IT業界で活躍するエンジニア!人材不足解消に向けた動きとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

it分野の成長が著しい現代において、it業界で活躍したいと考える人は多いようです。また、it業界としてもさらなる成長のためには優秀な人材を確保する必要があります。そのためitスキルのある人材を求める企業は多く存在しているのですが、業界としては慢性的に人材不足に陥っている傾向があるようです。

なぜそのような状況になっているのでしょうか。それを知ることで業界の現状や求められている人材、そしてどういった企業が活躍するのに適した環境かがわかるようになります。これからそうした状況についてまとめていきます。

  
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
リクルートエージェント

詳細を見る

マイナビAGENT×IT

詳細を見る

GEEKLY(ギークリー)

詳細を見る

現在の状況は?IT産業で人材不足になっている原因

日本にとどまらず、世界中でit企業は隆盛を極めているといえるでしょう。そうした華やかな業界であるにも関わらず、なぜ慢性的に人材が不足しているのでしょうか。

その理由として、3つの要因が挙げられます。詳細は以下に譲りますが、「it産業の成長」、「it技術職の定年」そして「労働者の減少」といった要因が絡み合って人材不足を引き起こしているのです。

「it技術職の定年」のように業界特有の課題もあれば、it業界に限らず人材不足に陥る要因が存在します。それぞれ、どういった要因なのかをまとめていきます。

IT産業の成長

it産業の成長が人材不足につながる、といわれてもピンとこないかもしれません。どういうことかというと、産業が成長すればその産業全体としてさらなる成長をするために労働力、すなわち人材が必要になってきます。

優秀な人材はどこの企業も欲するようになるため、そうした人材への需要は絶えず存在することになります。しかし、そうした優秀な人材は無尽蔵にいるわけではありません。したがって、多くの企業が求めるような人材はどうしても不足してしまうのです。

これはit産業に限った話ではありませんが、成長著しい産業においては人材不足が課題になりやすいといえるでしょう。昨今のit産業界でいえば、活躍の場所は日本にとどまりません。

世界中に有名なit企業が存在するため、優秀な人材はどこでも活躍できる環境が整っています。そのため、本当に優秀な人材は海外へ流出することも考えられるため、国内においてはさらに人材不足が課題となりやすくなってきているのです。

エンジニアにとっては自身のスキル次第で活躍できる環境を選ぶことができたり、収入アップも容易に見込めたりするなどメリットが大きいのですが、企業にとっては優秀な人材を採用することも、その人材を社内に留めることも非常に難しくなっているといえます。

IT技術職の定年

「エンジニア35歳定年説」という言葉を聞いたことはありませんか。it業界ではよく知られている言葉です。実際に定年が35歳に設定されているわけではありませんが、技術革新スピードが著しいit業界において、知識や体力といった面から考えて戦力とされるのが35歳まで、ということを表しています。なぜこの言葉を持ち出したかというと、it技術職の定年が人材不足を引き起こす要因となっているからです。

冒頭の言葉をそのまま使うと、35歳を過ぎたエンジニアは一線を退くということになります。実際は違うとしても、体力や知識の衰えによりそれまでと同様に活躍し続ける、というのは困難なようです。そうなると、そのエンジニアの労働力を他の若手がカバーする必要があります。新しく参入する若手エンジニアの数が一線を退くエンジニアの数を上回れば良いのですが、多くの場合は若手の参入は決して多くないようです。

最近では35歳定年説も昔の話になり、むしろ経験豊富なエンジニアとして歓迎されることもあるようですが、それでもit業界は他業界に比べると一線を退く年齢が低いのは間違いないようです。

このように、それまで経験を積んできたエンジニアが一線を退くタイミングが他の業界に比べて早いという点が業界の人材不足に繋がっているといえそうです。

労働者の減少

3点目として、労働者そのものの減少が挙げられます。これは様々な理由が挙げられますが、主だったものとしては少子高齢化や業界からの離脱が挙げられます。

少子高齢化による労働者減少はit業界に限った話ではありません。しかし、若い人材の絶対数が減ってきていることは人材不足に直結するといえるでしょう。

業界からの離脱というのは、it業界に存在する「ブラック企業」に入ってしまい、労働環境の良さを求めてit業界ではない他業界へキャリアチェンジすることを指します。

it業界で活躍する方の中には比較的労働時間が長くなりがちな人も確かに存在します。プログラマーとしてコーディングに携わる方などが該当するかもしれません。しかし、労働時間が長くなったとしてもきちんと手当や労働者を守る制度が整っていればいいのですが、ブラック企業の場合はその点が疎かになっていることが多いようです。

そうしたことから発生した様々なトラブルが各種メディアに取り上げられて話題になったことからブラック企業の存在が社会に広く知れ渡るようになりました。

ブラック企業については後ほど詳細に述べますが、そうした企業に入ってしまうことによって人材が他業界に流出してしまうというのも人材不足をもたらしている要因といえるでしょう。

IT企業ではどんな人材が求められているのか?

ここまではit業界がなぜ人材不足に陥っているのかについてまとめてきました。様々な要因ゆえに業界全体として優秀な人材確保に腐心しているといえるでしょう。ただし、いくら人材不足とはいっても有象無象の人材を求めているわけではありません。

高度なスキルを持った優秀なエンジニアやポテンシャルの高い若手が求められるのは想像に難くありませんが、他にはどういった人材が求められているのでしょうか。以下では各種分野ごとにどういった人材が求められているのか?というポイントをまとめていきます。

分野として取り上げるのは昨今注目度が高いAIやIotといった先端IT分野、そしてitが社会に浸透すればするほど重要性が高まってくる情報セキュリティ分野の2つです。

いずれも今後のit業界を語るうえでは欠かせない分野といえますので、それぞれの分野でどういった人材が求められているのかを知っておくと就職や転職の方向性のヒントとすることができるのではないでしょうか。

先端IT分野

AIやIotといったit業界の中でも進歩著しい先端it分野においては、技術革新のスピードゆえに優秀な人材が強く求められているといえます。そんな業界で求められているのは高度なビジネススキルです。

例えば、高度な専門知識を有するデータサイエンティストであればビッグデータの利活用に長けていると思われるため、業界からのニーズは高いといえそうです。他にもデータ分析をビジネスに活かすという意味でマーケターやアナリスト、そして実際にデータ処理を手がけるデータエンジニアといった方であればかなり需要があるといえるでしょう。

高いレベルのデータ分析能力はit業界に限らず、多くの業界から求められるスキルといえます。そのため、そうしたスキルを持っている方はどの業界においても重宝されていると思いますが、もしit業界でそのスキルを活かしたい、となると業界の最前線で活躍できる可能性を有している、と考えられるのではないでしょうか。(※1)

情報セキュリティ分野

情報セキュリティはitが広く社会に浸透する中で情報漏洩やサイバー犯罪を抑制するためには不可欠な分野です。したがって、高度な専門性を有する人材が求められる分野といえますが、そうした技術者が不足することは想像に難くありません。

こうした業界で求められる人材の要件というのは大きく分けると3つあります。1つ目はホワイトハッカーのような高度な技術者です。ホワイトハッカーとはシステムの脆弱性を発見し、その対策を考える者を指します。

ハッカーというと企業のサイトに侵入して悪事を働く者、というイメージがありますが、ホワイトハッカーはむしろそうした悪意あるハッカーからサイトを守る意味でセキュリティスキルに長けた者ということができます。そうした者が情報セキュリティ分野で求められるのは当然といえるかもしれません。

2つ目は企業内でセキュリティ管理を担当している者です。具体的には企業内の社内情報セキュリティ技術者と連携して企業のシステムを堅固にしている者です。

実際に技術的な部分に携わっていないとしても、セキュリティ管理全体に関する知識を有しているといえるため、業界として求める人材といえるでしょう。

3つ目は安全な情報システムを設計・開発・運用できる知識や技能を身につけている人材です。設計から運用までを一貫して担えるだけの知識や技能を有しているという点が多くの企業にとって魅力的に映るポイントだといえます。(※1)

IT企業へ就職・転職する際に注意したい企業は?

ここまでit業界の現状やどういった人材が求められるかについてまとめてきました。人材不足が続く業界だからこそチャンスがあり、成功すれば高収入も期待できるということからit業界へ挑戦したいと考える方は多いようです。ただし、先に少し触れたように企業選びで誤ってしまうと業界からの離脱を視野に入れたキャリアチェンジを余儀なくされる場合もあります。

せっかく就職あるいは転職したのに疲弊して業界を変えざるを得なくなるのは非常にもったいないことです。そこで、it企業に就職、あるいは転職する際に注意したい企業にどういった企業があるのかを以下にまとめます。

ここで取り上げるのは、「ブラック企業」、そして「労働環境が整っていない企業」です。ブラック企業も労働環境が整っていないのでは?と思われるかもしれませんが、大きく違う点がありますので、以下にそれぞれ分けてまとめていきます。

ブラック企業

広く社会に浸透しているため、「ブラック企業」という言葉は市民権を得ているといえるでしょう。ブラック企業とは、本来払うべき残業代を払わない、不当な残業を連日強いる、休日を休日としないなど、労働環境以前に法律違反を犯している企業を指します。ブラック企業は業界問わず存在していますが、it業界にも多く存在しているようです。

こうした会社で働くことに注意を要するのはいうまでもないかもしれません。ですが、入社するまでわからなかった、というケースも多くあります。

ブラック企業の怖いところはキャリアチェンジしたくても転職活動をする時間がない、あるいはそうした活動を物理的に制限してきたり、パワハラなどによって精神を病んでしまう可能性まで秘めているという点です。

転職したくてもできないでいるうちに肉体的に疲弊し、精神的にもすり減っていくことで心身ともにボロボロになってしまう可能性があるので、そうした企業への就職、転職は絶対に避けるべきといえるでしょう。

また、そうした企業は人材の流出入が激しいことが多く、それゆえに労働者をモノのように扱っていると見られることが多いです。

業界として人材不足の傾向があり、企業の選び方次第ではいい労働環境といい収入が期待できるにも関わらず、自ら離脱したくなるような環境に身を置く必要はないでしょう。

it業界に行けるのならばどこでもいい、という方は多くはないと思いますが、企業を選ぶ際には口コミや社員の声を含め、多種多様な角度から情報収集することが重要です。その情報があなた自身を、そしてあなたのキャリアを守ることになるのです。

労働環境が未整備の企業

他にも注意を要する企業はあります。それは設立間もない会社でありがちなのですが、労働環境が整備されていない会社です。労働環境という点ではブラック企業と似ているように思う人もいるかもしれませんが、ブラック企業と違うのは法律を犯すつもりはないことが多い、という点です。

残業時間や休日を取り決める際には経営側と従業員側で三六協定を結ぶのが一般的ですが、設立して間もないベンチャー企業などの場合、そうした取り決めがおろそかになっているケースがあります。

経営者側と従業員側を厳格に分けることができないため、そうなるのは仕方がない側面もありますが、そうした状態が常態化してしまうと問題が生じてきます。事業を軌道に乗せるまではがむしゃらに取り組むため、休日や残業の取り決めを気にせずにいる企業も多くあります。

しかし、そうした状況のまま従業員を複数名雇うとなってしまうと、取り決めがされていないことを理由として休日や残業に関して適当になってしまう、ということが起こり得ます。そうなると、先に述べたブラック企業の様相を呈してくるのです。そうした意味では、労働環境が未整備の企業はブラック企業の前段階といえるかもしれません。

そのため、労働環境が整備されていない企業に就職・転職を考える場合は、設立時期や従業員の人数、そして経営陣に改善の意思があるのかどうかをきちんと確認しておくことが大切になってきます。

ホワイト企業に就職したいなら転職エージェント

it業界は成功すれば世界的な企業になる可能性を秘めているという点で華やかな業界の一つといえるでしょう。ですが、そうした華やかな面を持つ一方でブラック企業のようないわば暗い面を持つ業界でもあります。

したがって、it業界への就職・転職を検討する際には企業を選ぶ目が重要になってきます。業界としては人材不足にあえいでいるため、優秀な人材は引く手数多です。そのため積極的に挑戦しやすい業界ともいえますが、一歩間違えると心身ともにボロボロになる可能性もあるという点は留意しておいたほうがいいでしょう。

とはいっても、どこがまともな企業で、どこがブラック企業かという判断を自分一人の力で下すのは多くの方にとっては難しいでしょう。そうした方には転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントであれば取引企業の事情にも精通しているため、いわゆるブラック企業を回避できる可能性は非常に高くなります。また、求職者に企業を紹介する際に労働環境が整っていなければ紹介することができないため、労働環境が整っていない企業を紹介されることもありません。

エージェントによっては独自の要件を満たしていなければそもそも取引を断るとしているところもあるため、そうしたエージェントを選ぶとまともではない企業を選ばずに済むでしょう。

就職・転職する際に注意すべき点として、企業と求職者の情報格差の存在があります。企業は自社のいいところだけを伝えることが多く、求職者は企業がリリースしている情報以外に触れることができないことが多い、ということです。

こうした格差を突破するには、求職者側が知識武装することです。そうした知識をもたらしてくれるのがエージェントなのです。したがって、数あるエージェントの中でもit業界に精通しているエージェントを選ぶことによって、企業の情報を様々な角度から知ることができるようになり、結果として情報格差を限りなく少なくすることができるようになります。

もしあなたがいい企業、まともな企業に入社したいという考えを持っているのであれば、優れた転職エージェントの活用を検討するとよいでしょう。

※1【経済産業省】平成27年度研究調査レポートhttp://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/27FY_report.html

企業からスカウトメールが届くForkwell Scout

Forkwell Scoutの特徴

  • 一括送信ではないスカウトメール
  • 自分に興味のある企業がわかる
  • 登録するだけでスカウトメールが届く
  • 気になった企業にアプローチできる

Forkwell Scoutの登録・詳細はこちら

年齢で選ぶ!年代別オススメ転職サイト一覧表

「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない」という方のために、年齢別におすすめ転職サイトをご紹介します。年齢によって適している転職サイトも違いますし、転職サイトはそれぞれ取り扱っている求人も違います。あなたに合った転職サイトを選ぶことが大切です。

リクルートエージェント

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

転職支援実績NO.1。各業界に精通したキャリアアドバイザーがいるのでITエンジニア向け案件も多数あり。特に年収600万~800万の高収入求人が多い。登録しないと見られない「非公開求人」は紹介求人の80%以上あり、IT・Web業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験があり、さらに年収アップ、スキルアップしたい方にオススメ。

Forkwell Scout

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

大手の転職サイトのように一括送信されるスカウトメールではなく、本当に興味を持ってくれた企業からのスカウトメールを配信している点が大きな特徴。プロフィールは匿名で登録可能なので転職活動していることがほかの人に知られることはない。指定した企業の閲覧もブロック可能なので取引先など知られたくない企業は回避できる。

GEEKLY(ギークリー)

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。登録しないと見られない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験が1年以上ある方にオススメ。

dodaITエンジニア転職

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

ITエンジニアの転職に特化しているdoda ITエンジニア転職は全年齢がターゲットになっている転職サイト。転職者の満足度はNO.1。その理由は日本最大級のエンジニア求人情報数と取り扱い企業数にある。転職を考え始めたらまずはじめに登録をしておくべき。経験豊富なSE専門キャリアアドバイザーがカウンセリングから転職まで担当し、非公開求人の情報を個別に紹介してくれる。企業との強いリレーションがあるので企業側が求める人材を熟知していることが強み。推薦状を作成し、応募先企業へ送ってくれる点も魅力。

レバテックキャリア

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニアとして未経験の職種に転職する方から、同じ職種でキャリアアップを希望する方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。

レバテッククリエイター

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、IT・Web業界に特化したクリエイター向けの求人・案件を提案してくれる。ポートフォリオの作成法やデザイントレンドなど業界の動向にも詳しいコーディネーターがサポートしてくれる。初めて業務委託の案件を探す人にもおすすめ。大企業からベンチャー企業ま幅広く求人を扱っており、クリエイター求人・案件を見たいなら必ず登録を。

ワークポート

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。

関連記事

エンジニア転職で年収アップしたい!失敗しない転職に必要なことは?

エンジニアは高収入を得やすい職業ですが、一方で待遇の悪い企業も多く「努力に対して年収が安すぎる!」「どうすれば年収が上がるのかわからない」など…

SE辞めたい!IT業界はブラックばかり?転職で絶対に失敗しない方法

SEとして働いている人の中には、「毎日残業ばかりで辛い」「頑張っているのに給与水準が低いまま」など、辛い思いをして頑張っている方も多いのではない…

もう辞めたい!女性SEが現場で感じるキャリアの悩みと3つの解決法

近年のIT業界は、他業界と同様女性の進出が目覚ましく、かつて男性社会であったシステム開発の現場で女性SEが活躍するようになってきました。

業務アプリソフト開発エンジニアの仕事内容

この記事の目次業務アプリケーションソフトとは業務アプリケーションソフト開発の目的を明確にすることが必要業務分析を漏れなく行うことが必要業務改善提案を開発側が行うことが大切クライアント側のステークホルダ ...

組込みソフト開発エンジニアに必要なスキルとキャリアパス

組込みソフト開発エンジニアのキャリアパスを明確にするには「どんな職種があるのか」「その職種に必要なスキルは何か」を具体的にする必要があります。 回路設計や機構設計エンジニアのスキルは、実際…

  1. リクルートエージェント

    年収800万以上の高年収求人多数!

    • 転職支援実績NO.1
    • 業界最大級!紹介求人の80%が非公開求人
    • IT業界に精通したキャリアアドバイザーが求人を厳選
    • 応募書類添削・面接対策も充実したサポート
    • 独自分析した業界・企業情報の提供

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビAGENT×IT

    求人情報の8割が「非公開求人」

    • 大手企業からベンチャー企業まで求人種類が豊富
    • 求人情報の8割が「非公開求人」
    • 求人票に記載されていない情報を提供
    • 希望企業対充実、個別で面接対策を実施
    • IT業界経験があるアドバイザーの転サポート。

    マイナビAGENT×ITの登録・詳細はこちら

  3. Geekly(ギークリー)

    IT/WEB/ゲーム業界特化型で対応満足度NO.1

    • 業界特化型で対応満足度NO.1
    • IT・WEB・ゲーム業界転職を熟知
    • 業界トップレベルのコンサルタントがサポート
    • 求人票には載っていない詳しい企業情報を提供
    • Geekly独占の非公開求人も多数

    Geekly(ギークリー)の登録・詳細はこちら

最新記事