP、Rubyなどのプログラミング言語を理解していると有利です。

iPhoneやiPadなどのアプリ開発をおこないたいならSwift、規模の大きな基幹システムや金融システムでの現場で活躍したい場合は、CやJava、COBOLなどの言語についての理解が必要になります。

また、就職するためにはポートフォリオを作成しておくことも有効です。自分でソースコードを入力してアプリケーションやWebサイトなどを作成しておけば、大きなアピールポイントとなりますし、自分で苦労して作成した分スキルの向上に繋がります。

資格取得も有利

資格も目的のプログラミング言語に特化した「Oracle認定 Javaプログラマ」などの資格や、IT業界で活躍するために基礎的な知識を身につけられる「ITパスポート」や「基本情報技術者」の資格を取得しておくことをおすすめします。

また、より高難易度の資格を取得しておきたい場合は、IT業界における技術や管理、経営面など幅広い応用力が身につけられる「応用情報技術者」、システムを構築する上で必要不可欠となるネットワークの専門家である「ネットワークスペシャリスト」などの資格取得を目指すのも良いでしょう。

資格手当が支給される企業も多いので、企業がどのような資格を求めているか?事前に確認しておくと良いでしょう。

プログラミングの勉強方法

プログラミングの勉強方法は様々です。気軽にプログラミングを勉強したいなら、チュートリアルサイトで学ぶことをおすすめします。

チュートリアルサイトはWebブラウザで直接ソースコードを打ち込んで動作を確認できるサイトが多く、初心者がつまづきやすい学習環境を構築する手間が省けます。

初心者向けのチュートリアルサイトはたくさんありますので、自分の目的に合ったサイトを選んで学習すると良いでしょう。無料で利用できる情報量の多いサイトも数多くあります。

最低限の学習に止めておきたい場合

学習する時間がなかなか取れなかったり、早く就職・転職したい場合は最低限プログラミングの用語を覚えておきましょう。

また、Webサービスを開発するならサイトがどのように作成されているのか、構造を理解しておくことも大切です。事前にある程度必要な知識を知っておくことで、実務での理解度が早くなります。

まとめ

ここでは、未経験でもプログラマーになれることや、中途採用でプログラマーとして転職できるのかを年代別に紹介し、新卒でプログラマーになるためのおすすめの就活サイト、有利な資格やスキルなどについて紹介しました。

プログラマー未経験だとプログラミングってなんだか難しそう、自分にはできるだろうか?と不安に思っている方も多いと思います。しかし、やる気と熱意を持って取り組んでいけば、プログラマーとして成長することは十分可能です。あなたもプログラマーとしての第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

企業からスカウトメールが届くForkwell Scout

Forkwell Scoutの特徴

  • 一括送信ではないスカウトメール
  • 自分に興味のある企業がわかる
  • 登録するだけでスカウトメールが届く
  • 気になった企業にアプローチできる

Forkwell Scoutの登録・詳細はこちら

年齢で選ぶ!年代別オススメ転職サイト一覧表

「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない」という方のために、年齢別におすすめ転職サイトをご紹介します。年齢によって適している転職サイトも違いますし、転職サイトはそれぞれ取り扱っている求人も違います。あなたに合った転職サイトを選ぶことが大切です。

リクルートエージェント

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

転職支援実績NO.1。各業界に精通したキャリアアドバイザーがいるのでITエンジニア向け案件も多数あり。特に年収600万~800万の高収入求人が多い。登録しないと見られない「非公開求人」は紹介求人の80%以上あり、IT・Web業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験があり、さらに年収アップ、スキルアップしたい方にオススメ。

Forkwell Scout

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

大手の転職サイトのように一括送信されるスカウトメールではなく、本当に興味を持ってくれた企業からのスカウトメールを配信している点が大きな特徴。プロフィールは匿名で登録可能なので転職活動していることがほかの人に知られることはない。指定した企業の閲覧もブロック可能なので取引先など知られたくない企業は回避できる。

GEEKLY(ギークリー)

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。登録しないと見られない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験が1年以上ある方にオススメ。

dodaITエンジニア転職

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

ITエンジニアの転職に特化しているdoda ITエンジニア転職は全年齢がターゲットになっている転職サイト。転職者の満足度はNO.1。その理由は日本最大級のエンジニア求人情報数と取り扱い企業数にある。転職を考え始めたらまずはじめに登録をしておくべき。経験豊富なSE専門キャリアアドバイザーがカウンセリングから転職まで担当し、非公開求人の情報を個別に紹介してくれる。企業との強いリレーションがあるので企業側が求める人材を熟知していることが強み。推薦状を作成し、応募先企業へ送ってくれる点も魅力。

レバテックキャリア

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニアとして未経験の職種に転職する方から、同じ職種でキャリアアップを希望する方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。

レバテッククリエイター

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、IT・Web業界に特化したクリエイター向けの求人・案件を提案してくれる。ポートフォリオの作成法やデザイントレンドなど業界の動向にも詳しいコーディネーターがサポートしてくれる。初めて業務委託の案件を探す人にもおすすめ。大企業からベンチャー企業ま幅広く求人を扱っており、クリエイター求人・案件を見たいなら必ず登録を。

ワークポート

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。

関連記事

エンジニア転職で年収アップしたい!失敗しない転職に必要なことは?

エンジニアは高収入を得やすい職業ですが、一方で待遇の悪い企業も多く「努力に対して年収が安すぎる!」「どうすれば年収が上がるのかわからない」など…

SE辞めたい!IT業界はブラックばかり?転職で絶対に失敗しない方法

SEとして働いている人の中には、「毎日残業ばかりで辛い」「頑張っているのに給与水準が低いまま」など、辛い思いをして頑張っている方も多いのではない…

もう辞めたい!女性SEが現場で感じるキャリアの悩みと3つの解決法

近年のIT業界は、他業界と同様女性の進出が目覚ましく、かつて男性社会であったシステム開発の現場で女性SEが活躍するようになってきました。

業務アプリソフト開発エンジニアの仕事内容

この記事の目次業務アプリケーションソフトとは業務アプリケーションソフト開発の目的を明確にすることが必要業務分析を漏れなく行うことが必要業務改善提案を開発側が行うことが大切クライアント側のステークホルダ ...

組込みソフト開発エンジニアに必要なスキルとキャリアパス

組込みソフト開発エンジニアのキャリアパスを明確にするには「どんな職種があるのか」「その職種に必要なスキルは何か」を具体的にする必要があります。 回路設計や機構設計エンジニアのスキルは、実際…

  1. リクルートエージェント

    年収800万以上の高年収求人多数!

    • 転職支援実績NO.1
    • 業界最大級!紹介求人の80%が非公開求人
    • IT業界に精通したキャリアアドバイザーが求人を厳選
    • 応募書類添削・面接対策も充実したサポート
    • 独自分析した業界・企業情報の提供

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビAGENT×IT

    求人情報の8割が「非公開求人」

    • 大手企業からベンチャー企業まで求人種類が豊富
    • 求人情報の8割が「非公開求人」
    • 求人票に記載されていない情報を提供
    • 希望企業対充実、個別で面接対策を実施
    • IT業界経験があるアドバイザーの転サポート。

    マイナビAGENT×ITの登録・詳細はこちら

  3. Geekly(ギークリー)

    IT/WEB/ゲーム業界特化型で対応満足度NO.1

    • 業界特化型で対応満足度NO.1
    • IT・WEB・ゲーム業界転職を熟知
    • 業界トップレベルのコンサルタントがサポート
    • 求人票には載っていない詳しい企業情報を提供
    • Geekly独占の非公開求人も多数

    Geekly(ギークリー)の登録・詳細はこちら

最新記事